改めまして鬼頭望です | 【名古屋・東京・大阪】セミナー撮影・プロフィール・イメージフォト・家族写真 ☆フォトグラファー鬼頭望☆ 女性カメラマン

【名古屋・東京・大阪】セミナー撮影・プロフィール・イメージフォト・家族写真 ☆フォトグラファー鬼頭望☆ 女性カメラマン

起業家様のプロフィール、セミナー撮影。
見せたいイメージ等をヒアリングさせて頂き、ニーズとご本人様の雰囲気がうまくマッチしたお写真の提供で、ご好評頂いています。
セミナー撮影は準備・受付からお手伝い致します。
ご家族撮影も、ひそかに人気です♪


テーマ:

名古屋市   フォトグラファー
鬼頭 望   です。
 
 
大晦日ですね。
   
今年7月に始めたこのブログ
 
ありがたいことに
読者さまが増え、
忙しくさせていただき、
   
自己紹介もそこそこになっていました...あんぐりうさぎ
   
 
いまさらですが、自己紹介。


   
...何から書いていいのやら...

 
なので、
撮影の際にお客様からよく聞いていただく質問にお答えする

勝手に Q&A方式でとびだすうさぎ2
 
 
【よくあるご質問】 ←笑
 
Q.
いつからカメラをやっているのですか?

 
A.
一眼レフカメラを購入したのは2年半前。
初めてカメラ教室へ通ったのは、1年前です。
写真を撮ることは中学生の頃から好きで、使い捨てカメラ、コンパクトデジカメを何台か買い換え、一眼レフへ移行しました。
 
 
   
Q.
どうしてカメラ教室へ通おうと思ったのですか?
 
   
A.
「毎日撮りまくっている大好きな娘の写真、もっと素敵に撮りたい!」
   
ママ向けの、初心者講座へ通ったのが、最初です。
その時は、お仕事にしようなんて思ってもいなかったし、その講座(全3回)だけで終了の予定でした。
だって娘を可愛く撮りたいだけだったから(笑)
   
   
 
Q.
どうしてフォトグラファーになろうと思ったのですか?
 
   
A.
理由はつあります。
 
初心者講座を受けただけで写真がガラリと変わり、味をしめた私は、
上級講座を受けたらもっと上手くなれるんじゃ?と調子にのり、次のステップへ。

その講座中、
 
受講生どうし撮りあうのですが、
撮られることで美意識が高まり、服装やメイクに、より気を配るようになったり、
きれいに撮ってもらうことで、回を追うごとに自信がつき、表情までもどんどん変わっていくみんなを見て、
 
写真には、こんな力があるんだ...。
と感激。
      
それまで、自分が好きで撮っているだけの自己満足の世界だったのが
    
「撮られる人」との関わりにとても魅力を感じ、
    
「写真を通じて誰かの力になりたい」
「人の役に立ちたい」
    
と思うようになりました。


教室の先生は、
「ママになってから写真を始め、フォトグラファーとして全国で大活躍されている」
武井るみのさんでした。
   武井るみのさんのブログこちら http://ameblo.jp/mjp1031/


私は、ママ=人生の最終形
とどこかで思っていて、
「ママが夢をもつ」
という概念が、それまで全くありませんでした。
   
だから素直に
ママが新しく夢をもってチャレンジしても、いいんだ。こういう生き方があるんだ。やってみたいな
と衝撃を受けましたし、
   
フォトグラファー=長年学校で勉強をしたり、若い頃から下積みを積んだり、なんなら資格がある人しかなれない
と思っていたけれど、
 
そうではない、誰でもいつからでも
フォトグラファーを目指せるのだということも、そこで知りました。
 
 
講座を受けるもっと前に、漠然と感じていた想い。
   
「自分の、生き甲斐、とまでは言えなくても趣味や特技程度でもいいので、
子育てがひと段落したときに、
楽しく打ち込めるものを何か持っていたい!」
   
娘が幼稚園に入り、
それまで 365日24時間 娘とべったり
   
(公園に行ったり絵本を読んだり一緒にお菓子をつくったり、両親に預けたことも一度もなく、私ほんとうにべったりでした。)

な生活から一転、
ぽっかりと自分の時間ができました。
 
そのころ東京に住んでいたので、
都会の生活が楽しくて(笑)
   
久しぶりのひとり時間をここぞとばかりに満喫。    
友人と一緒に、あるいは一人でも、とにかく毎日出歩いていました。

でもそれが半年も続くと
   
ランチしたり買い物したり、
「ただその瞬間が楽しい 」だけの生活って
なんだか空虚だな、と思うようになりました。
 
そして、
   
今後娘が大きくなるにつれ、
「自由なひとり時間」はどんどん増えていく。
最終的に娘は巣立って、
まるまる「自由な時間」になるんだな、
とふと将来のことを考えたのです。

そのとき、
私は今と同じことをしているのかな?
街を徘徊するだけの自分で、いるのかな?
 
それって、なんだか空っぽだな。嫌だな。
 
と、思うようになりました。
 
 
①②③が
私のなかで化学反応を起こした結果
                       ↓
                       ↓
「フォトグラファーになりたい!」
と考えるようになっていました。
 
 
 
Q.
いつからお仕事しているのですか?
 
   
A.
7月末から、させていただいています。
 
 
   
Q.
フォトグラファーになる前は、何をしていましたか?
 
   
A.
娘が産まれた6年前から今年6月まで、専業主婦でした。

大学卒業後の職歴は、
大手金融機関の正社員として4年間窓口勤務(ほぼ営業)
       ↓
結婚を機に退職。
一年ほどゆっくりしたのち
       ↓
派遣社員として、商業施設のアテンダント
       ↓
派遣社員として、電力会社の受付
 
「人」と関わることが昔から好きで、
気づけばずっと接客業。
 
フォトグラファーとしてポートレートを撮らせていただくのも、広い意味で接客業ですね。

もちろん写真を撮るのが好きだからやっていますが、
人と関われる点にも、とても楽しさを感じています。  
   
   
     
よくいただくご質問は、このくらいでしょうか。

また思い出したら、追記しますねとびだすうさぎ2





 
みなさま
本年は、お世話になり、ありがとうございました。
 
お世話になって
助けられて
支えられて

与えられてばかりの
一年でした!
 
   
感謝しかないです。

...って、ありきたりの言葉は言いたくないですが
 
どう考えても
 
感謝しかない。。。
 
 
来年もあいかわらず
お世話になりまくる私だとは思いますが、

与えられるばかりじゃなく
「与える」ことも少しずつできるように
 
   
フォトグラファーとして
人として

成長していきます。
 

いつも本当に、ありがとうございます。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします!
   



 
忙しい大晦日に、最後までお付き合いいただきありがとうございます。
   

撮影メニュー・料金は 《こちら》 

撮影依頼・お問い合わせは 《こちら》


 

フォトグラファー 鬼頭 望さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス