▼留学カウンセラー 宮坂幸大▼


日本の留学代理店カウンセラーとして下積み後、カナダの語学学校の日本人カウンセラー経験、オーストラリアの現地留学エージェントのカウンセラーとして、あらゆる視点に立ち、留学サポートを行ってきました。

実際の留学生やワーキングホリデーメーカーと少しでも近い距離で、アットホームで相談しやすいカウンセリングをモットーに、ひとりでも多くのお客様に、少しでも費用を抑え、充実した留学を送って頂けるよう、日々努力しております。

スポーツによる怪我防止の為に始めたヨガに出会い、現在は留学先でのストレスマネージメントとしてのヨガを勉強中。常に新しい可能性を追求する留学カウンセラー。

『心も体も健康に。』 それが、充実した留学生活の第一歩ですよ♪



▼▲▼ 資料請求はコチラからお待ちしております ▼▲▼
▼▲▼ メールでのご相談は、support@a-four-leaf.com ▼▲▼
▼▲▼ お電話でのお問い合わせ 050-5532-7644 ▼▲▼


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-13

生き急ぐなよっ

テーマ:最初に読む、留学の心構え
こんにちは、コウダイです。うだるような暑さ、蒸し暑さの中参院選が終わり、次は都知事選の話題で持ち切りとなりました。それにしてもテレビで見る情報とインターネットやSNSで流れている情報はびっくりする程、異なる世の中になってきたと感じます。

最近ではグーグル検索なんて、操作された検索エンジンの検索結果だから信じられないと言って、ググる事自体が古いとまで言われるような時代になっているそうで、最近の若い人たちはもっぱら、TwitterやInstagramでキーワード検索をするそうですね。昔はMixiというソーシャルネットワークが火付け役となり、その後にFacecbookが出てきて、まるで流行の名の通り流れるように日々のトレンドが変わっており、そのスピードは年々増しているような気がします。

実際に最近では先に出発したア フォーリーフ海外留学NPOのクライアント様が、現地からInstagramで情報を発信しており、そこからの情報でア フォーリーフ海外留学NPOという留学エージェントの存在を紹介してもらい、問い合わせに至るという事も出てきました。

こんなにスピーディに目まぐるしく変わる情報社会の今、次へ次へと新しいものを取り入れなければ時代に乗り遅れてしまうのではないかという錯覚にさえ落ちてしまいます。

新しいアプリ、新しいSNS、新しいスマホ、新しいテレビ、新しい冷蔵庫。家電大国日本らしい成長を遂げてきました。しかし、大量消費の社会の次の時代は、古いものを大事にし、伝統を重んじる事が新しい時代を生き延びる為に必要な事となってきております。

だからと言って、急げばいい。焦ればよい。というわけではありません。長そうに感じる1年間、あと一歩の勇気を出すのが大変な1年間。始まってしまえば、あっという間に1年間が経ってしまいます。それはきっと充実している証ですが、海外に出て大事なのは英語を学ぶだけでなく、文化を学ぶ事です。生き急ぐのではなく、ゆっくりとのんびりと自分の時間を作ってあげる欧米の自己メンテナンスの文化もこれからの長い人生の中、学ぶべき重要な事のひとつです。

生き急ぐと言えば、最近やたらと目につくアイスクリーム爽のCMは覚えていますか?



時間に追われて過ごしている日々で、気が付けばば2,3分バスが遅れただけでイラっと来てしまう自分。世界でもここまで時間に厳密、そして厳しいのは日本人だと言われているそうでして、海外留学に出れば、バスの時刻表なんてあってないようなものだったりします。

なんといってもバスが時刻表の時間に遅れるならまだしも、時間割の時刻よりも5分以上も早く行ってしまう事だって当たり前なのが海外です。日本であればさすがに早く着きすぎた場合、その時間までは、待ってくれるというのが当たり前だと思いますが、海外でそれは通用しません!調子が良ければ、そのままスーっと気持ちよさそうに走っていってしますのです!

日本でしみついているルールは、そう簡単に変えられるものではないので、留学やワーホリに出ると、必ずバスの時間のルーズさに苛立ちを覚える事だと思います。バスだって、運転途中でドライバーが急にトイレに立ち寄ったり、Subwayにサンドイッチを買いに行く事だってあるくらいなので、本当にめちゃくちゃです。

が、、そんな時は思い出して下さい。「生き急がなくてもいいんだよ。」と。

次回からはもっと早めに出るようにすればいいだけですし、バスや電車の待ち時間に一生懸命スマホをいじるのではなく、ぼけーっと周りを観察して下さい。

たった2,3分のバスの遅れでイラついていたら、海外では生きていけません!笑 英語を習得するだけでなく、こういった文化に対応出来る事自体が、国際感覚を身に着けるという事でもあるのだと思います。

そういえば、昔大阪で空港行きのシャトルバスに乗車する時、まだ席はガラガラだし、列に並んで乗客中だというのに、私の目の前で出発時刻になったので、案内係のおいちゃんが「時間なのでここまでです!」と叫び、乗車拒否をされそうになった事がありました。苦笑 

チケットも購入済みで、私の後ろにも人は並んでいた為、さすがにその場は話をして全員バスに乗せてもらう事が出来ましたがロボットのように厳格になってしまうのも、人間味がなくなってしまって嫌ですね。

と、言ってもそのバスの案内係のおいちゃんは「ここまでです!」と言った後に、間髪入れずに周りの大阪の方々が、なんでやねんバリのツッコミを言ってくれたので、結果として人間味のある大阪を垣間見れたのでちょっとした感動を味わえました。笑

ともあれ、海外のバスの利用には要注意です。日本の便利さに慣れてしまったらそれまでですが、日本以外の世界では皆、バスが遅れる世界に住んでいるのです。

こうやって事前知識を入れておけば、焦らずに海外生活をスタートする事が出来ます。せっかくの留学&ワーホリなのですがから、ゆっくりと、生き急がずに過ごしましょう。


ア フォーリーフ海外留学NPO
▼▲▼ 資料請求はコチラからお待ちしております ▼▲▼
▼▲▼ メールでのご相談は、support@a-four-leaf.com ▼▲▼
▼▲▼ お電話でのお問い合わせ 050-5532-7644 ▼▲▼

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-28

ICEF国際教育ワークショップへ

テーマ:留学&ワーホリ 現地リポート
こんにちは、コウダイです。ニューヨークの特徴やロスアンゼルスの特徴、東京と大阪、ましてや北海道と沖縄など国内であれ、各地域の特徴があり北米屈指の経済都市で、皆が口をそろえて言うように、<世界屈指の多文化都市>と形容するのが、カナダ東海岸最大の都市トロントを表現するのに最も適している言葉であるのは、あながち間違っていないかもしれません。

マンハッタン程派手ではありませんし、ブルックリン程強烈なカルチャーを放っているわけではありませんが、アメリカを含む北米第4の規模を誇る都市へと成長し、ヨーロピアン・南米・アフリカ・中東・アジア、そしてネイティブ・インディアンを含む先住民族系の人々が集まるトロントのチャイナタウンには、オールドファッションとストリート文化が融合するモダングラフティのセンスが光ります。

今はニューヨークに拠点を移す、カルチャーメディアVICEはカナダが発信地であるように、その柔軟な姿勢や多文化を取り入れた社会は、色々な挑戦がしやすいのかもしれません。



今回トロントで参加したイベントは、国際教育機関のワークショップであり北米の学校が一同に集まり、世界中からの留学エージェント達とのミーティングが朝から夕方まで繰り広げられ、夜はディナーレセプションにてエンドレスに交流を深め、教育機関とエージェントが信頼を築きあげるネットワーキングイベントで、今年のトロントでは、全2日間で合計約8,000を超えるミーティングが行われたそうです。



中々直接会う機会の少ない語学学校の代表やディレクターはもちろん各州立カレッジや専門学校、名門トロント大学スタッフとの情報交換が出来るのも貴重な体験で、各学校を代表するスタッフ達からは教育的な熱意を感じられる方々やビジネス的視点でマネートークを好む方まで様々で、まさにその学校(企業)の経営方針を感じられる瞬間であり、その人たちが作り出す学校の雰囲気をかぎ取る事が出来る瞬間であります。

カナダ留学では西海岸のバンクーバーが自然と調和した環境やスキー・スノーボードに適した環境として、ワーキングホリデーメーカー達にも人気を博していますが、カナダという国の主要機関の7割-8割がすべて東海岸に集まっており、経済の中心になっているのがトロントであり、アメリカを含む北米地域でも重要であり、なおかつ柔軟な役目を担う大都市です。

ここ2、3年では急速なワショクブーム(和食)を追い風に、ジャパニーズ居酒屋やラーメン屋が相次ぎ出店をしており、京都の老舗抹茶屋のTSUJIRIや九州のテツおじさんのチーズケーキベーカリーが行列を作り、多文化都市での評価・評判をあげています。



30代で初めての海外店舗・バンクーバー出店をした若き日本人社長率いる炙りMIKUは、一気にバンクーバー最高峰のレストランまでに上りつめ、トロントの一等地のハーバーフロントに出店をし、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いです。

冬は寒くなる都市である事は間違いありませんが、アジア・南米・アフリカ・中東・ヨーロッパすべての文化が程よくミックスする立地条件を満たしているのがトロントやニューヨーク等の東海岸である事を実感させられます。

「今年のトロントのMLSサッカーチーム・ドラフト1位は日本人の子なんですよ!」と興奮気味に語るトロント在住の現地の学校スタッフの方々に言われるまで全く存じ上げずに恐縮してしまう事もありましたが、昨シーズンまでメジャーリーグで活躍していたカワサキ選手を始め、今年のNBAは快進撃のバスケチームのラプターズも勢いは止まりません。まさに都会型のカナダ、欧米経済を感じる事の出来るチャンスの溢れる町がトロントであると思います。

都市の規模では東京に叶わないと言われますが、世界中から余す事なく集まる文化・宗教・人種の多種多様性が生み出す都市は、東京には存在しない類まれな組み合わせであり、ただの謙遜にすら聞こえます。

アメリカ最大の都市であり多くの人の憧れの地であるニューヨークには叶わないと言われますが、最大1年間勉強や旅行を兼ねて、就労する事の出来るワーキングホリデーを始め、移民への道のり、外国人が活躍する為の扉が開かれているオープンな国のシステムは今のアメリカには存在しない特徴であり、多くの人達のスタート地点となっている事は間違いありません。ICEFのようなこういった規模のイベントは学ばされる事が多々あり、終了後はクタクタにまで疲れてしまうもののモチベーションを強く刺激され嬉しい限りです。

そして今回のトロント出張でもうひとつ嬉しかった出来事が、もう15年以上遠い昔に私が卒業したバンクーバー郊外の小さな日本人経営のインターナショナルカレッジ時代の友人との再会でした。911のテロを境に日本人留学生の減少とともに残念ながら閉校してしまいましたが、学校の良し悪しには関わらず、その時に出会った人種を問わない仲間とのつながりや強烈な思い出がしっかりと刻み付けられました。



<当時PEIから交換留学に来ていたパトリシアと突如呼び出された弟アンソニー>


今は世界中に散らばり会う機会が滅多となくなりましたが、世界各地のどこかしらに行けば、誰かしらに会えるという、かけがえのない<世界へのネットワーク>を作ってくれたという事実がしっかりと過去の自分の存在やその時の努力や後悔を思い出させてくれ、自分の過去を見る事にょり新たな発見や気づきを感じさせてくれます。

そして、皆忙しい中にも関わらず、今回の出張の合間をぬって組み込んた私のスケジュールに、時間を合わせてくれた友人、そして今現在リアルタイムで現地で活躍している現役の留学生やワーキングホリデーメーカーさんである、私のかけがえのないクライアント皆様方、本当にありがとうございました。現地からの生の声、たっぷりと吸収させて頂きました。是非、参考にさせて頂きます!



海外という地で、ひとりの人間として人種を超えて競り合う事は決して簡単な事ではなく、勇気のいる事だと思います。けれども、挑戦し続ける気持ちや高い壁に向かって努力するエネルギーは経験として一人ひとりの体に刻み込まれ、その後の自信や見えないオーラとなって身にまとわれるのは間違いないと肌で感じる視察となりました。



詳しいICEFワークショップの模様やトロント学校訪問の様子については、改めてFacebookやブログにてアップをして参りますので、ビジネスシーンにご興味がある方は是非今後のアップデートもご覧下さい。



<トロント大学のアクティングコースを卒業し、プロの演者への夢まっしぐらのアンソニーとホテル前でばったり>


■5月中旬トロントはみぞれのようなものが降る季節外れの寒波到来。太陽が出れば暑くなりますが、5月でもトロントは朝晩冷え込みます。


ア フォーリーフ海外留学NPO
▼▲▼ 資料請求はコチラからお待ちしております ▼▲▼
▼▲▼ メールでのご相談は、support@a-four-leaf.com ▼▲▼
▼▲▼ お電話でのお問い合わせ 050-5532-7644 ▼▲▼

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-27

留学生活、初めてのヨガ

テーマ:ヨガ留学 | よぎーへの道
こんにちは、コウダイです。新年度の春、桜が緑色に変わると一気に春も初夏の様相に切り替わり、新入生や新社会人の少し緊張が溶けてきたところかもしれません。そして、ゴールデンウィークが目の前ですね。

周りの環境等に少なからずとも小さな変化のある季節の切り替わりですが、留学や海外旅行にまつわるひとつの変化としては、4月1日以降からICAO(国際民間航空機関)が、先月に「旅客機における貨物室内でのリチウムイオンバッテリーの運送の禁止」を発表した為、世界中の飛行機で規制が始まりました。

リチウムイオンバッテリーは携帯電話やパソコン、タブレット等に使われている電池でして、この電池を含む電子機器は、【手荷物】として運ぶ事が義務付けられており、【預け荷物】に入れておく事が不可能になります。例えば携帯電話のポータブル充電器等も対象になりますので、これらは、すべて機内手荷物で持ち運ばなければいけません。もともと、手荷物で持っていくように案内されていたものですので、問題はないと思いますが、取り締まりが厳しくなっているようです。

国や国際機関の判断で変わる法律や新しく始まるシステムもありますが、新年や年度変わりなどの区切りを機に自分の意思で『新しい事を始める。』事が出来るのが人間の良いところですよね。

海外留学やワーキングホリデーに出たら、全く今までと環境が異なる新しいスタートとなります。せっかく新しい環境になったのだから社会勉強や英語の勉強を兼ねて、是非始めてほしいのがエクササイズです。何もかも大きくて広い海外では、ひとつ行動を起こすにしても日本の1.5倍の体力を使うイメージなのですから、知らず知らずに体力を奪われてしまいます。

トレーニング好きの欧米人は、生活の為はもちろん人生をより楽しむ為に運動をしているように感じられます。その中でも是非チャレンジして頂きたいのが、誰もが簡単に始められる「ヨガ」です。



親元を離れているのはもちろん、海外留学やワーキングホリデー中は現地で友達は出来るものの、最終的な判断や体のメンテナンスは全て自己管理をしなければなりません。その為に必要なのが、適度な食事と適度な運動、そして適度な勉強です。これのどれかが偏っても、体調を崩す何かの原因に繋がってしまいます。

最近では、フィットネスの延長としてや、体のシェイプアップや体のコア(体幹)を鍛える事によってダイエット効果があるとして独自の進化を遂げ、老若男女にアスリート、モデルや格闘家の大多数がヨガをトレーニングとして取り入れるようになり、最近はファッションの一部としてまで浸透してきているのが欧米のヨガの主流になっています。

ヨガの教えや哲学、難しい事はいりません。
ダイエット目的やストレッチ感覚で構いません。

しかし、やっぱり・・・

体が硬いから・・・
英語が分からない・・・
スタイルが良くないから・・・
ヨガウェアを持っていないから・・・
のんびりしているヨガは合わなそう・・・


様々な懸念があり一歩踏みとどまって思ってしまうかもしれませんが、まずはどうぞ最初の一歩の始め方、ご覧ください。

海外にいる事でアドレナリンが出過ぎてしまって、疲れているのに、疲れていない、と感じ、頑
張り過ぎてしまう人も沢山あります。これは運動もそうですが、勉強も同じですね。

ヨガはそんな頑張り過ぎの体をメンテナンスする役割を持っており、ストレッチをすると気持ちが良いように短時間でもとても良い効果を発揮してくれます。ゆっくりとしたクラスから、汗がダラダラになるほどの運動量のクラス等、個人の希望に合わせて受けるクラスも選択が可能ですので、まずはハウ・トゥー・スタート・ヨガ(ヨガの始め方)をご案内いたします。

▼素敵なヨガスタジオを探す

様々なヨガスタジオがありますが、初めての方はホットヨガやシャワーやサウナのある清潔感のあるヨガスタジオを御奨めします。

もちろんオリエンタルな雰囲気の本格派(?)ヨガスタジオやアットホームで雰囲気の良いヨガスタジオも沢山ありますが、初めての場合は分からない事ばかりですので、ある程度きちんとしたシステムのあるヨガスタジオの方が安心していく事が出来ると思います。

カナダの西海岸バンクーバーや、アメリカ西海岸カリフォルニア、ニューヨーク、ハワイ、トロント、ロンドン、シドニー、ゴールドコースト、バイロンベイなどなど、大都会から大自然の街にも多種多様なヨガスタジオがあります。

是非お気に入りの雰囲気のヨガスタジオが見つけて下さい。お気に入りのカフェを見つけるのと同じ感覚ですが、もっとプライベート間を感じられて、精神的にも肉体的にも自分をリラックスさせる事が出来ます。

▼ヨガウェアについて

ヨガウェアブランドと言えば、カナダ西海岸のバンクーバー発で有名になったルルレモンを始め、最近ではナイキやアディダス、アンダーアーマー等の様々なブランドからスポーツウェアとしてヨガウェアが女性のファッションの一部として浸透しているので、ヨガウェアを私服で着ている人も最近では珍しくありません。

お土産代わりに、一着くらいヨガウェアを買っても良いかもしれませんが、まず最初は運動が出来る服であればユニクロやイオン等で売っている類似品でも何でも構いません。

男性の方はTシャツに短パン・ハーフパンツで十分ですが、女性の場合は一番便利なのがユニクロのブラトップのタンクトップ、又はキャミソールです。やっぱりおすすめはエアリズムのものが乾きやすくて便利なので、ヨガをせずとも運動する機会の増える海外留学には、2,3着あっても良いシリーズです。



ボトムスは、ユニクロのジョガーパンツ(ドライ又はポンチ)が、動きやすく、なおかつボディラインも露骨に出ない為、これもヨガだけに限らずあると便利な1着でだと思います。

他にも水着のビキニのトップス+タンクトップやTシャツで代用も可能ですので、とにかく動きやすくストレッチの効いている素材の服であれば問題はありません。



ある程度、体のラインが出た方が良い!という方は、レギンスやタイツでヨガをしている人も沢山います。お土産替わりにルルレモンや最近ではアディダスやナイキ、アンダーアーマーも追随して安価で可愛くてハイクオリティのヨガパンツを沢山出しているので、お気に入りの一本を見つけて下さい。

▼友人やクラスメイトを誘い合わせて

ひとりでは中々勇気が出ない方もいると思いますが、それだったら是非学校のクラスメイトや友達を誘って、2人又は3人くらいで行っても良いと思います。

逆に5人や10人等人数が増えすぎてしまったら、ヨガスタジオ側にも迷惑ですので、多くても3人ンくらいが目安かもしれません。

ヨガスタジオによっては初回が無料であったり、最初の1週間、2週間、1ヶ月が通い放題で格安の料金になっている事が多々あります。まずはお得に体験する事が出来るのがヨガの良いところでもあります。

ヨガウェアが揃いましたら、もうひとつ欲しいのがヨガマットですが、これも初回はレンタルで十分だと思います。しかし、ヨガマットは安いですし、家で柔軟やエクササイズをされる方にとっては1枚あると便利で運動も積極的に行うようになると思います。ヨガマットも良くセールをやっていますので、タイミングを見て好きな色・柄のものを購入するのも楽しみですね。

▼ヨガのクラスを選ぶ

一般的にヨガスタジオで行われているヨガの種類は、大きく分けてしまうt、運動やフィットネス効果をメインとした【アクティブ】なヨガのクラスと、体のストレッチやメンテナンス、リラックスを効果を得る事を目的とした【スロー】なヨガのクラスです。

アクティブなクラスの中には音楽を爆音で掛けながら、フィットネスばりに体幹を鍛え上げるクラスもあれば、HipHopやレゲエミュージックをBGMに流れるようにヨガが行われるクラスなど、その種類は多様です。中にはクラブミュージックで、踊るようにヨガをするクラスもあればヨガの先生の経歴によって内容も様々です。最近では元ダンサーというヨガ講師の方も増えています。

ちょっと汗をかきたい!運動した気になりたい!という場合は、アクティブ系のクラスを選んでください。寒い冬の時期はホットヨガも良いですね。

ヨガのクラスの名前としては、

Power(パワーヨガ)
Hatha(ハタヨガ)
Vynyasa(ヴィンヤサヨガ)
Flow(フローヨガ)
Core(コアヨガ)
Ashtanga(アシュタンガ)


上記は、主に流れるように次から次へとポーズが続くヨガのクラスで、意外な程の運動量に驚く事だと思います。しかし、ヨガなんてつまらない。というイメージをお持ちの方や運動量を多くしたい男性にもお奨めです。

この他にも沢山の別名や、スタジオ独自のネーミング等も沢山あります。女性の方にとって人気なのは、Booty Pilates(ブーティ・ピラティス)と言う名前のクラスで、その名のとおりお尻を中心にコアを徹底的に鍛え上げます。間違いなくインナーマッスルの筋肉痛が期待できます。笑

逆にスローなヨガの代表と言えば、以下です。

Yin (インヨガ)
Restorative (レストラティブヨガ)
Candlelight (キャンドルライトヨガ)

夜、ろうそくの光だけで行われるゆったりとしたヨガはリラックス効果抜群でその日の疲れや悩みごと・不安が吹き飛びます。インヨガというのは、陰という漢字が元になっており、その漢字の通り体と心を落ち着かせるヨガです。例えばアドレナリンが出過ぎてしまっている時や空回りが続いてしまっていたり、不安が溜まった時にも効果があります。

私は運動量のあるアクティブなヨガが好きなのですが、アクティブなヨガやスポーツばかりやっていると体が興奮しすぎてマヒしてしまい体の発する大事なサインを見逃してしまう事があるそうで、定期的に自分の内に心を向ける為にも陰ヨガを取り入れた方が良いとと言われました。

ポーズを真似ていれば良いのは比較的、アクティブなクラスのフローやヴィンヤサ、ハタヨガだと思いますので、最初はアクティブ系から始める方が入りやすいと思いますが、やはりヨガの講師にもよって異なりますし、色々とトライしてみてお気に入りのヨガを見つけて下さい。

▼いざ、ヨガスタジオへ!

ヨガマットは安いものなら$10~$20(約1000円から2000円)で購入する事が出来ますので、家で筋トレやストレッチをしたい方は持っていても損はありません。

またヨガスタジオでは、なかなか高品質なヨガマットをレンタルする事が出来るので、まずはスタジオのレンタルマットからスタートしても良いと思います。無料のスタジオもありますが、通常や$1~$2がレンタルマット料金の相場です。

レッスンが始まる時間はウェブサイトでチェックしたら、いざヨガスタジオへ!

初回のクラスでは、万が一の怪我の為の責任を負う事が出来ない旨の誓約書(ウェイバー)や緊急連絡先等の記入が必要になりますので、到着はクラスの始まる約20分前を目安にしましょう。

ヨガスタジオにもよりますが、基本的には紙、またはiPad等のデバイスに、生年月日や氏名、住所等を記載する流れはどこも一緒だと思います。一例として、初回スタートの流れの詳細も以下リンクでご確認下さい。

http://goo.gl/fxyn9c

(ちょっと情報が古いので多少変わっているかもしれませんが、ほぼ内容は一緒のはずです!)

▼ティーチャートレーニング(ヨガ講師育成コース)

ヨガを始めてしばらくすると、体幹も鍛えられて体力が少しずつ増えていく事に気づきます。もしも、このままヨガを持って学びたい!と感じたら、次のステップはティーチャートレーニングです。世界全国、英語圏の留学先、どこでもヨガ講師育成コースは行われております。


中には日本語通訳や日本語サポート付きのコースもありますので、興味がある方は、どうぞア フォーリーフ海外留学NPOスタッフまでお気軽にご相談下さい。

直近では、今年の春に復活したヨガウェアブランド・ルルレモンのアンバサダーとしても活躍されているMaikoさんによる英語通訳補助あるヨガ講師育成コースが、9月にバンクーバーから東京にやってくるそうです。カナダのヨガティーチャートレーニングが日本で受けられるまたとないチャンスです。



一度、カナダに行かれた経験がある方も、北米のヨガに興味がある方もお奨めですね。

■ヨガをする人の事をヨギー(Yogi)、女性の場合はヨギーニ(Yogini)と呼ぶそうです。私もヨガを始めて早8年となりますが、年を重ねるごとに発見が増えるのもヨガかもしれません。ヨガする人、始める人、応援しています。


ア フォーリーフ海外留学NPO
▼▲▼ 資料請求はコチラからお待ちしております ▼▲▼
▼▲▼ メールでのご相談は、support@a-four-leaf.com ▼▲▼
▼▲▼ お電話でのお問い合わせ 050-5532-7644 ▼▲▼

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

@英会話

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。