新時代のトレンド

テーマ:

 

最近、やたらとリアルどこでもドア(ポータル)があちこちで目撃されるようになり

これからの新時代のトレンドになりそうだ。

重~い鉄の物体を化石燃料で動かすような旧い移動方法は、もう廃れるしかないだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

最近の激しい雷は、こういう得体のしれない何かが起こしてるんじゃないかと思うほど異常だね。

 

 

 

落雷による死者、2日間で93人 インド

http://www.afpbb.com/articles/-/3091328

 

 

 

 

こういう得体のしれない「何か」に備えるためなのか、「宇宙軍」関係の法案が可決。

 

 

 

米で「宇宙軍」に向けた動き、下院が創設条項含む法案を可決

http://www.afpbb.com/articles/-/3135855

 【7月15日 AFP】米下院は14日、現在は空軍にある機能の一部を独立させて宇宙軍(Space Corps)を創設する条項を盛り込んだ国防授権法(National Defense Authorization ActNDAA)案を可決した。

ドナルド・トランプ政権は、軍の組織構造をもう一段階増やす必要はないとしてこの宇宙軍創設に激しく反対しているが、宇宙軍創設支持派や一部の議員は、米軍が保有している宇宙アセット(装備品など)や米軍が人工衛星に強く依存している現状を考えると、こうしたものを防護・監視する独立した軍種が必要だと考えている。

 しかし上院のNDAAには同様の条項は盛り込まれておらず、宇宙軍がすぐに設置される情勢ではない。

 ジェームズ・マティス国防長官は今週、宇宙軍創設反対派のマイケル・ターナー議員に送った書簡の中で「今は軍の合同戦闘機能を統合しようとしているところであり、私は独立した軍種の新設を望んでいない。そんなことをすれば宇宙における軍事行動に対する視野を狭め、偏狭的とさえいえるアプローチにつながるだろう」と述べた。「私が諸経費を削減しようとしているときに組織を新設するというのは時期尚早だ」

ヘザー・ウィルソン空軍長官も宇宙軍に反対していると議員らに表明した。

 それでも宇宙軍創設をめぐる動きは、米軍が戦争の多くの側面で宇宙に大きく依存している事実を浮き彫りにしている。多くの軍事技術には地球測位システム(GPS)が組み込まれており、必要不可欠な情報が各種センサーと軌道上に浮かぶ人工衛星のネットワークによって継続的に収集されている。(c)AFP

 

 

 

と同時に、旧体制も急速に終わるのか?

 

 

マケイン上院議員、悪性の脳腫瘍と診断

https://headlinhttp://www.afpbb.com/articles/-/3135855es.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000006-jij_afp-int

 

仏軍トップが辞任、国防予算削減巡り大統領と衝突

http://jp.reuters.com/article/france-politics-defence-idJPKBN1A502S?utm_campaign=trueAnthem:+New+Content+(Feed)&utm_content=596ffc60c7606d00073bc0ec&utm_medium=trueAnthem&utm_source=twitter

 

ロヒンギャなどの人身売買に関与、軍幹部ら62人に有罪判決 タイ

http://www.afpbb.com/articles/-/3136322

19日に有罪判決を受けた62人の中で最も高位の陸軍中将マナス・コンパン被告は、複数の人身売買の罪などで禁錮27年を言い渡された。タイでは、軍幹部が収監されることはおろか、裁判にかけられることも非常にまれ。

 

 

あのネタニヤフ氏も、現在4つの汚職事件で追及されているという。

 

 

Is Netanyahu in Trouble? The Four Corruption Cases Surrounding Israel's Prime Minister
http://www.haaretz.com/israel-news/1.801755

 

 

そして、日本にも迫り来る。。

 

 

陸自幹部指示、2月にデータ消去

http://jp.reuters.com/article/idJP2017072001000667?utm_campaign=trueAnthem:+Trending+Content&utm_content=59701de004d3016ef2f3405a&utm_medium=trueAnthem&utm_source=twitter

 

 

監察本部が稲田防衛相を聴取

https://this.kiji.is/261064104262338041?c=39550187727945729

稲田防衛相は、日報隠蔽問題を巡る特別防衛監察について、約1時間、防衛監察本部の聴取を受けたと明らかに。

 

 

 

 

 

 

トランプ大統領はCIAがシリアのISに武器を提供するプログラムを終了したと。

 

Trump Halts US Program Of Arming ISIS In Syria – Media Blackout

http://yournewswire.com/trump-halts-arming-isis-syria/

 

 

そして、極めつけはこれだな。

 

CIAエージェントは、臨終上で告白「 我々は9・11 で WTC7を爆破」

http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/2cf5fca28dc79df81321c3022b3e87d4

 

ハワード氏は、世界貿易センター7、9/11 で破壊された3番目の建物の "制御解体" に関与していたと主張している。

 

[ジョンケリーは wtc 7 が制御された解体によってもたらされたことを是認する]

 

 

 

 

 

ようやく陰謀論が「論」じゃなくて事実だったということが周知されるようになってきたか。

そして、UFOやETや超常現象等がオカルトじゃなくて事実だということも周知される時代になるのか?

そっちはまだ早いかな。。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

 

秘密の宇宙軍事部門が新設されると同時に、

火星のコロニーも本格的に基地化されるんだろうか?

 

しかし、火星にまで原子炉を設置とは、火星の住人の許可は得たのかいな?

 

 

NASAは火星に原子炉を設置する。いくらかかるのか?そして、果たして安全なのか?【写真】

https://jp.sputniknews.com/science/201707053844446/

NASAは今年9月、火星での使用を見込んだ原子炉のテストに入る。英紙インデペンデントが報じた。

小型原子炉は「Kilopower」プロジェクトの一環で作られる。標準的な装置の発電量は10キロワット。高さは2メートル以下。

8人の宇宙飛行士の住む火星基地のためにはこのような原子炉が4台必要だと見られる。同装置は、太陽光がない場合にエネルギーを供給するためのもの。NASAがパートナー2社と共同で行っている同プロジェクトには1100万ドルの予算が充てられた。

この、ピアノと同じくらいのサイズの原子炉の安全稼動の鍵は、この原子炉で主に用いられるのが、温度上昇に耐え切れない、ジルコニウム水素化物であることだ。であるから、もし原子炉が予定外の動きをしたならば、ジルコニウム水素化物は臨海値まで熱せられ、ジルコニウムと水素に分裂する。その後、ウラン分裂は自然な形で終了する。

 

 

【ガチ】NASAが火星に「原発」を建設予定であることが発覚! 火星植民地化に向け、2カ月後に実験開始!

http://tocana.jp/2017/07/post_13758_entry.html

■火星に核分裂炉を建設する目的とは?

 今年3月、米大統領ドナルド・トランプ氏が「2033年までに人類を火星に送り込むよう指示する法案」に署名したこともあり、この度NASAが有人火星探査に向けた具体的なプランの1つを公開。なんと、火星でのエネルギー問題を解決するため、ウラン原子を利用した「核分裂反応炉」の火星での運用を目指し、今年中に実験を開始するというのだ!

 英紙「The Independent」(7月2日付)などによると、有人火星探査を実現する上で最も重要な課題はエネルギー発電であり、NASAの技術部門では、過去3年間にわたり「小型核分裂反応炉開発計画」を温めてきたという。そして、遂に地球でのテスト運用を今年9月から2018年1月にかけて実施するということだ。

 

 

 

最近、砂埃でほとんど埋もれていた火星探査機スピリットが、

急にピッカピカになってたらしいし。

着々と準備は整っているようだ。

 

 

誰かが火星探査機を掃除している?

http://ameblo.jp/rakuouyotimu/entry-12290110596.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----rakuouyotimu_12290110596

 

 

 

しかし、地球の凡人人類が火星に進出して、一体何をしようとしているのだろうか?

何かと戦おうとしているのか?

 

こういうのと?

 

 

 

凡人人類が宇宙に出て戦おうなんて考えるのは、

竹やりを持った原始人が一人で機動戦士ガンダムに向かっていくくらい無茶なことだろうな。

 

 

【ガチ】「UFOを撃った後、23人が瞬時に石にされた」CIA公式文書で発覚! ソ連兵が5体の宇宙人に襲撃された衝撃記録!

http://tocana.jp/2017/07/post_13824_entry.html

1991年、ソ連最後の最高指導者ミハイル・ゴルバチョフが失脚、ソ連は崩壊した。それに伴い、KGB(ソ連国家安全委員会)が保有していた機密資料が、CIA(米中央情報局)に流出したとされているが、なんと、その中に“ソ連兵が石に変えられた”UFO遭遇事件の報告書が紛れ込んでいたというのだ! 同文書は、CIAの公式ウェブサイトでも閲覧可能だ。まずは事件の詳細を見てみよう。

■宇宙人が融合して爆発、兵士が石に

同文書によると、シベリアで訓練中のソ連軍部隊の頭上に、低空で飛行する円盤型の宇宙船が突如出現。理由は不明だが、部隊は地対空ミサイルでこれを撃墜した。すると、墜落した宇宙船から “巨大な頭と巨大な目”を持つ5体の小型ヒューマノイドが出てきたという。

 これを目撃した2人の兵士は、5体の宇宙人は瞬く間に1つに融合し、球体に姿を変えてしまったと証言している。キーンと鋭い音をたて、明るく輝きだしたかと思うと、わずか数秒後には、球体は急速に膨張し、非常に強い明かりを発しながら爆発。それを目撃していた23人の兵士は瞬時に石と化してしまったというのだ! 証言を残した2人の兵士は偶然にも物陰に隠れており、難を逃れたという。

 

 

 

ギリシャ神話に出てくるメドゥーサも、目を見た者は石に変えられるのだった。

そんな技術を持ったレプテリアン種族の宇宙人だったのかもしれない。

 

 

 

 

火星にノコノコ進出して、石に変えられないように(。・ω・)ノ゙

 

 

 

 

それにしても、最近地球の異変は年々大きくなってきている。

 

 

あの大きくひび割れしていた南極の氷棚も、とうとう分離したようだ。

 

 

 

南極から最大級の氷山分離  三重県ほどの大きさ

https://this.kiji.is/257878861896187905

 

 

 

 

 

 

世界中の火山は活動を活発化し、集中豪雨や洪水被害もあちこちで拡がっている。

ポールシフトに、アポカリプティックサウンドに、シンクホールの増大。

やはりNASAは何か知っていて、いろいろと準備しているのだろうか?

 

 

 

 

大分空港、滑走路を閉鎖 工事で不具合、復旧めど立たず

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000010-asahi-soci

 

隆起・・・

 

地割れ・・・

 

シンクホール・・・

 

 

鹿児島に世界最大級の石油備蓄基地があったとは知らなかった。

 

震度5強 世界最大級の石油備蓄基地 被害確認されず

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170711/k10011053851000.html

震度5強の揺れを観測した鹿児島市にある世界最大級の石油備蓄基地「JX喜入石油基地」の社員によりますと、これまでのところ設備などに被害は確認されていないということです。

 

 

ベンジャミンの言う、九州の地下兵器備蓄拠点てどこにあるんだろう。

あまりにも全域が揺さぶられててわからないね。

 

フルフォードレポート英語版(6/26)

http://fanblogs.jp/jicchoku/archive/79/0

・・・

近年、日本には未来の秘密の技術のある種の物が配備されているのは間違いがない。日本の九州の地下兵器備蓄拠点は最近、ある種の秘密兵器によって破壊された。また、福島周辺の放射線は、未確認航空機が福島地域を飛行した後に、完全に消えたと、日本軍情報部門は言う。

・・・

 

 

超絶バレまくり~種子島Xバンドレーダー気象操作

 

http://ameblo.jp/atom-green-0201/entry-12290729665.html

 

 

 

 

 

しかしまた、何で今頃「ヒアリ」なんだろ?

あんなちっちゃいの、昔から相当入ってきててもおかしくないだろうに。。

 

 

 

 

コンテナ衝突事件があってからすぐに「強毒ヒアリ」の件が浮上。

あんなちっちゃいのが次々と見つかる?

だったら毒グモとか毒蚊とか毒ダニとか毒何とか・・も一緒に入ってきててもおかしくないだろう。

本当に見つかってるのかどうかは知らないが。。

 

 

本当は裏で何か別の重要なものの密輸でも監視強化してるんだろうか。

例えば金塊とか、偽札とか。。

 

遂に偽札「アメリカ製円」が、国内に流通!!

http://ameblo.jp/zeusu69/entry-12292420834.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----zeusu69_12292420834

日本から、取り足らずにとうとうアメリカで「アメリカ製円」を大量に刷り始めましたぞ!!

  これは「極秘情報」です!!

・・・

中国の「海南島」を中継基地として、40フィートのコンテナ―に1,200億円を詰め込み海路を日本国の某港に運び込み陸上を運び、福岡県福岡市と東京都府中市の「秘密の地下金庫」に運び込み中国からの観光客たちに渡して、爆買いさせているようです!!

・・・

 

 

 

 

芸能人夫婦の、どーーーーーーーーーーーーーーーでもいいスキャンダル報道の裏では、

宇宙戦争と金融テロ勃発ちゅうなのだろうか?

 

 

 

 ほっとけよ!

 

 

AD

 

いいね、ぜひ公表してちょ(°∀°)b

 

 

アノニマスが「NASAはまもなく異星人の存在を公表する」と発表

http://karapaia.com/archives/52241508.html

国際的ハッカーグループのアノニマスが、NASAがまもなく異星人の存在を公表すると主張する動画をリリースした。
アノニマスのものと主張される非公式のユーチューブチャンネルに投稿された動画では、陰謀論系サイト「Ancient-Code.com」から抜粋した3つの記事が読み上げられる。

 

 

 

 

 

 

最近火星で、もうどうにもごまかしようのないくらいの完璧なUFOが写り込んでいたし、

こりゃぁもう「ぶっちゃけるしかないな」・・・って感じになってきたか?

それとも、公表せざるを得ない事態が迫っている?

 

 

 

【画像アリ】火星画像に「完璧な円盤型UFO」が写り込む! しかしNASAは“不可解すぎる理由”で削除…深まる謎!

http://tocana.jp/2017/06/post_13611_entry.html

今月12日、NASA火星探査機「マーズ・サイエンス・ラボラトリー(通称:キュリオシティ)」によって撮影された画像が、何の説明もなく即座に削除されていたとのニュースが飛び込んできた。削除された画像にはUFOの姿が写り込んでいた可能性も浮上し、UFOコミュニティで大きな話題になっている。

 

 

 

これは、どう見ても岩が削られて自然にできたものじゃないな。。(笑)

 

 

 

ここまで鉄鋼感あふれる物質物質した作りだと、やはり地球製っぽくも見える。

 

マッハの超速で火星までひとっ飛びなのだろうか?

 

 

 

 

 

 

それとも、どこでもドア方式で瞬間移動できるのか?

 

 

 

 

 

このリアルどこでもドアに限らず、近年ワームホールの目撃情報も増えている。

 

 

米カリフォルニア州北部ストックトン上空の厚い雲の層の中に、まるで天から照らされているような不思議な穴が現れた。

https://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/news/2014_05_14/272351805/

 学者たちはまだこの現象についてコメントできずにいる。

 写真はこちらから:http://earth-chronicles.ru/news/2014-05
 

 

 

これは、突然ワームホールから現れたキューブ型UFO(アメリカ)

 

 

 

 

 

アメリカで秘密の宇宙軍事部門が新設されます!

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52010308.html?frm_id=v.mypage-external-service--article----4

・・・

アメリカでは、潜水艦部門も米海軍と分離されています。潜水艦は海軍の指揮下で活動していません。潜水艦がベンガジのクーデターを試みた後にオバマは全隊員を処分しようとしました。オバマは77艦或いは88艦の潜水艦に核兵器を搭載しようとしました。潜水艦部門はオバマ政権からアメリカを守ったと言えます。

・・・

 

 

やはり、近年多発している空や海の不可解な事件・事故には、

現在の人類の常識を超える「何か」、もしくは「技術」が関与している可能性も否めないな。

 

光の柱に謎の輪っか、これらもその「何か」が関係してたりするのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

最近、フランスで巨大なクロップサークルが出現していた。

 

 

Huge crop circles appear overnight in French field

https://www.connexionfrance.com/French-news/Huge-crop-circles-appear-overnight-in-French-field

 

 

 

 

この形の意味するものは何なのだろうか?

 

 

星の配列?

 

 

 

 

 

 

 

新たな惑星の存在を示しているのか?

 

 

 

9番目の惑星の存在を示す証拠が発見された 

 by Emily Calandrelli (@TheSpaceGal)

http://jp.techcrunch.com/2016/01/21/20160120astronomers-find-evidence-of-a-ninth-planet/

カリフォルニア工科大学(Caltech)の天文学者2人が、太陽系に9番目の惑星が存在する証拠を発見した。確認されれば、われわれの知る太陽系のモデルを変えるものになるかもしれない。

提唱された惑星はまだ直接画像化されていないが、他の既体物体に対する重力の影響から、天文学者はその存在を検知し、性質を特定することができる。

天文学者らがプラネットナイン[Planet Nine]と呼ぶこの天体は、質量が地球の約10倍で、直径は地球の2~4倍である。その大きさは、太陽系で5番目に大きい惑星に相当する。

この惑星が独特なのは、その大きく引き延ばされた軌道が、太陽系の他の惑星とは異なる方向に「面して」いることだ。軌道は非常に長く、プラネットナインが太陽を一周するには1万年から2万年かかるだろう。

発見者の一人である天文学者のMike Brownは、冥王星を惑星から格下げする証拠を提供した「冥王星キラー」として知られている人物であるのが興味深い。

Brownによると、新惑星の質量は冥王星の約5000倍だという。冥王星とは異なり、プラネットナインの重力影響は極めて強く、惑星として分類することに疑問の余地はない。

 

2014年、2人の天文学者、Chad TrujilloとScott Shepherdは、10以上の「カイパー・ベルト」天体がいずれも奇妙な特徴のある軌道を持つことを指摘する論文を発表した。極めて大きい重力を持つ何かが、これらの天体の軌道をわずかに「ずらして」ように見えた。カイパー・ベルトは氷状物質からなる円盤状の領域であり、冥王星等の準惑星を擁し、主要な太陽系惑星の領域外まで伸びている。

 

 

これらの軌道を説明するために、TrujilloとShepherdは、惑星の存在を示唆していた。

BrownとBatyginはこの説明に懐疑的だった。天文学者が説明できない何かを見つけた時、「エイリアン」がありえない可能性であるのと同じように、軌道の不規則性が発見された時、新惑星はありえない可能性である。

これを踏まえ、BrownとBatyginはその惑星理論の反証に取りかかった。2人の天文学者は1年半をかけてカイパー・ベルト天体の軌道異常を調査し、別の説明の提唱、検証を試みた。彼らは大量の未発見カイパー・ベルト天体の存在までもほのめかしたが、それは現在のカイパー・ベルトの総質量の証拠と一致しなかった。

他に理にかなう説明が見つからない中、ふたりは「非整列」軌道を持つ大惑星というアイデアを試みた。太陽に最接近する位置が、他の8惑星と正反対に位置する軌道だ。当初、この種の軌道はありえないと思われていた。

「この理論への自然な反応は『この軌道幾何学はあり得ない。長時間安定することはできない、なぜならこれによって惑星とこれらの物体は接近し最終的には衝突するからだ』」と、Batyginは言った。

しかしBrownとBatyginは、すべての軌道が正しく整列して衝突を防いでいることを発見した。時間と共に、ふたりの学者はプラネットナイン理論への確信を深めていった。

「優れた理論とは、説明しようとした物事を説明するだけで十分ではない。説明するつもりのなかった物事を説明し、検証可能な予想を立てられるべきだ」とBatyginは言った。

実際、不規則軌道を持つ既知の天体は、プラネットナインのシミュレーションと完璧に一致した。

プラネットナインの存在を確認する次のステップは直接画像を撮ることだ。難しいのは、ふたりは惑星の軌道は予言したが、惑星が軌道の〈どこ〉にあるかは知らないことだ。その位置によっては、これまでの天空探査では隠れていた可能性がある。見つからなければ、これは世界最大の望遠鏡の仕事になるだろう。

「是非自分で見つけたい」とBrownは言った。「しかし、他の誰かが見つけてもこの上なく嬉しい。それがこの論文を発表した理由だ。多くの人々がこれに刺激を受け、探し始めることを願っている」

今日の大きな発表を終え、次の競争は太陽系で最も新しい惑星の画像を誰が最初に撮るかになった。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook)

 

 

 

1950年代にも、新惑星の存在が金星人によって伝えられていたという。

 

 

【画像】発見された新惑星の存在は1950年代金星人によって人類に伝えられていた!?

http://rocketnews24.com/2016/01/21/697637/(より引用)

実はこの惑星の存在について、1950年代の人類にその情報がもたらされていたかもしれない。それも金星人からだ。作家・翻訳家・UFOコンタクティの益子祐司氏によると、1953年にひとりのアメリカ人に金星人の手紙が託され、そのなかに巨大惑星をうかがわせる内容が記されていたという。以下は益子氏による寄稿である。

 

・益子氏が想起した手紙

新惑星発見のニュースを目にした私は、即座にあるものを思い出しました。「太陽系の最も外側の位置に、巨大な惑星がある」ことを1950年代に異星人が象形文字のような手紙の中で伝えていたことを知っていたからです。その絵文字には12個の惑星が描かれていました。

象形文字のようなこの手紙は、自称UFOコンタクティのポーランド系米国人ジョージ・アダムスキーが1950年代に金星人から受け取ったとされるもので、その手紙の右上に太陽系の惑星が描いてあり、1番左の太陽から数えて2番目の惑星の下に矢印があることから、金星を示していることが分かります。そして全部で12個の惑星が描かれていて、地球ではまだ確認されていない3個の惑星も含まれています。

 

・アダムスキーについて

アダムスキーといえば、1952年にカリフォルニア州の砂漠に円盤で降り立った金星人オーソンとコンタクトをしたという体験記を発表して、世界的なUFOブームを起こした人物です。アダムスキー型円盤としてもその名前は知られていますが、彼が撮影したというUFO写真や8ミリフィルムは偽造であることが明らかとなっていますので、彼の主張も作り話であったのだろうと現在ではみなされています。

筆者(益子)も、彼の写真とフィルムも綿密に検証した結果、偽造であることは間違いないという結論に達し、また彼の「金星旅行」や「土星旅行」の体験記も、当時に彼と行動を共にしていた人物への取材等によって、作り話であろうとの結論にいたりました。

 

・すべてがウソではない?

 

しかし、それをもって、アダムスキーのコンタクト体験は全てウソであると決め付けるのは早計であるとも考えています。なぜなら、アダムスキーや、同時代に彼と同じ型のUFO映像を多数撮影したニュージャージー州のハワード・メンジャーは、コンタクトの直後に、政府機関の接触を受け、UFOと異星人に関しては、政府の了承と提携のもとに、情報の公開をするように協力要請されていたことが判明したからです。

つまり、UFOに関する鮮明な映像や、月面で撮影された基地の写真等については、公開を禁じられていており、本物の映像に代わるもの(偽造写真)を政府によって提供されていた可能性も高いのです。

 

・金星人女性と手紙

 

先に紹介した象形文字の文書の内容は解読されたことがありませんでしたが、その後、ある自称金星人女性が、これは彼女の伯父のオディンによって書かれたものであると告白したのです。彼女の名前は「オムネク・オネク」といい、1950年代の始めに、金星から宇宙船に乗って地球(チベット)にやってきたといいます。

彼女によれば、その手紙はアダムスキーがコンタクトした金星人オーソンを通じて1953年にアダムスキーに渡されたということです。そして驚くことに彼女はオーソンも伯父のひとりであると語っています。では、以下がオムネクによる金星文字の解読内容(日本語訳は筆者)です。

 

・オディンからアダムスキーに宛てられた手紙

 

<手紙の左上>
送り主:オディンより ― 長い歴史を持つ金星人を代表して
あて先:パロマー山の私たちの友人へ(訳注:アダムスキーのことを指す)

 

<手紙の右上>
私、オディンは、あなたがまだそのごく一部しか知り得ていないこの広大な太陽系の一二の惑星を代表しています。

 

<本文>
私たちの兄弟姉妹である地球の人々、そして同胞惑星と地球を結ぶコンタクティを代表する親愛なるあなたへ

 

私たちの広大な宇宙の全ての存在を代表してあなたにお話します。私たちは地球からのレーダービームの実験信号を受け、地球が危険な状態になっていることを確信して、この手紙を書きました(訳注 :SOSと誤解して調査したという意味)。本当に地球は危険な状態にあるのです。

 

そしてあまりにも多くの人々が自分自身についての理解を欠いており、さらに他の惑星世界のことについては本当にほとんど知らないために、状況をますます複雑なものにしています。このような誤解を克服するのは実に大変なことで、多くの時間と大いなる愛が必要とされます。私たちは自分たちが知っていることの全てを喜んであなた方と分かち合いたいと思っています。

 

しかしながら、私たちがもたらす知識を多くの人々に理解してもらい、その利用を任せられるようになるには、まず人々が自分自身や地球に対する見方を変えるように働きかけることしか私たちにはできないのです。知識はまさにあなた方が受け継いでいるものの中にあるのです。それは私たちのものでもあり、生きとし生けるもの全てが有するものなのです。

 

私たちがこのメッセージをあなたに託すのは、あなたのスピリチュアルな理解によるものであり、あなたはいまだ地球人に発見されていない全ての太陽系の惑星世界と住民たちへの敬意を持っているからです。あなた方にとっては太古の昔、そして私たちにとっては少し前の出来事ですが、地球に最初に植民したのは私たちでした。

 

その責任意識から私たちはあなた方に愛しみを感じて導きを与えずにはいられない気持ちでいるのです。もうじきある者があなた方の世界に入り込み、このメッセージを理解する手助けをするでしょう。それは私たちの中のひとりです。その時までこのメッセージが理解されることはありません。

 

なぜなら私たちの言語は思念のシンボルに過ぎず、あなた方が見て分かるようには書かれていないからです。このメッセージを大切に保存しておいてください。あなた方にバランスと新しい生き方をもたらす鍵となるでしょう。これは私たちにとっては古くからのものですが……。

 

(※ オムネクによる注:この部分は私には翻訳できません。なぜならエネルギーの発生源について書かれているからです。たとえこのようなシンプルなかたちであっても、今はまだ公開するのに適した時期ではありません。悪用される恐れがあるからです。したがって、メッセージの最後の部分から翻訳を再開します)

 

私たちは全てスピリットとしてつながっていて、至高なる存在が創造した世界を共有する聖なる権利を持っています。自ら所有するものは何も無く、全ての魂があらゆるものを分かち合っています。私たちは皆これらの惑星世界や銀河にいる訪問者であり、終わり無き創造を学び、その手助けをしながら、至高なる一者の定めに従って永遠に存在し続けるのです。

 

私たち全てはこの計画の一部であり、これから先もずっとこれらの真理をもたらし続ける偉大な役割を担っているのです。愛は、私たちが癒しを与えることができる唯一の力であり、与えた全てのものは十倍になって戻ってきます。

 

つねに光の中を歩み、世界に光明を与え、闇の支配を無きものとしなさい。始まりは一人からです。それがあなたであるようにしなさい。母なる地球を救いなさい。

 

Abactu Baraka Bashad(アバクトゥ バラカ バシャド: 宇宙にあまねく恵みがありますように)
金星そして同胞惑星を代表して ― オディン

 

・手紙の背景

 

この手紙にある「もうじき私たちの中のひとりがあなた方の世界に入り込む」という内容が真実だとすればオムネクを指しているのは明らかです。さらに「パロマー山の友人へ」と宛てていることも、アダムスキーがそこにいたのは1954年までですので、手紙が書かれたのはオムネクがチベットから米国に移る1955年以前となり、話のつじつまは合います。

またチベットで3年ほど過ごしたと言う彼女が地球に来たと思われる1952年は、アダムスキーがカリフォルニアの砂漠でオーソンと会見した年でもあります。

 

以上が益子氏による記述である。

提供のあった手紙の右上には、たしかに12個の惑星が並んでいるように見えなくもないのだが、描かれた丸の羅列が何を意味しているのかは定かではない。仮に金星人が今回発見された惑星の存在を伝えようとしていたとしても、人類が読み解くには高度だったのではないだろうか。

いずれにしても、今後新惑星の実態が明かされることになるだろう。その時、金星人は新たなメッセージを送ってくるのだろうか? 気になることろである。なお、ご紹介した手紙は金星人の執筆らしく、権利者は不明のようである。

画像提供・寄稿:益子祐司
参照元:「私はアセンションした惑星から来た」(オムネク・オネク著 益子祐司訳)、AFPBB News
編集:佐藤英典

 

 

 

 

金星人の書いた手紙の書式が、地球のビジネス文書にそっくりなのは気になるところだが、

そこは地球人のために合わせてくれたのだろうか。。

 

 

 

 

どことなく、古代文字にも共通点があるような興味深い形の文字だ。

 

 

惑星記号(wiki

 

 

 

 

 

どっちにしろ、現在の人類の一般常識では想像もつかない次元の技術や何かが存在していることは間違いないな。

 

 

イタリアの不思議な「局地雨」 : 幅2メートルの超集中雨はどこから? あるいは何か他の自然現象?

http://earthreview.net/what-is-this-phenomenon-strange-rain-in-palermo-italy/

 

 

 

 

庭を移動する謎の青い光、いったいこれは…

http://www.narinari.com/Nd/20170644276.html

米オハイオ州で撮影されたのは、嵐の真っ只中の庭を映した動画

奇妙な音と共に青い光が現れるが、中央部には球体のようなものが確認でき、球体が移動していくと青い光も動いていく。そして数秒後には光も音も消失。この映像は世にも奇妙な瞬間であるとすぐに話題を呼ぶことになった。

 

「UFOだ」「異星人の出現だ」といった議論も出る中、オハイオ州の電気会社Dayton Power & Lightの分析によると、これは「球電」と呼ばれる、空中を発光体が浮遊する自然現象とのこと。雷の放電が激しく起きているときに出現し,数秒から数分間地表付近を動きまわって消失するという。
 

 

 

マクロからミクロまで、各惑星間や細胞間ではそれぞれ調和しながらバランスを保っているのに、

地球人類はそのバランスを崩すことばかりに意識を向けさせられてきた。

○○人がー、○○国がー、○○教がー・・・などと狭~い意識へと誘導されては

そのちっぽけなものに対抗心を抱かされて争い事ばかりしてきた。

そろそろ、その狭い意識を拡大させるために、異星人の存在公表というショックドクトリンが

必要だね。

 

 

 

植物にもある種の脳があり、細胞が会話を交わしながら成長のタイミングを判断していることが判明(英研究)

 

 

 

 

 

最近、アノニマスの言うように、そろそろ異星人の公表並にビッグイベントが起こってもおかしくなさそうな雰囲気になってきている。

 

そして、近年さらに近づく現金消滅の足音。

金塊密輸に仮想通貨への参入拡大、沈む船から逃げだすネズミの素早いこと。。

 

そしてまた一段階、旧システムの終了が進んでいる?

 

 

コロンビア左翼ゲリラ、武装解除を完了 内戦ほぼ終結

 

http://www.afpbb.com/articles/-/3133495

【6月27日 AFP】コロンビア最大の左翼ゲリラ組織コロンビア革命軍(FARC)は26日、半世紀に及ぶ内戦を終結させる武装解除を正式に完了した。武装解除の監視に当たってきた国連(UN)が発表した。

 国連の声明によると、監視団は武装解除キャンプで移行期の安全のために対象外とされた一部を除いて「登録された武器すべてを回収した」。

 

FARCの武装解除は2016年に締結された和平協定に従ったもので、中南米で最も長く続いた内戦がほぼ完全に終結した形となる。(c)AFP

 

ロシア、保有する化学兵器の98.9%を廃棄

https://jp.sputniknews.com/russia/201706263808519/

 

韓国、文在寅大統領の公約通り「脱原発」へ?新規2基の設計中断、日本との廃炉共同研究も

 

http://www.recordchina.co.jp/b179906-s0-c10.html

 

脱原発宣言 新規建設計画を全て白紙に=韓国大統領

 

http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/06/19/0900000000AJP20170619001400882.HTML

 

<これが世界的な傾向・・・> イタリア、原発再開を断念 国民投票で9割超が反対   アメリカも撤退傾向、ドイツは全面停止

http://sharetube.jp/article/2364/

 

 

原発撤退が相次ぐアメリカ なぜ簡単に原発からの撤退を決められるのか

http://www.huffingtonpost.jp/2013/08/28/shalegas_n_3833721.html

 

4年前の表明どおり、着々と原発終了へ向かっているようだ。(日本を除いて)

 

「原発は援助しない」、世銀と国連が表明(2013年11月)

http://www.afpbb.com/articles/-/3004099

 

 

やはり、2018年までには統一させるのだろうか。(シナリオ通り?)

 

平昌五輪 韓国が北朝鮮と共同開催も検討

http://www.news24.jp/articles/2017/06/22/10365039.html

 

 

 

しかしながら、中央構造線やフォッサマグナ上がグラッグラ揺れてる日本では

未だ原発を稼働するという完全に頭がイカレた状態が続いている。

 

 

 

 

国家戦略特区とやらを、教育勅語を幼児教育から取り入れるネオ満州国にしたかったのかどうか知らないが、日本中をカチカチ頭の獣医だらけにして動物園でも大量に作る気だろうか?

 

それとも、何でも黙って言う事聞いてくれる猿の国でも作ろうとしてるのか?

 

AD