食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。

読んだ本、観た映画、食べたり飲んだりの何の変哲もナイ日常をのんびりと書いて参ります。

本や映画の感想はネタバレ注意、でよろしくお願いいたします。

「フレンチレストラン・カザマの美味しい日記」も引っ越しして来ました。ヨロシクお願いします。


NEW !
テーマ:

フランス産仔牛ロース肉のソテー、三種のキノコのムース、バルサミコ・ヴィネガーのソース

 

こんにちは、カザマです。

春眠暁きを覚えず、と言いますか、時ならぬ大雪が降っても春ですねえ。朝のまどろみが心地よいこの頃です(^-^) 

さて、年とともに、「物忘れ」の傾向も強まり、あまり朝のんびりしていると、いざ出勤という時に慌てることも良くございます(^-^; 仕事に入用のものを忘れる、スマホを忘れる、準備したゴミを出すのを忘れる、などなど急ぐと失敗も良く起こります。皆さまも、おありでしょうか? メガネや鍵のホルダーが見当たらなくて忙しいのに探し回る経験も良くあることかも知れませんね。昨日、ワタシは家と店の鍵が付いたキーホルダーが見当たらなくて慌てておりました。前日に着ていたコートや服のポケット、バッグ、通勤用リュック、ベッドの布団もひっくり返し、果てはゴミ箱まで捜索しましたが見つかりません。時間も迫るので諦めて、近所に住む母に預けてある合鍵を借りて出勤しました。店についても、前日の行動から朝のことまでつらつら思い返しながら、鍵の在りかについて考察を続けました。そして、念のためと思い、シェフのコートのポケットを探ると、、、出てきました!! シェフは自分のとワタシのと二つのキーホルダーをポケットに入れてしまっていたのです。はあぁ~チーン 見つかってほっとしましたが、本当に腹が立ちました!忙しい朝に、無駄な時間を費やしてしまったのですから。

そそっかしさが増すのも、年のせいでしょうか。お互い様でもあるので、穏便に済ませましたけどね(笑)

 

 

問題が解決したところで、本日のお料理ご紹介です。

フランス産仔牛ロース肉のソテー、三種のキノコのムース、バルサミコ・ヴィネガーのソースです。

牛肉とはまた違った魅力の仔牛肉ですが、ピンクの色合い、しっとりときめ細かで、柔らかですが脂身の少ない肉質です。やさしい味わいでどなたにも喜ばれる美味しさです。

ロース肉の部位をソテーしてご用意しております。付け合わせには、椎茸、マッシュルーム、舞茸をソテーして鶏肉と帆立貝のムースに混ぜ込み、テリーヌにしたものを添えております。またバルサミコ・ヴィネガーの甘酸っぱさを生かしたソースを添えまして、味わいと色合いの対比を表しました。ぜひ、お試しください音譜

 

フランス産仔牛ロース肉のソテー、三種のキノコのムース、バルサミコ・ヴィネガーのソース

アラカルト ¥2800

ディナーB¥6000のお肉料理としてもご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

真ゾイとハマグリ、北寄貝のマリニエール、ピゼリを添えて

 

こんにちは、カザマです。

お天気が良い日々が続いておりますが、まだまだ寒さを感じています(^-^; 北国の春は遠いですね。でも、雪はかなり少なくなり、窓辺の日差しは明るく気持ち良いです。

昨年の夏の間素晴らしく成長してくれたオリーブの木ですが、越冬に失敗してかなりの葉を落としてしまいました。お店に置いてあったのですが、やはり冬の店内環境は厳しいようです。乾燥や夜の低温、日照の少なさなどが敗因でしょうか。見栄えも大変みすぼらしくなってしまいましたので、とうとう家に連れて帰りました。明るい窓辺に置いて水やりも注意しながら様子を見ておりましたら、ここの所のお日様の力のおかげか、回復の兆しです! なんとか葉が残っていたてっぺん部分に若葉が勢いよく伸びて来ました。

嬉しいのですが、下部ははげちょろけで上だけ生い茂ってもバランスが悪いなあと苦笑いです。でも、下の方も芽らしきものが小さく突き出ているので、この木の生命力に期待して待ちましょう。やっぱりお日様の力は偉大ですねえ!

 

 

では、本日のお料理ご紹介です。

真ゾイとハマグリ、北寄貝のマリニエール、ピゼリを添えて

春は貝も甘みを増してくる美味しい季節ですね。しっかりと旨みののった真ゾイと合わせた一皿をご用意しました。ハマグリ、北寄貝をポロ葱、白ワインでマリニエール(白ワイン蒸し)にして、その蒸し汁をお出汁として、バターモンテしてソースに致します。

 

真ゾイは、パリッと皮目を焼いて、身の旨みをジューシーに閉じ込めてます。シブレットのみじん切りを散らし、春野菜のイタリア産さやえんどう「ピゼリ」を添えました。ピゼリはさやを開いて中のお豆をお召し上がり下さい。さやは固いので残して下さいね。

美味しい真ゾイと春の貝、野菜をたっぷりとお召し上がりください。

 

真ゾイとハマグリ、北寄貝のマリニエール、ピゼリを添えて

アラカルト ¥3000

ディナーC¥8500のお魚料理としてもご賞味頂けます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本での活躍を描く「BG」完結巻!!!
雪祈が小さな頃から目標としてきた日本一のジャズクラブ「So Blue」。
病欠ピアニストの代打でそのステージに上がった雪祈は、全身全霊で演奏しようとする。
その結果、「So Blue」での大・玉田・雪祈トリオのライブが実現することに。
すべてが大きく動き出そうとしていた
その時ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(裏表紙より引用)

 

宮本大がサックスと出会い、自分の全てをサックスに注いでいく人生を熱く描く本作は、読む方も大の演奏に耳を澄まし(聞こえないのだけども聞こえるのだ)、捉われてしまう、ジャズの魅力を伝えてくれる。何も分からない所から大が一人で練習し、師や仲間と出会い急激に成長していく「日本編」が10で完結。

サックスの大とピアノの雪折、ドラムの玉田のトリオは、次第に注目を集めついに「So Blue」でのライブが決まり、その前々日の夜、その時-------!

って、作品紹介文とおんなじ文章書いてしまったけど(^-^;、本当にその時、その瞬間のショックといったらなかったのよΣ(゚д゚;) 

思わず「そんなーっ!!」と、絶叫して、同じ部屋で昼寝をしていたダンナを驚かせたもの(笑) ここへ来て、そんな展開、作者もあんまりというもの。あんまり過ぎるので、もちろんこれから読む方のために具体的には書けないが、もう泣けますね(T-T)

 

で、大はさらに自分のジャズに磨きをかけるために、日本を飛び出し外国へ。

これが、新展開の「ブルージャイアントシュプリーム」編の始まり。右も左も分からぬ外国で、自分のサックスを聴いて貰うために孤軍奮闘する大にハラハラしながらの。

ああ、本当に面白い!

 

 

なにげに書店に寄ったら、この2冊が並んでいて、10の方には完結と書いてあるし、どうなってるのかとレジに持って行って若い書店員さんに聞いてみた。

「成長編が完結して、今度は外国編が始まってその1冊目がこちらですよー。」と教えてくれて、「これ面白いですよねえ!ワタシもまだ読んでないんで、早く読みたくて照れ

 

意見の合う書店員さんにレジ打ちして貰えて良かった。

こんな事でも嬉しいマンガ好きの自分なんである(笑)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

べーコン、自家製豚もも肉のハム、フライドエッグと軟白タンポポの葉のサラダ

 

こんにちは、カザマです。

サウジアラビア国王ご一行様来日のけた外れの数字に驚きと好奇心を持って、朝のニュースに見入ってしまいました。飛行機から降りるためのエスカレーター式タラップを自国から持ち込むとは、初めて聞いたことです。これ一つだけでも驚きですのに、庶民の自分には何もかもが想像を超える大金持ちですねえびっくり サウジアラビアと日本の双方にとって良い経済関係が発展することを願います。

 

今日はホワイト・デーですね。本日ご来店の女性のお客様のために、ハート型の小さなチーズケーキをご用意しました。喜んで頂けるといいのですけど照れドキドキドキドキドキドキ

 

では、本日のお料理ご紹介に参りましょう。

ハムエッグのサラダです。先日こちらを召し上がった方から、「朝食に良さそう!真似して作ってみようかしら。」というお声が聞こえて来ました。ぜひぜひ、どうぞ(^-^)

ベーコン、自家製豚もも肉のハム、フライドエッグと軟白タンポポの葉のサラダ

確かに朝食の定番のようなラインナップですね。ワタシどもは、ワインの肴にいいなと考えておりますが(笑) 当店の定番前菜の「シャルキュトリー盛り合わせ」は相変わらずの人気を誇っておりますが、ちょっと目先を変えて温かいものが入ったこちらのサラダ仕立てもお勧めです。卵はたっぷりの油で揚げてあり、切ると黄身がとろーりと流れ出てくる状態です。塩気のきいたベーコンと自家製のしっとりした豚ももハムと好相性です。ロメインレタス、芽キャベツの葉、アンディーヴそして、フランス産の軟白タンポポの葉でのサラダ仕立てに致しました。遮光して育てたタンポポの葉は薄い緑と葉先の黄色がきれいで、しゃきっとした歯ざわりとほんのりと苦みがあり、春先の季節感ある野菜です。

ぜひ、お試しください音譜

 

ベーコンと自家製豚もも肉のハム、フライドエッグと軟白タンポポの葉のサラダ

アラカルト ¥1000

ランチA¥2100・B¥2500・ディナーA¥4000の前菜としても、ご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自宅賄いの買い物にスーパーマーケットに出掛けた。

魚売り場で朝食用の焼き魚を見ていたら、「メザシ」があった。

自分は「メザシ」はあまり好まないが、ダンナの好物である。

「メザシ」を焼くと、けっこうニオイが強く、「メザシ」を好まない自分には

生臭いようなニオイが家中に回ってしまうのがイヤだ。

であるからあまり積極的には買わないのだが、ダンナの晩酌の肴に

したら喜ぶかな、とたまには買い物かごに入れるのである。

 

自分「メザシ買ったよー。焼いてあげようか?」

ダンナ「お、いいねえ。」

自「メザシ、臭くてイヤなんだけどね。」

ダ「じゃあ、なんで買うんだよ。」

自「あんたがメザシ好きだと思えばこそ、買ってあげようと。」

「オレは筋子も好きだよ!」

 

自「筋子とメザシは値段が違う。」

 

愛情の発露にも、価格制限があるのである。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ホワイトアスパラガスと桜鱒の温かいサラダ、ミモザ仕立て

 

こんにちは、カザマです。

3月は卒業や就職、転勤や退職など人生の節目になるイベントの多い月です。カザマでも、お祝いや送別会などのご予約を多く頂いております。

ある日は、小学校の女性の先生方の送別会が貸切で開かれました。仕切っていた幹事役の先生はとても若くて可愛い先生でした。ワタシから見れば、まだ学生さんにも見えるようなフレッシュさがあり、さぞや生徒さんから慕われているだろうなあと思いました。

しかしながら、会の進行と主役の方々を送るイベントなどを指揮している様子は、大変スムーズに上手に演出されていて、日頃から学校で沢山の生徒さんを指導してまとめておられる事を感じさせるものでした。先生がジャージを着てホイッスルを胸に下げて(「ごくせん」の影響?(笑))、元気いっぱいな生徒さんたちを指導しておられる姿が目に浮かぶようでした照れ やっぱり先生ってすごいですね!

 

親しい方々とのお別れはちょっと切ないものがありますが、心をこめてお見送りする方、送られる方、それぞれに新しい春がやって来るのですね。

今日も春らしいお料理をご紹介いたします!

フランス産ホワイトアスパラガスと桜鱒の温かいサラダ、ミモザ仕立て

ホワイトアスパラガスはまずフランス産のものから始まります。こちらで春の始まりを感じて下さいね。また、春から初夏にかけて桜鱒もシーズンです。甘くてシャキッとしたホワイトアスパラガスを冷製にして、ふんわりと焼き上げた桜鱒をサラダ仕立てにした一皿はいかがでしょうか。ソース・ムースリーヌとオリーブオイルを添えて、春野菜とともに盛り付けます。淡いグリーンがきれいなウルイや軟白タンポポ、ピゼリと呼ばれるイタリア産のさや付きエンドウ豆など、緑のグラデーションが美しいサラダです。3月はミモザの花の季節ということで、ゆで卵の白身と黄身をこしてミモザの花に見立ててあしらいました。

春仕立てのサラダをぜひお楽しみ下さい音譜

 

ホワイトアスパラガスと桜鱒の組み合わせで、お魚料理としてもご用意致しました。

フランス産ホワイトアスパラガスと桜鱒のポワレ、オレンジ風味のソース・ムースリーヌ

こちらは皮目をカリリと焼いた桜鱒に、ホワイトアスパラガスも香ばしく焼き上げて合わせました。ソースはオレンジ風味のソース・ムースリーヌですが、オレンジの果汁を煮詰めてクリームで割り、そこにソース・オランデーズを加えたものです。オレンジの香りがしっかりとある濃厚なソースで、ホワイトアスパラガスにぴったりの味わいです。桜鱒にももちろん好相性です。香ばしい香りとオレンジの甘酸っぱさを生かした一皿をぜひどうぞ音譜

 

フランス産ホワイトアスパラガスと桜鱒の温かいサラダ、ミモザ仕立て

アラカルト ¥1400

スペシャルランチ¥3500・ディナーA¥4000の前菜としてもご賞味頂けます。

 

フランス産ホワイトアスパラガスと桜鱒のポワレ、オレンジ風味のソース・ムースリーヌ

アラカルト ¥2800

ディナーB¥6000のお魚料理としても、ご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブルターニュ産ホロホロ鳥のロースト、山菜のベニエ添え、バーニャカウダ・ソース

 

こんにちは、カザマです。

休日は日頃できない雑用を片付けることに費やしてそれはそれでさっぱりしたりしますが、気晴らしに映画などに出かけたりすることも大切なひと時です。今週は、火曜・水曜と二連休を頂きましたのでそのどちらも出来て有意義な休日でした。と、言いたい所ですが、鑑賞した映画をちょっと外してしまい、不完全燃焼な気分です(笑) 

映画自体はたぶん良い出来なのだと思いますが、自分たちが合わないものを選んでしまったみたいです。なので、タイトルは書きませんが、あるゲームを素材にしたアクション映画。なんて書けば分かる方にはわかってしまいますか。アクションはカッコ良かったのですが、物語の意味が掴みかねて、居眠りしそうになるのをなんとか堪えたというか(^-^; 帰宅後ネットで評価を検索してみたら、やはりそのゲームのファンの方は高評価、そうでない方は低評価とはっきり別れておりました。この映画の場合は、ヨーロッパ中世史を良く知っていれば、また楽しめたのかも知れません。何事も、広い知識・素養は必要なもの、自分の勉強不足を反省せねばなりませんねえ笑い泣き

 

しかしながらしっかり休んだ休日の後は、元気に仕事に戻りたいと思います! まずは、お料理のご案内から(^-^)

ブルターニュ産ホロホロ鳥のロースト、山菜のベニエ添え、バーニャカウダ・ソースをお勧め致します。

ホロホロ鳥は、ギニアヘンという英名のようにアフリカ原産の鳥ですが、ヨーロッパでは広く家禽として養殖され食用となっています。肉は白身で鶏の味わいを濃くしたような感じで、程よい弾力とジューシーさ、また焼いた皮目のパリッとした香ばしさも魅力です。柔らかな胸肉はローストし、もも肉の方は皮目をパリッと香ばしく焼いて供します。ソースはマデラ酒風味でご用意します。

付け合わせに出回り始めました山菜や春野菜をベニエにして添えました。ベニエは「揚げた生地」という意味ですが、シェフは生地にビールを入れて作ります。さっくりと軽く揚がった山菜の甘みやほろ苦さもお楽しみ頂けます。山菜のベニエには、アンチョビ風味のバーニャカウダ・ソースを付けてお召し上がり下さい。早春の味わいをお楽しみ下さいね音譜

ブルターニュ産ホロホロ鳥のロースト、山菜のベニエ添え、バーニャカウダ・ソース

アラカルト ¥2600

ディナーA¥4000・B¥6000のお肉料理としてもご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年春の放映時に見逃してしまったこのドラマ。

原作マンガを大人買いして、はまっていた去年の夏。

そして秋、カレンダーの10月26日に〇印をつけてDVD発売を楽しみにしていた日々。

・・・ツタヤのネット宅配レンタルの予約リストに入れてみたものの、なかなか順番が回って来なかった。

しかしついに、今年3月、我がポストに届けられたDVD!

 

日曜の夜、帰宅し録画したイッテQを見た後、満を持して重版出来!をデッキに入れて鑑賞開始であるニヤニヤ

 

おおっ、やっぱり黒木華の「黒沢心」は、しっくり来るなあ! 最初の面接シーンの「私!」という一声でワシ掴みにされたわー(^-^) 脚本も原作のストーリーを変えてないので、安心。原作の面白みをほぼ再現できている感じ。しいて言えば、各キャラのアクがやや薄まっているような気はするけれども、より広いお茶の間の観客を対象にしていると思えば、このソフトさもちょうど良いのかも。オダギリジョーの「五百旗頭敬」もやたらカッコいいし、いい人感あり。原作ではもそっと掴みどころの難しい人って感じだけど、まあオダギリジョー素敵なんで許すわ(笑)

 

ともかくも、もの心ついた時からのマンガ好き。還暦を過ぎても(笑)マンガ読みは止められない。中高生の頃は、ケント紙にGペン、墨汁を揃えてストーリーマンガを描くことに挑戦したものの、むろんのコト絵は下手くそでストーリーも作れず、最初の1ページでことごとく挫折するという残念な思い出滝汗 しかしながら、マンガファン、一読者の立場なら死ぬまで継続できるというもの。そんなマンガ好きには、観ていて1分1秒をも味わい尽くせるこのドラマなのであった。

ああもう、涙が出るほど楽しい時間!

 

ということで、DVD全巻観るまでこのお楽しみは続くので嬉しいトコロではある。

さらに、確か4月には、黒木華主演で「みをつくし料理帖」のドラマが始まるし、これもまたまた楽しみになって来た。

 

久々の連続ドラマにはまる楽しさ満喫! 最近は韓ドラ時代劇しか見ていない我がダンナ、本作鑑賞に消極的だったが説得して一緒に観たのだが、ヤツもハマった(笑) 

見始めてすぐ、「オレこの女(黒木華)知ってるぞ。見たことあるなあ。」

「そうそう真田丸に出てたでしょう!」

「おお、あれだな。最初の奥さんで早いうちに死んでしまった人だな。」

と、まずここで好感触。「真田丸」はずっと観ていたものね。

他にも松重豊(孤独のグルメのファン)や高田純次要潤(夜王以来のファン)、安田顕などなどダンナの知ってる俳優が多数出ていたのもポイント高かったようだ。

 

還暦過ぎた枯れた夫婦のお楽しみは一緒にテレビを観ることぐらいなんで、韓ドラ時代劇の他に、自分好みのドラマが見つかって何より(笑)、、、。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

春鰊のマリネ、じゃが芋とリンゴのサラダとともに

 

こんにちは、カザマです。

ちょっとばかり春かな?と、思わせておいていきなりの吹雪模様とか、ツンデレなお天気は止めて欲しいものですねえー 寒さに対する防御反応が薄くなった所に寒波が来ると、身体に堪えますよ~。そんな一進一退の季節ではありますが、春だなあと感じる食材はどんどん入荷しているこの頃です。

 

春鰊もその一つです。小樽や石狩の海岸には鰊の群来が来て子作りに精を出しておりますね。精出しとは図らずもシャレみたいですが(^-^;、ニュースで白く染まった波の写真を見ると、もうすぐ春だなあと思う風物詩ですよね照れ

 

カザマでは、毎年この時期には春鰊のマリネをご用意しております。鮮度の良い鰊の極上に旨い事、この味を楽しむことは外せない楽しみですラブラブ

春鰊は、薄切りの玉葱、レモン、白ワインビネガー、塩、香辛料でマリネします。マリネした春鰊に、茹でじゃが芋とリンゴをソース・ムースリーヌで和えたサラダを合わせました。ともにマリネした玉葱をレフォール(西洋ワサビ)とレモン入りクリームで和えて添えてあります。

ぜひ、春告げ魚の別名を持つ春鰊に舌鼓を打って下さいませ音符

 

春鰊のマリネ、じゃが芋とリンゴのサラダとともに

アラカルト ¥800

ランチA¥2100・B¥2500・ディナーA¥4000の前菜としてもご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

洞爺湖の中島をのぞむ部屋から

 

また行ってしまいましたよ。老人(ばかりでは無いが)の癒し、ユートピア、天国、二食昼寝付き、♨へ!

前回は日帰り温泉でしたが、今回はお泊りですもんね爆  笑 癒し度アップというもの。

場所は洞爺湖温泉ザレイクビューTOYA乃の風リゾート。ちょっと張り込んで、展望温泉風呂付きの部屋にしました。

 

こちらのホテルは、ロビーからも、レストランからも、部屋からも、洞爺湖の美しい眺めを楽しめるのですが、最高なのは天空露天風呂から見る中島でした。この露天はインフィニティ・プールのようにお風呂と湖が一体になったように見えるもの、テレビCMで見てここに決めたというくらい、魅力的なんです。特に早朝浸かった露天風呂からは、朝焼けのピンクに染まった雲をまとった中島が眺められ、それは美しくいつまで見ていても飽きない風景でしたよ。

 

夕食は、和風フレンチレストラン「風の音」にて、ボリュームたっぷりの様々な食材を駆使したフルコースを頂きました。

お洒落な創作カクテルの食前酒から始まり、お料理に合わせたペアリングのグラスワインや洞爺牛に合わせて追加したご当地月浦ワイン ドルフェンダーまで楽しみ、満腹満腹!

食後は、さらに大浴場、露天、部屋風呂を一巡りし、部屋鍵を持つのを忘れてフロントの方に救助をお願いするというお粗末も披露しながら、温泉の夜はふけてゆくのでありましたデレデレ

 

明けて前述の通り、朝露天を愛でた後は、朝食です!昨夜の満腹はどこへやら、張り切って朝食会場に出向きました。朝食はレイクビューブッフェレストラン「波の音」を選びましたが、なかなかの品ぞろえですよ!今まで経験した朝食ビュッフェの中では、一番かも知れないと思ったほどです。和洋中もちろん取りそろっておりますが、「和」のコーナーには「切り干し大根の煮物」だの「肉じゃが」だのおふくろの味的おかずがいい味加減で並び、そしてこれまたいい味出した小柄なお母さんが一人詰めていて、「おにぎり握りますよー」とにこにこしながらお誘いして下さるのですよ。すっごいポイント高いコーナーです!

他にも、その場でリンゴを絞ったジュースをだしてくれる若くてきれいなお姉さんとか、そそられるコーナーがありましたしねリンゴ

 

部屋に戻り、もう一度部屋展望風呂を楽しみ、これで元は取れたか?とさもしく過ごして、帰途につくべくロビーに降りたのでした。

ロビーから望む中島。

左端にかすかに見える羊蹄山。この日は羊蹄の半分までに雲がかかり全貌が見えなかったのは残念でしたが、それでも本当に美しい眺望を持つ温泉郷ですね。これからは、洞爺湖名物ロングラン花火も楽しめる季節ですし、また行きたいものです。

 

帰りの無料送迎バスの中は、癒された老人たちでいっぱいでした(笑) 皆様(我々も含め)、湯疲れか、気持ちよく眠り込み静かな静かな車内でありましたニヤニヤ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)