「予兆」

テーマ:

く~る きっと来る~ きっと来る~♪






貞子 「こりゃホンマに何か来ますわ、奥さん。」

伽耶子 「ホンマでんなー。オリンピックも終わって、ぼちぼち始まりそーでんなー。」







ドイツ、冷戦後初の民間防衛計画を導入へ 国民に食料・水備蓄奨励
http://www.afpbb.com/articles/-/3098287
【8月22日 AFP】
ドイツ政府は、東西冷戦の終結後初めてとなる民間防衛計画を今週承認する見通しだ。
計画の下、国民は数日分の食糧や飲料水の備蓄などが求められることになる。
21日付の地元日刊紙フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)が報じた。

計画では軍に対する民間の支援を優先事項とし、建築物の防災力強化や医療制度の拡充も図る。24日に政府が承認する見込みという。

FAZが引用した計画の一節では「従来型の防衛を必要とするようなドイツ領土に対する攻撃の可能性は低い」としながらも、「将来的に除外することのできない、存在が脅かされるような展開に対する十分な備えが必要だ」と指摘。
また市民に対しては「10日間分の食糧」や、1人当たり1日2リットル程度とみられる「5日分の飲料水」の備蓄が奨励されるとも記している。

内務省報道官はAFPの取材に対し、アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相の内閣が計画を承認する方針であることは認めたが、計画の詳細や同紙報道に関する言及は避けた。




独FAZ紙:戦時には食料与えないとドイツ人に声明
http://jp.sputniknews.com/europe/20160823/2677046.html
冷戦後初めてドイツ内務省は新たな国防コンセプトを提示した。
ドイツのフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙が報じた。
コンセプトの中で、ドイツ市民には、同国領内への武力攻撃が起こった際に備え、自ら食料と飲料水の備蓄を蓄えておくようにとの指示がなされているという。

同紙は次の質問を投げかけている。
「もし明日戦争が始まったら、どうする?」

新コンセプトによると、武力攻撃や自然災害の場合、ドイツ市民は自力で食事の面倒を見ることを余儀なくされると、同紙はまとめている。
フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙が手に入れた書類には、ドイツ市民には「10日間の自らの食糧備蓄を蓄え」、5日間の十分な飲料水を維持するよう指示されている。




表のニュースで「戦争注意」を促すってことは、

「金融崩壊注意」「旧システム崩壊注意」ってことか?

それとも新たなテロでも?


日本でも有事向けの都知事や防衛大臣を無理やり配置したし、

その兆しもチラホラ出てるので全くないとも言い切れないな。


【緊急警告】史上最悪の“スーパーテロ”が間近!? 米国防総省で650兆円の使途不明金発覚、9.11前夜と全く同じ事態が進行中!
http://tocana.jp/2016/08/post_10676.html


クリントン氏のメール問題、連邦地裁が新文書の公開指示
http://www.cnn.co.jp/usa/35087845.html?tag=cbox;usa
問題の文書データはFBIから国務省へ引き渡されている。地裁は保守系の行政監視団体「ジュディシャル・ウォッチ」からの請求に基づき、国務省が9月23日までにこの文書を見直し、公開日程を決めて報告するよう言い渡した。文書の中に含まれているメールの数は明らかでない。


(原田武夫氏 9月21日国際的な災害が起きる説)
“X-Day” is September 21, 2016.
https://takeoharada.com/2016/08/14/x-day-is-september-21-2016/
そのイベントは欧州で。
ユーロに対して日本円が急騰する・・とまで言われているということは、
そういう計画が予定されているということか?



インターネットシステムも10月から統合される予定だと。

アメリカ合衆国がネット支配権を譲渡するって、USA終了のお知らせ?


世界のインターネットがワンワールド・システムで管理されます。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51991987.html?frm_id=v.mypage-external-service--article----1
10月1日から世界のインターネットが1つに統合され管理されることになるそうです。

アメリカ合衆国がかつてないほど変容しています。

2016年10月1日に、アメリカ合衆国は、インターネットの支配権をICANN(インターネットに譲渡します。




宇宙情報では、9月26日から地球の気温が急激に低下するらしい。。


気温の急激な低下 2016年8月22日
http://www12.plala.or.jp/gflservice/EarthTemperature160822.html
9月26日から突然太陽エネルギーの放射が低下し、地球上の気温は約40度C低下すると、別宇宙DEQUAHOMEIYASUの宇宙評議会から連絡がありました。
例えば関東地方の最高気温はプラス5度C、最低気温はマイナス20度Cになり、道路は氷結し、雪が降る、とのことです。
ヨーロッパの気温は常にマイナスで、地中海は氷結するそうです。
これは13000年のサイクルで太陽系がこの宇宙の中心部のエネルギーが極度に低い部分を通過するからで、来年6月までこの低温期間が続くそうです。





欧州を中心とした国際的災害とは、この急激な気温低下?










「えぇーーーっ!
今度は急に寒なるんやて~貞子は~ん」





「うちらこんな薄着しとる場合やないでーーーーーー!」


AD


ここ最近の、メディアが煽る新製品やニュース等は

まさに、”支配者が笑えと言えば笑い、戦えといえば戦う『無知の大衆』、『新しい奴隷』”作りのために

何らかの心理操作による統計とる実験でもしてるんじゃないかと思えてくるな。






「東方が巨大な実験の場になる」──「永遠の未成年者集団」の出現 by ヒトラーの予言

「未来の社会はどんな様相を見せるだろうか。同志諸君、申し上げよう。

まず闘争によって選りぬかれた貴族階級が現われる。新しい中産階級、無知な大衆、新しい奴隷、仕えるものの集団、『永遠の未成年者集団』があろう。そしてこれらすべての上に、さらに新しい貴族がある。特別の指導的人物である。

このように、支配をめぐる闘争によって、国の内外に新しい身分が成立する。しかも東方が巨大な実験の場になる……そこに新しいヨーロッパの社会秩序が生まれるのだ」(ラウシュニングに語った言葉)

(中略)

「よろしい、では解説してやろうハンス。私が言った未来に現われる『永遠の未成年者集団』というのは、もちろん、死ぬまで大人になりきれない人間たち、ということだ。

そんなことは、厳しい正常な社会ではありえない。だからそうなる背景には、甘やかされた異常な社会が当然ある。その中で、同じように大人になりきれない親に、愛玩動物のように育てられるため、子どもも成人しても真の大人になれないのだ。」


「しかしハンス、じつはそれだけじゃない。私が本当に言いたかったのは、そのことではない。

未来社会には、そういう『永遠の未成年者集団』が現われる一方で、幼いときから大人の思考と感情を持った人間たちも現われるのだ。信じられないだろうが、彼らは胎児のときからさえ、そのように教育される。5つか6つで一人前の理屈と判断力を備え、13、4歳にもなれば、並の大人を指揮するほどの力を持つようになる。

つまり両極端ということだ。肉体が大人で感情が幼児のようなグループと、肉体はまだ青春期にまでいかないのに、思考と感情が大人を超えるグループ……」


「しかもハンス、それは人間の発育状況だけじゃないのだ。人類と社会のあらゆることが、未来には、そのように両極端に分かれてしまうのだ。

たとえばカネだ。一方には腐るほど大量のカネを持ち、広く高価な土地を持ち、労せずして限りなく肥っていく階級が現われる。貴族とか新しい中産階級とか言ったのはその意味だ。

だが少数の彼らが現われる一方、他方の極には、何をどうやっても絶対に浮かび上がれない連中も現われるのだ。

それはカネだけの問題でもない。より正確にいえば、精神の問題だ。

限りなく心が豊かになっていく精神の貴族、精神の新しい中産階級が現われる半面、支配者が笑えと言えば笑い、戦えといえば戦う『無知の大衆』、『新しい奴隷』も増えていくのだ。」



「人間だけではない。国もそうだ。恐ろしく豊かな、労せずして肥っていく国が現われる。他方、何百年かかっても絶対に払いきれないほどの借金をかかえ、水一杯すら容易に飲めない国も現われる。

気候もそうだ。とほうもない旱魃(かんばつ)や熱波におそわれる国と、寒波や洪水におそわれる国が出る。災害におそわれつづける地域と、楽園のような地域、人っ子一人いなくなる荒地と、無数の人間が鼻をくっつけ合って生きる都会とに分かれる。

愛もそうだ。特定の男女にだけ、愛と肉体の快楽が集中する。一方、一生に一度の真の愛も快楽も得られない男女も増える。要するに、土地や金や支配力を得る者は、ますますそれを得、支配される者はますます支配されるだけになる。そうだハンス、それが未来なのだ。私の見た未来だ。未来はそうなるのだ……」


--------------------------------------------------




>とほうもない旱魃(かんばつ)や熱波におそわれる国と、寒波や洪水におそわれる国が出る。


ホントに出てるなぁ。


米カリフォルニア州、山火事で非常事態宣言 8万2000人が避難
http://www.afpbb.com/articles/-/3097774?cx_part=popin
カリフォルニア州は記録的な干ばつが5年目に入っており、現在も異常な熱波に襲われている。サンフランシスコ(San Francisco)の北160キロメートル辺りでも13日以来山火事が続いており、これまでに16平方キロメートル以上が焼け、建物175棟前後が破壊された。

ポルトガルの広範囲で森林火災、観光地の島でも250人避難
http://www.afpbb.com/articles/-/3097085
一方、ポルトガル北部では気温が35度に達し、森林火災は発生から4日間、燃え続いている。

南仏マルセイユ近郊で山火事、1000人超が避難
http://www.afpbb.com/articles/-/3097160



ルイジアナ州洪水、「サンディ」以来最悪の被害 米赤十字
http://www.cnn.co.jp/usa/35087742.html?tag=cbox;usa

中国の洪水は同国史上3番目の被害規模に拡大中。3000万人以上が被災
http://earthreview.net/china-worst-flood-since-1998/

豪雨で洪水や土砂崩れ相次ぐ、ネパールとインドで死者90人超
http://www.afpbb.com/articles/-/3095639



>災害におそわれつづける地域と、楽園のような地域



地震の次は、台風か。

日本に3つの台風が迫る:被害は全国に及ぶ恐れ</font>
http://jp.sputniknews.com/japan/20160820/2666336.html


ほう。

3つ同時に日本列島に到達し、それぞれの進路はバラバラでまんべんなく列島を通り抜けるのか。






8月1日の、怪しい緊急地震速報の誤報時には、実際にコンパスが動いていたという話もある。

ひょっとしたら、ひょっとしてたのかもしれない。。








「何かの力」によって回避されたのだろうか?



また、「何かの力」は、そろそろ「消える巨額マネー」の行方もあぶり出していくのだろうか?



福島第一の凍土壁、凍りきらず 有識者「計画は破綻」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160818-00000085-asahi-soci


【2013年】原発「凍土壁」は巨額の実験??~廃炉ビジネスで稼ぐ鹿島建設
http://www.data-max.co.jp/2013/10/09/post_16455_ymh_2.html
「凍土遮水壁」に汚染水漏洩の恐れがあるなど技術的に未確立なまま、国は320億円の建設費用を投じようとしている。10年以上という長期間の運用実績もなく、いわば実証実験的な建設プロジェクトであり、巨額の税金を投入した「モグラ叩き」、壮大なムダ遣いになりかねない。


壮大なムダ遣いになっちゃったよ。。

最初から、やってもムダってことはわかってたんじゃないのか?


そして、移設する普天間基地にもまた数十億かけるとな。

日本政府、移設するはずの普天間基地を補修へ
http://jp.sputniknews.com/japan/20160819/2663552.html
防衛省は、今回の補修工事は将来の基地閉鎖を退けることにはつながらないと説明している。
米国は老朽化する基地の使用上の安全を確保するために補修工事を要請している。
共同通信の報道では補修工事費は政府予算から出され、数10億円に上るとされている。




日本は事実上「ヘリコプターマネー」を使用している
http://jp.sputniknews.com/japan/20160819/2664551.html?utm_source=https%3A%2F%2Ft.co%2FtBjIZ3bFW3&utm_medium=short_url&utm_content=bXau&utm_campaign=URL_shortening
元内閣官房参与で安倍首相の側近である本田悦朗氏によれば、日銀は日本政府の発行する30兆円分の債券を購入している。
ある意味では、「ヘリコプターマネー」と同じ効果をもつ行為だという。
一部のエコノミストは、「ヘリコプターマネー」がハイパーインフレと通貨の制御不能な切り下げを誘発する可能性があることを危惧している。




あんまり無茶苦茶やってると、原発同様に制御不能になるだろうに。


もうほぼなってるのかもしれないが。



【緊急警告】史上最悪の“スーパーテロ”が間近!? 米国防総省で650兆円の使途不明金発覚、9.11前夜と全く同じ事態が進行中!
http://tocana.jp/2016/08/post_10676.html
先月26日、米国防総省(ペンタゴン)の監察総監室が公表した監査報告「6.5兆ドル(650兆円)の使途不明金」に衝撃が広がっている。当初、問題の監査報告に大きな危機感を表明したのは、各国のオルタナティブメディアや陰謀論者たちに限られていた。しかし、事の重大性が明らかになるとともに、現地では次第に「極めて恐ろしい事態の前触れではないか」との声が高まりを見せている模様だ。

■ペンタゴンの監査報告に異変

本題に入る前に、まずは米国における監察官制度について簡単に説明しておく必要があるだろう。国防総省をはじめ、国務省や商務省など各連邦政府機関には、独立かつ客観的な監督機関として監察総監室(Office of Inspector General、OIG)が設置されている。これは1978年に連邦監察官法が成立したことによるもので、無駄や権限乱用の防止、効率性の推進などに主眼を置くものであり、各連邦政府機関に対するチェック機能を果たす存在といえる。

そして今回、ペンタゴンに設置された監察総監室が、同省における2015年の財務諸表を審査。その結果を7月26日に報告したが、そこになんと「6.5兆ドル(約650兆円)という巨額の使途不明金がある」事実が記載されていたというのだ。この報告はオンライン上でも公開されているが、確かに「6.5兆ドルという額に対する裏づけが十分ではない」との文言を見て取れる。

世界最強の軍事力を誇る米軍が、地球上のほとんどすべての戦場に軍人を派遣し、数多の作戦を遂行していることは今さら指摘するまでもない。これまでペンタゴンが監察総監室の審査に対して非協力的姿勢を貫けたのは、決して表沙汰にできない極秘ミッションがあることが暗黙の了解だったからだろう。しかし、今回の額はケタ違いだ。米国家予算(350兆円)をはるかに上回る650兆円という額の使途不明金である。ペンタゴンで尋常ならざる事態が進行しているのではないか、と疑わないほうが不自然というものだろう。




米、もう瀬戸際だな。


米同時多発テロから15年、5400人ががん発症
http://www.cnn.co.jp/usa/35087500.html?ref=rss


医者、クリントン氏に恐ろしい診断を下す
http://jp.sputniknews.com/us/20160819/2664843.html
マスコミはお互いをさえぎりあいながら、クリントン氏の医療データを複製している。
フォックスニュースがいわくクリントン氏の病歴からの抜き出しだと言い、次のように報じている。
「患者は2012年12月初めに発生した脳震盪の余病をわずらっている、患者には記憶喪失、手に負えない発作、意識の混濁が頻繁になっている。患者にはすでに「複雑部分発作」の診断が下された


クリントン氏、私用メールはパウエル氏提案と証言=NYT
http://jp.reuters.com/article/usa-election-clinton-fbi-idJPKCN10U0T4
16日に連邦捜査局(FBI)が議会に提出した文書で明らかになったという。
文書には、3時間超にわたるクリントン氏聴取の詳細が記されていた。



ハッキングされたメールからヒラリーがソロスの助言に従っていることが判明、侵略やTPPに執着か
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201608200000/



まぁ、ヒラリーおばちゃんも操り人形なんだろうけど。。

そろそろ噂どおり、ホントに捕まっちゃうのかもしれないな。



ロシアとトルコにドル廃止の可能性
http://jp.sputniknews.com/business/20160816/2646678.html

専門家はみな米株式市場が崩壊すると警告しています。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51991668.html


ロスチャイルド卿「人類を対象にしたグローバルな金融実験が行われている」
http://jp.sputniknews.com/business/20160817/2652664.html
「すでにここ数年、人類は、世界の中央銀行が行っているグローバルな金融上の実験という条件下で暮らしている。中央銀行は『空中から』記録的な量の紙幣を印刷し、歴史上最低レベルまで金利を下げた」
「中央銀行のトップ達は、世界の歴史上、文字通り最大のマネタリー実験を続けている。それがどんな結果をもたらすかは、予見不可能だ」





これはマジで年内に来そうだな。




しかし、日本やアメリカの巨額マネー、使途不明金は一体どこへ消えたんだろうね。


まさか、こういう秘密の実験に使ってたりしないよね?













あっちとこっちにこう行くニャ…


AD

目を開いたキリスト像

テーマ:


☆今日のメモφ(.. )


これも心霊現象の一種なのだろうか?

数年前には、ロシアとウクライナの聖像が涙を流していた。


聖像が涙を流す時
http://ameblo.jp/0405ryu-i-s3017/entry-11790769768.html


今度はメキシコのキリスト像が目を開いたと。。これまた興味深いな。




【衝撃動画】キリスト像がギロリと両目を開いた! 聖職者や専門家がこぞって奇跡認定=メキシコ
http://tocana.jp/2016/08/post_10630_entry.html
■目をパチクリ見開くキリスト像

問題の映像はメキシコ・コアウィラ州のサルティージョ教会で、同教会の信者により撮影されたそうだ。撮影時期は6月とされているが、今月に入りメキシコの超常現象研究サイト「Adimensional」が映像を公開すると一気にネット上で話題に。





聖像がまばたきをするのは、これだけじゃなく、世界各地でも起こっているようだ。




まるで生きてるような眼差しで突然瞬き?






これはマリア像?目を細めたり閉じたり。。。






目と口が動いて・・・??一緒に歌ってる?






動くはずがないと思いこんでいるものが動く。

時には掛け軸の絵が動いたり。。






人形の髪が伸び続けたり。。






これらの現象は、何らかの霊体(エネルギー体)が物質に憑依することで起こるのだろうか?



そういえば、瞬きをするミイラもあったな。







これだけの激しい現象を起こせるのだから、瞬きくらいはお茶の子さいさいなのだろうな。

見えない存在たち、絶賛アピール中♪





AD