ムラオの宝塚ブログ

宝塚好きな男子があれこれつづります

NEW !
テーマ:

宙組トップ朝夏まなとや、伶美うららが本日をもって卒業ですね。朝夏まなとについては、以前にも記事にしてますが、長い手足以外何の取り柄も感じられず、ただゴリ押しされていた下級生時代を思うと、トップになって驚異的な成長を遂げたな、と。明らかに真ん中になって輝きましたね。意外だったわー。


トップになる直前の「風と共に去りぬ」のスカーレットも「酷いな、これ」と思ってましたが(七海ひろきのスカーレットも同様)ww、「王家に捧ぐ歌」で「え?結構イケるかも」となり、「エリザベート」では「よくぞここまで…」と成長ぶりに驚かされました。任期も絶妙でしたね。「あと一作やらせてあげたい」みたいなところで、見事に惜しまれつつの退団、を演出できたような。女優になる姿がイマイチ想像できないけどwww 、きっと芸能界に進むのでしょう。

伶美うららは結局娘1になれずに退団…。「WEST SIDE STORY」「天は赤い河のほとり」と、うららにはかなりキツく、星風まどかありきとも思えるラインアップを見るにつけ、どこかのタイミングで劇団に完全に梯子を外されたのでしょう。本人も「王家」後、辞めるつもりだったと聞けば、この時点ですでにうららの娘1構想はなくなったんだろうな、と思う。

いくら美貌でも、相手役の脚を引っ張りまくり、客席を凍らせる歌唱力じゃどうしようもなかったんだろうな…。まぁ今までも極端に歌えない娘1はいたけど、現在の小川理事長は割と歌唱力重視のようで、最近は仙名彩世、妃海風、実咲凜音、真彩希帆…と歌える娘1が配されていることを思うと、うららは余りに分が悪かった。そんな中で、彼女が娘1に就いたら、それはそれでかなり叩かれただろうし、やはりこのタイミングで「惜しまれて」やめていくのがベストだったのでは、もはや他に道はなかったのでは、という気がする。でもこれからも芸事を続けるとしたら、「歌」という呪縛から解き放たれて花を咲かせる可能性も大いにあるのだから、次の世界で頑張ってほしい。

同時退団の瀬音リサ、彩花まり、涼華まやも、それぞれ花も実もある娘役で退団は残念。それぞれまだ活躍の余地があったと思う。彼女たちの未来に幸あれと願います。


↓ポチっとしてくれたらうれしいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。