周来友 オフィシャルブログ

周来友 オフィシャルブログ

中国出身のジャーナリスト、タレント。
公式ホームページ:http://zhoulaiyou.jp

新型コロナウイルスの発生源を巡り、今も激しい応酬を繰り広げている米中。その対立が、香港大学に所属していた、ある女性研究員を巡って更に激しいものとなりそうです。

今月10日、香港大学で公共衛生学の研究を行っていた閻麗夢(イエン・リーモン)研究員は米フェニックステレビのインタビューに応じ、「昨年12月31日からWHOに協力し、新型コロナウイルスの研究を行ってきた。研究の結果、ヒトヒト感染が発生した事を突き止め、WHOに報告したが、WHOの上級研究員たちに報告を揉み消された。中国政府はヒトヒト感染の可能性を発生当初から把握していた」と、衝撃の告白をしました。



閻研究員はすでにアメリカに亡命の意思を表明していますが、その告白は世界各国のメディアが大々的に報じたこともあり、大きな注目を集めています。その内容が事実であれば、中国政府とWHOは、ヒトヒト感染の可能性を把握しながら、その可能性を否定していたことになるからです。では、閻研究員が所属していた香港大学はどのような反応を示しているのでしょうか。

その大学側の発言について、中国国営メディア・環球時報電子版(7月12日付け)は、次のように伝えています。

「閻麗夢(ユエン・レイモン)研究員は香港大学で博士課程に進み、研究員として所属していたが、現在は離職している。香港大学は個人の表現の自由を尊重しているが、閻氏の発言は香港大学の見解を代表するものではない。香港大学は当時、閻氏が言及したヒトヒト感染の研究は行っていなかったと承知している。さらに、閻氏の研究は決して科学的な根拠に基づいたものではない」

閻氏は米メディアに対し、すでに中国当局者が故郷の山東省にいる家族のもとを訪れ、事情聴取などを行っていると語っています。香港大学の一研究員が危険を顧みず、アメリカに亡命した背景を考えれば、やはり確信的な何かがあったと思わざるをえません。いずれにせよ、新型コロナウイルスの蔓延を最小限に食い止めるためにも、発生源に関する情報や発生当初の研究者の意見に真摯に向き合う必要があるのではないでしょうか。