• 23 Jul
    • 雨山行でまったり

      7月22日から 二泊三日の のんびり山行初日は、フラワートレッキング気分爽快 二日目ざ〜ざ〜ぶりの雨修行の山歩のあとは、まったりタイムなり明日は、雨の中の下山になるのか。。。詳細は、後ほどです。

      18
      テーマ:
  • 18 Jul
    • 荒山高原にお試し山行

      海の日だけど 赤城山は、大賑わいです。登山者をはじめ、キャンプやサイクリング 大沼では、釣り人沢山 みられます。皆さん思い思いに楽しんでますね〜私は午前中は、仕事して午後から涼を求めて先週に続きやってまいりました。赤城山うわぁ〜涼しいぃ〜森の中にいるだけで気分爽快です。本日は、先日 買い替えた登山靴のお試し登山です。と言っても もう3時を回っているので山頂までは無理な話。なので荒山高原のピストン 往復1時間足らずの山歩でした。 

      テーマ:
  • 12 Jul
    • 赤城 大沼ラン〜

      暑い〜猛暑日の連チャンですね。老体には、いささか堪えます。月曜日は休みのはずだったけど半日仕事して午後は、避暑地へビュ〜ンと移動。涼しいぃ〜 快適〜車を走らせ1時間足らずでそこは、別天地です。気温25度爽やかな風 なんと気持ちの良さ〜平日の午後とあって 人もまばらな静かな 覚満淵お花ちゃんを探しながらランラン〜爽やかな風を受けながらランラン〜大沼 一周 4キロ プラスα で8キロの貸切ソロマラソンを楽しみました。来月は赤城白樺マラソン大会景色を堪能しながら走りたいです。 お目当の レンゲショウマは、まだ蕾ちゃんでした。残念賞でした。帰る頃には、気温22度とぐっと涼しくなりました。下界は 今宵も熱帯夜となりました。

      22
      5
      テーマ:
  • 07 Jul
    • 笠取山

      山梨県 笠取山 1953m   高崎玉村IC5:00=関越道=青梅IC=一ノ瀬キャンプ場=佐場平P7:30  佐場平P8 :00-一休坂分岐8 :40 ―一休坂―笠取小屋10:00//10:15 ―雁峠分岐10:30 ― 笠取山山頂11:30//12:30 -雁峠分岐13:00 ―笠取小屋13:20 ―ヤブ沢峠13 :40 ― 佐場平P14:20 佐場平P =温泉 のめこいの湯=青梅IC =関越道=高崎玉村IC          焦ったなぁ 青梅ICから下道の青梅街道R411を順調な走りだし、日曜日とあって車の通りも少なめで 予定よりも30分程早く 登山口の作場平に着きそうな気配でしたが ナビにいれた一ノ瀬キャンプ場への林道が土砂崩れの為通行止め あちゃ~聞いてないよ~ 今更~ どうしよう~ どうしよう~   立て看板をヨクヨク見ますと迂回路あり 良かった~ そのままR411大菩薩ラインを進むと一ノ瀬キャンプ場の立て看板がありました。 細い林道をくねくね曲がりながら行くと作場平駐車場に到着。   ヤレヤレ。。チョッピリ遠回りになったけど登山口について一安心。 30台程停まれそうな駐車場 トイレもあります。 既に15台位先客がありました。 危険個所がないお山なのでチビッコ連れのハイカーさんもいらっしゃいます。   ルート確認して出発 山友さんの希望で短いコース 予定通りの4時間の周遊ルートを選びました。 作場平登山口 昨日は雨だったのか、登山道には泥濘があります。 綺麗に間伐され、緑あふれる森の中 小鳥のさえずりや 流れる沢のせせらぎを聞きながら歩くのは とっても気持ちの良いものですね。   一休坂分岐 一休坂は、「急坂なので下山向き」と案内板がありますが。 私たちは 敢えて登ります。              綺麗に整備された登山道 沢を何度も渡りかえしますが 何処の橋も新しいのが架かっていて 幅も広いので、安心して渡れました。   笠取小屋 (60人期間営業) 笠取小屋でおやつ休憩しました。 雲取山や甲武信岳又は和名倉山への縦走時に利用できそうです。 地図上で妄想登山してみました。 どちらも なが~い縦走になりそう。(私には無理そうなので妄想だけにしておきます)   あまり綺麗とは言えませんがトイレ完備 水場もあって テントは20張り出来るそうです。   小さな分水嶺 笠取山が正面に見えてきました。 振り向くと優雅に裾を広げた富士山の全貌が見られテンションUPです 急斜面の登山道 呼吸困難になりそうなくらい苦しかった。。。。。   でもその先には。。。。 富士山がお出迎え~~   山梨百名山getしちゃいました~   時折 突風が吹きぬく山頂でしたが 富士山を眺めながらの贅沢ランチができました。   帰りがけに多摩川の原水地に寄り道 水干 多摩川の源頭 この1滴が流れ流れて138kmの旅の末 東京湾に注がれるのですね。   ここからも 富士山~   笠取小屋周辺に鹿のファミリーがお散歩中 笠取小屋から やぶ沢峠経由で下山しました。 こちらのコースもよく整備されて森林浴をたっぷり楽しめました。   作場平登山口に戻ってきました。   うっかりしてしまった(;^_^A 笠取山山頂は東と西があったのだった。 私たちは西のみでした。 東に標高点があったようだ。残念~(^▽^;) 次回の宿題だね(^ε^)♪   帰りがけに のめこいの湯に浸かり帰路につきました。 つるつるのめのめの良いお風呂でした                        

      24
      テーマ:
  • 26 Jun
    • 水沢山

      6月26日   榛名    水沢山(1194.4m)   月日の経つのは早いもので もう6月も最後の週ですね。   日曜日は、雨予報だったので山計画は立ててませんでした。 梅雨時ですものね。 しかし北関東地方 我が町周辺は、雨日が少ないです。水不足にならないといいですが。。 雨予報の日曜日 朝目覚め外を眺めると やはり 雨でした。 良かったぁ  降る時期に降らないと 野菜も出来が悪かったり色々 影響がでますもんね。   普段サボっている家の片付けや何やらかんやらしてたら 雨が上がって お日様まで出ちゃって まあ〜 困ったもんです。   夕方 涼しくなった頃 何時ものコースをランしてたら 夕焼け小焼け 西の空が茜色に染まってた。     月曜日の本日もお休み。 お天気も上々 ならば出動しますか、ササっと洗濯掃除を済ませて久しぶりに お一人様でお気楽山歩に繰り出しました。   1時間位で行けちゃう 水沢山に行ってみました。 山を始めたばかりは、チョイチョイお邪魔してた所です。   平日にもかかわらず 水沢観音の大駐車場 かなり車が多いです。 観音様にお参りに来た方とか観光の方も多いみたいです。 トイレ完備です。   私もまずは、観音様に家内安全と諸々とお参りを致しまして出発。 本日の登山は、マラソン時に必要な筋トレを兼ねてのトレーニングです。 低山は、インナーマッスルを鍛えられるらしい。 なので 自己流ですがイメージしながらじっくり筋肉を伸ばしたりしながら歩きました。   このお山って誰が名付けたか<年金山>って言うらしい。 ふ〜んなるほどね。会う人会う人そんなお年頃 (私を含) だからか分からないけど登山道もお年寄りに優しくできている。 急登続きの登山道は、丸太の階段で しっかり歩幅が合わせてあって登りやすくなってた。 危険箇所には、お助けロープもあります。   若い頃 来た時は、そんな事全然感じなかった。 やはりそんなお年頃なんですね。       緑がいっぱいで気持ちいいし足に優しくです。       お休み石でドリンク休憩しました。   石碑の前を失礼しますね。 2年ぶりかな?     1時間10分程で水沢山に到着  11:50   西方向が見えにくいですが素晴らしい展望を満喫。 コーヒーをドリップして 暫しお一人様で堪能。   入れ替わり立ち替り単独男性や女性 ご夫婦の方 皆さんすぐに下山されました。   お一人の男性だけは、ず〜っと景色を眺めすわってました。   チョット怖そうな方でしたが 思い切って話しかけてみました。 お話をしてる内に根からの山好きと判明。 住まいが我が家と近いとの事 やはり地元の山なんですね。   そんなこんなで山情報などお聞きして1時間程 山頂に滞在してしまいました。 お日様サンサンで暑かったな。   榛名山           復路もをイメージトレーニングしながら降りました。   午後になっても緑豊かなので直射日光を浴びず 時たま爽やかな風が通り抜け汗だくの身体がひんやり 気持ち良いいぃ~。   ハナニガナ コアジサイは あちらこちら見られました。 トリアシショウマ アザミと食事中のアゲハチョウ ヤマボウシ 一輪だけ咲いてた 何だろう? 通りすがりの単独女性が教えてくださった。 クサタチバナの群生 登山道からチョット外れた所に隠れる様にさいてました。     クサタチバナ 余りにも綺麗なので沢山 撮ってしまった。 タニウツギ   クサイチゴ 沢山のお花にも出会えました。   水沢と言えば 水沢うどん 締めに お一人様ランチしました。 サクサクの舞茸の天ぷらと4種類の汁でいただきました。 量が沢山でたべきれずでした。   帰りがけに 離れて暮らす孫たちに 水沢うどんをお土産に買って行きました。   お気楽な ひとり山歩  無事に迷うことも無く 家に到着しました。  

      23
      6
      テーマ:
  • 19 Jun
    • 角落山

      5月17日(土)   ぐんま百名山   高崎市 角落山(つのおちやま)1393m    角落山は浅間隠山や鼻曲山などともに、烏川源流地帯の一角を占める名峰である。                              (群馬百名山bookより抜粋)   ☆6:30=高崎T氏宅=7:40榛名支所8:25=道の駅=はまゆう山荘=赤沢林道== 白沢橋==通行止・駐車(5~6台駐車可)トイレなし 駐車スペース9:10⇔林道赤沢林道⇔赤沢橋⇔女坂登道入口10:15⇔分岐(鞍部)⇔ 角落山山頂11:43                       歩行距離:11・05km  歩行時間:5時間30分(休憩含)   クラブ月例会で 群馬百名山に選定されてる   角落山 1393mに行ってきた。 近くにある山だが初めて登る山です。   本日は 11人の参加です。 お久しぶりにお逢いするお顔や先日の大仙でもご一緒した方 どのお顔も皆さん相変わらずお元気そう。 皆さんから いっつもパワーを分けていただいてます。   はまゆう山荘の相向かいに角落山登山口の標識があります。 車も数台駐車できますが 林道歩きが長くなるので、車で女坂登山口まで行きたいのですが 林道が崩壊している為 車止めのあるところまで進みました。   8:50 爽やかな森の中 丁度よい体感温度です。 ストレッチをいたしましてgo~ トイレはないので途中の道の駅でお借りしました。   ゴロゴロの石だらけの林道をおしゃべりしながら進みます。 崖崩れ箇所など通過で やはり車では危険です。   林道歩きが1時間程で やっと 登山口に着きました。 女坂登山道口 10:15 なんていうお花かな? 白くって可愛いねぇ~ 急坂に備えて水分とエネルギーチャージをしました。   ピンクのリボンが所々付いてますが 時に見失うこともありました。   涸れた沢筋の急坂をゆっくり登ります。 崩壊した登山道をトラバースです。 しっかりしたロープが設置してあるので助かりました。 一人ずつ慎重に通過しました。   道はさらに険しくなり、手足をフルに4駆動で登りあげます。 登るときに撮り忘れた 剣の峰との分岐 男性二人は 剣の峰に行きまして リーダーと女性軍は角落山へと別れました。     角落山山頂 1393m  11:43       ぐんま百名山getです~~  get写真を撮るのを忘れてしまった~   あまり広くない山頂で360度のパノラマではないですが 浅間山 浅間隠山 鼻曲山 草津白根山や白砂山が確認できました。   浅間隠山 鼻曲山奥に浅間山 山頂には単独男性さんとご夫婦が一組 ランチの後にお若い?カップルさんが登られてきました。     分岐までは激下りの連続です。     剣の峰に行った方たちは、もう降りたのかな? 「ヤッホー!」 下のほうで声が聞こえました。   崩壊場所もみなさん難なくクリア。 11人合流できました。よかったよっかた   みんなそろって、登ってきた道を戻りました。   林道脇には フキが沢山生えていました。 きっと美味しいキャラブキが出来るでしょうね。   お日様サンサンの良いお天気で日焼けが気になるこの季節でしたが 一日中 ブナやミズナラ等の木のお陰で心地よく山歩できました。   2時12分 無事 車止駐車スペースに到着しました。   月一の例会山行 皆さんと一緒に歩けるのも 私にとって楽しみの一つです。   来月もよろしくです~               

      29
      6
      テーマ:
    • 浅間外輪山(黒斑山・蛇骨岳・仙人岳)

      6月12日(月)晴れ    浅間山外輪山    黒斑山(2404m) 蛇骨岳(2366m) 仙人岳(2319.1m)    鋸岳(2254m)   前掛山(入山禁止) (3年前に入山)   高崎玉村IC5:00→佐久北IC→車坂峠~高峰高原~P 6:30 登山口7:05~トーミの頭分岐8:46~黒斑山9:10~蛇骨岳9:45~仙人岳10:08~Jバンド10:56~ 賽の河原~前掛山登山口分岐~湯の平口12:42~草すべり~トーミの頭分岐13:50~中コース ~登山口15:05     浅間山は、現在  噴火警戒レベル2 火口から概ね2km圏内は登山禁止になってます。     ぐんま百名山になっている 蛇骨岳をgetしたくて 山友さんをお誘いして、4人で行ってまいりました。   昨年の積雪期に行ったのですが、黒斑山から先は、積雪量が多く身の危険を感じたので あっけなく退散をいたしまして。。。。。 (;^_^A 季節を変えてのリベンジです。   日曜日のてんくら予報がCだったので ちょうど仕事が月曜休みで予報は A  ならば と言ううことで気分を良くして出発いたしました。   自宅を出るときはチョット肌寒かったですが、お日様ニコニコの朝でした。 県境のトンネルを越えると  雲ってるねぇ~~ 天気予報 外れたかぁ?   高峰高原を目指して走っていると 突然と お日様サンサンです どうやら雲の上に出たようです。 窓の外を眺めると雲海が広がってました。      高峰高原 車坂峠駐車場に停めました。6:30 少々離れてますが、新しくなったトイレがあります。   風が強く寒い高峰高原です。 薄着で来てしまったので、あるったけの衣類を重ね着をいたしましたら  不恰好の姿の山歩となりました(;^_^A 寒さには 帰られないですよね。 往路は 表コース  (復路は中コース) 景色を眺めながら行きますね。 用意してきた登山届を投函しました。   ふかふか雲の上に八ヶ岳 イワカガミ ツガザクラ ハクサンシャクナゲ     遠くに 北アルプスの白く連なってる山並みを眺め 早くも頭の中は、夏山登山への妄想が。。。。。   八ヶ岳をズ~ム 水ノ塔山~篭の登山~湯の丸山 四阿山 ミツバオーレン 崩壊してる登山道の階段がガタガタになって まるで障害物競争をしてるかのようです。   やっと そんな悪路から解放されて 展望が開け目の前にド~ンと浅間山です。 富士山が見えたのですが、わかりますか。。。。 中央 やや右に雲の上にチョッコト頭が見えます。 トーミの頭でホット一息 浅間山を眺めながら、本日の歩行予定の確認。 久々に歩くヒロさん 縦走は、大丈夫でしょうか。。。。?   様子を見ながら 取りあえず予定と反対回りで 黒斑山から回ることになりました。   黒斑山~蛇骨岳~仙人岳~鋸山~Jバンド これから歩く山々が一望できます。 ふと足元を見るとハクサンイチゲ   黒斑山到着 9:10   2座目 蛇骨岳 9:45 蛇骨岳は ぐんま百名山なり~Getしました   足元を注意しながら岩場を下ります。 ミネズオウ キャベツ畑で有名な妻恋方面に 日本百名山の四阿山がど~んと聳えてます。   ず~っと歩いてきました。   3座目の仙人ケ岳を後に 10:08   鋸岳が見えてきました。 鋸岳には登らず Jバンドへ下ります。 ザレ場をトラバースして、急斜面をジグザグに下ります。 滑らないように細心の注意を払う姿は 恐々と腰の引けた不格好なわたくしでした(^ε^)♪   至近距離の浅間山 噴煙がモクモク上がってるので、この場から早く立ち去りたい気持ちでいっぱいです。 ツバメオモト そんな不安な気持ちをお花さんに慰めてもらい さらに下ります。       ず~っと下ってきまして賽の河原から見上げてます。 お腹が空いたので 浅間山を眺めながらランチタイムです。 噴火しないでよねぇ~  (心の叫びであります。) 前掛山登山口は立ち入り禁止になってます。   落葉松林の新緑がが目に優しく、とっても気持ち良いです。   湯の平口 浅間山荘方面との分岐 草すべりへと向かいます。     草スベり ジグザグの急斜面が続いてます。 この辺りは 風がないので、余計に汗が噴き出ます。   わぁぁあ~ お花だお花だ~ お花畑だ~     ハクサンイチゲ サクラソウ 苦しい急登も 可愛いお花ちゃん達の笑顔に支えられて どうにか登り切れました   分岐 草スベりを登りあげ、トーミの頭でおやつ休憩をしてたら 自称 後期高齢の単独女性と遭遇 北海道からやってきたそうです。 「百名山でいらしたのですか?」と私 「ハイ♪ 浅間はダメなんですね。99座目なんですが・・・」 「もう 黒斑山でOKですよ~ 100座目は何処ですか?」私 「空木岳なんですよ。昨年 雨で山頂が踏めなかったので・・・・」   今日は 下の高峰高原ホテルに宿泊されるそうで 元気に去って行きました。   お天気 大丈夫だったかなぁ 空木岳 リベンジして100座目Getできたかな?   山って 年齢は全然 関係ないんですね。 改めて実感 私には ソロは到底無理だぁ 憧れちゃいますけど。。。。   帰りは中コースで正解でした。 あの障害物は 疲れるもんね   後半は、ゆっくりと歩いて 車坂峠にフィニッシュ出来ました。   帰りがけに 小諸の<あぐりの湯>で浅間山の展望を楽しみながら ゆ~っくりと湯船に浸かりました。   平日と言うこともあって、5~6組程のパーティーと単独女性のお二人と出会っただけの 静かな 外輪山巡りが出来ました。   気になっていた 蛇骨岳にやっと行けたのです~っきりでした  

      16
      2
      テーマ:
  • 18 Jun
    • 大山

      5月28日(日) 鳥取県  大山(弥山) 1729m日本百名山 休暇村蒜山高原(宿泊地)7:00===大山夏山登山口駐車場  大山夏山登山口ー3合目ー5合目 分岐ー6合目 避難小屋ー八合目ー大山頂上避難小屋ー弥山ー大山頂上避難小屋ー八合目ー6合目 避難小屋ー5合目 分岐(行者コース)ー元谷 元谷避難小屋ー大堰堤ー二俣ー大神山神社奥院ー大山寺橋ー大山夏山登山口駐車場   蒜山高原に滞在して三日目の5/28は大山にアタック~です。  古い歴史を持つ中国地方の最高峰「伯耆富士」 1729m 帰り道 伯耆町金星谷から撮影なるほど。。。富士山みたいですね。  お宿で 朝食バイキングをたっぷりと胃袋に詰め込みまして山仲間8人と山の案内人ご夫婦の10名で大山夏山登山道駐車場に向かいました。 車に揺られ 1時間足らずで駐車場到着。うあぁぁ 駐車場は 早くも満車状態だぁ奥のスペースまで進んで何とか駐車できました。やっぱ 百名山とあって人気のお山なんですね。 トイレ棟あります。か~るくストレッチをいたしまして出発。8:40昨日は、蒜三山を縦走してきたメンバーですが元気いっぱいです。お喋りしながら。。。軽快に歩いてます。あっシャガだね。後ろから 何人もの人が追い越して行きます。 100人近くの高校生が下山してきました。サッカー部の合宿だそうです。爽やかな挨拶と笑顔が嬉しいですね~ずっとずっと階段ロードですがブナ林で空気がとっても爽やかで美味しいぃです。 イワカガミ    ダイセンミツバツツジさんは 鮮やかなピンク色でべっぴんさんです。 仲間一人が体調を崩してしまい、下山することに山の案内人の奥様が同行されました。 が なんと健脚の奥様もう戻って私達と合流できました。 槍ケ峰 剣ケ峰  避難小屋のある6合目海を眺めながらドリンクチャージジリジリ照り付ける太陽、水分補給を小まめにしないといけませんね。日陰が欲しいところですが森林限界を超えてしまったのでありません。    山頂が見えてきました。登る人 下ってくる人で大賑わい。  山頂にいる人が見えます。 振り返ると日本海が広がってます。山頂直下には、避難小屋がありましてトイレや売店もありました。屋根にはソーラーパネルがありますね。 大山(弥山 1709m) 11:50日本百名山get~剣ケ峰 槍ケ峰~~ 昨日 登った蒜三山も 奥に見えます。 弓ヶ浜や島根半島もぼんやり見えたり目を凝らすと宍道湖も見えます。 こんな素晴らしい展望をおかずに ゆ~っくりとランチタイムコンビニのおにぎり🍙だけど とっても美味しいぃ~ 食後は 山頂でみんなで 百名山ゲット集合写真やったぜぇ~~~ 下山路は5合目から行者コースへ。 ダイセンキャラボクの群落  急な下りで膝を痛めないよう暑さに負けないように何度となく休憩を取りました。 大堰堤此方から眺める大山は、崩落が大分進んでます。  最後の展望です。対岸に渡って 樹林帯に突入急斜面を下ります。木の根っこにつまずかないよう注意です。  無事に大神山神社奥宮まで下ってきました。トイレをお借りしまして、木陰で休憩です。大神山神社奥宮で無事下山のお参りをいたしました。 参拝者賑わってる参道大山寺木の隙間に大山を発見大山寺橋から大山を望む。車道を歩いて、駐車場に無事に辿り着きました。  米子道のSAより 3泊4日の初めての中国地方の山旅遠征も無事フィナーレとなりました。 山仲間8人+山の案内人のご夫婦=10人 山でガッツリ歩いて、夜はバイキングでモリモリ飲んで食べて。。。部屋では先輩方のお喋りに花が咲きお腹を抱えて笑ったり~とってもとっても楽しい4日間でした。 お世話になりました。 また何処か よろしくです 大山で思わぬ人との嬉しいバッタリがありました              

      23
      6
      テーマ:
  • 12 Jun
    • 浅間山の外輪山巡り

      6月12日(月)晴れ 黒斑山〜蛇骨岳〜仙人岳〜鋸岳浅間山は、現在  噴火警戒レベル2火口から概ね2km圏内は登山禁止になってます。噴煙を上げてる浅間山を尻目に恐る恐る外輪山巡りをしてきました。ヒヤヒヤ、ドキドキ場面もあったけどお花もいっぱい見られたし良かった良かったぐんま百名山もget出来たし

      19
      4
      テーマ:
  • 09 Jun
    • 蒜山

      5月27日(土)   岡山県 蒜山三山      (下蒜山1100m 中蒜山1123m 上蒜山1202m)   休暇村蒜山高原(宿)6:00=コンビニ=道の駅 蒜山高原=下蒜山登山口・駐車場 下蒜山登山口ー下蒜山山頂ー中蒜山山頂ー上蒜山山頂ー上蒜山登山口 上蒜山登山口駐車場=ジャージふれあい広場=休暇村蒜山高原(宿)     [国立公園 蒜山] 岡山県真庭市の北部・蒜山高原は、標高1000m超の上蒜山・中蒜山・下蒜山からなる 「蒜山三座」を有し、ジャージー牛が草を食む牧歌的な風景が広がってます。雄大な自然の中でサイクリングやキャンプ等のアクテビィを満喫できる県屈指ノレジャーエリアとしても有名で、夏は避暑、冬はインタースポーツと四季を通じて楽しむことが出来ます。(パンフレット抜粋)     宿泊先の休暇村蒜山高原から「蒜山三山」   6時 宿を出発   早朝の出発なので宿の朝食はとらず 近くのコンビニで朝食と昼食のおにぎりと飲料を買いました。   下蒜山登山口駐車場 6:55 4台の先客さんがいらしてます。 トイレは ないので途中にあった道の駅に寄りました。   ストレッチをいたしまして、出発 7:17 ウツギがあちこちで お出迎え。 急な階段が続いて、早くも汗が吹きだしました。   5合目 奇数ごとに標識があります。 汗だくの体に高原の爽やかな風が心地よく通り過ぎます。 谷川岳馬蹄形を思わせるような笹原が広がってます。 前方に見えるのが下蒜山です。   右遠方には、日本海が望めます。 振り返ってみました。 気持ち良くて足取り軽いですねぇ~ 山頂まで もうひと踏ん張りです。 蒜山高原方面を眺めながら小休止。 下蒜山山頂 1100m   9:20 下蒜山山頂は広くて、ベンチが二つ。 中蒜山を眺めながら おやつタイムです。 中蒜山へは 急斜面をドンドン下ります。 中蒜山 1123m  11:27 車を私達が下山する上蒜山登山口駐車場にデポしてくださった 山の案内人の奥様と 中蒜山で合流でき 皆で展望をおかずにランチにしました。 大山は 頭が雲に覆われちゃってます。   樹林帯を過ぎると 草原が広がってます。   大山ツアーのおまけの付録的なお山だと思ってましたが とんでもない偏見でした。 メインに匹敵するほどの とっても素敵な綺麗な山でした。 トレイルランの方や地元の方など沢山の方とすれ違ったり 山頂では オカリナの独奏まで聞けて、楽しくもあり感動満載の山歩でした。   宿に戻って 食事前にひとっ走り。。 やぁ~緑の中を走るって気持ちいぃ~~   連泊なので バイキング内容もほぼ同じですが種類が豊富なので 飽きることもありませんでした。 ローフトビーフのプレゼントがありました。 軟らかくてウマウマ。 泡が尚更 美味しい~     二日目の夜が更けて行きました   明日は大山に向かいます。                                  

      22
      4
      テーマ:
  • 05 Jun
    • 中国地方に山旅

      5月26日   先週の金曜日から 5/26~29  3泊4日で、山仲間8人と山の案内人さんのツアーで 中国地方に遠征してきました。   東名高速を利用しての山旅です。 初日 5/26は移動日なので 宿泊地までの~んびり車中でお喋りしたりSAで買いこんだ 食糧をパクパクと食べたり、居眠りしたり。。。。 運転しなくて良いというのは ラクチンです  (いつもあまりしませんが。。)     11時間かかって 本日からお世話になります お宿に到着 緑いっぱいの高原リゾート 自転車やバトミントン 野球セット テニス等等 レンタルがあるみたいです。 近くには 絶叫かどうかわかりませんがジャットコースターや大きな観覧車のある 遊園地もあったりで なかなか楽しそうな 蒜山高原です。     部屋の窓からは、明日 登る蒜三山がいい形でお出迎え。   夕食は 6時からバイキングです。  (お寿司屋やしゃぶしゃぶ うどんにそばに スイート フルーツ。。。書ききれないほどいっぱいでした) 夕食まで時間があるので皆さんは、お風呂に行きました。   この自然を眺めれば もう~じっとしてられない。 足が。。。。 うずくのでした。。。。。 記事が前後しましたが 翌週は 初のトレイルが待っているので ひとっ走りいたしました。   大山展望台から大山を望む。   牧場から大山と左に宿泊地   グル~っと一回り  心地よい汗をかいたので、ひとッ風呂あびてきま~す。   蒜山を眺めながら 極楽極楽~~~    泡も格別にウマウマでした。   山旅 一日目も終わろうとしています。   翌日は 6時集合で大山の予定でしたが お天気が芳しくないので蒜三山縦走となりました。  

      23
      6
      テーマ:
  • 04 Jun
    • 上州八王子丘陵ファントレイルℹ︎n OTA

      6月4日太田市 上州八王子丘陵ファントレイルℹ︎n OTA群馬県出身のプロランナーの 鏑木 毅さんがプロデュースしている この大会 今年で三回目だそうです。起伏が少ないので 初めてのトレイルの人にも大丈夫と言う事なので挑戦してみました。11kmと言うのも初めてなんですが、最終的には、歩けばいいし なんて軽い気持ちでエントリー致しました。ロングの部 24kmは、フルマラソン並みの時間がかかるのでペース配分を気をつけるように鏑木さんからのアドバイスがありました。9時15分にスタート鏑木選手 1人1人にハイタッチして、お見送りしてます。元気貰えますよ。9時40分ハーフの部のスタートであります。初めてなので皆さんの邪魔にならないように後ろの方からついて行きました。太田市北部公園からのスタートです。丘陵地帯の公園なのでとても景色が綺麗です。熱気ムンムンですよ。登山道に入ると道幅が狭くなって渋滞します。私にとって休めるのでありがたいです。急な階段も数箇所 登ったり降ったりしました。唐沢山方面へ案内表示があったり要所要所では、青年部の方が誘導して下さいます。5kmを過ぎた辺りに給水ポイントがありましたので一杯頂きました。8.1km 北金井キャンプ場では、給水と焼きまんじゅうを頂きました。あまじょっぱくて美味しい。元気が復活しました。あと3km車道に出るとお日様サンサンで厳しいけど沿道から声援を頂きまして 元気がでます。とっても有難いです。田んぼでは、もう田植えの準備が始まってます。あと1km地点にやって来ました。北関東道かな 高速道路が見えて来ました。鏑木選手やスタッフの皆さんがゴールでお迎え下さって、ハイタッチでお疲れ様でした。嬉しいですね。一人じゃ無いんだね。みんなみんな頑張って沢山の人に支えられて登山と また違った人の触れ合いを感じました。豚汁と冷たい塩付けキュウリとバナナ 頂きました。お腹が空いていたのでペロリと、完食しました。何れもとっても美味しかったです。無事完走できました。閉会式の後は、お楽しみ抽選会鏑木さんのオリジナル抽選会ユーモアのあるトークでとても楽しかったです。私がゲット致しましたのは、鏑木選手の誕生日が10月15日なので 15日の人 何月でも良いんですって、その他 芸能人のソックリさんとか遠方から見えてる方とか、仙台の方いらっしゃいました。早速 晩御飯に頂きます。マラソン好きな方太田に集まれ〜鏑木選手がまってますよ。群馬の自然のを突っ走りましょう。次回もエントリーしますんで私も待ってます。

      8
      2
      テーマ:
  • 02 Jun
    • 中倉山

      5月20日(土)   栃木県 足尾 中倉山 1499.5m   ☆群馬県生涯学習センター6:00 =桐生 =草木湖(トイレ)=R122=県道250=銅親水公園入口駐車場7:20 銅親水公園8:00ー陸橋8:05ー林道ーゲートー登山口(ケルン目印)8:45ー尾根ー中倉山10:50 ブナの木(周辺で昼食)11:20//12:00ー中倉山ー尾根ー登山口(ケルン目印)14:00ー林道ーゲート ー陸橋14:30ー銅親水公園14:40ー銅親水公園入口駐車場14:45 =県道250=R122=草木湖(トイレ)=桐生 =☆群馬県生涯学習センター   5月のクラブ例会は 最近 密かなブームになっている中倉山でした。 昨年の今頃 アカヤシオでピンク色に染まった山々が忘れられず 今年は クラブの皆様にも見ていただこうとリクエストをいたしまして 11人で行ってまいりました。   既に 銅親水公園入口駐車場も路肩も大入り満員でありますが 辛うじて強引に駐車をさせて頂きました。   公園内の仮設トイレをお借りして、歩きだします。   5月中旬だと言うのに真夏のような暑さが幾日か続いてましたが  本日も朝からお天道様がジリジリと照り付けます。 新緑の木陰は さわやか~な風が心地いいですよ。 林道をペチャペチャお喋りしながら1時間ほど歩くと 登山道へ入ります。 標識がほとんどないお山ですが、踏み跡や先客者たちが付けてくれたピンクリボンが あるので迷うことはありません。   急登が続く登山道へ入る前に 水分補給とエネレルギーチャージ(チョコレートやお菓子を頂きました) 九十九折れの急斜面をへ~こら~ へ~こら~   木陰を見つけてクールダウン 水分は十分に補給して梅干しを口の中に放り込みました。     暑さのせいでしょうか。。。。。 皆さん 何時もの元気がないような。。。   もう少しだから頑張ってくださいなぁ 少し下っては また登り。。。。   ほら ほらあぁ~ 綺麗な山並でしょう 男体山がひょっこり見えます。 中倉山山頂 1499.5m 山頂から沢入山(そうりやま)に続く稜線がとっても綺麗なんです。   低山とは思えないほどの素晴らしい展望をおかずに 石に腰掛けてランチにしました。 相変わらず 沢山のお惣菜が飛び交って、お腹いっぱい頂きました。     孤高のブナの木 足尾銅山の有害にも負けず残った一本のブナの木 稜線に生える姿が何とも言えません。 これを見たさに沢山のハイカーが訪れています。 昨年は 無かった柵 今年は、しっかり守られています。 アカヤシオ  何とか会えました。  昨年は、対面の山がピンクに染まってましたが 今年は チョット出遅れてしまったみたいです。     みなさんは、ここまででもう充分満足できたそうなで 沢入山へは、行かずに登って来た道を下りました。       中倉山から沢入山そして 少し悪路になるそうですが庚申山へと 縦走出来るそうです。 私達には 到底無理ですが、気持ちの良い稜線漫歩ができそうです。   本日 中倉山周辺往復  <歩行距離:14.46km    歩行数:22,295歩>                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

      18
      6
      テーマ:
  • 21 May
    • 大台ケ原

      5月7日 日本百名山  三重県 大台ケ原 1695m   民宿100年 5:00=大台ケ原ドライブウエイ=大台ケ原駐車場・ビジターセンター 6:00 [東大台 コース]   歩行時間: 4時間   歩行距離:9km  標高差:412m 駐車場6:30ー分岐ー7:20日出ケ岳7:35ー分岐ー正木峠ー正木ケ原8:11ー分岐・尾覚辻ー東屋- 分岐ー8:55大蛇嵓9:05ーシオカラ吊り橋ー9:54駐車場10:32 関西山旅二日目(5/6) 大峰山 関西山旅三日目(5/7)   昨夜のお宿 「民宿 百年」を予定より10分遅れで大台ケ原駐車場にむかいます。 お宿のオーナーさんから近道を教えていただきました。 くねくねと落石がしそうな林道を行くと正規のドライブウエイト交わり しばらく走ると大台ケ原駐車場へ着く。 星の観測に来るギャラリーもいると夜でも賑わう駐車場らしい。 昨日の大峰山の行者還トンネル駐車場も連休中にも関わらず かなり空いていていました。 こちらも広い駐車場に空きスペースがかなりありました。   大台ケ原は、西大台と東大台がありまして 西大台は、事前にガイドさんの予約が必要で10人ごとの入山だそうです。   昨夜 宿泊した「民宿100年」のオーナーさんは、大台ケ原のガイドさんをしていらっしゃるそうで 宿で事前学習をしていただけました。 西大台は手付かずの山なので登山道も解りにくく大分荒れてるそうです。 基本的に私はそういうのが好きなんですが 今回は 初めてということもあって無難に一般コースの東大台を歩きました。   広い駐車場にビジターセンタやトイレ棟があります。 バスが3台停まってます。   昨夜の雨もすっかり上がりましたが、風が強く寒い朝です。   トイレを済ませストレッチをして 6:30出発です。 お昼には 戻ってこられそうです。 今日は もう帰らなくてはならないので、なるべく早く下山したいです。     登山道入り口に ツキノワグマ生息地につきの看板にビビりながら歩き出しました。 歩きやすいなだらかな石段が続いてます。   大きなレンズを付けたカメラマンさん 鳥を探してるようです。   こちらは 「命を育む水 」 一杯頂きました。 まろやかなお点前でした。 ますます長生きできそう~~ 展望台からは、条件が良ければ富士山が見えるそうですが、 残念ながら条件が悪かったようです。 でも尾鷲湾や志摩半島が見えました。 よく整備された階段を登りつめると 大台ケ原の最高点 日出ケ岳です。 三角点のある 日出ケ岳 1695m 日本百名山 Getしましたよん   展望台デッキからの眺め         強風ですが、展望を満喫してると 大杉谷方面から縦走してきた単独青年と遭遇しました。 エメラルドグリーンをした渓流と新緑、黒部渓谷の水平道のような登山道を歩いてきたと やや興奮気味に話されていました。 醍醐味がありそうで興味深々で聞いておりました。 車がそちらにあるので、来た道をまた戻るそうです。 もっとお話聞きたかったけど、お互いにまだ先を急がねばなので 「お互い気を付けようね」と別れました。 若さっていいなぁ 大台ケ原は 平均してお若い方が登ってる感じです。 トレイルランの方も随分見かけました。 ちょうどいい勾配なのかもです。 5/14には 大台ケ原マラソンが行われたようです。 こちらも昭和34年の伊勢湾台風と多雨の影響で、殺伐とした景色に化したようです。 ミヤコザサが一面に広がってますが、かつては原生林で覆われてたようです。   正木ケ原から日出ケ岳が望めた。     神武天皇像 こちらで通りがかったトレラン中の青年に集合写真を 撮っていただきました。   牛石ケ原 木道が敷かれミヤコザサの草原が広がって、吹く風も心地良いです。   分岐で寄り道します。   グングン岩場を下りますと   大蛇嵓(だいじゃぐら)です。   ブロガーさんの画像を見てはいたのですが 想像以上に狭く恐怖心倍増でありまして。。。。   A=´、`=)ゞ                       2歩3歩と行ってみたのですが ここが限界 周りに鎖があるのですがなんせ風が強く危険を感じましたので ここで 精一杯のポーズで~す。(腰が引けてるヨ) 私の後ろ先端で余裕のtomoちゃん   まっ取りあえず目標達成できました。   分岐に戻って シャクナゲ坂を下ります。 左右にシャクナゲが所狭しと並んでます。 小さな花の芽がついてます。   開花時はピンク色のトンネルが続くのでしょうね。   八ケ岳を思い浮かべそうな苔むした岩岩があったりしまた。   石畳のなが~い階段が待ってますよ。   シオカラつり橋   真っピンクのサイゴクミツバツツジ   途中 おやつを食べたり、お喋りしながら 東大台をグルリップして 大台ケ原駐車場に戻ってまいりました。   ゆっくりのんびりしながら4時間の周遊でした。   二日間ともに侘しい食生活でしたので 最終日の本日は 帰り道にあった 川上村の道に駅 杉の湯ホテルで 豪華ランチを食べました。                                                 牛肉の鉄板焼き定食 お肉やわらで口の中でとろ~りでウマウマです。 茶碗蒸しにはウナギがたっぷり入って 二日間の栄養不足を一気に穴埋めできました                     帰りの高速道路も渋滞個所もなく順調に走れて 無事に4人とも家路に着きました。                                                                                                                                           

      30
      5
      テーマ:
  • 12 May
    • 大峰山(八経ヶ岳)

      5月5日~7日 日本百名山  奈良県  大峰山 八経ヶ岳(1915m)   ☆ 玉村宿7:30=Y氏宅=上信道=中山道=新和田峠=岡谷IC=岡谷JCT=中央道=土岐JCT=     小牧JCT=一宮JCT=清州JCT=名古屋西JCT=亀山JCT=亀山IC=天理IC=郡山下ツ道JCT=     京奈自動車道=R309=16:30道の駅 吉野路黒滝17:00=川合=18:00行者環トンネル西駐車場(車中泊)   ゴールデンウィークの後半ともなれば 高速道路の渋滞も幾分 緩和されるのではと 作戦が功を奏し、気持ち良くスムーズに走れました。 初めての奈良県への山旅です。   とは言え 群馬から500キロを超えての遠征 運転して下さった文ちゃんとYさんありがとうでした。 Yさんは 急な呼び出しだったのに快く参加してくださって感謝してます。   JCTを幾つも通過するので、後部席に座る女子チームも道路マップと睨めっこ ナビゲーションに参加です。 迷うこともなく登山口のある行者還トンネル西側駐車場(1日1000円)に到着でした。 しかし林道は道幅が狭く ちょうど下山してきた方との すれ違いに苦戦いたしました。     5月6日(土) 行者還トンネル西p 5:25 - 6:40稜線分岐 - 弁天の森7:10 - 聖宝の宿跡 7:33  8:40弥山小屋8:50 - 9:36八経ヶ岳(八剣山)9:45 - 10:40弥山小屋11:10- 下降点分岐 - 行者還トンネル西p13:26       。   お月様とお星様の綺麗な夜でした。 お天気が崩れる天気予報が嘘みたいです。   沢の音と車の通過する音で、4人とも睡眠不足でしたが 4時に起床して、ガッツリご飯を食べて元気いっぱいの初老登山隊(新成チーム)です。   駐車場は何年か前は 無料だったようですが、今は1日1000円・トイレは1回100円です。 新しくとても綺麗でした。二日分の駐車料金を支払いました。   身支度&ストレッチをして5:20出発 用意してきた登山届を投函しました。   三角形の木製の可愛い橋を渡ります。 かなり頑丈なので揺れもあまりありません。   登り初めから傾斜もきつく すぐに暑くなって上着を脱ぎました。 駐車場の管理人さんが「昼頃には雨予報が出てるから早めの 下山がいいよ」と送り出してくれたけど。。。 お日様サンサンで予報が外れてるんじゃない。 急登を登りつめ稜線に出ました。 世界遺産に登録された「大峯奥駈道」 修行の道らしいです。 どうりで、厳しい登りが続いてました。   大峰山脈は南北に長さ約100キロにもわたってるそうです。 大普賢岳、行者還岳、弥山、八経ヶ岳、釈迦ヶ岳、大日岳、天狗山、地蔵岳、涅槃岳、転法輪岳、行仙岳等 いかにも修行の山ぽい山名ですね。 弁天の森 この辺一帯にバイケイソウがいっぱいです。 毒があるので、動物の食害にあわなく、わんさか広がってます。   高下駄を履いた行者の像があります。 こんな高い下駄を履いて修行の道を歩いたのでしょうか。   聖宝の宿跡 修験者たちの宿だったのかもしれませんね。   私たちも倒木に腰掛けて、おやつ休憩しました。   先ほどまで青空だったのに お天道様も隠れてしまい、周りの展望は得られずです。       なが~い木の階段が続いてます。 なんとこんな遠方で 群馬の太田ハイキングクラブの方たちとすれ違いました。 12~3人の団体さん どのお顔もとっても素敵な笑顔が返ってきました。     プチ雪渓を渡ります。 弥山小屋に着くころには、遂に小雨がぱらつきはじめました。 鳥居をくぐると弥山神社奥の宮がありましたが 写真を撮り忘れてしまったみたい。   弥山小屋でトイレを拝借しまして(1回100円) 大峰山最高峰の八経ヶ岳へ向かいます。   ガスに包まれて周りの景色は全く得られず 黙々と歩く初老登山隊です。 昭和34年の伊勢湾台風で大きな被害を受けた紀伊半島。 木々も直撃 縞枯れ状態です。 苔むした所もあって、八ヶ岳と重なり合ったりしました。   オオミネスミレを動物の食害から守るために、ネットで覆われ 扉を開けて入る箇所がありました。   開花には まだ早いようですね。   山頂に近づくにつれ風が強くなってきました。   近畿最高峰 八経ヶ岳(はっきょうがたけ) 1,914.9m   日本百名山Getなり~   山頂で ゆっくりのんびりしたいけど、強風で長居は出来ません。   晴れていたら 大普賢岳や明日登る 大台ケ原が見えるそうです。     弥山小屋に戻りまして、外に置いてあるテーブルでランチにしました。 昨夜から駐車場でご一緒だった宇都宮から見えたご夫婦と雑談&山情報交換等等で 話が弾みました。   本降りにならないうちに登ってきた道を下山をします。   急坂をずんずん下ります。   途中 大きなザックを背負った学生のpartyとすれ違いました。 明日 晴れるといいね♪ サイゴクミツバツツジ タムシバ   分岐からは、ひたすら下り道。 よく登ってきたもんだと感心した。   行者還(ぎょうじゃかえり)トンネル西 駐車場に無事下山。 大粒の雨に変わって、トンネルの中で着替えをして 今宵の宿 民宿100年に向かいました。     宿の途中にある 道の駅 上北山に隣接する 上北山温泉で汗を流しました。 ぬるっとしっとりした良い感じの温泉でしっかり体の芯まで温まりました。   一戸建ての古民家 中はリフォームされ、アットホーム的で丸ごと貸切です。 素泊まりで 4000円 調理用品もあるので食材を持ち込めば作れますよ。   柿の葉寿司をHさんが温泉で買ったのをご馳走になったり 持参したツマミを肴にワイン&ビールでプチ宴会をしました。   長距離の移動と昨夜の睡眠不足で、早々に床についてしまい目覚めるまで 爆睡の私でした。   大台ケ原に続きます。  

      34
      13
      テーマ:
  • 07 May
    • 関西方面山旅

      5月7日ゴールデンウィーク後半関西方面に山旅に行って来ました。心配していた渋滞にもハマらずスムーズに現地入り、帰宅の路も今の所 順調です。

      27
      8
      テーマ:
  • 04 May
    • 庚申山 (ぐんま)

      5月3日やっと昨日 5/3から待ちに待った6連休がはじまりました。初日の昨日は、来月のマラソン大会に向けて か〜るく近場の庚申山でトレーニングして来ました。みかぼみらいかん第二駐車場に車を停めてラン開始〜藤祭りの真っ最中激混みです。露天商も出ていて焼きそばやらたこ焼きやら目を奪われます。 見事な藤棚にカメラを構える方がいっぱい。あま〜いいかおり〜ズンズン進みまして、地獄の階段に突入します。スタコラ ハア〜ハア〜頑張れ〜じぶん限界だぁ  やっぱり一気はキツイ山頂の展望台で喉を潤し立ち休み。木々の間に 春霞がかかった赤城山が見えた。山頂に藤棚があって良い香りが漂ってる。走ったり歩いたり6キロ足らずのラントレでした。先日の 丁須の頭での岩トレ後の筋肉痛もすっかり癒えたようだ。明日 5/5 子供の日は、以前から計画を練っていた関西方面に遠征です。高速道路の渋滞 覚悟しないとですね。ゆっくりの出発です。一体 何時に着くのやら。。。5/4  7.95キロ 走った。

      26
      2
      テーマ:
  • 03 May
    • 丁須の頭 (後編)

      4月30日   裏妙義  丁須の頭   横川P8:25ーあさおの吊り橋8:32ー鼻曲りー9:34ザンゲ岩9:45ー産泰山10:20 ー12:00御岳12:40ー14:24丁須の頭15:40ー第二不動滝ー第一不動滝ー 丁須の頭登山口18:35   上信道を走っていると奇岩が並ぶ妙義山を目にする方も多いかと思います。 その中に岩の上に金槌をしたような面白い形をした岩があります。 あんな所登る人がいるなんて信じられない別世界だと思っていました。 まさか自分が足を踏み入れるなんて、考えもしませんでした。   横川駐車場からの出発です。  駐車場のトイレをお借りして、身支度を済ませて歩きだします。 あさおのつり橋 しっかりしたつり橋を二つ渡ると、不動尊や東屋があったりで ハイキングコースのように整備されてると思っていると 道は段々と急斜を増して来ました。   鎖場が現れ一人づつ順番に行きます。 芽吹き始めたばかりの新緑とピンクや赤のミツバツツジやヤマツツジ 心が洗われます。   鼻曲がりを過ぎるとザンゲ岩 長期戦に備えて 最初のおやつ休憩をしました。 ザンゲ岩の眼下に横川駅が見えます。 上信道も並行して走ってますね。   1時間半程 急斜面を登ると産泰山 この辺りまでは、普通の登山道でした。 文字が薄くなってますが山頂標識 産泰山と石碑があります。 風もない絶好の登山日和 水分を小まめに補給します。   いよいよ核心部に入ります。 ストックはしまうように指示が出ました。 岩場のトラバース 痩せ尾根や鎖の連続なので、写真は少なくなります。   鞍部でドリンクチャージしました。 新緑がとっても気持ち良く、恐怖心を和らげてくれます。   危険個所通過時は、青いロープでしっかりサポートされているので 心強いです。 安心して通過できました。   御岳 963.2m ちょうどお昼の時間になったので、山頂でランチタイムです。 山話に花が咲きます。   表妙義 白雲山 相馬山 バラ尾根 金銅山とギザギザの表妙義が一望できましたが 物々しくヘリが旋回してます。 ただ事では、ないようです。   丁須の頭がチョコンと見えますよ。 まだまだ遠いですが ゆっくり休みましたので、元気を取り戻して再度出発。   長い痩せ尾根が続きますが両側に木が茂っているので やや安心できます。 ナイフリッジや長い鎖場も通過しました。   ハンマーが目の前に現れました。 なが~い鎖が垂れ下がってます。 20mくらいかなぁ もっとあるかも。   ガイドさんを先頭に青いロープに繋がれ4人が間隔を取りながら一気に登ります。 腕力が乏しい私、皆様のペースを乱さないように必死であります。 全身全霊で頑張って、テラスに到達いたしました。     コーヒー飲みながら暫し展望を楽しみました。 風も無くお日様ジリジリで日焼けも心配だけど致し方ないですね。   前日は、夕方雷雨で大変だったけど 本日は、怪しい雲も無いので思い切りの~んびり出来ました。   休憩後は、丁須の頭topにチャレンジです。   眼下に妙義湖 表妙義 こちら 難所続きの赤岩 烏帽子 谷急山でしょうか。 ガイドさんがテッペンでビレします。 一人づついきま~す。   Tさん すご~い ガンガン行きましたが、途中 基部あたりでしょうか 難儀されてましたが無事 登頂しました。   え〜私は、無理無理と思っていたのですが それでも怖いもの見たさで、頑張ってみました。 基部辺りまで行ってみたのですが やはりTさんが難儀した辺り、足の長さが少し足りないのか 一歩がですで諦めました。   同行されたお二人さん 無事に頭上に辿り着きました。 感想は? 周りを見る余裕も無かったそうな。  でも凄いです。   ここまでこれただけで もう十分です。 とっても清々しい気分で、登ってきた長い鎖を下降しました。     下山路は、鍵沢コースを下ります。   鎖場は数か所ですが 落ち葉ロードに苦しみました。   下りは2時間ほどのCTですが、とても長く感じました。   ヒトリシズカを眺めながら腰を下ろしてエネレルギーチャージ チョコレートとチーズを食べたら頭と体がスッキリしてきました。   あと少しと言う所で崩落された登山道となってます。 梯子やロープが設置されてますが 足を置くとぐずぐずと崩れてしまいロープが頼りです。   ガイドさんは上からしっかり青いロープでみんなが滑って行かないよう 手綱を掴んでますので安心して下れました。 最後一番の難所だったねぇ。 なんて みんなで笑い合いました。 西の山に陽が落ち、うっすらと赤く染まった空を仰ぎ   長い長い 裏妙義縦走無事フィニッシュすることが出来ました。   御岳コースを登って 鍵沢コースに下山しました。   そんなこんなで、難しいルートに挑戦できロープワークも学ばせて頂いてびびり症を克服? いえ いえ軽減出来たような気がします。   緊張の連続で休憩を含め10時間の長い長い山歩でしたが 心地良い疲れと満足感がタップリでありまして、帰路の車中でも山談義で多いに盛り上がり 早くも夏山の構想が次から次へと膨らんでいきました。 身体が、もう一つ欲しいぃ〜   翌日は、両手両腕が超筋肉痛で 着替えやトイレに不自由が生じましたが 痛む度に昨日の事が思い浮かんで一人ニタリとするのでした。       

      22
      5
      テーマ:
  • 01 May
    • 丁須の頭 (前編)

      4月30日   裏妙義  丁須の頭   横川P8:25ーあさおの吊り橋8:32ー鼻曲りー9:34ザンゲ岩9:45ー産泰山10:20 ー12:00御岳12:40ー14:24丁須の頭15:40ー第二不動滝ー第一不動滝ー 丁須の頭登山口18:35     絶滅危惧にある ミョゥギイワザクラに会いたくて 恐る恐る裏妙義に行って参りました。   オール破線ルートの難易度の高いコースでありまして、ガチンガチンに緊張しましたが ガイドさんの一本の青いロープに助けられて 無事 可愛い可愛いミョウギイワザクラちゃんに会えました       絶滅危惧種のミョウギイワザクラ 何とか頑張って、咲き続けて欲しいものです。   最終目的地の丁須の頭のテラスでやったぞ〜 ポーズ   詳細は 後編に続きます。

      25
      6
      テーマ:
  • 23 Apr
    • 第4回 前橋 渋川シティマラソン

      4月23日  前橋 渋川シティマラソンを楽しんで参りました。   まだまだの初心者ランナーであります。 今回も 5キロコースのエントリーです。   今日の会場は、ヤマダグリーンドーム前橋 と前橋公園です。       そろそろ 開会式が始まりそう。   早くも熱気ムンムンといった感じです。   ウオーミングアップ方々 何時ものように周辺をリサーチして見ました。   趣があって良く手入れされた庭園の臨江閣 改修工事の為 中には、入れませんでした。 県庁とお堀 桜の花が咲いていたら綺麗でしょうね~ 時遅し。。。。。でした。     整列が始まりました。   15分 20分 30分と自分のレベルに合ったところに並びます。 勿論 30分であります。 号砲が鳴りました。   5キロコースの参加人数  863名 一斉にスタート致しました。 目の前には、榛名山が裾野を広げて応援してくれてる。 向かい風がチョッピリ辛いけど体勢を崩さないように踏ん張りワッセワッセ〜 なるべく人の後ろがいいんだよね。 だけど ペースが合わないので、かえって疲れるヨ 牛蒡抜き~ナンチャッテ   折り返して。。。。。   給水所でお水を頂く 今回も沢山のボランティアの方々にお世話になってます。       フィニッシュ地点では フラダンスのお姉様方が ダンスのご披露して下さり癒やされましたよ。 でも寒くないのかな?   無事 ゴール致しました。 完走証と ラッキー賞でカップラーメンを1箱を頂きました。     トン汁をご馳走になって、会場を後にしました。   ゲストランナーの ヤマダ電機陸上女子部の方々と一緒に走れたり 北島寿典さんに会えたりで沢山のパワーを頂きました。   次回のランは、6月 初の10キロだけど トライできるのか??   とりあえず楽しんできますね       

      27
      6
      テーマ:

プロフィール

マチコ

性別:
女性
誕生日:
1952年9月15日
血液型:
O型
お住まいの地域:
群馬県

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

旧ランキング

お散歩
489 位

ランキングトップへ

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。