摂食障害と共に生きる

母と娘の過食症を完治させるために
模索する日々のあれこれを綴っています。


テーマ:

一年前にびわっちのオープンに行った時、

何度も言われた

 

「娘はイタコ」

 

毎日娘の暴言で腹が立ったり、悲しかったり、

自分を責めたり、落ち込んだり、不安になったり、

どうしていいかわからずに、娘から逃げてばかりいました。

 

一年ぶりのオープンで、びわっちが、

詳しく「娘はイタコ」の説明をしてくれて、

すごーくいろいろ腑に落ちました。

 

娘は私のお腹から出てきている一番繋がっている存在。

 

私のお腹の中にあるものを見せてくれるありがとうな存在。

 

私が子供の頃、親に言いたくて、でも言えなかった

お母さんが可哀想だから。

言うとまた怒られそうでこわかったから。

私がガマンすればその場は収まるから。

 

叩かないでよ〜

怒らないでよ〜

もっと笑ってよ〜

一人で寂しいよ〜

どうせ弟の方が可愛いんでしょ。

一緒に遊んでよ〜

私のこともっと大事にしてよ〜

 

言えずにガマンして、お腹の底に溜まってマグマのように

煮えたぎっていた私の感情を娘が私の代わりに出してくれた。

 

でも、うちのイタコは↑こんなかわいい言い方じゃ

あ〜りません!

 

「うざい、死ね!

お前のせいで病気になった。どうしてくれるんだ。

責任とれ!

お前はもうババアなんだからお金のかかることするな、

こっちに回せ。

お前は親やない、奴隷だ!

お前の価値観押し付けるな!

お前が言うな!口答えするな!」

 

毎日毎日ちょっとしたことでキレて怒られてた。

いつ怒り出すかとビクビクして

怒らせないように気を使ってた。

 

毎日毎日何年も、暴言がひどかった…

 

…これ、私の半世紀分の怒りを娘が出してくれたんだなあ。

 

ひどいことを言う娘に本気で腹が立って

言い返したり、ケンカしたり、

「親子の縁を切る!」って娘に言われたり

 

私も娘を使って「怒り」を出す必要があったんだなあ。

 

お互い怒りを出し合って、

今では笑って普通の会話ができるようになりました。

(そんなことまで教えてくれるの?ってことまで

話してくれますσ(^_^;)

 

時々怒りをぶつけられるけど、

「怒りを出したいんだな〜」と思って

私は黙ります。

そうすれば、しばらくするとまた普通にしゃべってきます。

反応しないことでずいぶんいい関係になってきたと思います。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

つばささんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。