インフルエンザで急死する人が増えている
~予防接種を受けた人を中心にインフルエンザが大流行





阿修羅♪さんより~2016 年 2 月 23 日

インフルエンザで急死する人が増えている
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/103.html

インフルエンザが大流行中ですが、
亡くなる人、それも急死する人が出ているようです。

今、ツイッターで話題になっているのが、この女性の例です。

「予防接種をしていたのに・・
息子のインフルエンザがうつって亡くなった女性が・・・
インフルエンザの怖さとは!」 (Spotlight)
http://next.spotlight-media.jp/article/247676334675925973?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_content=pc&utm_campaign=tw_share

息子さんからインフルエンザがうつり、
金曜日まで休むと職場に電話を入れたものの、
土日で劇的に症状が悪化、月曜日に病院に行ったものの心停止で死亡。
ウイルスが心臓等の臓器へまわったということです。
予防接種はしていたとのこと。

ツイッターを検索すると、インフルエンザで亡くなったという報告が、
最近かなりあります。
下に添付します。

実は、昨年1月に、長野県の病院で、入院患者21人と看護師4人の
合計25人がインフルエンザに集団感染し、70代の白血病患者1人が肺炎で死亡、
40代の女性看護師1人もインフルエンザ脳症で死亡しました。

大人がインフルエンザ脳症になることはあまりないそうで、
注目されたようです。

「長野県松本市で集団感染により女性看護師と男性患者が
インフルエンザ脳症と肺炎で死亡=年明けから20-40代にも
猛威を振るっているインフルに注意」 (minacolor )
https://minacolor.com/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6/articles/603

<速報>インフルエンザ脳症による成人の死亡例
(国立感染症研究所 2015/4/21)
http://www.nih.go.jp/niid/ja/flu-m/flutoppage/593-idsc/iasr-news/5585-pr4231.html

今年はさらに状況が悪化しているということでしょうか。

インフルエンザを軽視してはいけない、合併症が怖い、
死ぬこともあるとは認識していましたが、
こんなにあっけなくたくさんの人が亡くなるものでしょうか?

やはり放射能汚染の影響を考えずにはいられません。

内部被ばくにより免疫力が落ち、身体が弱っていると、
簡単に治癒するインフルエンザも
命取りになってしまうのかもしれません。

あるいは、白血病など他の疾患の可能性もあるのかもしれません。

必ずしも予防接種が効くわけではないとなると、極力内部被ばくを避け、
睡眠と栄養を十分取って、健康を保ち免疫力を上げるしか方策はありません。

あっという間に亡くなってしまうようなので、みなさんも十分ご注意下さい。

これはおかしいと思ったら、がまんせず、すぐに救急車を呼びましょう。


(関連情報)

「インフルエンザ流行本格化で注意呼びかけ」 (NHK 2016/2/16)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160216/k10010411311000.html
(キャッシュ)
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:aAYBMfq48K8J:www3.nhk.or.jp/news/html/20160216/k10010411311000.html


<引用終わり>
--------------------------------------------


もみじ
予防接種を受けた人を中心にインフルエンザが大流行
http://ameblo.jp/64152966/entry-11453543181.html


2013年1月 11日【Natural News】
http://www.naturalnews.com/038648_flu_pandemic_vaccines_shots.html

アメリカは現在、インフルエンザ大流行のパニック状態 にある。
ボストンでは公衆衛生緊急事態が宣言 され、病院では
インフルエンザ治療用テントが設置 されるなど、
戦場のような有様となっている。

同国の疾病対策センターは、ここ10年で最悪のインフルエンザの流行
であるとし、もちろんインフルエンザの予防接種を奨励している。





しかし、ワクチン業界としては知られたくない外聞の悪い秘密がある。
それは、現在インフルエンザにかかっている人のほとんどが
インフルエンザの予防接種を受けた人である、という事実である。

CDCはこの件に関する統計を一切、公開することを拒否している。
もちろんそうすればインフルエンザ予防接種に関することが完全な
でっちあげであることが暴露されてしまうからである。

私は友人や専門家らの広範なネットワークに電話をかけまくっているが、
皆が口を揃えて同じことを言っている。
そのネットワークの知人で病気になっている人の内、3分の2が
定期的にインフルエンザの予防接種を受けているのだ!

この点について、あなた自身の友人や家族、または同僚について確認
してみるといい。
病気になった人に、インフルエンザの予防接種を受けたかどうか、
聞いてみるのだ。

その結果は私が受けた結果と同じだろうか。3分の2だ。
もしこれがもっと大規模なデータセットにおいて当てはまったとした場合、
つまりインフルエンザの予防接種を受けると、実際にはインフルエンザに
感染しやすくなるということになる。
なぜならアメリカの人口のうち、インフルエンザの予防接種を受けている
人は、3分の2よりもずっと少ないからである。だから、

今年インフルエンザにかかっている人の3分の2の人たちが予防接種を
受けたのと同じ人であったとしたら、数学的に考えると、予防接種は
インフルエンザに対する脆弱性を高めるということに他ならない。
こう考えると、予防接種を受けている人達は無責任な行動を取っている
と言える。

なぜならインフルエンザを他人に広めるリスクを高くしているからだ。
ビタミンDのような栄養物で自らの健康を管理せずに、怠慢で、公衆の
健康と安全に対する非常に現実的なリスクを高めるインフルエンザの
予防接種を求めているからである。


インフルエンザの予防接種に含まれるもの―アルミニウム、水銀、
グルタミン酸ナトリウム(化学調味料)、ホルムアルデヒド
ワクチンには、神経障害の原因となると誰もが知っている有害な
混合物や金属、化学薬品などが含まれている ことは、
CDCも率直に認めている。

これらの中にはアルミニウムや水銀などもふくまれている。
これらの金属や化学物質は、ワクチンの本来の目的とは反対に
免疫システムを抑制する。
実際はワクチンは、インフルエンザの流行を引き起こす原因となり、
それによってより多くの人をワクチンに飛びつかせることが目的である。

肝心なのはワクチンの売り上げを伸ばすことで、
公衆の健康を改善 するためではない。
ワクチンの売り上げを伸ばす最も簡単な方法は、感染に対する脆弱性
を引き上げるような化学物質や金属をワクチンに入れておくことなのだ。

なに、私の言うことが信じられない?
巨大製薬会社は、利益よりも人々を大切にしている心の優しい、
愛情に満ちた天使の集合体だと?

目を覚ましなさい。そして、化学物質の匂いを嗅いでみなさい。
ワクチン業界は、価格協定から始まり医師への贈収賄、
そしてマーケティング上の不正行為 など、再三に渡り重罪行為で有罪
になっている犯罪組織であることは記録にもある通りだ。


製薬会社は倫理的価値観というものを一切持ち合わせていない。
ワクチンを試すために子供達を犠牲 にしている。
製薬会社は囚人や精神病患者に対して医学的実験を行っている 。
彼らがワクチンの売り上げを伸ばすことを目的に、人々を病気にさせたり
感染病に対する恐怖を煽るための方法としてワクチンを使ったりしない
などと、本当に信じることができるだろうか。


インフルエンザに対する真の解決策

このインフルエンザの季節も健康でいたいと本当に思うのであれば、
答えはいたって簡単だ。インフルエンザ予防に有効なベスト3の栄養素を
とることから始まる。

それはつまり、

1) ビタミンD

2) もっとビタミンD

3) くどいようだがもっとビタミンD

インフルエンザの多い冬の間に、一日当たり5,000IU以上のビタミンD
を摂っていない場合は、おそらくビタミンDが不足しており、
インフルエンザに対して無防備であると言えるだろう。

ビタミンDの外にも、その他様々な生薬(薬草)や亜鉛などの微量ミネラル、
そして「スーパーフード」などが予防に有効だ。

そしてもちろんのことながら、インフルエンザの予防接種や化学療法、
処方薬などで自分の免疫システムを抑制させないことだ。

これらすべては、あなたを感染に対して弱くさせ、人間が苦しみから利益
をあげる「病気治療」の企業連合のお得意様とさせるからだ。


-引用終わり-
---------------------------------------------------



管理人

私が、老人介護施設を辞めるきっかけになったのは、
インフルエンザ予防接種の義務化にありました。
私は、予防接種をお断りしたからです。

幾つかの老人介護施設で聞いた話ですが、
職員の人に、何人ものインフルエンザに罹患した人が出ました。
無論、全て、予防接種を受けた人ばかりでした。
予防接種を受けない私は、数十年来、インフルエンザに罹った
ことがありません。(笑)

特に、放射能で免疫力の低下している地域はやばいです。

それに、予防接種を受けない人も要注意です。
予防接種を受けない人には、ケムトレイルが待っています。
空から、大量に撒かれているとのウワサがあります。

平日は、屋内で仕事をしている場合が多いので、
ケムトレイルが撒かれるのは、外を出歩く土日が多いそうです。
少なくとも、土日だけはインフルエンザ用のマスクをしたほうが
良いでしょう。
土日に外出した時の衣服は、帰宅後、直ぐに、洗濯するのも
一つの防御法です。

<放射能 + インフルエンザ ⇒ たくさんの死亡者>

これは、かなり前から計画され実行されている軍事行動であり、
大量の人口削減目的であることは、もはや、疑いようがありません。

いつまでも、陰謀論だと嘲笑するような輩は、
真っ先に削減されますので、気をつけましょう。

ビタミンDは、太陽の光にあたると体内で生成されます。
なるべく、土日ではなく、平日に外の太陽光を浴びながら散歩する
ことをお勧めします。




これが、普通の自然の雲に見えますか!?


http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1794351.html


AD

コメント(21)