あるツィッターの投稿を見て「なるほどだな~」と実感。

それが、こちら。

こちらの文章をお読みください。

さぁ、どちらから読みましたか?

私たちはつい「教科書通り」に物事を解釈する傾向が強いように感じます。

大概の方は(もちろん、私も含めて)左から読みました・・・よね?

「なるほど~。彼氏にフラれた可哀そうな女性のストーリーかぁ・・・」

 

 

・・・ん?ちょっと待ってください!

 

これ、右から読むと・・・・

 

今度は、まるでストーカーされている女性のように読めます!!

 

この文章をどちらから読んでも間違いじゃないと私は思います。

でも、今の社会、特に私が誇る我が国ニッポンでは「教科書通り」に考えたり発言したり行動したりしないと「間違い」「変人」「おかしな人」という「レッテル」を「勝手に」貼られたりすると思うのです。

そして、それがますます大きくなっている気がします。

 

先日ハラスメント研修をさせていただきましたが、その時、このような図を出してこんなお話をさせて頂きました。

 

 

誤解ないように。間違っても「する方=加害者」が良いことではありません。

でも、「する方」にも何らかの原因、事情があってやっちゃうわけですよね。

そして、全ての人には承認欲求というものがあります。(よかったらクリックしてみてね)

 

そう、人は誰からも「認められたい」「愛されたい」生き物なのです。

あなたも、私も。そして「される方」も「する方」も。

ただ、その「方法」が違うだけ。その「方法」は人それぞれ違うわけです。

 

「あの人も、自分と同じでただ愛されたいだけなんだな。認められたいんだけなんだね。」

 

もし、こう思えて気持ちが楽になるなら、、最高じゃないですか!

 

 

人は自分以外の人をコントロールできません。

だから、モノの観方をいろんな視点で観る。このことが一番大事だと思っています。

今のニッポンではマスコミ報道など「表に出る情報」が「教科書通り」とされる風潮があると、私は思っています。

肝心なことは、その情報と「ちがう情報」も考察すること。どちらが正しいかはわかりませんが、自分軸を整えるには自分の考察を信じることだと思います。私はそう考えます。

 

このようなことをかんがえる私は、「教科書通り」でないから「おかしな人」!?(笑)

 

 

これから小田原まで講演に向かいます。

実は、今日は母の命日。

そして依頼を受けた講演テーマがこちら。

「”マイ・オンリーワン”を見つける方法~唯一無二の自分を最大に愛して個の才能を引き伸ばそう」

空から母のメッセージをもらい、更に自分軸を整える気力がみなぎっており、お会いする方々に少しでもお役に立てたらと思います。


今日も暑い一日となりそうですね!

外ではマスクを外して、思いきり深呼吸して「今ここ」を楽しんでくださいね!

 

 

 

出逢いに、感謝。 アマーイズひおきしのぶ