20180409-1 | ☆☆★★☆★☆歴史タイムッス☆★☆☆★★~古今東西歴史遺跡化石リンク集

☆☆★★☆★☆歴史タイムッス☆★☆☆★★~古今東西歴史遺跡化石リンク集

歴史娯楽検証物語サイト「月刊・歴史チップス」のネタ集めを兼ねて日本や世界のウェブやブログから歴史関連記事リンクを収集(リンク切れ御容赦)。また、「古今チップス(現・歴史タイムス)」の2005年11月~2014年12月のバックナンバーも掲載。


テーマ:
時事チップス主要舞台 - Google マイマップ

はてなブックマーク

時事チップス主要舞台 - Google マイマップ. You are running an unsupported browser, some features may not work. 詳細 You are running an unsupported browser, some features may not work. 詳細. 時事チップス · 文化・スポーツ · 経済・社会 · 政治・外交 · ニュース · 地図 ..

 

53年ぶりに吉田玉助復活 江戸時代から続く名跡

毎日新聞

人形浄瑠璃文楽の人形遣い吉田幸助さん(52)が、吉田玉助の五代目を襲名する披露公演が7日、大阪市中央区の国立文楽劇場で開かれた。同劇場によると、吉田玉助は江戸時代から続く名跡で、53年ぶりの復活となる。 玉助さんは大阪府出身。1980年に父の吉田玉幸さん(2007年死去)に入門し、81年に初舞台を踏ん ...

 

出待ちファンにも異変 浜崎あゆみ人気全盛時代との決定差

日刊ゲンダイ

7日からデビュー20周年を記念した全国アリーナツアーをスタートする浜崎あゆみ(39)。2日は自身のSNSに髪色をピンクに染めた写真を投稿し、ファンから「やばかわ!」「ピンクきたー」などのコメントが寄せられた。浜崎のインスタグラムには5日時点で4万件近く「いいね」がつけられている。 そんな浜崎がファンの前に姿を ..

 

元たま・知久寿焼がテレビ出演!たま時代再来を予感する声も

女性自身

4月5日の早朝、Twitterにこう投稿したのは「さよなら人類」で一世を風靡した「たま」の元メンバーである知久寿焼(53)だ。知久は同日「PON!」(日本テレビ系)に生出演し、その歌声をお茶の間に届けた。 知久は「あの歌声だ〜れ?」と題したコーナーに出演。話題の歌を紹介する同コーナーに、「ヒガシマルうどんスープ」のテーマ ...

 

唐衣や小袖、晴れ着…いにしえの女性衣装を復元 奈良・万葉文化館で「万葉の装い」展

産経ニュース

展示されている計81件のうち、47件が染織祭関係。奈良時代催された歌舞会「歌垣(うたがき)」で女性たちが身に付けた唐衣(からぎぬ)や、和装が完成したとされる平安時代の衣装、室町時代の小袖(こそで)、江戸時代後半の京女の晴れ着などが並べられ、簪(かんざし)や笠、扇子などの復元品も一緒に展示されている。

 

韓国時代劇「チャン・ヨンシル~朝鮮伝説の科学者~」

BS日テレ

ソン・イルグク8年ぶりの時代劇!15世紀朝鮮時代に“力”ではなく“科学”で時代を動かす男がいたー!奴婢の身分から天を読み解き、時を計った“最高の科学者”へと成長していく男の生涯を描いたヒューマン・サクセスヒストリー!

 

恐竜の時代体験 丹波の展示施設で今月から /兵庫

毎日新聞

丹波市山南町谷川の丹波竜化石工房「ちーたんの館」が今月から、丹波市で発掘された丹波竜などが生息していた1億1000万年前の世界を三次元で体験できる仮想現実(VR)装置を導入し、人気を集めている。 VR装置は大人用(中学生以上)2台と子ども用1台。大人用は、VRゴーグルを掛けて目の前に三次元で現れる ...

 

沖縄ボクシングの父たどる、教え子出資し記録映画

読売新聞

高校時代は金城さんの寮に住んだ。「スパーリングなどの練習量は通常の高校の2~3倍で、とにかくきつかった。『やる気がないならやめろ』と怒声が飛び、生活態度や礼節にも厳しかったが、先輩たちから『オヤジ』と慕われていた」と振り返る。大学時代は国体にも出場。好成績は残せなかったが、金城さんの「ボクシングだけが ...

 

新竹駅~開業105周年を迎えるターミナル建築

nippon.com

台湾の北西部に位置する新竹市は台湾を代表する産業都市の一つである。古くは清国統治時代から台湾北西部の中枢として発展し、日本統治時代は新竹州の州都となっていた。今回は3月31日に完成105周年を迎える新竹駅について紹介したい。

 

知っているようで知らない、“染井吉野”と“八重桜”の違い

tenki.jp

さて、今では桜と言えば染井吉野というほど、全国に広がっている品種ですが、その歴史は江戸時代から。 ... その当時は吉野桜と呼ばれていましたが、明治時代になって染井吉野と名付けられました。 ... 平安時代の歌人、伊勢大輔も「いにしへの奈良の都の八重桜けふ九重ににほひぬるかな」という一首を詠んでいます。

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス