Zeppinファクトリー通信

Zeppinファクトリー通信

ビンテージバイクやビンテージカーに囲まれる日々の記録。

カワサキW1Sの整備中の一コマ

メグロから受け継ぐバーチカルツインエンジンは今も多くのファンを持つ味のあるモーターサイクル。このバイクも早50年選手。整備を続け大切に乗られてきたであろうこの車両も軽整備では賄えないような症状が出てきての今回の入庫だったのです。内容はさておき今回のメニューの中にオイルホースの交換もあり、その時の作業中に起きた事件アセアセ

画像ではミッションが下ろされていますが、W1系のプロショップさんは思うかもしれません。「ミッション下ろさなくても出来んじゃないの?」てねぶーうちだってそうしてますよ!新品のホース組み込んでバンジョーボルト締めこんでいくうちに突然のドン付き感。見た目にはバンジョーは締め付けられているように思えるくらいにボルトは入っているのですが最後の一締めが・・・。 これ以上締まらない訳ですよ。外した時もな~んかヤな感触だったのです。滝汗

結局タップを立て直しをしなければならないくらいの症状で、この部分はビルとビルの隙間のような箇所で、いわゆる分解しなければ何もできない部分なんです。オイルホース交換するだけなのにトホホな訳ですねえーん

タップたてりゃ切かすは出るもんで、それを掃除するのにオイルポンプ外し―の、オイルパン外し―のでさんざんです。

でも文句ばかりじゃないんですよニコニコこんな時にしか分解点検及び目視、指触点検できないところを片っ端から点検しまくり無事を確認してから組付けを行いますから整備する側も安心できるってもんですチョキ

上の画像はミッションカバーの合わせ目。オイル漏れ止めようとしたんだろうけどいくら外側からやったってその場しのぎえー? ご予算の関係上ここは見なかったことにします。

何が悲劇かって?そりゃ~ボルト締めて終わりのところをミッションまでおろせば十分な悲劇でしょ口笛

http://zeppin.bike/