食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。

読んだ本、観た映画、食べたり飲んだりの何の変哲もナイ日常をのんびりと書いて参ります。

本や映画の感想はネタバレ注意、でよろしくお願いいたします。

「フレンチレストラン・カザマの美味しい日記」も引っ越しして来ました。ヨロシクお願いします。


NEW !
テーマ:

サクラマスのマリネ、オレンジ風味のドレッシング、お魚のリエットを添えて

 

こんにちは、カザマです。

4月も月末となって参りました。と、いうことは、ゴールデンウィークが間近ですねニヤニヤ 

もう、皆さまお休み中の計画を立てらたことでしょうね。札幌では、ゴールデンウィーク中に桜の開花も予想されておりますし、お花見も楽しみなことです桜桜桜桜桜

カザマのスケジュールは、ゴールデンウィーク中の土・日・祝日は通常通り営業致します。

定休日は5月1日(火)・2日(水)となりますので、よろしくお願い申し上げます。

そろそろ北海道産ホワイトアスパラガスの季節となりますので、地元の新鮮なアスパラ料理をお出しするのが楽しみです!

5月のメニュー予告もホームページに掲載致しましたのでぜひご覧くださいませラブラブ

http://www.pkazama.com/nextmonth.htm

 

 

本日はランチで人気の前菜と春らしいスープをご紹介致しますね。

サクラマスのマリネ、オレンジ風味のドレッシング、お魚のリエットを添えて

サクラマスのマリネは本当に皆さま、大好きな一品ですね!とろりとまろやかな舌触りに柑橘の爽やかな香りのドレッシングが絡んで、思わず笑顔がこぼれます。

またお魚のリエットもお勧めです。毎日入荷する色々なお魚のあらや端の身をペースト状にして味付けしたものです。レモン風味のオリープオイルも使い、レモンの風味がお魚の旨みと良い塩梅にマッチしています。カリッと焼いたメルバトーストの上に乗せておりますので、トーストごと摘まんでお召し上がりくださいね。キリッと冷えた白ワインが進む一皿ですデレデレ

 

クラマスのマリネ、オレンジの香りのドレッシング、お魚のリエットを添えて

ランチA¥2100・B¥2500・ディナーA¥4000の前菜としてご賞味頂けます。

 

グリンピースのポタージュ

春らしい緑がきれいなスープです。豆の風味の生きた優しい味わいのポタージュは、頂くとほっとするような気分になりますね!

ランチやディナーのポタージュとしてご賞味頂けます。


テーマ:

お天気も良く暖かいとある春の日、テレビ塔近くの

 

中央バスの札幌ターミナルに友人たちと集合しました。

ここから、都市間高速バス「くりやま号」に乗車するのです。

行先は、栗山町にある和食の名店「味道広路(あじどころ)」さんです!

高速バスで1時間ほどで栗山駅に到着、そこからタクシーに乗って数分でお店に着きました。

札幌からレストランのマダムたち、地元空知のワイン生産者のマダム方、計10名での女子会、もとい、

マダムの優雅なランチ会ですニヤニヤヘヘッ!

 

味道広路さんの手を掛け工夫を凝らした繊細で美味なお料理と、同席の生産者の方々のワインを合わせるという、至福のひとときでしたデレデレアア~

 

 

        

最初の一皿から最後のお抹茶とお菓子まで、季節の野菜や山菜をふんだんに用いたお皿の数々はすべて美味しく、また地元のワインがどれもお料理に素晴らしく寄り添っていたことでした。ご馳走様でした!

 

大変満足な気持ちとお腹を抱えて、栗山町をぶらぶらすると、ここはきれいでお洒落な町ですね。駅前から国道へと続くメインストリートは、電線を地下埋設して電柱の無いすっきりした通りです。なんとなく、ゆとりのある町だなあと感じました。

 

 

次のバスの時間までに、小林酒造に行ってみることにしました。栗山駅から歩いても行けます。日本酒「北の錦」で知られた蔵元です。

 

 

 

売店では、試飲もできますよ。おおらかに気前良く飲ませて頂けますウインク

 

 

二階や別棟のお部屋には、昔の酒造りの道具や昭和の懐かしい生活用品、家電などが所狭しと展示されていて見ごたえがあります。

 

   

社長室や応接室、宴会の広間などなど、、、。

 

 

旧小林家のお屋敷ですが、この日は休館で残念でした。

 

 

右の写真の方は創業者の奥様です。お仕事に家事に、沢山の職人さんもいらしたでしょうから、さぞお忙しくお家を取り仕切っていらしたのでしょうね。

 

 

歴代首相の色紙も飾られておりました。

 

最後に顔はめもご披露してみました(笑)

栗山町のパティスリー「シ・サワット」さんにも行きたかったのですが、残念ながらこちらも定休日でした。ところが、小林酒造さんの売店に、こちらのお酒とコラボしたシ・サワットさん特製のマカロンが売られているではありませんか!早速、購入致しましたよラブラブ

6個入りですが、写真を撮る前に2つ食べてしまいました(笑) お酒の香るクリームがはさまれた美味しいマカロン、、、。ぜひ、定休日以外の再訪を計画しなければ!

 

素敵な栗山町、また遊びに行きたいですね。今度はお酒の試飲ももっと、、、デレデレ


テーマ:

足寄町石田めん羊牧場産仔羊もも肉のロースト、種マスタードのソース

 

こんにちは、カザマです。

日々の過ぎ去るのはとても速くて、最近のワタシは驚くばかりです。

・・・というような言い訳ばかりして怠けている自分を叱咤激励して、昨年の「フランス・ボルドー美食旅」の旅行記をコツコツと作成しております。既にホームページに掲載している「出発編・成田~パリ」 「パリ~ボルドー編」に続きまして、「メドックシャトー巡り編」をずい分間が空きましたが、ようやくアップ致しました。

この間、数少ない読者のお客さまから、「続きを楽しみに待っていますよ」、という温かい励ましのお言葉もほんの少し頂きまして、なんとか頑張った次第です。ワタシも傲岸不遜な人間でして、他人様のいう事には耳を傾けないという大変悪い習性がありますが(過去に何度もそれで痛い目を見ているお話しもブログに書いたりしてます(笑))、このような耳に快いお言葉はもう、胸にすーっとしみ渡ってくるわけでございますニヤニヤアリガト-!!

ご用なくお暇のある向きはよろしければ、こちらに遊びにいらして下さいませ。

ボルドーの豪華なシャトーの美しい写真を沢山載せました!

下差しカザマの旅日記 「メドックシャトー巡り」はこちらからどうぞ!

http://www.pkazama.com/1710france-paris-Medoc.html

 

 

それでは、今日のお料理ご紹介に参ります。

先月に続き、4月も足寄町石田めん羊牧場産の仔羊料理をメニューに載せております。

ページトップ写真のお料理は足寄町石田めん羊牧場産仔羊もも肉のロースト、種マスタードのソースです。種入りのまろやかな酸味のあるマスタードを使った仔羊に良く合うソースでお楽しみ下さい。付け合わせには、その時々に入る春野菜や山菜を色々添えております。柔らかでジューシーな仔羊のローストと清々しい春野菜で、(まだ肌寒い日々ですが)春のお食事をどうぞ!

足寄町石田めん羊牧場産仔羊もも肉のロースト、種マスタードのソース

ディナーA¥4000・B¥6000のお肉料理としてご賞味頂けます。

 

下の写真は、足寄町石田めん羊牧場産仔羊骨付きロース肉のソテー、クレソンのソースです。

クレソンのピュレを使った青々としたソースは目にも鮮やかに春を感じさせてくれますね!ほんのりと辛みのある清々しい味わいです。骨付きロース肉は、柔らかで密な肉質、骨ぎわの旨みを玉占める最上の部位です。こちらにも付け合わせにたっぷりと春野菜を添えておりますよ!

足寄町石田めん羊牧場産骨付きロース肉のソテー、クレソンのソース

ディナーC¥8500のお肉料理としてご賞味頂けます。


テーマ:

フランス産ホワイトアスパラガスを添えたウニ入りウ・ブルイエ

 

こんにちは、カザマです。

先日注文していたシェフの新しいコックコートが届きました。

長年、コックコートは実用的で丈夫でがっしりした綿100%のものを着て来ましたが、固くて重いので、もう年も年ですし(笑)、新調をきっかけに軽くて柔らかいものをお願いしました。カタログの中からデザインもちょっと今風なものをチョイス。

新しいコックコートを着たシェフですが、いかがでしょうか? 着やすくて動きやすく、涼しいかも。これでまた暑い厨房でもバリバリ働いてもらいましょうニヤニヤハタラケー!

 

 

ホワイトアスパラガスもフランス産は最盛期となって参りました。北海道産も今月末くらいからは

始まりましょうが、今しばらくはフランス産のものを楽しんで頂きます!

今月はフランス産ホワイトアスパラガスの茹で上げ、ウニ入りウ・ブルイエとともにをご用意しております。

茹でても焼いてもムースやスープも美味しいホワイトアスパラガスですが、茹で上げもシンプルでアスパラの美味しさを存分に味わえるものですね。そして、アスパラと相性の良い卵をウ・ブルイエ(スクランブルド・エッグ)に、さらにウニを混ぜ込みました。まったりと卵とウニのコクのある、ウ・ブルイエをホワイトアスパラガスに絡めながらお召し上がりくださいねラブラブ

 

そして、もう一品、フォアグラとフランス産ホワイトアスパラガス、筍のソテー、2種のソースでもお勧めいたします!

日本の春といえば筍ですね。シャクシャクした歯触りと香り、甘さ、ホワイトアスパラガスとともに、春を味わわせてくれますね。アスパラと筍のソテーにはソース・オランデーズ、定番のソースを添えました。もう一つの主役、フォアグラのソテーには、少し甘いソース・マデラで、フォアグラの香ばしさ、とろりとした脂の旨みをでお口に幸せをお運びしましょうラブラブ

 

いよいよ元気を増して、シャキッと育ったフランス産ホワイトアスパラガスを色々な調理、ソースで存分にお楽しみ下さいませ音譜

 

 

フランス産ホワイトアスパラガスの茹で上げ、ウニ入りウ・ブルイエとともに

 ディナーB¥6000の前菜としてご賞味頂けます。

フォアグラとフランス産ホワイトアスパラガス、筍のソテー、二種のソースで

 デイナーC¥8500の前菜としてご賞味頂けます。


テーマ:

ソース・ムースリーヌで和えた毛蟹のサラダ、アボカドのムースとともに

 

こんにちは、カザマです。

内外で哀しいニュースや腹立ちのニュースなどが流れて暗い気分になるコトもありますが、今の日本国民の最大のお楽しみは、大谷翔平選手の大活躍でありましょうニヤニヤヤッター!!

日ハムからメジャーリーグに旅立って、どんな野球を見せてくれるかもちろん期待しておりましたが、オープン戦では慣れない環境であまり上手くいっていない印象に心配もしました。しかし!まあ、ここで詳しく書くこともない皆さまご承知の打っては本塁打、投げてはパーフェクトと信じられないほどの成績を上げてくれました!加えて、笑顔のチャーミングなこと、米国民の野球ファンの心も鷲掴みではありませんか。

ホントにウチの翔平ッたらちゅーカワイイッ!! 

驚いたメジャーの選手たちも、今後翔平を研究して対戦してくるでしょから、これからが本番です。壁にぶち当たることもあるとは思いますが、翔平ならきっと乗り越えて勝利の男となってくれることと思います! 今年はメジャー観戦が(日ハムより?)楽しみな日々です。

ありがとう、大谷!

It’s SYO time!!

 

 

さて、興奮を鎮めまして。

ソース・ムースリーヌで和えた毛蟹のサラダ、アボカドのムースとともにのご紹介です。

オホーツク海でも毛蟹漁が始まっておりますので、早速毛蟹を使った前菜をご用意致しました。

毛蟹はなんといっても、上品な身とそして、蟹みその旨みですね!身とみそを合わせて、ソース・ムースリーヌで和えた毛蟹のサラダです。酢醤油で頂くのとはまた違った、クリーミーでふくよかな味わいをお楽しみ下さい。そして、蟹の下にはアボカドを裏漉しして、塩・胡椒、クリーム、レモンで味を調えたムースを添えました。毛蟹の旨みと、まろやかなアボカドのムース、ファンタスティックです!

ソース・ムースリーヌで和えた毛蟹のサラダ、アボカドのムースとともに

ムニュ・コンセイユ¥12000の前菜としてご賞味頂けます。


テーマ:

茄子とエスカルゴバターを詰めた若鶏胸肉のパン粉焼き、キエフ風

 

こんにちは、カザマです。

皆さま、楽しい週末をお過ごしになりましたでしょうか?

もちろんワタシどもは楽しいお仕事で過ごしました(笑) 

なんだか静かな4月なんですけど、土曜日は沢山のお客さまにお越し頂け、ワインも沢山ご注文頂き、充実の1日でした!皆さま、ありがとうございましたデレデレ

 

仕事以外では、土曜日のSTVラジオ「日高晤郎ショー」の日高晤郎追悼番組を聴かせて頂きました。午前中の短い時間だけでしたが、急に亡くなった日高さんの事を思い出しながら、、、。格別のファンであったわけでは無いのですが、仕事前の午前の仕込み中とランチタイム後の時間はSTVラジオを掛けておりましたので、土曜日は晤郎ショーを毎回聞いておりました。ご病気で入院したりしていたのもラジオで聞いてましたが、あまりに急な容体悪化でお亡くなりになったことは、驚きでした。

当店のシェフ、風間正彦も数年前に番組のコーナー「北の出会い」で取り上げて頂いたこともあり、お世話になっています。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

さて、それでは今日のお料理ですが茄子とエスカルゴバターを詰めた若鶏胸肉のパン粉焼き、キエフ風をご紹介致しますね。

キエフ風というのですから、ロシア料理がルーツになるのでしょうが、シェフ・カザマはわりとパン粉焼き料理が好きみたいで、、、ニヤニヤ 仔牛のカツレツ・ミラノ風とかウイーン風とか、エゾ鹿のレバカツなども最近やりましたね。

このキエフ風は香草入りバターをたっぷりと鶏肉に包んでカツレツにする、というスタイルのお料理でナイフを入れると中からとろーりと溶けたバターが出てくるという、リッチな味わいのものです。今回はエスカルゴ・バターとともにソテーした茄子を一緒に包みました。茄子は油と相性がいいですし、若鶏胸肉はあっさりと淡泊ですから、味わいもふくよかになりますね。

カットすると中身はこんな感じです。

ぜひ、お試しください~音譜

 

茄子とエスカルゴバターを詰めた若鶏胸肉のパン粉焼き、キエフ風

ランチA¥2100・B¥2500・ディナーA¥4000の主菜してご賞味頂けます。


テーマ:

ホタルイカのソテー、イカスミのソース、サラダ仕立て

 

こんにちは、カザマです。

朝起きて外を見たら、樹木が白く雪に覆われていてビックリ!夜の間に雪になっていたのですね。。。

今週からは気温も上がりそうで、これからようやく春らしくなっていくのでしょうか。

越冬中の植木の話題を昨日書きましたが、みんな元気なんですけど特に葡萄のメルロがどんどん伸びてすごいんです。

ね、元気でしょう!早く外に出られるといいねえニヤニヤ

 

オリーブも元気、とても背が高くにりました。去年種を植えてみたら芽が出た枇杷も、少しずつ伸びて元気、暖かい本物の春が待ち遠しいです。

 

 

今日は、ホタルイカのソテー、イカスミのソース、サラダ仕立てをご紹介しますね。

ホタルイカといえば春の季節感がとってもある食材ですねえ。可愛くてプリッとして、イカの旨みがぎゅっとした美味しいホタルイカを香ばしくソテーしました。お皿にイカスミのソースをしゅしゅっと引いて、ホタルイカと葉っぱのサラダをこんもりと盛り付けた前菜です。

 

オススメの南仏の白ワイン、ピクプール・ド・ピネとご一緒にいかがでしょう!

ピクプール・ド・ピネ・プレスティージュ'16(ドメーヌ・カブロル)

 ボトル¥3200 1/2デカンター¥1800 1グラス¥600

この白ワイン、リーズナブルでとっても美味しくて、スルスル飲めてしまうので、お客さまが皆さま「危険なワイン!飲み過ぎ注意だわ!」と言いつつ嬉しそうにグラスを傾けておりますよデレデレ

 

ホタルイカのソテー、イカスミのソース、サラダ仕立て

ランチA¥2100・B¥2500・ディナーA¥4000の前菜としてご賞味頂けます。


テーマ:

フランス産ホワイトアスパラガスとサクラマスのマリネ、春野菜の彩りサラダ

 

こんにちは、カザマです。

相変わらず寒い日々が続き、お客様の服装もしっかり暖かな冬のコートに逆戻りですね。そろそろ、冬物をクリーニングに出したり衣替えしたい所ですのに、なかなか春になりませんねえ。来週は少しは気温も上がりそうですが、曇りや雨マークも多い週間予報にちょっとため息が出そうです。

室内に置いて冬越し中の植木たちは、律義に春が来たとぱかりにどんどん新芽を出して伸びています。若緑色の新葉をも見ると心も和みますが、早く表に出してお日様の光を浴びせて上げたいものです。楽しい園芸の季節ももうすぐですね音譜

 

 

とても春らしい一皿をご紹介致しましょう。

フランス産ホワイトアスパラガスとサクラマスのマリネ、春野菜の彩りサラダ

フランスはロワール地方産の露地ものホワイトアスパラガスが入荷になっています。太くてシャキシャキ、甘くそして少しほろ苦い、春の味わいです。茹で上げで冷やしたホワイトアスパラガスと赤や緑の色とりどりの春野菜を合わせたサラダに朱色も鮮やかなサクラマスのマリネを添えました。まず、目に鮮やかな色彩が飛び込んで、気持ちも明るくなるようなサラダです!

サクラマスのまったりとコクのあるマリネも沢山の皆様に楽しんで頂いております。そして、全体をまとめるのは、オレンジのソース・ムースリーヌ。柑橘の爽やかな風味とまろやかな味わいのソースが、野菜もサクラマスも一つの輪に合わせてくれて、きっと満足なさること請け合いです音譜

 

フランス産ホワイトアスパラガスとサクラマスのマリネ、春野菜の彩りサラダ

スペシャルランチ¥3500・ディナーA¥4000の前菜としてご賞味頂けます。


テーマ:

ブレス産ホロホロ鳥のロースト、フォアグラのソテー添え

 

こんにちは、カザマです。

三寒四温で春は進むと言いますが、冬に逆戻りのような寒さは身に応えますね~真顔サムイヨ!

もう雪はすかり溶けた先週からチャリ通勤を開始していますので、今日はチャリ大丈夫かな?と天気予報を気にする毎朝です。ワタシのチャリはもうおそらく15年以上も乗ってるのでは無いかと思う、オンボロです。毎年、そろそろ買い替えようかなあ、と思いつつ乗るのに支障が出るほどには壊れないのでなんとなく乗り続けております。あちこち傷だらけで、鍵も壊れかけブレーキを掛けると大きな音が出て周りの方にビックリされるし、カッコいい新しい自転車に憧れますが、利点はオンボロのため盗まれる心配をしなくて良い事。あんまり高級な自転車だとそれが心配で、鍵も何重にも付けたり、気軽にその辺に駐輪したりできなくなりますからデレデレボロモイイネ!

 

 

それでは本日のお料理ご紹介です。

ブレス産ホロホロ鳥のロースト、フォアグラのソテー添え

フランスではいまだに鳥インフルエンザの影響があり、一部家禽が輸入禁止になったりしておりますが、ブレス産の鳥は大丈夫のようで、しばらくぶりにホロホロ鳥をメニューに載せました。ホロホロ鳥は、鶏より一回りくらい大きく、白身の鳥肉で味わいもしっかりしていて程よい噛みごたえとしっとりした肉質で地鶏のような風味があります。私どもは大好きな食材なのですが、しばらく入荷が途絶えておりましたので、本当に久々のメニュー登場となりました。

ホロホロ鳥のローストはこの肉質の美味しいところを引き出します。しっとり柔らかな胸肉、滋味あふれるしっかりした味わいのもも肉、皮目も実に香ばしくパリパリして美味しいですよ!

今回はやや淡泊になると思われがちな(ワタシはそうは思わないのですけどね!)白身の鳥肉のために、フォアグラのソテーに相方を務めて貰いました。香ばしくローストしたホロホロ鳥ととろりと甘い脂肪のフォアグラを合わせて、2倍お楽しみ下さい。また、旬の春野菜や山菜のソテーもたっぷりと付け合わせております。充実の一皿、お勧めですよ!

 

ブレス産ホロホロ鳥のロースト、フォアグラのソテー添え

ディナーB¥6000のお肉料理としてご賞味頂けます。


テーマ:

毛蟹と帆立貝のムース、蟹のビスクとともに

 

こんにちは、カザマです。

4月に入り、少しのんびりムードの漂うカザマです(^-^;

こういう時は、お天気の良い時を見計らって窓ガラスの掃除をしたりシルバー(ナイフやフォーク)のお手入れをしたりしています。ワインリストのお勧めも春の食材に合うものに入れ替えたり、そんなことにもじっくりと取り組めますね。

お勧めのワインは当店ホームページでもご覧頂けます。

こちらからどうぞ!

http://www.pkazama.com/vin.htm

 

4月の新しいお料理も少しずつスタートしております。

本日はこちらの、皆さまお好きな蟹を使ったお料理をご紹介致しましょうかニヤニヤ

毛蟹と帆立貝のムース、蟹のビスクとともに

帆立貝のムースに毛蟹の身と味噌をたっぷり混ぜ込んで、プリン型に入れて蒸しました。帆立貝の甘みと旨み、毛蟹の味噌風味が一体となり、なめらかでむっちりとした舌触りのムース。渡り蟹でとったお出汁のビスクをスープ皿に張りまして、毛蟹と帆立貝のムースを真ん中に置きます。その日の白身魚と帆立貝をパリッとポワレして周りに添えました。濃厚な蟹のビスクをソース代わりにした蟹味の魅力あふれる一皿です。ぜひ、お試し下さい音譜

毛蟹と帆立貝のムース、蟹のビスクとともに

ディナーB¥6000のお魚料理としてご賞味頂けます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。