広瀬武夫の書簡と手紙を取り上げた新聞記事 東大阪経済新聞 司馬遼太郎記念館で10月29日、企 | ★☆☆☆★☆☆歴史タイムッス☆☆★☆★☆☆~古今東西歴史関連記事リンク集

★☆☆☆★☆☆歴史タイムッス☆☆★☆★☆☆~古今東西歴史関連記事リンク集

日本や世界のメディアや個人サイトから歴史関連記事リンクを収集しています(リンク切れ御容赦)。また、「古今チップス(歴史タイムス)」の2005年11月~2014年12月のバックナンバーも掲載。

小倉縞縞、限定柄8商品発売中 平成中村座小倉城公演にちなみ /福岡

毎日新聞

小倉織のブランド「小倉縞縞(しましま)」(渡部英子社長、小倉北区大手町)が、「平成中村座小倉城公演」(博多座など主催、1日開幕)にちなんだ限定柄の商品を ...

 

名古屋伝説のバラエティ番組 制作秘話とテレビの将来を制作者たちが熱く語った!

Yahoo!ニュース

昭和50年代~平成初期にかけて、名古屋では地元テレビ局制作のバラエティ番組が群雄割拠し、人気を博していました。『ぱろぱろエブリデイ』(CBCテレビ)、『音 ...

 

広瀬武夫の書簡と手紙を取り上げた新聞記事

東大阪経済新聞

司馬遼太郎記念館で10月29日、企画展「『坂の上の雲』に見る武人の教養-広瀬武夫の『最期の手紙』にちなんで」が始まった。広瀬武夫の書簡と手紙を .

 

大正モガの躍動描く イハナイさん作品展 旧県公会堂貴賓館

西日本新聞

福岡市出身のイラストレーター、イハナイ(本名・岩本英恵)さんが、大正時代のモガ(モダンガール)をテーマにしたイラスト展を、同市中央区西中洲の旧県公会堂 ...

 

小田急線の起源は「まぼろしの丸ノ内線」だった

東洋経済オンライン

計画自体は戦前からあり、大正期の1925年に内務省が告示した高速鉄道計画が直接の起源といえるが、それより前から丸ノ内線に相当する路線を建設する計画 ...

 

北海道)国内唯一の石炭運搬鉄道車両、保存を 署名活動

朝日新聞社

釧路の太平洋炭砿(たんこう)が石炭輸送のための子会社を設立、1925(大正14)年から列車の運行を始めた。昭和の戦後復興で石炭は基幹産業となり、経済 ...

 

大正詩人の作品を声に 県立文学館で朗読イベント

47NEWS

前橋市出身の詩人、萩原恭次郎(1899~1938年)の生誕120年を記念した企画展を開催している県立土屋文明記念文学館は4日、高崎市の同館で、前橋文学 ...

 

《zak女の雄叫び お題は「神」》住民つなぐ橋

ZAKZAK

澤村さんは「大正時代までは木根川橋の両岸あたり一帯が本田木根川町という地名でした」と話す。大正の荒川開削で木根川地区一帯が川により二分された。

 

【本郷和人の日本史ナナメ読み】小笠原氏の軌跡(上) 信濃の「おいしい所」取った名族

産経ニュース

10月に長野県立歴史館で講演の機会を与えられ、そこで小笠原氏についてお話しする予定でした。そしたら、例の破格な台風が来て、講演会が中止になって ...

 

読むことがニガテな人のためのイラストと箇条書きによるフロー型最低限の日本史(改訂版)

アマゾン

Amazonで福田尚弘, 小山秀人, うじなかずひこの読むことがニガテな人のためのイラストと箇条書きによるフロー型最低限の日本史(改訂版)。アマゾンなら ...

 

ねこねこ日本史でよくわかる 謎とき日本史ドリル

アマゾン

Amazonで福田 智弘, そにしけんじのねこねこ日本史でよくわかる 謎とき日本史ドリル。アマゾンならポイント還元本が多数。福田 智弘, そにしけんじ作品ほか、お ...

 

徴兵制敷いたドイツの軍事観は日本の現状にぴったりだった

日刊ゲンダイ

ドイツ帝国をつくり上げたビスマルクの演説に心を奪われたのは大久保だけではなかった。木戸孝允もまた納得していた。木戸はビスマルクにぜひ日本の復興を ...