予防接種を受けた人を中心にインフルエンザが大流行
~たもぎ茸





世界の裏側ニュースさんより転載します

http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11452145095.html



2013年1月 11日【Natural News】http://www.naturalnews.com/038648_flu_pandemic_vaccines_shots.html

アメリカは現在、インフルエンザ大流行のパニック状態 にある。

ボストンでは公衆衛生緊急事態が宣言
され、

病院ではインフルエンザ治療用テントが設置
されるなど、

戦場のような有様となっている。同国の疾病対策センターは、

ここ10年で最悪のインフルエンザの流行であるとし、

もちろんインフルエンザの予防接種を奨励している。





しかし、ワクチン業界としては知られたくない外聞の悪い秘密がある。

それは、現在インフルエンザにかかっている人のほとんどが

インフルエンザの予防接種を受けた人である、という事実である。

CDCはこの件に関する統計を一切、公開することを拒否している。

もちろんそうすればインフルエンザ予防接種に関することが完全な

でっちあげであることが暴露されてしまうからである。

私は友人や専門家らの広範なネットワークに電話をかけまくっているが、

皆が口を揃えて同じことを言っている。

そのネットワークの知人で病気になっている人の内、3分の2が

定期的にインフルエンザの予防接種を受けているのだ!

この点について、あなた自身の友人や家族、または同僚について確認

してみるといい。

病気になった人に、インフルエンザの予防接種を受けたかどうか、

聞いてみるのだ。

その結果は私が受けた結果と同じだろうか。3分の2だ。

もしこれがもっと大規模なデータセットにおいて当てはまったとした場合、

つまりインフルエンザの予防接種を受けると、実際にはインフルエンザに

感染しやすくなるということになる。

なぜならアメリカの人口のうち、インフルエンザの予防接種を受けている

人は、3分の2よりもずっと少ないからである。だから、

今年インフルエンザにかかっている人の3分の2の人たちが予防接種を

受けたのと同じ人であったとしたら、数学的に考えると、予防接種は

インフルエンザに対する脆弱性を高めるということに他ならない。

こう考えると、予防接種を受けている人達は無責任な行動を取っている

と言える。

なぜならインフルエンザを他人に広めるリスクを高くしているからだ。

ビタミンDのような栄養物で自らの健康を管理せずに、怠慢で、公衆の

健康と安全に対する非常に現実的なリスクを高めるインフルエンザの

予防接種を求めているからである。


インフルエンザの予防接種に含まれるもの―アルミニウム、水銀、

グルタミン酸ナトリウム(化学調味料)、ホルムアルデヒド


ワクチンには、神経障害の原因となると誰もが知っている有害な混合物や金属、化学薬品などが含まれている ことは、

CDCも率直に認めている。

これらの中にはアルミニウムや水銀などもふくまれている。

これらの金属や化学物質は、ワクチンの本来の目的とは反対に

免疫システムを抑制する。実際はワクチンは、インフルエンザの流行を

引き起こす原因となり、それによってより多くの人をワクチンに飛びつか

せることが目的である。

肝心なのはワクチンの売り上げを伸ばすことで、

公衆の健康を改善 するためではない

ワクチンの売り上げを伸ばす最も簡単な方法は、感染に対する脆弱性

を引き上げるような化学物質や金属をワクチンに入れておくことなのだ。

なに、私の言うことが信じられない?巨大製薬会社は、利益よりも人々を

大切にしている心の優しい、愛情に満ちた天使の集合体だと?

目を覚ましなさい。そして、化学物質の匂いを嗅いでみなさい。

ワクチン業界は、価格協定から始まり医師への贈収賄、

そしてマーケティング上の不正行為 など、再三に渡り重罪行為で有罪

なっている犯罪組織であることは記録にもある通りだ。

製薬会社は倫理的価値観というものを一切持ち合わせていない。

ワクチンを試すために子供達を犠牲
にしている。

製薬会社は囚人や精神病患者に対して医学的実験を行っている

彼らがワクチンの売り上げを伸ばすことを目的に、人々を病気にさせたり

感染病に対する恐怖を煽るための方法としてワクチンを使ったりしない

などと、本当に信じることができるだろうか。


インフルエンザに対する真の解決策

このインフルエンザの季節も健康でいたいと本当に思うのであれば、

答えはいたって簡単だ。インフルエンザ予防に有効なベスト3の栄養素を

とることから始まる。それはつまり、


1) ビタミンD

2) もっとビタミンD

3) くどいようだがもっとビタミンD


インフルエンザの多い冬の間に、一日当たり5,000IU以上のビタミンD

摂っていない場合は、おそらくビタミンDが不足しており、

インフルエンザに対して無防備であると言えるだろう。

ビタミンDの外にも、その他様々な生薬(薬草)や亜鉛などの微量ミネラル、

そして「スーパーフード」などが予防に有効だ。

そしてもちろんのことながら、インフルエンザの予防接種や化学療法、

処方薬などで自分の免疫システムを抑制させないことだ。

これらすべては、あなたを感染に対して弱くさせ、人間が苦しみから利益

あげる「病気治療」の企業連合のお得意様とさせるからだ。


-引用終わり-

---------------------------------------------------




わんわん

管理人


そもそも、インフルエンザは、人や動物に感染を繰り返して行く過程で

次々と変異していくそうですから、ワクチンはあまり意味が無いということ

が大きな一点としてありますし、それに加え有害物質が混入されています

ので摂取するのは、あまりお勧め出来ません。


ビタミンDについて申しますと、これまでの知識を元に考えますと

サプリメントの形で摂取するのには極めて懐疑的です。

やはり、自然界のビタミンDが豊富な食べ物から得るのが

理想的だと申し上げておきます。


ビタミンDが豊富な食べ物

http://www.hosp.go.jp/~wsaitama/hospital/jushin/shinryoka/bone/bone3.htm


ビタミンDは魚、きのこ類、鶏卵に含まれ、肉や野菜には

ほとんど含まれません。



皮膚の組織にはビタミンDの元になるプロビタミンDという物質が多量に

あり、日光の紫外線にあたるとビタミンDに変化します。
この皮膚由来のビタミンDと、食物として摂取されるビタミンDは

ほぼ半々と言われています。

家の中にこもりがちな高齢者では、皮膚由来のビタミンDが不足します。

1日30分程度でも日に当たるようにしましょう。

直射日光である必要はなく、木漏れ日ほどの日差し、

レースのカーテン越しの光でも十分です。

-引用終わり-


魚やシイタケなどのきのこ類にビタミンDが含まれるってことですが、

いずれも放射能汚染が問題視されている食品ばかりです。

サプリメントはお勧め出来ないと言った以上、困りましたね。

鶏卵は、一部の自然で育てられている高級なものを除いては、

そのほとんどが抗生物質漬けでしょうし・・・


何か、責任を持ってお勧め出来るとしたら、今のところ

広島でハウス栽培をしている知り合いの楡木茸/タモギタケしか

思い当たりません。

どういう知り合いかと申しますと、ここの事業所の管理人さんは、

福島から避難されている方の世話もされているからです。

一応、関心のある方は問い合わせて見て下さい。


たもぎ茸矢野栽培所

広島市安芸区矢野東2-25-6

TEL 090-2863-8621 FAX 082-233-3877



楡木茸/タモギタケ


たもぎたけには、同じキノコの仲間の中でもβ-グルカンをとても多く含有

しているため、癌やウイルスに対する免疫力亢進が期待されています。


β-グルカンとは高分子多糖体で、免疫力を高める効果を持っています。

β-グルカンは免疫力を高めることでガン細胞を縮小させる働きを持つ

ことが明らかになっています。また、β-グルカンは免疫力を正常な状態に

戻す力(ホメオスタシス)を持ち、過剰な免疫反応によって起きるアトピー

などのアレルギーに対しても成果を上げている新栄養素です。
ただしβ-グルカンは人間の体内で生成することは出来まないため、

今、非常に注目されている物質なのです。

そんなβ-グルカンが、タモギ茸にはたっぷり含まれているのです!


ビタミンD 1.7μg

ビタミンB1 0.17mg

ビタミンB2 0.33mg

ビタミンB6 0.12mg

カルシウム 2mg

ナイアシン 12mg

葉酸 80μg

カリウム 190mg

0.8mg

0.32mg

マグネシウム 11mg


マンガン 0.06mg

リン 85mg

食物繊維 33g


読者の声


広島のある人が胸腺のガンにかかり、たもぎ茸を中心にした

食生活に改善したところ、驚くべきことに、ガンが消滅したとの

喜びの声が寄せられてきたそうです。




wantonのブログ




wantonのブログ







AD

コメント(13)