▼留学カウンセラー 宮坂幸大▼


日本の留学代理店カウンセラーとして下積み後、カナダの語学学校の日本人カウンセラー経験、オーストラリアの現地留学エージェントのカウンセラーとして、あらゆる視点に立ち、留学サポートを行ってきました。

実際の留学生やワーキングホリデーメーカーと少しでも近い距離で、アットホームで相談しやすいカウンセリングをモットーに、ひとりでも多くのお客様に、少しでも費用を抑え、充実した留学を送って頂けるよう、日々努力しております。

スポーツによる怪我防止の為に始めたヨガに出会い、現在は留学先でのストレスマネージメントとしてのヨガを勉強中。常に新しい可能性を追求する留学カウンセラー。

『心も体も健康に。』 それが、充実した留学生活の第一歩ですよ♪



▼▲▼ 資料請求はコチラからお待ちしております ▼▲▼
▼▲▼ メールでのご相談は、support@a-four-leaf.com ▼▲▼
▼▲▼ お電話でのお問い合わせ 050-5532-7644 ▼▲▼


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-09-12

効率の良い、自己投資

テーマ:世界 IT/政治/経済ニュース
こんにちは、コウダイです。『異次元の金融緩和』と言われてスタートした現日銀総裁の黒田総裁の金融政策ですが、2%の物価上昇を目標として、それが達成できるまでどんな形であっても追加の金融緩和政策を進める。と発言をしました。おかげで円安が急速に進み留学やワーキングホリデーにも影響がある事、必至ですので、これからの動向は要チェックですね。

物価上昇というのは、インフレという事です。世界的には、緩やかなインフレで実体経済に基いているものが、その国の経済成長に取って良い。と考えられています。

もちろんインフレが良いのは私達にとっての収入がインフレに伴い、上がった場合に限ります。実際に、インフレの進む欧米諸国では、お給料の金額も着実にあがってきております。実際にワーキングホリデーの制度を利用して、15年前にオーストラリアに行った人の話を聞くと、【あの頃の物価はとても安かった】と感じている人が多くいるはずです。実際に今からたった4、5年で比べてみても学費やホームステイ代の相場は緩やかに上昇しています。1年から2年に一度は料金改定があり値段があがるのです。

【あの頃】と比べると、リーマン・ショックの金融危機が起きる以前までは好調に成長を進め、毎年のように物価はあがり、それに伴いお給料もあがり、今では、オーストラリアの平均時給は約$16とまでになってきています。

日本国内にずっといるとピンと来ない物価の話ですが、海外旅行や短期留学よりも、長期留学や特にお金を稼ぐ立場になるワーキングホリデーに行った人は皆、その物価の違いを肌で感じています。

「お金を稼ぐ」という行為は、とてもシンプルな事ですが、とても重要な事です。

それは、正社員ではなく、アルバイトで構いません。しかし、知人からお小遣いとしてもらうのではなく、お店や仕事先に所属して、その報酬としてもらう正規の賃金をもらうという事が重要です。

高校生や大学生になってからはじめてアルバイトをするまで、所得税がどんなものなのかピンと来なくても、実際に所得税を差し引かれてみれば、それが一体何なのか?突如として、興味を持つ事になりますし、持たざるを得なくなります。

ワーキングホリデーでも知られている、オーストラリアやカナダのように、緩やかなインフレの続く国では、物価も高くなるとともににお給料が高くなります。その為、最近のオーストラリアでは、物価の安い国の人達がワーキングホリデー等の制度を使って「出稼ぎ」に来る人も少なくありません。自分で貯めたお金で、渡航費用と僅かな語学学校の費用を初期費用に、その後ワーキングホリデービザを利用して、週40時間から50時間のアルバイトをします。そして、稼いだお給料を自分の母国にいる家族に仕送りをするという行為を繰りかえします。それでも、母国でちまちまと仕事をするよりも、良いお給料が入ってくるようになるという訳です。

投資にも為替投資や株や不動産等、お金を稼ぐ方法は沢山ありますが、この出稼ぎの形こそ、一石二鳥な本当の自己投資だと思います。英語力を身につければ、将来見込める収入は確実に増えます。

もちろん、初期費用努力が必要です。

楽してお金が入ってくるのであれば、それが楽かもしれませんが、私はそれが「実体のある経済」を築き上げると到底思っておりません。楽でないから、お金に価値があるのであって、努力する達成感を感じられ、幸福度に繋がってくる事は、多くの人が分かっているはずです。

黒田総裁の異次元の金融緩和は、国債や社債や株を買い続けるという方法です。経済学の理論に基いて、お金を擦り続ける事によって物価が上昇させるようですが、日銀だけが頑張ってお金を刷ってもそれを振り分けるのは人間です。

楽してお金を稼ぐ事が悪いとは言いませんが、正しいスキルをきちんと身につければ、それは一生自分の身に残るものです。そう考えると私はきっと自己投資こそが一番の投資だと思います。そして今の時代は“効率のよい自己投資”という事を考える必要がある時代です。



留学やワーキングホリデーは誰でも挑戦する事ができ、ハードルも高いものから低いものまで様々な自己投資です。海が好きならカナダではなく、オーストラリアが頭によぎると思います。しかし、カナダのシーフードや海の生態系は世界屈指であり、北極海の海流が作り出す冷水の世界の絶景が世界中のハードコアダイバーを魅了しています。

暖かい海が好きなのか?それとも、海の生態系が好きなのか?夏はサーフィンで冬はスノーボードなのか?それとも、冬もドライスーツで海に入る、根っからのサーファーなのか?求めている環境こそが、個性であり、それに合わせた留学プラン作りが効率のよい自己投資に繋がります。もちろん、現地で頑張るのは、本人次第の厳しい世界ですが、楽しく、効率良く留学生活を楽しめば良いのであり、その為に私達がサポートしておりますので、いつでもお気軽にご相談下さいませ。

Photo: SFU Public Affairs and Media Relations (CC)

■ お金やモノで富を示すのではなく、体の中に染み込んだ知識や経験こそが一番の資産というわけですよね。


ア フォーリーフ海外留学NPO
▼▲▼ 資料請求はコチラからお待ちしております ▼▲▼
▼▲▼ メールでのご相談は、support@a-four-leaf.com ▼▲▼
▼▲▼ お電話でのお問い合わせ 050-5532-7644 ▼▲▼


AD
2014-09-08

空前のテニス熱

テーマ:結構、プライベートな日記
こんにちは、コウダイです。台風14号の動きがやや気になりますが、やっぱりどうしても、個人的にはニューヨークで繰り広げられている日本人テニスプレイヤーの活躍が気になってしまって仕方ありません。

テニス、と言えば、何故か貴族のす中るスポーツのような気がしますし、大学のテニスサークルのイメージの謎のチャラチャラ感を感じてしまう人もいるのかもしれません。かくいう、私も中学からテニス部でして!とテニスブームに便乗してみたいところなのですが、実際はあの蛍光色の硬式テニスボールを使ったテニスではなく、黄色いゴムを使ったソフトテニス部でして、大して熱中するわけでもない毎日学生生活を過ごしてしまったので、便乗するに便乗できなず悔しい限りです。苦笑

それにしても硬式テニスの正式な試合は、3セット先取、もつれればもつれるほど、長期戦に及び3時間から4時間の試合だなんて聞いた時はびっくりしました。あの運動量は尋常じゃありません。



正直テニスなんて部活に所属していなければ、都内にはやれるような場所もないですし、どこのコートを使うにも、お金がかかって仕方がありません。まして順番待ちは長く、定年退職した元気なシニアの方々と順番取りをするのはなかなか至難の技です。

しかし、アメリカやカナダ等の欧米諸国では、テニスコートは無料で開放されている場所が沢山あり、留学生がルームシェアをしてるアパートや学生寮にテニスコートが付いているという事も珍しくありません。

海外の別荘には、プールやジム、テニスコートが付いている。なんてイメージもあるかもしれませんが、実際に普通の留学生活で、プールとジム付きのマンションに住んでいる事は珍しくありません。

その為、テニスラケットとボールさえ持っていれば、後はその辺の公園についているテニスコートに行ってテニスをすれば良いだけでしたので、これほど安く済むスポーツはないと思います。意外にコートは空いていたりするものです。お金に余裕があれば、カフェやパブに行ったり、ビリヤードやショッピング等、面白い遊びは沢山できますが、やはりお金を節約しなければいけない留学生活。「いかに安く遊べるか」というのは、大きなテーマだと思います。必死に知恵を絞って、遊ぶ方法を考えるというのは、想像力を高めるトレーニングになります。

日本の国内にいれば、「必死になって安く遊ぶ方法」を考えなくても良かったかもしれませんが、海外で学生生活やワーキングホリデー生活を始めたからには、遊ぶなら質の良い遊びが良いと思います。日本人同士だけではなく、英語を使って遊べる多国籍な友達。また、コミュニケーションの方法のひとつとして、スポーツはとても良い方法です。

海外留学で得るものは、英語力だけでなく、レベルの高いコミュニケーション能力でもあります。英語を練習するには、友人を増やして英語を話す機会を増やさなくてはいけません。そして、その友人を増やす為には、コミュニケーションを取らなくてはいけません。

その時、必死にどのようにコミュニケーションを取ろうか考える事が脳みそのトレーニングになるというわけです。

テニスの場合は、サッカーやバスケのように人数はいりません。と、いっても最低2人は必要ですが、留学を控えている人や予定している人は、海外でテニスをはじめるのも良いかもしれませんね。

その為には、まず早速アップされているUSオープンの錦織圭選手のインタビューをチェックしてみましょう!もちろん、全て英語でのインタビューの応対。日本人の男性で、ここまで違和感なく英語でインタビュー対応しているスポーツ選手はあまり類を見ないのではないでしょうか?

同じ日本人が英語で話している姿は、自分のイメージをつくり上げるのにもぴったりです。特に男性の方は、こんな風に英語を話している自分を是非イメージしてみてください。





Photo: CC Martin Le Roy

■ それにしても、なんだか無性にテニスがやりたくなってしまいますね。単に影響されやすいだけかもしれませんが、それでも日本のテニス会にとっては大きな一歩なのかもしれません。


ア フォーリーフ海外留学NPO
▼▲▼ 資料請求はコチラからお待ちしております ▼▲▼
▼▲▼ メールでのご相談は、support@a-four-leaf.com ▼▲▼
▼▲▼ お電話でのお問い合わせ 050-5532-7644 ▼▲▼

AD
2014-09-06

イメージする留学

テーマ:ブログ
こんにちは、コウダイです。秋に近づくにつれ、少しずつ涼しくなり、ハイキングやトレッキングの季節が待っていますね。それだけでなく、採れたて野菜の収穫祭も楽しみですし、読書や勉強の秋でもあります。

毎年夏が来て、秋が来て、冬が来て、春が来る。当たり前のようですが、何十年もサイクルをこなせば、なんとなく雰囲気がイメージできるようになります。

最近では、TVで見ればその国に行った気になる事もできますし、フェイスブックで友人の写真を見ていると自分の旅している気分にすらなれますよね。人によっては、「リア充だらけで引くわ・・・」という人もいますが、(笑) 皆さん今年は素敵な夏を過ごせましたか?

9月は新しい時期の始まりであり、留学業界の中でも、現地企業とのコントラクトの関係か7月や8月末で現職を去る人が多かったような気がします。日本は、3月が別れの時期ですが、海外の人達と仕事をしていると、今の時期が別れの時期という感覚を覚えます。

人間と同様で、建物のリース等の契約も、8月末まで終わる場所も多々あり、この時期に新たにテナントが入ったり、商店街に空きテナントが増えてきます。

同じ日本国内も国外も関わらず、ショッピングセンターに次々とテナントが入る地域もあれば、地方都市で、テナントがガラガラになってしまって、逆に街が寂れてしまってみえるような地域も存在します。





景気が良いのは、一部の富裕層だけだ!富裕層には貧困層の事を理解できない!というようにありますが、体験したことものは理解できないし、考えようとする姿勢がない人には、想像する事はできません。

また、「景気が良い」というのは、何を定義として考えられているのかもいまいちわかりません。バブルをまさに体感したご両親世代や更に上のご年配方々にとっての「景気が良い」という現象の定義は、バブルを基準に考えている人も少なくないと思います。

さて、せっかく留学をするのであれば、「英語を学んでくる」だけではなく、「友達を沢山作ってくる」だけではなく、その都市、との街が、どれくらい「景気が良い?活気がある?」のかを体感してきてほしいいと思っております。

もちろん、留学のような長期でなく、最初は東南アジアのバックパック旅行でも構いません。

東京の活気と比べ、シンガポールは今どうなのか?タイのバンコクはどれくらい経済成長しているのか?

アメリカのLAは、どんな人が集まってきているのか?ニューヨーカー達は笑顔が溢れているのか?それとも意外と疲れているのか?

そして、それらを見て日本とその国の活気の違いを考えて下さい。カナダなのになんだかやたら中国人が多いな、と思うかもしれませんし、学校に行けばやたら、アラブ系やインド系の学生が多いな。と思うかもしれません。

見えてる部分は一部かもしれませんが、海外の都市部に立ち寄れば雰囲気を見る事ができます。是非、その国の10年後の姿と日本の10年後の姿を想像して、比べてみてください。言葉を全て理解できなくても、肌で感じた感覚から、イメージは膨らませられると思います。

英語や友達、体験やインターンシップ、留学の目的は沢山ありますが、やはり重要な目的は今までの日本だけで考えていた規定概念をいかに崩す事ができるか?もひとつのタスクです。是非海外に飛び立つ事で、イメージ力の幅を広げて下さい。きっとそれは、その後の仕事や家庭を持った後の人生にも役立つ事ですよ。

■ 海外留学は、自分の意識次第で全く異なる体験ができます。皆と同じではなく、個性を引き伸ばすのが留学ですよ!それがパッケージ旅行と違うところかもしれません。


ア フォーリーフ海外留学NPO
▼▲▼ 資料請求はコチラからお待ちしております ▼▲▼
▼▲▼ メールでのご相談は、support@a-four-leaf.com ▼▲▼
▼▲▼ お電話でのお問い合わせ 050-5532-7644 ▼▲▼

AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

@英会話