2008年10月26日(日)

できること、できないこと

テーマ:見積

「こういうことができるか?」といった質問を受けることがある。質問する方は簡単なのだが、答えるのは難しい。何かが「できる」ためには、いろんな要因があるからだ。


・理論的にできる/できない
・技術的にできる/できない
・時間的にできる/できない
・費用的にできる/できない
・感情的にできる/できない


など。


ソフトウェア開発者の中には、理論的・技術的な可能性にしか注目しない人がいる。例えば、「既存のシステムにこんな機能を追加したいが、可能か?」という質問があったとする。それが、システムの仕様として矛盾がなく、実装方法が頭に浮かぶようなら、「できます」と答えてしまう。


しかし、ほとんどの仕事には「いつまでに(納期)」「いくらで(予算)」など、他の条件があるはずだ。質問者と回答者の間で、そうしたことが全く話題にならなかったとしたら、誤解が生じている可能性がある。回答者は多忙で寝る時間もない状態なのに、質問者は「頼んだらすぐやってくれるのだろう」と思ってしまうかもしれない。



ついでに書いておくと、「できるか?」という質問の答えは「はい」か「いいえ」である。上記のように「条件」によって答えが変わる場合があっても、結局は「はい」か「いいえ」だ。


ところが、「できるか?」と聞かれて「がんばります」と答える人がいる。それは、できるの、できないの? がんばったらできるの? できないけどがんばるの?


いずれにせよ、できない可能性があるということなので、リスクを考えると、「がんばります」=「できない」と見なすしかない。


しかし、これを「できる」とみなす人もいて、困ってしまう。できる前提でスケジュールを立てて、結局は遅れてしまう。


その仕事の成果として最低限必要な部分を 100% とすると、「できるか?」という質問に対しては、その 100% の仕事ができるかできないかを明確に答えるべきである。「がんばる」という言葉を使うとしたら、更にそれ以上の成果、110%、120% を目指す場合にしか使うべきでない。



プロジェクトでスケジュールを立てる場合、どの仕事を誰がどの期間で行うのか、ということを組み合わせていく。リーダーから各作業者に「できるか?」という質問がなされる場合も多いだろう。この際、各人の「見積能力」が重要なことは言うまでもないのだが、コミュニケーションについても注意が必要、という話である。







■関連記事
どうして仕事を断らないのだろうか
意気込みは分かったから...
話が通じない話
感情の行き違い




本当に使える見積もり技術―ソフトウエア開発を成功に導く
初田 賢司
日経BP社
売り上げランキング: 20625
おすすめ度の平均: 5.0
4 FP法を詳説した良書
5 ズバリ良書だと思います
5 見積りの全体構造
5 ファンクションポイント法の使いこなし方

速効!SEのためのコミュニケーション実践塾 (日経ITプロフェッショナルBOOKS)
田中 淳子
日経BP社
売り上げランキング: 17930
おすすめ度の平均: 4.5
5 もっと早く、この本のことを知っていれば・・・
5 コミュニケーションの大切さを実感!
5 SE以外の人にもお勧め!
3 速効性は高いですが…
5 図解・企業論文の書き方の著者の読後感想

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

argvさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。