模型多国籍軍 MKの裏ブログ

ヤマト極秘プロジェクト進行中・・・?


テーマ:

当ブログをご覧の全国数十人の皆様、あけましておめでとうございます。

今年も不定期更新になるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

 

実は昨年末に急な胃腸風邪で丸二日間寝込んでしまいました。

寒空の中、屋外で長時間作業をしており、その後の夕食&飲酒で一気にやられたようです。

体調はほぼ回復しましたが、まだ100%とはいきません。

胃腸風邪は結構長引きますので、皆さんもお気をつけください。

寒さ対策は万全に!!

 

 

さて、ヤマトmk.4改を作りつつ、飽きてきたら他の模型にもちょこちょこ手を付けたりと、相変わらずの迷走状態なんですが・・・。

先日購入した2202版の1/1000スケールヤマト(↓)。

無計画に切った貼ったをした結果、どうにもならなくなってしまい・・・これも廃棄かな?

今までも勢いで手を付け始めた模型は、ほぼ失敗しているのですが、案の定今回もやってしまいました(泣)。

 

 

 

で、肝心のmk.4改ですが今はこんな感じです。

 

艦首

 

中央部

 

艦尾

 

艦底部

 

黄色い部分はウェーブのポリパテ(モリモリ)、白い部分は同じくウェーブのミリプット・エポキシパテです。

個人的にはポリパテが使い慣れているのですが、今回は大サイズのためエポキシパテも使ってみました。

やはりエポキシパテは使い勝手がイマイチ。練り合わせる際に手にくっ付くし、薄く盛るのが難しい。

でも硬化すると強度もあり切削性も良好。経年変化(ひけ)も殆どないようなので、今後は場所によって使い分けようかと思っています。

 

後部デッキ部分は毎度プラ板による完全リニューアル。

今回、ウェーブのプラプレート(目盛り付きプラ板)を使ってみましたが、これも使い易いですね。

目盛りがあるのでサイズ確認がし易いのは当然ですが、プラの材質が秀逸。

適度な柔らかさで切削性が非常に良く、加工がとても楽です。これはお勧め。

 

艦尾メインエンジンの基部は上下&左右で4mm拡幅。

真円を出すため、後端部にはドーナツ状にカットしたプラ板を貼り付けています。

 

そんな訳で、また次回をお楽しみに。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご無沙汰しております。

 

ドロオフ終了後、波動砲の改修をしていたヤマトmk.6ですが、ようやく作業が完了しました。

 

このヤマト、ライフリングの貼り付けはこれで4回目。

今回も0.75mm×0.5mmのエバーグリーンのプラ材を計32本貼り付けています。

流石に疲れた・・・。

 

 

スジ彫りの掘り直しと塗装を経て、ようやく完成。

厳密には波動砲の発光とか、その他もう少し手を加えたい箇所もあるので、来年のホビーショーまでに仕上げようかと思います。

 

それにしてもヤマトの波動砲形状は奥が深い。

角度、縦横の長さの比率、面構成、淵(外周)の形状等を少し変えただけで、表情が変わってしまうため、やり直しの連続(泣)。

 

盛り削りを繰り返していくうちに、だんだん何が正解なのか分からなくなってきます。

特に自分の場合、特定の設定画を参考にしている訳ではなく、個人的にカッコいいと感じる形状を探りながらの作業のため、ほんとに大変。

 

完成時点でベストな形状と思っていても、少しすると「この箇所はもっとこうした方がいい」とか、別の形状を探っていたり・・・。

本当に満足できる形状にたどり着くことってあるんでしょうか?

 

つくづく、不思議な造形物(?)だと思うのであった。

 

写真追加しましたが、絞り調整ができないのでピンボケです。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

2202版1/1000スケール ヤマトが発売されましたね。

 

2199版と比較して、船体ディテールが増え精度もアップしたので、さっと組み立てて墨入れするだけで、結構満足度の高い仕上がりになりそうですね。

個人的には、2199版で再現されていた艦載機格納庫が省略されたのが高ポイント。
ギミックよりも組み立て易さに振った設計の方が好みです。

そんな好キットですが、今回のキットも「キャラクターモデル」として設計されているのはちょっと残念。
具体的にはパネルの分割ラインや注排水口のような、船体各部に入れられたディテール。これらのラインが太過ぎるんですよね。
ここは是非「スケールモデル」的なアプローチで再現して欲しいです。


波動砲は、形状的に自分の好みと外れるので、やはり盛ったり削ったりの大改修になる予感。
繊細に入れられたライフリングを維持しつつ形状変更するのは大変そうなので、どうするか悩みどころですね。

 

 

と、なんだかんだ言ってますが、このキットに手を付けるのはもう少し先になりそうです。

 

で、こんなことをしている訳ですが、これは・・・・・!!

 

 

2199版の1/500ヤマトです!!!

以前、mk.4として途中まで製作していたのですが、完全に失敗。

製作途中のキットは捨ててしまいました。

 

mk.4が欠番になるのも何となく気分的によくないので、「mk.4改」として製作することにします。

(完全リニューアルなので、mk.7でもいいんですけどね)

 

 

 

 

 

以前mk.4を製作していたときは、方向性がブレブレだったのが、失敗の要因かなと。

今回はmk.6での経験を踏まえ、基本的な方向性は定まっています。

 

造形ポイントやディテールの入れ方はmk.6を踏襲する予定ですが、このサイズならではのディテール再現等、新しいことも取り入れつつ製作する予定。

 

(とりあえず)ご期待ください。

 

ではまた!!

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。