古宇利島と美ら海水族館 |  ZEPHYR

 ZEPHYR

     ゼファー ―――――――――――――― the field for the study of astrology and original novels

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

幸喜ビーチの夜明け。

名護湾の上空には雲もありましたが、25日の朝は青空も広がっていて、とても良い眺めでした。

 

 
ホテルの朝食もおいしくいただき、出かけました。
旅程はあまり細かく考えていませんでした。
というか、ぎりぎりまでスケジュールが詰まっていて、考える余裕がなかったのです。
美ら海水族館には行こうということだけは決めていましたが。
 
もうそこは、柔軟宮生まれの二人ですから(射手座と魚座)、適当に出たとこ勝負しようと。(笑)
 
レンタカーを走らせて、ちょっと見てみたいと思っていた景色のあるところへ。

 

 
これです。
古宇利島大橋。
 
海中を突っ切る長い橋。全長約2キロメートル。
 
橋の真ん中くらいまで歩き、撮った写真がこちら。

 

 

 
やはり快晴とは行かなかったのが残念です。
 
最強の「晴れ女」である奥さんのパワーも沖縄では「圏外」なのか、あるいは彼女のパワーのおかげで、ギリギリほとんど雨に遭わずにすんでいるのか。
おそらく後者と思われますが。
 
 
帰路、日本人女性二人に写真撮影を頼まれたので、私たちも頼みました。
 
その後、古宇利島へ渡しました。
 
そこにあるオーシャンタワーからの景色が、以下のような絶景。

 

 

 

 

この古宇利島には、沖縄の人類創世の物語があります。

 

 

アダムとイブみたいな要素もあり、なおかつ日本神話のイザナギ・イザナミ夫婦神のような要素もあります。

ちなみに、もともとの名は「恋島」だったそうです。

 

その後、昼食を済ませ、美ら海水族館に行きました。

 

いや、すごい観光客の数。

 

 

 

ジンベエザメの巨大さに圧倒されました。

 

 

 


水族館だけでなく、海洋博公園を散策し、ショーなども楽しみましたが、たぶん人間の多さのせいかな、ちょっと疲れていました。

 
途中、道の駅などにも寄りましたが、ホテルに帰還。
 
やはり夕日は拝めず……
 
沖縄での最後の夕食に出かけたのであります。

 

 

明日の記事は、紀行の最終にします。

沖縄の食について。

 

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ

 

☆ 「ブログ情報」の「メッセージボード」の中に鑑定のご案内もございますので、携帯電話の方はそちらをご確認ください。