2リットルのCBR

2011年にCBR1100XXからGSX1300Rに乗り換えました。


テーマ:

座右の銘である


”遅かれ早かれ”


に、基づき購入。


KTC 電動インパクトレンチ JTAE471  45,203円







さすが、KTC。


キャリーケースもハンド部分に滑り止めのゴムを使ったり、蓋にバックルを付けるなど


抜け目がありません。






やる気にさせる工具ですね。







左右のカーボンも交換が可能になり、永く使えることを意味します。






ウチのクルマのホイールナットサイズは2台とも「19」なので、コレ1本でOK。 1,517円





早速、バッテリーを充電します。


コンセントにつなぐと、以下の流れになります。


緑遅い点滅・・・通電中


赤点燈・・・充電中


緑速い点滅・・・80%充電完了


緑点燈・・・充電完了







10,000円以上の購入対象者にKTC総合カタログが300円で買えます。


これを見ると更に物欲が湧きます(笑)




近々、相棒がホイールとタイヤを新品に換えます。


また、ミニキャブを夏タイヤに戻す作業もあります。


合計8本のタイヤ交換がありますが、これで少し楽しみになりました♪



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「メンテナンス」 の記事

テーマ:
1,969ドルから入札開始とは粋なことを(^^)
しかし15万ドルはちょっと理解不能かな…


記事


Android携帯からの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

それは、KTCのインパクトレンチ。


先月、発売された新モデルです。


KTCインパクトレンチ









私がこれまでに使っていたインパクトレンチはこちらのACから電源を取るタイプ。


最大トルクは300N・mと、緩めるにはやや力不足で


逆に、締めるには十分過ぎるトルクという、私にとっては”中途半端”なものでした。






電動インパクトレンチを使ってタイヤ交換をしたことがある人は分かると思いますが


める方向には限りないトルクが欲しく、


逆に、める方向にはその10%でいいのに・・・と思うはずです。


なぜなら、締める工程のラストはトルクレンチを使うからです。


ネジを切ってしまわないかと、トリガーを握る力をビビりながら調整して締める。


これは結構なストレスでした。


それが、先月発売されたKTCには「トルクリミット」という


まさに私が求めていた機能が付いたのです。


しかも、スイッチ一つで、最大トルク500N・mの15%まで、減力してくれます。


これで何のストレスもなく、


緩める際にはフルパワー。締める際には15%で。




ヘルニアを経て、十字レンチを使うことが危ぶまれる私にとっては


インパクトレンチは必須ツールで、


さらにはこのKTCのトルクリミットは、喉から手が出るほどの逸品なのです。



今までは、AC電源を取っていたので、移動するたびに長い延長コードを引き連れていましたが


このKTCはコードレス。


しかも、リチウムイオン電池なので「継ぎ足し充電」が可能です。


おまけに「インジケーター付」なので、減ったら使い切る前に充電しておくことが可能です。




ただ、定価が7万2千円と、ちょっとお高め(-_-;)


実勢価格でも4万円は切らないでしょう。


発売されたばかりということで、ネットをググってもレビューはまったく見つからず。


う~ん、欲望のままに「人柱」覚悟で買っちまうか!!!




ポチっと逝ったらまた報告します(笑)













AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

茗荷谷で降りて


オーダーキッチン「ekrea」へ行ってきました。







匠夫人が事前のやり取りをしてくれていたので


お店とはスムーズにやり取りが出来ました。




さぁ、どんなキッチンの見積もりが出るのか、楽しみですね。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京ガスのショールームへ
『床暖房』の体験に行ってまいりました。
戌夫婦のマンションで『電気床暖房』は体験していたのですが
戌夫婦曰く『電気代が大変…』という
レビューを頂いていたので
ガスも検討してみることになりました。

ネットでのレビューは賛否両論あり
正直、あまり参考にはなりませんでした。
勉強すればするほど、よく分からん(笑)
ということがよく分かりました。

ただ、初期投資に関しては『ガス床暖房』の方が
コスト高だということは分かっています。

実際にショールームに行ってみると
販売員の方からは驚愕のアドバイスが。

『私の考えですが、床暖房は要りません』

思わず耳を疑う発言。

よくよく話しを聞けば、一日中部屋に居るのか否か。
小さな子供が居るのか否か。

ここが重要なポイントになるとか。
つまり、床暖房はそれは革命的な器具ではあるけれど
それを使う住人のライフスタイルが果たして床暖房を導入するのに相応しいかどうか。
『共働き』『子供居ない』というウチのライフスタイルには必要ないのではないか?
という販売員のアドバイスだったのです。

確かに立ち上がりに時間が掛かる床暖房は
それこそ朝の忙しい時間などは輻射熱で暖まった頃には家を出ているだろうし…。

では販売員は、『暖房するな』と言っているのか(笑)
いえいえ、そうではなく
『ガスファンヒーター』を激しく勧めてきたのです。
リフォームなどでは各部屋にガスの配管を敷設するのは大変だといいます。
しかし、うちのように新築で設計から家を建てる場合は配管その他、自由にやりたい放題なのだから、予め各部屋にガスの配管を敷設して
使う部屋にだけガスファンヒーターを設置することを強く勧められました。

確かに、灯油ファンヒーターのように
灯油の買い出しも、給油も必要がなく
スイッチオンで5秒後に温風が出るのは魅力です。

販売員の方も実際に床暖房の検討から入り
ショールームなどを見て回り、最後はファンヒーターに落ち着き、今現在も床暖房を入れなかった事に後悔は全くなく、寧ろ、ガスファンヒーターで良かった、という気持ちが強いようで
商談の序盤で、我々のライフスタイルを確認するとガスファンヒーターを強く勧めてきました。

またランニングコスト的にもガスファンヒーターは、床暖房に比べてかなり優位なようです。

というわけで、我が家は床暖房を棄てて
ガスファンヒーターにかなり傾きつつあるのが現状です。






Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

先般の大雪で、慌てて除雪グッズを買いに行った方も多いと思います。


私もその一人ですが、皆さんは無事に買えましたか?




今日は定期健診のため病院へ。


血液検査の結果、特に問題はないとのこと。


懸案だったLDLの数値も下がり、一安心です。




ここで”朝昼兼用”のブランチ。


たまたま、目に付いた「王将」へ入りましたが


西白井店は店舗面積が広い上に、メニューが多くてビックリ。


全てのメニューに目を通そうとした我々は


注文までに10分以上かかりました(笑)



結局、私は「牛骨ラーメンセット」+「餃子半人前」







相棒は「天津飯セット」+「ニラレバ炒め」です。



相棒、共に、”減塩食事”に慣れて来たせいか、


塩辛くて仕方ない・・・(汗)  チャーハンもラーメンも。


人間の味覚ってデリケートに出来ているんだと実感しました。




さて、ホムセンめぐりは、


カインズに始まり、コストコ、ジョイフル本田、デイツー2軒と


5つも店を回りましたが、スコップなどの除雪グッズはどこも在庫ゼロでした。


まぁ、今年はもう降らないということにして、落ち着いたらいいものを買おうと思います。


皆さんは、どんなスコップを使っていますか?


お勧めの除雪グッズがあったら、教えて下さい。




いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

左右にそれぞれバッテリーを付けた状態で


一般的なウィンターグローブと重量を比較しました。


”ほぼ倍”といったところですね。




ただ、バッテリーの収納場所は手首の付近なので


ある意味”マスの集中化”の効果で、思ったより重量を感じません。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。