アドマン3.0=人事になりました。

サイバーエージェントで新卒採用責任者をしています。


テーマ:

みんなにブログ書け書け言ってるのに、久方ぶりのブログ更新となってしまいました。

 

先週金曜日、2週間に渡る17新卒研修(総合職)が終了しました。

 

今年の研修は必ず自分が責任を持ってやり遂げたいな、と思っていたので、100%完全燃焼。全うした感満載でクロージングできました。

 

17新卒は内定者時代から手に負えない内定者シリーズで紹介してきたとおり、国立暴れ馬動物園の様相を呈しておりますが、名を#新人類と改め頑張っていくようなので(このあたりは17新卒前田くんのブログをご参照ください)、配属先の諸先輩方は暖かく受け入れてあげてくださいm(_ _)m

 

 

 

そんな愛すべき自慢の新卒たちに、100%お手製の研修を届けました。100%は言いすぎだけど、気持ち的にはそれくらいのイメージ。僕の提供できるもの、言語化できている能力、スキル、教えられるものすべてをほぼほぼ出し尽くしました。

 

意外かもしれませんが、僕はいつかは先生になりたい人間です(就活ありがち系)。母親が教育者だからなのか、どうしようもないヤンキーから人生を変えてもらったのが予備校の先生だったからなのかわかりませんが、先生という立ち位置に果てしない憧れを持ち続けてます。

 

憧れを持ち始めたのは大学序盤くらいからなので、もう十数年ですね・・・「先生」に対する憧れは当時から強かったものの、僕の声は通りづらいし、人前で緊張しがちだし、よく噛むし。わからないヒトがなんでわからないかがわからないし。まさに「教えベタ」なところからスタートしたのでした。

 

なんとか努力しまくり、人並みくらいにはなれました。たぶん。

 

またそういう意味では、ここ数年、CA36(サイバーの幹部育成プログラム)やインターンなど社内や学生に対する研修コンテンツを考えさせてもらう仕事は非常によい経験となりました。教育は生き物だし、ライブだし、でもストックしなきゃいけないし。その楽しさを改めて知って、さらに憧れは強くなりました。また、実際やっても見ても「俺向いてるな、ムフフ」と思えることも多く、さらに日々教える技術を磨くことにモチベーションを燃やしてきたのでした。

 

 

今回の17新卒研修はその総決算。人事担当役員の曽山さんには今年の研修は僕にやらせてくださいと進言させてもらい(快諾いただきありがとうございます!)、教える内容(WHAT)、教える技術(HOW)、なぜそれらを学ぶのか(WHYをこれでもかこれでもかとふんだんに盛り込んで仕上げました。

 

 

実際に行ったのは以下。

 

 

◯プロレポ研修

→プロレポ:プロジェクトレポートの略で、所属部署を全社にしってもらうための社内の取り組みのこと。アウトプットは冊子や社内報に掲載される。

→今回は「新卒同期」をプロジェクトと見た立てて、17新卒のスローガンを開発してもらいました。

→この研修を通し、言葉の開発力の重要性を感じてもらいつつ、アイデアのひねり出し方、プレゼンテーションの持っていき方(「話し方」ではなく「持っていき方」というのがミソ)をつてました。

 

◯新卒ケーススタディ

新卒が直面するであろうあらゆるケースを、MBAのようにケース化し、みんなにシミュレーションしてもらう研修

→そのシミュレーションに対して先輩社員がフィードバックすることで、ネガティブな状況に対するポジティブに考えられることを目的としました。

→対応のバリエーションが少ないだけで、ちいさな障害が巨大化してしまうこともある。新卒たちの障害排除を目的とした研修です。

 

◯渡邊しくじり先生

サイバーエージェントの中でも、相当しくじっている部類に入る渡邊の仕事人生を名作テレビ番組しくじり先生をモチーフに振り返る授業

→渡邊の失態すべてをさらけ出しつつ、「俺みたいにはなるな!」という生々しい「サイバーエージェントの生き方、歩き方」を伝授しました。

 

 

その他コンテンツもいろいろと用意しましたが、本当にもう伝えることはないくらい伝授し尽くしたのではないかと思います。あとはみなさんが生かすのみ。心構え系はこちらをぜひ読んでおいてください→2016年度版:アドマン式「新入社員、7つの心得」

 

 

たった1週間(あるいは2週間)ですが、圧倒的に「先生」であることを満喫させてもらいました。やっぱりおいら、先生向いてるわ笑 みんなに発見や、スキルや知識を与えることで、目の色が変わったり、明らかにやる気が満ち溢れたりする様をみるのは本当にステキです。

 

 

一方で、先生の仕事は「教える」でけではありません。通信簿をつけないといけない、それすなわち評価

 

 

強く感じたのは、この研修終了時点での個々人の大いなる差、です。17新卒の8割弱は内定者インターンと言う形で社内で働く経験を学生時代から積んでおり、その中の数割は完全に戦力化しています。また内定者インターンをせずとも、外で実力を虎視眈々と溜め込んできた猛者たちもいます。

 

もちろんそういった「入社前の経験値」も重要だとは思うのですが、社長も祝辞でおっしゃっていたとおり、大切なのは入社した後。

 

本当に優秀なやつらは研修中も全く手を抜かず、つねに成果を出し続けていました。普段はネクラなくせに自身の目標のためにガンガン質問するパセリこと澤田の姿勢は強く目に残ってますし、ほぼすべての研修で上位につけ社員からも「やっぱり彼すごいね」と言わせたプレゼンの鬼・宣伝本部の猪川(クリス)もさすが。その猪川を凌駕するレベルのプレゼンを最終日に披露した竹内(たけし)にはたまげたし、「プレゼンは発表までに勝負を決めるのが大事」と教えたらそれを忠実以上にやってのけた前田はまさに拍手モノ。

 

どんなグループに入っても持ち前の親分力でチームをハッピーにマネジメントする松下(こーし)はほんとにニクイやつだし、真剣さとバランスの良さを兼ね備えた加藤(みさきてぃ)は本当にサイバーに来てくれてよかったとしみじみ思いました。あと佐藤博士もすごかったね、最終日のバリューの出し方は半端なかった。あ、豪太もめっちゃよかったよ笑

 

 

逆に全く印象に残らなかった新卒も多数います。頑張りましょう。アピールを頑張る、ではなく、成果を出すということを。全力を出すということを。

 

 

伝えたいのは同期は仲良しクラブじゃなく(それでもいいんだけどたまには)、切磋琢磨するものであるということ。すでにスタートはとっくに切られ、差がついているということ。研修中のマインドセットの差&やる気の差も、僕ら人事や諸先輩方は気づいているし、そうした積み重ねが今後のキャリアを創るということ。こうした差が、一年後、数年後取り返しのつかない差になるということ

 

 

他の会社の配属発表を聞いていると、CA新卒の皆さんは明らかに恵まれています。この恵まれた環境で全力を出して、最高の会社を一緒に作っていきましょう。みんながこの会社の一翼を担う存在になってくれたら、先生嬉しいです。

 

 

みんなの活躍を心から期待してます。

(卒業式の、生徒を送り出すってこういう気分なんだなぁ・・・しみじみ)

 

 

 

※次のブログ更新で、本ブログ「アドマン3.0」は最終回としたいと思います。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新年明けましておめでとうございます。今年も残す所361日となりましたね、人生は短い!

 

今年の年末年始は例年と同じように、箱根から東京へ向けて走っておりました。クリスマスにやらかした強烈な捻挫のため、茅ヶ崎のサザンビーチでドロップ、となりましたが、今年のはじけ飛ぶような幸運を予期するような凄まじい光量の初日の出を拝むことができて、とても良いスタートを切ることができました。

 

 

さて、突然ですがメンバーの募集です。今回の年越しランのメンバーの多くがそうですが、学生時代にしか入部することができないランニングチームこと「& Drive,(あんどら)」でメンバーを募集しております。

 

昨年掲げた参加基準があまりにも厳しかったのか、思ったようにメンバーが集まらなかった一年でしたが(笑)、反省を活かしてとにかく同年代の楽しく走れるランニングチームとして、メンバーを募集したいと思います。(若干ただの飲み会サークルになりかけてきているので、新規メンバーでFRESHな風をもたらしたい笑)

 

 

「& Drive,(あんどら)」概要

◯募集要項:

 ・性別:問いません!マネージャーも募集しているようです!

 ・年齢:制限はありませんが、基本的に大学生、大学院生時のみ入部出来ます。(今内定者の皆さんは今がチャンスです)

 ・運動歴:なくても大丈夫です!一緒にジョギングから始めましょう!

◯コンセプト:仕事もスポーツも全力で楽しめる良質かつ刺激的な同世代スポーツコミュニティ

◯メンバー構成:22歳〜27歳くらいまで(渡邊は会長職のためオーバーエイジ)の大学生、新卒メンバー10名程度。

◯所属企業(内定先企業):P&G(マーケティング:東大)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(早稲田)、サイバーエージェント(慶応・ICU)、LINE(早稲田)、JT(同志社・明治)、キーエンス(明治)、リッチメディア(横国)、ローランド・ベルガー(入部したての幽霊部員:東工大)、アーサー・D・リトル(京大)・・・などなど。

◯活動内容:主なスポーツは、ランニング、トレイルランニング、飲み会、、、その他。

 ・不定期練習:月1回〜2月に1回くらいランニング、トレイルランニング練習をします。場所はきっと都内。

 ・レース、大会への参加:四半期に一度、二度のペースで遠征を含めたマラソン大会やトレラン大会にでます。今年はもっと競技増やしていきたいですね。

 ・不定期飲み会:月に1度、くらいのペースで飲んでます。関西メンバーもいるので、全員集合は半年に一度くらい。

 

 

僕が部長を務めているガチ系のDOUBLE SURVIVORとは異なり、ゆるりとみんなで楽しみながらチャレンジする部活動にしたいので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

 

ご応募はこちらの応募フォームからお願いします。

 

また事前相談は渡邊か、部長の長井くん、実質部長のたかまるくんまで。Facebookでご連絡くださいm(_ _)m

 

 

※あとスノボに行ったり、旅行に行ったりもするみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

めんそーれ。2016年最後のエントリーになるかと思います。年末らしく、一年の振り返りと来年の抱負を昨晩深夜にツラツラと2万字くらい書いた(嘘じゃない)のですが、あまりにも暗くて&精神性が高い内容になり(=スピリチュアル)すぎて、大介さんメンヘラ説を立証してしまいそうなのでそちらは非公開に。捨てる勇気、シンプルに宣言。

 

 

2017年の個人標語は、

 

NOTHING TO LOSE, BUT CREDIT.

 

で、行きたいと思います。常に頭の中に信用の二文字を思い浮かべて365日を過ごしたい。

 

 

NOTHING TO LOSE(失うものは何もない)」は弊社の2017年度上半期のスローガンです。こういうタイミングでこそ、失うものを恐れず、挑戦者として立ち向かっていこう、という気概を表したモノ。けっこう、好きです。

 

この言葉に対して今期のはじめに、経営管理部門担当役員である中山常務が失うものは何もない。だがしかし、一つだけ失ってはいけないものがある。それは信頼だ。と言って、NOTHING TO LOSE, BUT CREDIT.と付け加え、経営管理部門のスローガンとしました。

 

 

会社も組織も個人も、信用があれば何度でも挑戦できる。信用がなければ、短期で成果が出ているように見えても、長くは続かない。

 

まさに僕に対して言われているような一文で、いつもの朝会ではあったのですが、その日はなんだかずっとそわそわしていたのを覚えています。ズボシだったんでしょうね、なんだか公私共に。

 

人事に来る前の3,4年間。広告事業での成功を引っさげて新規事業にオール・インでコミットした結果、大成功を収めるはずがまさかの鳴かず飛ばずの結果に。だからこそ人事になってからのこの2年も、とにかく成果を、結果を求めてきた時間でした。オレが優秀であること証明したかった、オレがやったら全部変わっちゃうんだぜ!っていうところを見せたかった。まだオレは死んでねーぞ、と。海賊とよばれた男みたいに、油もってきたけぇ!と。誰だワタナベはもう終わっちゃったね、とか言ってるやつは!だからすごい働いたし、それなり以上に成果を残すことはできたと思います、この2年間。

 

しかしこういう時っていうのは、本当に信用とかそういうものを見落としがち、軽視しがち、失いがち。30代も半ばに差し掛かる焦りがちな日々の中で、とはいえたぶん薄々気づいてて。だからこそ3ヶ月前、この言葉にハッとさせられたんだと思います。

 

そこから1Qが経ち、改めて自身の来年のチャレンジ、これからを考えた際に、これからの自分に最も必要になってくるのは、公私共に能力や成果ではなく(だけでなく)、信用だな、と。ほんとに最近内省することが多く、自分に対する思考量とその言語化、その蓄積が増えてきているんですが、今年のテーマはコレに尽きる気がしていました。

 

自己言語化、自己開示。自分との約束、他者との約束。自分のテリトリーから出て、アウェーでの勝負➔ホーム化。思考の壁打ち、自然体。このあたりが今年のキーワードになりそうです。

 

体験・アクションとしては、仕事では大きなチャレンジを(詳細は略)。私生活では、たくさん旅に出て、たくさん新しいことをして、たくさん感動して、実家を、人間関係を、チームを大事にしたいと思います。あとソーシャルメディアへの投稿を10分の1くらいに減らそうと思ってます。口で考えるタイプの人間だったのですが、もう一段深くしたいため、口から漏らさずに思考を深める一年にしたいと思います。なにかご一緒できるものがアレばぜひ。

 

 

ということで改めて、

 

NOTHING TO LOSE, BUT CREDIT.

 

挑戦者たれ、ただ人間として、器を磨いていく一年にしたいと思います。あとはアレですね、「オレの本気はすごいだろ?」の精神は忘れずに。

 


本年も本当にお疲れ様でした。こんなにもめんどくさいワタナベダイスケにお付き合い頂いた皆々様、感謝感謝です。来年もぜひご迷惑かけさせてください、どこかでお返しいたしますm(_ _)m

 

僕は今から箱根➔東京間108kmのランニングの旅に出かけます★

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)