食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。

読んだ本、観た映画、食べたり飲んだりの何の変哲もナイ日常をのんびりと書いて参ります。

本や映画の感想はネタバレ注意、でよろしくお願いいたします。

「フレンチレストラン・カザマの美味しい日記」も引っ越しして来ました。ヨロシクお願いします。



テーマ:

自分、お肌が強い方である。

 

若かりし頃は、「ニキビ」が出たこともあったが、この年になるともう吹き出物も滅多には出ない。

毎日、太陽に照り付けられながら日焼け止めもつけずにチャリ通勤しているが、黒くはなるが日焼けでヒリヒリすることも無い。

紫外線の浴びすぎで、どこか深いところで何か起こっているかもしれないが、表面上は特に何もナイ。

ファッションやコスメにもあまり興味が無いので、最低限のお化粧には毎日2分程掛けるが、帰宅後のケアなどもまずしない。風呂で石鹸で顔を洗うくらいだ。時には酔っぱらって、そのまま寝てしまうことさえある(笑)

 

そんな自分だが、時々他人さまや身内からも、化粧品は何を使っているのかとか、何か良いものを食べているのか、とか訊かれることがわりとある。まあ、年の割にはお肌状態が良いのかも知れない。良いとしてもだ、顔の造作が全くたいしたことが無いので、全体としては良い事などなんにもナイ(^-^;

 

さて、自分のお肌の最低限のケアだが、洗顔後に一応化粧水をパチャパチャと付ける。コットンも使わない。面倒だからだ。冬はその後にクリームなりジェルなりも付けるが、夏場は化粧水だけ。一応「ヒアルロン酸配合」という付けるとしっとり感を得られるものを愛用している。お恥ずかしくて言いたくないが、とてもお安いものだ!←この強調はなんのためか(笑)

 

ある日、残り少なくなった化粧水の詰め替え用を購入してきて、ボトルに入れて使い始めたが、いつもとちょっと違う付け心地。べたべたするくらいしっとりというかねっとり感がある。ふうん、メーカーさんも少し配合を変えたのかしらん。と思いつつ付け続けて3日ほどたった。

ふと、化粧水を取ってこすり合わせた手のひらを見ると、白く見えるものがある。変な化粧水だなと思って、あっΣ(゚д゚;) とようやく気付いたのだが、詰め替えを購入した日に、同メーカのヒアルロン酸入り洗顔フォームの詰め替えも購入していたのだった。慌てて、プラスチックゴミの袋を探して取り出して確認してみると、やはりそうだった。

 

洗顔フォームを化粧水と間違えて、3日間も顔に付けた上、その上から化粧までしていたのだ。その間、化粧乗りも通常どおり、痒くも痛くもならず、全く気付かなかった(笑)

 

面の皮が厚いのにも、ほどがあると言うものだ。←いや、というよりアルツを疑うべきかも、ひー!(´Д`;)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「オバサン道」 の記事

テーマ:

あきない世傳の続きが出ました。

前作の源流篇のブログ記事はこちらです。

http://ameblo.jp/agneau/entry-12173305834.html

 

源流篇に続き、早瀬篇というサブタイトルが付いています。子どもだった幸が周りの変化につられて小さなしぶきを上げながら、成長していく様子が描かれます。

前篇の最後に、番頭の治兵衛が「幸を四代目の後添えに、、、」と思案する姿がありまして、まだ子どもの幸を廓通いが趣味の男になんて、そんなひどい事を!と幸の身の上を案じながら、続きを楽しみにしていた自分です。ひどいと思いながらも、そうでなければ一生お店の奥で女中仕事をするだけ、幸の才能に掛けた番頭さんの思いでしたから。

 

早瀬篇では、やはり呉服商五鈴屋・主人徳兵衛の後添えとして、ご寮さんとなった幸ですが、女衆あがりでまだ身体も未成熟の幸を相手にしない徳兵衛は、女遊びもやめず相変わらず仕事にも身が入らない。五鈴屋は商才あのる次男坊・惣次の働きによってかろうじて持ちこたえています。幸は、夫である徳兵衛に無視されているのを有難く思い(夜のお相手も免れられて(^-^;)、商いの勉強に精をだしておりました。ところが、番頭の治兵衛が病で倒れ、五鈴屋を引退することになったり、徳兵衛が反物を横流ししたり、あげくに手代たちがそろって辞めたりと、厄介ごとの連続です。

 

めまぐるしく色々なことに振り回されながらも、幸は成長し17歳となりました。商品の知識を吸収したり、呉服商のあり方を実地に学んだり、賢さは次男の惣次も認めているようです。

そして、いつの間にか体つきもふっくらとし、胸もふくらみ、美貌に磨きがかかって来ました。幸の成長に気づいた徳兵衛、ああ、幸の貞操の危機!

 

ハラハラしているところで、なんと徳兵衛、突然の事故死。

徳兵衛は、いつか幸に心打たれて改心でもするのかと思いきや、死んでしまいました∑(゚Д゚)

これはまた、幸の身分はどうなるんやろか。そこにまた、新たな男、登場!そして、つづく!

 

はあー、またこれは首を長くして「三」を待たねばなりませんかがな。

今度の男は、前のよりはマシかも知れないけれども、いずれにしても、幸の気持ちは問題にもされないことでしょう。この時代の結婚は、本人の、ましてや身分の低い女の子の意思など大切にはされなかったかも知れませんが、二度もこんな結婚をせねばならないとは、、、いや、もしかしたら三度目もあるかも知れませんね。

 

ともかくもこの続きでは、いよいよ幸の商才を見せて貰える展開が予想されるので、ぜひ頑張って欲しいな、幸! 

「不景気で物が売れない時代」と現代の世相を重ねながらの物語、不況を吹き飛ばす景気の良いお話しを早く読みたいものです(^-^)

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

真ゾイのポワレ、ソース・シャンパーニュ

 

こんにちは、カザマです。

ここのところのプログを振り返ってみましたら、「オリンピック」という文字の無い記事が無いくらいですね(笑) でも、毎日オリンピック三昧をしているのは何もワタシばかりでは無いはず。一昨日からは、女子レスリングの皆様の活躍に大いに血沸き肉踊っておりました!今一つ、ルールに無知な自分ですが(^-^;、とにかく勝てばスゴイ、嬉しい!の連続でした~。やっぱり強い女ってカッコいいですねークラッカー

 

 

それでは、27周年謝恩ディナー「ムニュ・デギュスタシオン」、ラストまでのご紹介と参りましょう!

お魚料理としまして、真ゾイのポワレ、ソース・シャンパーニュの登場です。

ソイの中でも真ゾイは別格(お値段もダントツです!)、ソイ内閣の首相とでも言いましょうか(笑) サックリしていながら脂のりも良く身も厚くてふっくら、香ばしい香りを放ちます。従えるのは、ソース・シャンパーニュ、シェフ・カザマの得意中のお得意、鮮魚のポワレには外せないというくらいの最高の取り合わせのソースです。シンプル イズ ベストを現したお魚料理を楽しんで下さいね音譜

 

ここで、一休み、冷たいとうもろこしのポタージュでお腹を整えて下さいね(^-^)

 

では、お肉料理でございます。2種類からお好きな一皿をお選び下さい。

足寄町石田めん羊牧場産仔羊骨付きロース肉のソテー、夏野菜のラタトゥイユ添え

おなじみ、石田めん羊牧場さんから届いている仔羊、優しい香り、しっとりとした弾力のある肉質、ぎゅっと美味しい肉汁、北海道ならではのお肉料理です。仔羊の骨から取ったお出汁をペースにしたソースと、夏野菜の滋味あふれるラタトゥイユを添えております。

 

清水町・人舞牛サーロインステーキ、ソース・ボルドレーズ

赤身肉の旨みを味わえる人舞牛はミディアムレアに焼かせて頂きます。こちらには、力強い濃いソース・ボルドレーズを合わせました。赤ワインとエシャロット、香草を使ったステーキには王道の組み合わせでしょう!ソース・ボルトレーズに良く付け合わせるモワルもご用意しました。モワルとは、骨髄ですが、牛骨から取り出したモワルを茹でて添えております。とろりとしたコクのあるモワルをソースと合わせてお肉を召し上がって下さい。

 

メインの後はチーズとデザートをお好きなものを選んでお楽しみ下さい。

ごゆっくりと過ごして頂ける真夏の夜のディナー、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

27周年謝恩ディナー「ムニュ・デギュスタシオン」¥8100(税別)

前日までにご予約をお願い申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

花咲蟹とするめ烏賊の温かいサラダ仕立て

 

こんにちは、カザマです。

27周年謝恩ムニュ・デギュスタシオン、おかげ様でご好評頂いております(^-^)

お盆期間中も、沢山のお客さまがお越し下さいましてデギュスタシオンをお楽しみ頂けました。ああ、シアワセです~ほっこり

忙しくして(オリンピック観戦に?(笑))おりましたら、メニューのご紹介に間が空いてしまいました。毎日アップするつもりでしたのに、、(^-^; では、始めますー♪

 

 

ムニュ・デギュスタシオンの3皿目になりますのは、花咲蟹とするめ烏賊の温かいサラダ仕立てです。

オクラやズッキーニ、ピーマン、セロリなど夏野菜とともに、漁期のするめ烏賊、花咲蟹をソテーいたしました。蟹も烏賊も焼いたときの香ばしい香りがたまりませんね。力のある夏の野菜もそれぞれの香りと味わいで勝負して来ます。ソースには、烏賊のゴロを隠し味に使ってますよ。ちょっとしたアクセントになっております。フィンガーボウルもお出ししますので。蟹もじっくりとお召し上がりくださいね!

 

青森シャモロック胸肉のガランティーヌ、ブルギニヨン

4皿目のお料理です。シャモと地鶏を掛け合わせた味わい深い青森産の鶏のもも肉にフィリングを巻き込んでローストしましたガランティーヌです。フィリングは豚と鶏のひき肉にバジルとマイタケを入れたものです。スライスしてもう一度両面をソテーし、焼いた舞茸を添えて盛り付けます。ブルギニヨンとは、ブルゴーニュ風という意味ですが、エスカルゴ・バターのソースでお召し上がり頂きます。しっとりとしたシャモロックのもも肉と柔らかなフィリングが美味で、ニンニクの香るエスカルゴ・バターがさらに旨みをアップしてくれていますよ音譜

 

27周年謝恩ムニュ・デギュスタシオン ¥8100(税別)

前日までにご予約をお願い申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

27周年謝恩ムニュ・デギュスタシオン

 

こんにちは、カザマです。

ここ札幌の夏も良いお天気に恵まれて佳境に入ってきております。日本人選手メダルラッシュクラッカーのリオ・オリンピック、北海高校初戦突破クラッカーの高校野球とともに、カザマの謝恩月間も佳境でございます! 

11日(木)より始まりました、謝恩メニューの「ムニュ・デギュスタシオン」のご紹介を始めます。前菜のスタイルで多皿で構成するデギュスタシオンですので、ブログも連載で参りますよ!ぜひ、毎日ご覧ください。そして、ご来店もよろしくお願いします(^-^)

 

デギュスタシオンとはフランス語で degustation 味見、英語で言えば tastingテイスティングという意味です。レストランのメニューにムニュ・デギュスタシオンとあれば、そのお店のお勧めやシェフの得意料理などを少しずつ色々と味わえる多皿のコース料理ということになります。

カザマでは、毎年8月にこのデギュスタシオンのスタイルでシェフのお料理を存分に楽しんで頂こうとご用意しております。謝恩メニューの一つですので、お値段も勉強させて頂いておりますよ!また、この時期はグラスワインも普段より多めにご用意しておりますので、合わせてお楽しみ頂けましたら幸いです音譜

 

それでは本日は、前菜を二皿ご案内いたします(^-^)

 

夏野菜と海の幸のジュレ寄せ、シャルロット仕立て

一皿めは、見た目にも涼し気なジュレ寄せからスタートです。人参のババロワを土台にして、コンソメ・ジュレに閉じ込められているのは夏野菜のオクラ、赤ピーマン、ヤングコーン、そして帆立貝と北海シマ海老です。上にはウニをトッピング。トマト、バジル、赤ピーマンのソースを飾って、彩りも鮮やかに目でもお楽しみ下さいね。冷んやりしたジュレと魚介の旨みで暑い夏の日にも美味しく召し上がって頂けます!

 

フォアグラのソテー、イチジクのチャツネを添えて

二皿めは、フォアグラ料理です。表面はパリッと焼き、フォアグラの脂の香ばしい食欲をそそる香りが立ち昇っております。付け合わせに、イチジクをスパイスで甘酸っぱく煮たチャツネ、トーストしたバター香るブリオッシュ、甘いとうもろこしのガレットをご用意しました。そして、ソース代わりに黒と白の2種のバルサミコ・ヴィネガーを添えております。いずれもフォアグラと好相性のもので固めましたよ。取り合わせの組み合わせをお楽しみ下さい。

 

27周年謝恩ムニュ・デギュスタシオン ¥8100(税別)

前日までのご予約をお願い申し上げます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

平目と花咲蟹の白ワイン蒸し、サフランの香りの蟹風味ソース

 

こんにちは、カザマです。

リオデジャネイロ・オリンピックでは日本人選手の活躍が続いて、毎日ニュースを見るのが楽しいです(^-^) それにしても、選手の皆さんの壮絶な練習を思うと本当にスゴイことだと思います。今までの努力の成果がメダルで報われる幸せ、こみ上げる喜びに見ているだけで思わず眼がしらが熱くなってしまいます(T-T) どの選手の方も怪我なく自分の力を思い切り発揮できますように。毎日素晴らしい試合を見せてくれてありがとうございますラブラブ

 

というようにオリンピック三昧な日々ですが、もちろん仕事もしておりますよ。暑いですけど(^-^; これからお盆休みの週末に入りますので、また少し忙しくなりそうです。夏休みで帰省されるご家族とのお食事やご旅行でのご来店と、楽しいテーブルが多いことでしょうね。

 

11日(木)から、期間限定謝恩ディナーの第二弾、「ムニュ・デギュスタシオン」が始まりました。毎年8月の開店記念月にご用意する、前菜のスタイルでシェフのお得意を色々と多皿で組む楽しいディナーです。少しずつ色々味わって頂けますよ。そのご案内は近日中に致しますが、本日は人気のお魚料理をご紹介致しましょう。

 

花咲蟹のシーズンになりまして、カザマではいつも夏から秋に花咲の旨い出汁を使ったスープ仕立てのお料理をご用意するのですが、今回はこちらです。

平目と花咲蟹の白ワイン蒸し、サフランの香りの蟹風味ソース

花咲蟹の身を平目で包んでポピエットにして、白ワインで蒸します。花咲蟹と海老でお出汁を取ったスープをサフランで風味を付けて、ブイヤベースのスープのような感じですが、味わいは軽めにさらっと仕上げました。蟹の旨みがきいてほんのりとサフランが香り、美味ですよー(^-^) このスープをお皿に張り、平目と花咲蟹のポピエットを置いて、付け合わせにはほうれん草のダリオリを添えました。ほうれん草のピュレに卵とクリームを加えて蒸したものです。

花咲蟹の魅力を生かした一皿、ぜひお試しください音譜

 

平目と花咲蟹の白ワイン蒸し、サフランの香りの蟹風味ソース

アラカルト ¥2600

シャンパン・ランチ¥3500、ディナーB¥6000のお魚料理としてもご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

足寄町・石田めん羊牧場産仔羊ブレゼのシャルロット仕立て、ディアブル風

 

こんにちは、カザマです。

リオ・オリンピックでは日本人選手の活躍がどんどん伝えられ、メダルの数も順調に増えており喜ばしい限りです爆  笑 遅くまでテレビにかじりついて観戦されている方もさぞ多い事と思います。暑いさなかですので体調を崩されませんよう、お気を付けくださいませ(^-^) ワタシも帰宅後、テレビ観戦やニュースを見たり楽しんでますが、夜も暑くて扇風機が手放せなくなりました。自宅にはエアコンが無いからですが、元々扇風機が好きで、、、(^-^; というか、風が好きなもので。窓から入る自然の風が一番ではありますが、風の無い日は扇風機を持ってあちこち移動しながら過ごしております(笑)

 

 

さて、それでは本日のお料理です。

足寄町・石田めん羊牧場産仔羊ブレゼのシャルロット仕立て、ディアブル風をご紹介します。

北海道産の美味しい仔羊、ただ今は人気の石田めん羊牧場産のものが入荷しております。部位ごとにいくつかのお料理をご用意しますが、その内の一つです。

仔羊を柔らかくブレゼ(蒸し煮と訳される調理法で煮込みになります)しまして、シャルロット型の底にじゃが芋のピュレを詰めてその上に仔羊を乗せます。マスタードをぬって、ソテーした茄子を乗せてその上にバジルを混ぜ込んだパン粉をふって、上火で再度焼き上げます。

仔羊を煮込んだ煮汁をベースにしたソースを流し、彩りに青みの野菜を添えて、出来上がりです。いかがでしょうか?食べたくなってみて下さったでしょうか。では、お待ちいたしております音譜

 

足寄町・石田めん羊牧場産仔羊ブレゼのシャルロット仕立て、ディァブル風

¥2500

シャンパン・ランチ¥3500・ディナーA¥4000のお肉料理としてもご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分は仕事でプリンターを良く使うニコ

メニューやワインリスト、お知らせ、発注書、経理の書類などなど。

中でも、プリンターが休みなく働くのは年に何度かお客様に出すDMハガキの印刷。

7月にも自宅、店、両方にあるプリンターには、相当仕事して貰った。

 

すると、プリンターからこんなお知らせが。

「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました。お買い求めの販売店か修理センターへ交換をご依頼ください。」えー?

 

これは、自宅にあるE社のプリンター。

長い間何台ものプリンターを使ってきたが初めて見たので、ともかくもメーカーに問い合わせてみた。すると4千なにがしの料金で交換できるので、メーカーまたは販売店に持ち込んで下さいとのこと。メーカーや販売店の保証期間中なら、無償で交換できるそうだが、メーカーの一年保証はとっくに終わり、購入したY販売店で付けた5年保証も一度使っていたので、今回は有料で交換となった。Y販売店に持ち込み3日程度で連絡があり、引き取ってプリンターはまた元気に仕事してくれているほっこり

 

そして、2週間ほどが過ぎ、今度は店にあるC社のプリンターにも同じ表示が。こちらは、E社より若干後に購入したはずと思い、保証書を探すも残念なことに発見できず。オバサンとしたコトが!不覚である。しようがない、2度目の経験なので「C社よ、おまえもか、、、」と思いつつまたY販売店の修理カウンターに持ち込んだ。担当のお兄さんは、料金が7千なにがしだと言う。えっ、E社は4千円ちょっとだったのに、、、と不満に思いながらもお願いする。3、4日でできますよね?と問えば、メーカーさん次第だけど今混みあってるしお盆に掛かれば2、3週間かかるかも知れませんよ、と。

いやあ困るわ~。店のプリンターは毎日何かしら印刷してるのに。でも仕方ないぐすん

 

2日ほどして、Y販売店からお電話を頂いた。

「交換の部品がもう製造中止となっていてメーカーに在庫が無いため、後継機に交換をお勧めします。」

訊くと、修理代より同クラスの現行商品の方が若干安く購入できるとのことガーン

 

いやはや、プリンター自体はなんの問題もなく元気に働いていたのに、そんな部品が無いために、もう廃棄しなくちゃならないなんて。もったいない。プリンターも何社か使用してきたが、C社のものが好きなのに、今回の件では見直さなくてはならないかも、だショック

 

そして、廃棄についてお訊ねすると、今ここで廃棄申請するとメーカーさんの方で無料で処分してくれるとのことで、お願いしようと思った。付属品も全部処分しますよ、と言うので、ちょっと待って!インクカートリッジ付けたままなんで、もし後継機にも使えるようならそれだけ返してくれないかな?と聞いた。後継機に使えるか調べるのが面倒なのか、メーカーがカートリッジを外して返してくれるという対応をしないのか、返事を渋るので面倒になり、あー分かった、じゃあ引き取ります!と答えて電話を切ったのであったイラッ

 

いやはや、世の中に修理するより買った方が早い、安い、ということは良くあるものではあるが、自分の愛用品にそれが起こるとオバサンとしては、大変に腹立たしい。というか、とても理不尽な気がする。C社のプリンターはそんなに古かったか。もしかしたら、購入の時点で結構古い機種だったのかも知れないなあしょんぼり

 

それにしても、プリンターというものは、今とても安く買えるが、皆さんご存知のようにインクカートリッジが大変に高く、容量が少なくすぐに無くなるという、インクで利益を上げているような変なシステムである。これにもいつも理不尽を感じているオバサンであるが、小さな一消費者としては何も抗う術が無いのが、とても悲しいえーん

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

期間限定27周年謝恩ディナー 8月9日(火)まで

 

こんにちは、カザマです。

毎日暑いですね!特に湿度が高くて、この蒸し蒸し感には参りますねーあせるあせる ですが、いよいよリオデジャネイロ・オリンピックも始まりますし、高校野球も、、。そして、我がファイターズの大谷君の大活躍にもウキウキですニコニコ 暑さも忘れて夏を楽しく乗り切りたいですね!

 

そして、カザマでは年に一度のお客さま感謝デーの開催中です(^-^) 

1日(月)からスタートしている期間限定謝恩ディナーは9日(火)までです。27×2の54にかけて¥5400での謝恩価格でご用意しております。6日(土)は満席となり、7日(日)は残席少々ですが、その他のお日にちはまだまだ沢山の皆様をお待ちしておりますよ~。シェフが力を込めて考えたメニューをぜひお楽しみ下さいませラブラブ

 

それではメニューを一挙ご紹介致します!

 

アミューズ・ブーシュ~とうもろこしの冷製スープ

蒸し暑い日々です。お席についてまずは、冷んやりして甘いとうもろこしのポタージュで涼しくなって下さいね。

 

夏の海の幸とガスパチョ、赤ピーマンのムースを添えて

カザマの真夏の定番となった人気の前菜です。スペインの冷たい野菜スープのガスパチョにシェフお得意の魚貝のマリネを浮かべました。ガスパチョの野菜の青い風味も涼しく、美味しい魚介のマリネと好相性です。魚介は白身(鯛やヒラメなど)に、帆立貝、北寄貝、北海シマ海老、ウニが入ります。そして赤ピーマンのムースが添えられ、お口の中でふんわりした優しい主張をして魚貝たちに花を添えてくれますよ。

 

フォアグラのロワイヤル、サマートリュフのコンソメ仕立て

フォアグラの洋風茶碗蒸しです。フォアグラのピュレと卵とブイヨン、コンソメ、コニャック、これらを蒸したものです。ふるふるで軽~くフォアグラの風味も優しくて、フォアグラが苦手という方も大丈夫ではないでしょうか。お皿に張ったコンソメ・スープにはサマートリュフを浮かべて、夏らしい一皿をお楽しみ下さい。

 

青森シャモロック胸肉のロースト、夏野菜のバーニャカウダ風

シャモとプリスマロックという品種の鶏を掛け合わせたシャモロック、味わいが濃くて良い弾力のある美味しい地鶏です。胸肉のローストと夏野菜のソテーを組み合わせた一皿に仕立てました。バルサミコ・ヴィネガーのドレッシングとアンチョビを使ったバーニャカウダ風のソースでお召し上がり下さいね。

 

主菜は三品からお好きな一皿をお選び頂けます。

 

えりも産活〆マツカワガレイのヴァプール、ソース・シャンパーニュ

えりも漁協特産のマツカワガレイ、大変上質です。これを白ワイン蒸しにして柔らかくふんわりと仕上げ、シャンパンを使ったソースを添えております。シェフのお魚料理の最もベーシックなものの一つです。ぜひ、ご賞味下さいませ。

 

フランス産乳呑み仔牛ロース肉のポワレ、フォアグラのソテー添え

まだミルクのみの食餌で育った柔らかな仔牛のロース肉です。ピンク色のきれいな切り口が見えるような焼き具合に致します。とってもジューシーで美味です。ややたんぱくな味わいですので、フォアグラのソテーを合わせました。優しく滋味あふれる仔牛と、香ばしく焼けてとろりとしたコクのフォアグラを両方味わえますよ。

 

足寄町・石田めん羊牧場産仔羊もも肉のロースト、クレソンの香りのソース

お馴染みの石田さんの人気の仔羊をご用意しました。サウスダウン種のもも肉です。色合いからしても、実に美味しそうでしょう!クレソンのほんのりとほろ苦さのある緑鮮やかなソースを添えました。

 

お好きなチーズ2種

メインの後は、チーズ・プラトーからお好きなチーズを2種類お選び下さい。チーズのためのワインも少し残しておいて下さいね!

 

デザート~桃のコンポート、2種のソルベ添え

夏の果物といえば、桃。桃を白ワインのシロップで煮たコンポートです。甘い桃の味わいにスパイスの香りがプラスされて、冷たく甘く喉を滑り落ちていくのが心地よいでしょう。桃のソルベともう一種ソルベ(その日によります)を添えました。

 

いかがでしたでしょう。この後はお好きな食後のお飲み物を楽しみながら、お食事の余韻と会話をごゆっくりと楽しんでお過ごし下さいませ。ありがとうございました。

 

期間限定謝恩ディナー(8/1~9まで) ¥5400(税別)

お魚料理とお肉料理の両方をご希望の場合は、¥6500にてご用意致します。

お手数ですが、ご予約をお願い申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ジュレ

海の幸と人参のムースのコンソメ・ジュレ寄せ

 

こんにちは、カザマです。

8月1日がやって来ました。お客さま感謝デーの始まりです!

1989年の8月1日にカザマは開店致しました。今年は27周年となりました。お客さまの皆さまには、日頃より大変お世話になりまして本当にありがとうございます。毎年ささやかではありますが、感謝の気持ちに代えまして謝恩のメニューをご用意しております。今月も沢山の皆さまに楽しんで頂けましたら、幸いです。

 

まずは、恒例の「シャンパン・ランチ」のご案内です。

通常の「スペシャル・ランチ」¥3500にシャンパンを1グラスお付けしてお値段変わらず!真夏の暑い日に、シャンパンは殊の外美味しく感じられることと思います。

今月のお勧めシャンパンは、リシャール・フリニョー・カルト・ペルル・キュヴェ・スペシャル・ブリュット

ピノ・ノワール最上のグランクリュとして名を馳せるアイ村の生産者。ピノ・ノワール40%・シャルドネ40%・ピノムニエ20%のセパージュ。リンゴやベリー、オレンジピールを思わせる果実豊かな香りと色の濃いベリーを思わせるきめ細かく柔らかな果実に細やかな酸、ゆったりと広がる味わいは徐々に重量感を増し、ミネラリーなフィニッシュへと続きます。

 

シャンパングラスをゆっくりと傾けながら、味わって頂く前菜はカザマの一番人気を誇る海の幸と人参のムースのコンソメ・ジュレ寄せでございます。

来ましたよ爆  笑 これを待っていたのよ、というお声を沢山頂きます。冷んやりとしたコンソメ・ジュレを通して見えかくれするのは、新鮮な魚介のマリネと夏野菜。そしてその下にはほんのり甘くクリーミーな人参のムース。お口の中でふんわりと香り、とろけるムース、白身や帆立、北寄貝、シマ海老の甘み、そしてカザマのコンソメ・ジュレのコクと旨み、魚介の味わいをより引き立ててながら深い余韻を残して参ります。

今年も、カザマの名物、海の幸と人参のムースのコンソメ・ジュレ寄せをぜひご堪能下さい!

 

リシャール・フリニョー・カルト・ペルル・キュヴェ・スペシャル・ブリュット

ボトル\8200 1グラス\1300

■お勧めのシャンパンは日により変わる場合がございます。

 

ジュレ

海の幸と人参のムースのコンソメ・ジュレ寄せ

アラカルト ¥1600

シャンパン・ランチ¥3500・ディナーA¥4000・ムニュ・コンセイユ¥10000の前菜としてもご賞味頂けます。

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)