食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

 

穏やかなお正月でしたね。

皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。

ワタシどもも、ゆっくりのんびり過ごして5日には営業準備に入り、6日(土)より今年の営業を始めます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

ワタシはたいそうのらくらと過ごしたお正月で、すっかり身体も顔も丸くなってしまいました(^-^; 日常に戻り、一生懸命働いて身体を絞らねばなりません。ぜひワタシに沢山お仕事をくださいませ真顔キリッ!

 

フランス旅日記の続き、パリ~ボルドー編を掲載致しました。ボルドーに着いて一番記憶に残ったのが自動販売機です。切符や飲み物の自販機で四苦八苦したのが苦い、イヤ今となっては楽しい想い出(笑)。そのせいか日記でも沢山の文字数を費やして自販機との闘いを書いてしまいました(^-^;

↓こちらからどうぞ音譜

http://www.pkazama.com/1710france-paris-bordeaux.html

 

 

夕食:これが最後の正月用食材。デブには良くない料理滝汗

フランスのビストロみたいなステーキ&フリット。ダイエットは仕事が始まってからにします~汗

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ゴールデンカムイ

2016年マンガ大賞を受賞作。

ということもあり、前々から読んでみたいと思っていて、年末に立ち寄ったレンタル店にて1巻から11巻までまとめ借り(^-^; おかげで楽しいお正月休みとなったものデレデレ

 

北海道の先住民族アイヌの暮らしや文化を非常に丁寧に描いているという事も話題になっていて、それも興味深かった。物語の時代背景は明治末期、日露戦争の後で二〇三高地の戦いを経験した復員兵たちや北海道各地の監獄に収容された囚人たち、開拓民、アイヌ民族など様々な人々が登場する。

復員兵の一人、「不死身」の異名を持つ杉本佐一は戦死した親友の妻の病を治すための金を得ようと北海道に砂金採りに来たが、アイヌが隠した莫大な埋蔵金の噂を聞きつける。埋蔵金のありかを網走監獄を集団脱走した囚人たちの身体に入れ墨として描いた図面があり、全員の入れ墨を集めるとその場所が判明するというものだ。杉本はヒグマに襲われた時に助けてくれたアイヌの少女アシパと知り合い、彼女の父親が金塊を集めていた一人であり、金塊を奪いに来た者に殺されたという話を聞いた。そこで二人は協力して奪われた金塊を探すことにした。

 

というような、流れなんだけど、まず各々のキャラクターが個性的な奴らばかりで本当に面白い。

特にアシはまだローティーンの可愛らしい少女なんだけど、幼いころから父親に連れられて山で狩りをしてきた凄腕の猟師だ。彼女がアイヌの狩りや料理、文化を(我々読者にもわかりやすく楽しく)杉本に教えてくれる。鹿や熊やキツネやリス、山鴫(も!)などなど色々な動物を獲ってさばき、皮から肉、骨まで余さず食べたり利用したりする。肉を叩いてすり身状にしたチタタプを煮込んだ汁ものオハウを野外で作って食べるシーンなどあまりにも旨そうだ。食事への感謝の言葉「ヒンナ」を言いながら食べる楽し気な風景が頻繁に出てくる。

 

そんなアイヌ文化を中心に当時の北海道の厳しい開拓時代を描きつつ、金塊にとらわれた荒くれものどもの血みどろの戦いが物語の中心だ。入れ墨を背負った囚人たちと第七師団の軍人たち、そして実は生き残っていた(!)新選組副長・土方歳三が永倉新八とともに金塊争いに絡んでくる。波乱万丈、荒唐無稽、変態男たちも山ほど出てきて、残虐な殺し合いもてんこもり、だがしかし、とてつも無く面白い!

 

心のすさんだ元兵隊や囚人たちが、天真爛漫で狩猟の達人、自然とともに生きる強いアイヌの少女アシパと触れ合ううちに、だんだんと人が変わって来るのも愉しいところである。

まだまだ先が長そうな物語、オバサンの楽しみも一つ増えたなニヤニヤ

 

 

ダンナの食事当番: アムシペのオハウ(笑)

毛蟹の甲羅汁。テレビで見て美味しそうだったのでと、ダンナが作ったもの。味噌仕立てでバター風味、大根が入ってあっさりめでなかなか美味しかった。

「ヒンナ、ヒンナ!」デレデレ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017フランス秋の美食旅

 

昨年の10月末に行って参りましたボルドー地方研修旅行ですが、旅日記の出発編、成田~パリを掲載致しました。雑事に追われてなかなかレポートを書けずにおりましたが、このお正月休みを利用して少しでも進めたいと思いますニヤニヤ

 

思えば、この旅はスタート時点で台風21号が接近という不穏なムードで始まり、小心者でならすワタシとしては、大いに気を揉んだものです。その上、出発前にスーツケースを前泊する成田のホテルに送ろうと近所のコンビニに持ち込んだところ、持ち手がポッキリと折れてしまうではありませんか滝汗 

とりあえずガムテープでぐるぐる巻きに補修して送りましたが、成田に向かう途中運送屋さんから連絡があり、完全に取れてしまったとのこと。成田空港で新しいスーツケースを買う羽目になったのでありました。そのスーツケースは母から譲り受けた年代物のサムソナイトで自分たちや娘夫婦なども海外旅行に何度も使ったもので、もう寿命が来たのではありましょう。しかし、笑いごとでもなく、イヤーな予感に打ち震え、飛行機が飛ばないのでは無いか、その前兆かと不安は大きくなるばかり。

 

浅草寺で沢山煙を浴びてお参りをし、旅の無事を祈願致しましたが、心配からか(いや、本当は単なる生ビールの飲み過ぎ)シェフのお腹が不調になるという不具合も抱えつつ(^-^;、出発の朝成田空港に着いてみると3時間遅れながらも出発することが分かり、ほっと一安心でした。

 

そんな波乱含みの旅のスタートでしたが、フランスではおおむね順調に楽しく過ごすことができました。

前回の2010年の旅ではフランス国鉄のストライキにぶち当たって大変な移動となりましたが、今回は快適なTGVの新しい新幹線にも乗って問題なくあちこち行って来ましたよ。

 

それではご興味のおありの方はどうぞこちらから音譜

http://www.pkazama.com/1710france-narita-paris.html

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スターウォーズ 最後のジェダイ

 

お正月映画といえば、やはりコレ! このお話の前作「フォースの覚醒」で、老いたルークが振り返ったシーンで終わっていたので、続きをとても楽しみにしていたもの。

とはいえ、ルークのようにフォースを持たず、ただ老いている自分はすっかり前作のストーリーを忘れている 滝汗 まずは、復習じゃ!と、近所のお店でDVDをレンタルして大晦日の夕方に鑑賞していたものの、半分は居眠りというていたらく(笑) 

まあでもあやふやながら、なんとなくストーリーを思い出して、新作の鑑賞に臨んだのであった。

もちろんIMAXの3Dを張り込み、意気込んで宇宙船の激突を楽しむ自分。

話しの流れに置いて行かれるコトもなく、全てのシーンをじっくりと味わい、SFファンタジーの世界に心を遊ばせて、現実を忘れるひととき音譜

 

いやー、でもね。長いシリーズだけに突っ込みたい所もあれこれあって、それはどーいうこと? それだったら早くやれよ! それはないんじゃ無いのーと叫びたいシーンもたっぷり(笑) 

そういうことも含めてやっぱり大好きなシリーズ、また続編が来たら観るけどね!

 

 

アフターシネマ: あやうくディナー難民になるところをようやく予約できたお店にて。元旦はやっぱり混みあいますねー(^-^;

大きな窓の外の夜景が見えなくなるほどの吹雪になったと思えば、帰る頃にはみぞれ。

濡れた路面に映るイルミネーションがきれいな札幌駅前でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

宝くじで億円当たった人の末路

 

明けましておめでとうございます!

今年も当ブログをどうぞよろしくお願い申し上げますニヤニヤ

 

大晦日から、食べたりTV見たり飲んだりDVD見たりマンガ読んだり食べたり←コレが一番多い(笑)の超のんびりな時間を過ごしております。今年はお正月に娘の夫が勤務となり帰って来れず、母も骨折の後遺症が治らず一人で静かに静養したいとのことで、我々夫婦二人きりののんきなお正月となりました。旨いものはあれこれ用意したので、冷蔵庫では蟹や肉や魚卵やなにやかやが揃って出番を待っておりますデレデレ

 ワインやビールも飲み放題、昼寝付き音譜

 

さてそんな中でも、寝てばかりいるのも飽きるので、ブログも元旦からアップしてみよう!できれば今年はもっと沢山の記事をアップしたいものと思っております。ま、思うのは自由ですから笑い泣き

 

で、お正月らしくこんな本を読んでみました。

宝くじに当たるコトはかなりの人の持つ夢の一つではないでしょうか。

そして、「末路」という言葉は”道の終わり” ”晩年”という文字通りの意味に、”なれの果て”などのような良くない結果という意味もありますね。一攫千金を狙うと碌なことにならない、という戒め、あるいはやっかみなどもあるかも知れませんが、宝くじに当たっても不幸なことになりかねない、という感じも皆さんお持ちかもしれません。実際の所、宝くじの高額当選金に当たったコトは無い自分ですから、当選のあかつきの末路については想像も付きません。もちろん当たったらアレをしようコレを買おう、旅に出よう、新しい店を出そうなどと、楽しい相談は山ほどしますが、当選発表とともにその壮大な夢は全てガラガラと崩れ落ちてしまいます(笑) そんな自分ですから、本当に宝くじに当たったらどんな末路がやって来るのか、とこの本のタイトルに惹かれて購入した次第です。

 

実際、高額当選を果たしても事件に巻き込まれたり家族間で争いごとが起きたり、あまり良くない末路に進んだ方もあったようです。書かれてはいませんが、上手にお金を活用された方もまた多くいらっしゃるかと思います。

ですが、一番の主張は「宝くじは当たらない」というコトでした(^-^; もちろんそんなコトは皆さまよっくご存知のコトです。当たらないと分かってはいても、もしやの小さな確率に掛けて夢を買うもの、それが宝くじ、と承知です。そんな当たらない宝くじにお金を使うという「勇猛果敢な挑戦意欲(本書より引用)」があるくらいなら、リスクを考慮してチャレンジを見送ってしまったナニカに賭けた方が良いとの結論でした。本書では、お掃除ロボットが仏壇のロウソクを倒して火事になるリスクを考えて開発を見送った日本の家電メーカーがアメリカのルンバの後塵を拝した事例が書かれてありましたが、一般人の自分のような読者にとっては、宝くじからかけ離れたお話には聞こえます。まあ、ともかくも、当たらない宝くじに少ないこづかいを投資するくらいなら、もしや投資信託でも購入した方がマシなのではありましょうか。

 

本書では、宝くじについてだけではなく様々な人に起こりうる選択や行動や受動的な出来事に至るまで、その道の専門家にご高説を頂くという形式で、人生における色々な問題の「末路」について教えて頂けます。「キラキラネームの人の末路」や「友達ゼロの人の末路」、「バックパッカーの末路」、「いつも不機嫌そうな上司の末路」などなど。いつも不機嫌にしているとシワやタルミが出来て年齢以上に老けて見えるようになるそうですよ。にこにこして常にご機嫌にしているようにしたいものです。

 

「末路」といっても、良い末路の事例もあります。信念を持って自分のやりたい事をやっていつも楽しく生きていれば、良い末路も得られるというものかも知れませんね。

 

さて、年末ジャンボ宝くじの当選番号も発表されました。自分は今回買いそびれましたが、ダンナは購入しており、なんでも3日の運勢が最高なのだそうで、その日に調べて見るとのこと。

幸運を祈りますウインク

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

2017年も大晦日となりました。

昨日で今年の最終営業を無事終え、少しほっとしているところです(^-^;

今年も沢山のお客さまと楽しい時間をともにさせて頂きまして、皆様の美味しい笑顔にも癒されて、

充実した1年を過ごすことができました。心よりお礼を申し上げます。

ありがとうございました!!

 

また来年も皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

どうぞ良いお年をお迎えください門松鏡餅おせち

 

2018年は1月6日(土)より営業致します。

6日のランチタイムは予約で満席となっておりますが、それ以外はお席に余裕がございますので、

ご予約をお待ちしております!

 

恒例の「新年を祝うシャンパン・ランチ」もご用意しております。

また冬の旬、牡蠣をはじめとする海の幸、エゾ鹿他のジビエなども色々とご用意しております。

メニューはホームページからご覧くださいませ。

http://www.pkazama.com/

 

それではまた皆さまとお会いできますことを楽しみにしておりますニヤニヤ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

マツカワガレイのマリネ タラバ蟹 帆立貝 蕪のミルフィユ仕立て キャヴィア添え

 

こんにちは、カザマです。

22日(金)よりクリスマスのためのディナー「ムニュ・コンセイユ・ノエル」が始まりました。

1年の中でも一番賑やかなこの季節のとっておきのディナーです。シェフがメニューを時間を掛けて考えて、準備して、手を掛けた仕込みをして本番を迎えました。ご来店のお客様に楽しんで頂けると良いのですが、、、。昨夜、厨房からちょっとホールを覗いてみたシェフの目に映ったものは、お客さまがお料理を口にし、そして目を細めて笑み崩れたなんとも美味しそうな表情でした! 良かったですデレデレ

 

 

アミューズ・ブーシュ~パパイヤとロックフォールチーズのソース、一口パイ 生ハムと葡萄

 塩気のきいたロックフォールチーズをクリームでソースに仕立て甘いパパイヤを沈めてあります。ブールチーズと甘いフルーツの組み合わせはとっても美味ですよ。生ハムと葡萄の組み合わせも同じく好相性で、また葡萄がお口をリフレッシュしてくれます。

 

マツカワガレイのマリネ タラバ蟹 帆立貝 蕪のミルフィユ仕立て キャヴィア添え

新鮮なマツカワカレイのマリネとタラバ蟹、帆立貝のムースリーヌ和え、スライスした蕪を重ねたミルフィユ仕立てです。バジルの緑、赤ピーマンのオレンジのソースとバルサミコ・ヴィネガーを添えております。

 

フォアグラのプリン ヴァニュルスワインのカラメルソース ユリ根のピュレ 冬トリュフの香り

濃厚でとろけそうに柔らかなフォアグラのプリンにヴァニュルスという甘口のワインで風味を付けたカラメル・ソースを添えております。本当に崩れそうに柔らかなので、シェフが盛り付けに神経を使った一皿です(^-^; 真狩産のユリ根のピュレはまったりと甘く、冬トリュフがプリンの熱で香ってきます。お客さまの笑顔もとろけるようでしたラブラブ

 

カザマ定番のコンソメをお出ししまして、、

 

カナダ産活オマール海老のフリカッセ、そのジュとコニャック香り、パプリカ風味

活オマール海老は生きたまま毎日ご人数分入荷しております。プリプリしたその身はどのお客さまをも魅了してやみません!シンプルに海老でとったお出汁とコニャック、そしてパプリカで香りを付けたソースを添えただけでお出ししています。ゆっくり時間を掛けて召し上がるお客様ばかりです!

 

レモンと柚子のソルベでお口直しをして頂きまして、、

 

美瑛産黒毛和牛フィレ肉のステーキ、シャルルマーニュ風

フィレ肉の上にシャンピニオン・デュクセルを乗せまして。デュクセルとはキノコを細かく刻み、味付けをしたものですが、今回はモリーユ茸(和名:アミガサ茸)とシャンピニオン・ド・パリを使いました。モリーユ茸はフランスで乾燥キノコを購入して参りました。シャンピニオン・ド・パリとはフランス産のマッシュルームです。そのデュクセルの上にソース・ベアルネーズをかけて上火で焼き色を付けました。ベアルネーズは卵黄を使った濃厚なソースですよ。このスタイルをシャルルマーニュ風(カール大帝風)と言います。霜の入った美味しい和牛フィレステーキですが、さらにひと手間掛けてご用意致しました音譜

 

メインの後は、マダムお勧めのチーズ・プラトーよりお好きなチーズをお楽しみ頂き、、、

 

クリスマスのデザート盛り合わせ

マロンのシャルロット プロフィットロール(チョコレートのソース)、フロマージュブランのムース 木苺のソース添え、バニラのアイスクリーム

 

デザートの後はコーヒーや紅茶でごゆっくりと余韻をお楽しみ下さい、、、

 

お勧めのシャンパーニュやワインも色々ご用意しておりますので、お時間を気にせずクリスマスの夜をお過ごしくださいませ。

 

今年のクリスマス・ディナー「ムニュ・コンセイユ」期間中の沢山のご予約をありがとうございました。

満員御礼申し上げます。

ご予約のお客様はぜひお楽しみになさっていて下さいませ。

ご予約日のご来店を心よりお待ち申し上げておりますラブラブ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ソローニュ産青首鴨のロースト、ソース・サルミ

 

こんにちは、カザマです。

12月も後半入り、今年も後残り僅かですね。

カザマのテーブルも年忘れのお食事を楽しむ方々で賑わっております。特に今週末は、クリスマス前のピークという感じでシェフは仕込みに追われまくっております(^-^; 「やってもやっても終わらないー!」と嬉しい悲鳴を上げながら頑張ってます! 

昨日は、ワタシのブログを見て下さった心優しいお客さまから透明傷バンドを頂きましたニヤニヤ 

手指のパックリ割れ対策に、というありがたいお心使いに大変嬉しく癒されましたラブラブ ありがとうございます!

そして、お料理が全部美味しかった、とお帰りの際にお声を掛けて下さるお客様方、そんな言葉に疲れも吹っ飛び、気力がモリモリと湧いてきます!

年末まで頑張りまーす音譜

 

今日のお料理ご紹介は、フランスの野生の鴨、ソローニュ産青首鴨のロースト、ソース・サルミです。

フランスでの数年前の鳥インフルエンザ流行により、日本はフランス産の家禽や野鳥類、フォアグラなどの輸入に規制をかけており入手できないでおりましたが、11月よりようやく輸入再開となりました。

野生の青首鴨もカザマではシーズンになるとメニューにのせて野鳥好きのお客様に楽しんで頂いておりましたが、ここ何年かはそれができずに残念でしたが、やっと! お待たせしましたー(^^♪

 

ソローニュ地方はロワール川流域の沼地が多いエリアで狩猟が盛んなのだそうです。毛付き、内臓付きで仕入れる鴨の毛を抜くところから準備し、ばらして骨やガラを煮出して出汁をとりそれをベースに赤ワインを使った濃厚なソース・サルミで召し上がって頂きますよ。

1羽をお二人様で召し上がって頂けます。胸肉のロースト、そしてもも肉はこんがり焼いてサラダ仕立てにして別皿でお出ししております。

この季節の美味しい青首鴨をぜひお楽しみ下さい音譜

 

ソローニュ産青首鴨のロースト、ソース・サルミ

ディナーC¥8500のお肉料理としてご賞味頂けます。

2名様単位でご予約下さいませ。入荷は1週間に一度ですので、お早目のご予約をお願い申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

雪国放牧豚フィレ肉のポワレ、レモンのコンフィ添え、マデラ酒ソース

 

こんにちは、カザマです。

12月も半ばに差し掛かかり皆さま師走状態に突入!

という所で道路事情も大変な感じになって参りました。

冷え込み→大雪→気温上昇→雪どけ→水がたまる→冷え込み→道路がスケートリンク滝汗

最もイヤなパターンですね。自動車もスリップして道は渋滞、舗道もツルツルで転ぶ人が続出。

高齢の母(80代)には、こんな日には外に出ないよう念を押しますが、ワタシも転んで怪我などしないよう、本当に気を付けねばなりません。何年か前にはクリスマス前に転んで、肘にヒビを入れるという災難がありましたので、そういうことの無いようにしたいですね。

皆さまも、どうぞくれぐれもお気をつけて下さいませ!

 

 

では、本日のお料理ご紹介です。

恵庭産雪国放牧豚のポワレ、レモンのコンフィ添え、マデラ酒ソース

先日ご来店のお客さまお二人は、メイン料理をどれにしようか迷っておられて「恵庭産」に惹かれてこちらのお料理を選びました。お二人は恵庭市在住でしたので、地元でしたから!

恵庭は札幌近郊の町で近年は、お花の町として知られています。市民の方々がお庭を美しく整え、その一部ではオープンガーデンとして観光客の方やお花好きの方が鑑賞できるようにしているお宅もあるとのこと。お花や野菜の苗などを買える道の駅もあり、素晴らしい庭園のある「えこりん村」という施設もあります。

この雪国放牧豚はその「えこりん村」で生産されているものです。

http://www.aimaton.jp/biz/menu1023.html

詳しくはこちらのサイトをご覧くださいませ。雪の中で放牧され、運動している元気いっぱいな豚君たちの写真を見られますよ(^-^)

 

放牧豚のフィレ肉を大き目の固まりでポワレし、きめ細かくきれいなピンク色をした切り口をお見せして盛り付けております。フイレは柔らかくて繊細な味わいですので、ちょっとアクセントにレモンの皮を煮詰めたコンフィを添えてみました。甘みと酸味のある香り良いレモンとともにお楽しみ下さい。

小さい玉葱やじゃが芋インカのめざめのローストを付け合わせにしております。ランチタイム、ディナータイムともご用意しておりますので、ぜひどうぞ音譜

恵庭産雪国放牧豚フィレ肉のポワレ、レモンのコンフィ添え、マデラ酒ソース

ランチA¥2100・ランチB¥2500・ディナーA¥4000のお肉料理としてご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

オバサン故の冬の悩み。

それは、乾燥である。

オバサンから、もうバとサの間にアが入るお年頃に差し掛かり、

乾燥の始まりは8月という有り様である。

世間ではプールだ生ビールだと浮かれている時に、もうオバサンは冬が来たと思い知らされる。

 

自分の場合、水仕事による指先の乾燥に悩まされる。

手指の先が乾燥してカサカサする。

乾燥が進むと布類に引っかかったり、スマホの画面にタッチしても反応しなくなるコトもある(^-^;

けれども一番困るのが、爪の脇がパックリ割れることだ。

痛い(泣)

洗い物の水が浸みる。割れが深くなると血がにじむ。

水仕事の時には傷絆創膏を張ってみるが、すぐ取れてしまうか、むれて皮膚が白くふやけてしまう。

 

ハンドクリームなどのケア商品は必須であるが、加齢のせいかなかなか効果は見られない。

が、今年新聞等の報道で素晴らしい保湿薬が皮膚科で処方される、という記事を見た。

お肌に素晴らしい効果があるというので、美容目的で処方を希望する患者さんが多数あるという。

この薬「ヒルドイド」はまさに、自分のためのものではなかろうか。

 

しかし、続く報道を見ると、あまりにも美容目的(と見られる)処方が多く、保険診療の弊害と

なっている問題と知り、自分としては本物の患者では無いかと思うものの、受診が億劫になる。

 

そこで、ネットで調べてみると、類似品というか同じような成分を含む保湿クリームが

ドラッグストアで売られているのを知り、早速購入してみた。

 

HPクリームという商品である。

今までは、ヒビケア軟膏という商品を愛用していたのだが、年とともに効かなくなってきた

気がする。HPクリーム、効果あり!親指のわきの左側にできた深いパックリ割れが3日ほどたつと傷が

ふさがってきたではないか!

 

と思う間もなく、新たに中指の右側が割れ始めてきた。慌ててこちらにもクリームを塗りたくるも、

既になかなかの痛み、オバサンの戦いは続くのである。

 

オバサンの冬が終わるのは、おそらく5月の終わり頃となるだろう。

オバサンの冬は長く厳しい戦いである。

冬の間、気温と湿度の高い南の島に逃避するコトが出来れば、、、、

そんな暮らしを夢見て、オバサンは今日もHPクリームを塗りつけて仕事に挑むのである。

 

ある日の賄:カジカ汁キムチ味

お店にカジカのパックが並ぶ季節になり、カジカ汁を用意したけれど寒いのでキムチ鍋も食べたくなり、一人用の土鍋にカジカ汁と白菜キムチ、豚肉を足してキムチ鍋風にアレンジ。自分的には、満足(笑)

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。