ice networkより。オーサーコーチ「全く驚いたよ」 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:

ice networkに掲載された記事です。

 

 

http://web.icenetwork.com/home

Orser 'totally stunned' to be tabbed by Medvedeva
オーサー、メドベージェワの指名に「全く驚いたよ」

 

Olympic silver medalist latest elite skater to go to Toronto-based coach
オリンピック銀メダリストで最新のエリート・スケーターが、トロントベースのコーチの元へ

 


 

Having coached Yuna Kim and Yuzuru Hanyu to Olympic titles, Brian Orser will now try to do the same with Russia's Evgenia Medvedeva. -Getty Images
キム・ヨナや羽生結弦をオリンピックのタイトルに向けて指導してきたブライアン・オーサーが、今度は同じ道をロシアのエフゲニア・メドベージェワと歩もうとしている


Brian Orser knows the period after the Olympics brings changes in coach-skater relationships, so he anticipated getting inquires from some athletes who might be interested in working with him.
ブライアン・オーサーは、オリンピック後というのがコーチとスケーターとの関係性に変化がもたらす時期であることを知っているため、彼と取り組みたいと興味を示すアスリートからいくつか問い合わせが来ることは予想していた。

 


But he never expected the April 2 text message from 2018 Olympic silver medalist and two-time world champion Evgenia Medvedeva of Russia.
だが、4月2日に2018年オリンピックの銀メダリストで2度の世界チャンピオンであるロシアのエフゲニア・メドベージェワからテキスト・メッセージが来るとは全く予想だにしていなかった。

 

 

"I was totally stunned," Orser said.
「全く驚いたよ」とオーサー。

 


Orser immediately called Tracy Wilson, one of his co-coaches at the Toronto Cricket, Skating and Curling Club, and said, "You're not going to believe this."
オーサーは直ちにトロント・クリケット・スケーティング・アンド・カーリング・クラブの同僚のコーチであるトレイシー・ウィルソンに電話をかけてこう言った。

「絶対信じないと思うけどね。」

 


Medvedeva's original message indicated only that she would like a private meeting with Orser later in April in South Korea, where she was skating in a show, "LG ThinQ Ice Fantasia," that Orser had helped organize and would attend.
メドベージェワの最初のメッセージにでは、4月後半に韓国で自身が滑るショーで、オーサーが段取りを支援して参加もすることになっていた「LG ThinQ Ice Fantaia」のときに、オーサーと個人的に会いたいとだけ記されていた。



"I kind of figured what it was about," Orser said by telephone Monday, after Medvedeva's statement via the Figure Skating Federation of Russia announced she was leaving coach Eteri Tutberidze's training group in Moscow to begin working with Orser in Toronto.
月曜日、メドベージェワがロシアスケート連盟を通じて、モスクワのエテリ・トゥトベリゼ・コーチのトレーニング・グループを離れてトロントのオーサーと練習するという内容の発表を受けて、オーサーは電話でこう話した。

「どういうことだったかこれで分かった。」

 

 

Since guiding South Korea's Yuna Kim to world (2009) and Olympic (2010) titles, Orser has become the sport's highest-profile and most successful coach. In the past five seasons, he has taken Japan's Yuzuru Hanyu to two Olympic and two world titles and Spain's Javier Fernández to two world titles and an Olympic bronze medal.
韓国のキム・ヨナを世界チャンピオン(2009年)およびオリンピック・チャンピオン(2010年)に導いたときから、オーサーはこの競技におけるトップランクの、最も成功を収めたコーチとなった。

過去5シーズンに、彼は日本の羽生結弦を2度のオリンピック・チャンピオンおよび2度の世界チャンピオンに、またスペインのハビエル・フェルナンデスを2度の世界チャンピオンおよびオリンピックの銅メダリストに導いたのだ。



Orser met with Medvedeva, 18, and her mother, Zhanna Devyatova, on Sunday, April 22, at the Mayfield Hotel in Seoul. When the meeting ended, Orser realized what at first seemed unbelievable would soon become reality.
オーサーは4月22日の日曜日に、ソウルのメイフィールド・ホテルでメドベージェワ(18)と母親のZhanna Devyatovaに会った。

面会が終わったとき、オーサーは当初信じられないと思ったことが、すぐに現実のものとなるだろうと悟った。



"She told me, 'I want to make a change,''' Orser said. "She didn't really give me any reasons why.
「彼女は私にこういったんだ。『変わりたいんです』と。

その理由については何も言わなかった。

 

 

"I really had a lot of respect for her instantly because she told me, 'I don't want to say anything bad about my current coaching situation.'''
「彼女が『今のコーチングの状況については何も悪くいいたくないので』と言ったので、その場で彼女に多いに尊敬の念を感じたんだよ、本当に。」



Medvedeva had been with Tutberidze for 11 years. Their relationship frayed during the 2018 Olympic season, when a stress fracture in the skater's foot and the ascendancy of another Tutberidze student, 15-year-old phenom Alina Zagitova, combined to deprive Medvedeva of the Olympic title she had seemed a lock to win.
メドベージェワはトゥトベリゼのところに11年いた。

彼らの関係性は2018年のオリンピック・シーズンにギクシャクしていったのだが、このシーズンは彼女の足に疲労骨折があったことと、もう一人のトゥトベリゼの弟子である15歳のセンセーショナルなアリーナ・ザギトワが優位に立ったことが合わさって、メドベージェワの優勝が堅いと思われていたオリンピックのタイトルを剥ぎ取られたのだ。



Speculation that Medvedeva would leave Tutberidze had bubbled across the internet since Zagitova beat her for the Olympic gold by 1.31 points. Russian media began reporting it as news Friday.
ザギトワが1.31ポイントでメドベージェワを破ってオリンピックの金メダルを獲得して以来、メドベージェワがトゥトベリゼから離れるのではという憶測はインターネット上で飛び交っていた。

金曜日にはロシアのメディアがニュースとしてレポートし始めた。

 

 

Tutberidze told a Russian TV network Sunday that her messages to Medvedeva had gone unanswered for several weeks and that she learned the skater was leaving from a news report. The coach also recounted a conversation at the 2018 Olympics with a plaintive Medvedeva asking why Zagitova couldn't have been kept out of those Winter Games.
日曜日、トゥトベリゼはロシアのテレビ・ネットワークに対し、自分がメドベージェワに送ったメッセージには何週間も返事がなく、彼女が去ることはニュースによって知ったと語った。

同コーチはさらに、2018年のオリンピックの際にメドベージェワが悲しげに、なぜザギトワを今回の冬季大会に出させないようにしておけなかったのかと問うた、と詳しく話した。



"There was this really childish phrase: 'Couldn't you have kept Alina in the juniors for one more year?''' Tutberidze recalled Medvedeva asking, according to the Associated Press. "I said…we have to give everyone the same chance."
「こんなふうに子供っぽい言葉で『アリーナをもう一年ジュニアにおいておけなかったの?』と言ったんです」とメドベージェワが尋ねたのだとトゥトベリゼはAP通信に語った。

「私はこういいました…誰にでも平等にチャンスを与えなければ、と。」

 

 

In the translation of her Monday statement on the Russian federation website, Medvedeva thanked Tutberidze and her coaching team for "long, fruitful, sometimes very difficult work. These people gave me a life in figure skating and led to such high results that I can rightly be proud of. ... I hope that the time will pass, and everyone will understand that this was the only possible option for both of us, to continue to work honestly."
ロシアの連盟のウェブサイトに載ったメドベージェワの発言の翻訳では、メドベージェワはトゥトベリゼや彼女のコーチ・チームに対して次のように感謝している。

「長い間、実りの多い、ときには大変厳しい練習でした。これらの人々が私にフィギュア・スケート人生を与えてくれて、本当に誇りに思えるような素晴らしい結果に導いてくれました。…時間が経って、みんなが今回のことが、今後も一生懸命練習していくために、私たち双方にとって唯一選択し得るものであったと理解してもらえることを願っています。」



Medvedeva said she would continue to represent both Russia and the Sambo-70 skating club. Orser said he expected Medvedeva (and her mother) in Toronto at the end of June.
メドベージェワは、今後もロシアおよびサンボ70スケーティング・クラブを代表していくと語った。

オーサーは、メドベージェワ(と母親)が6月末にトロントに来るだろうと語った。



Following a post-Olympic examination, Medvedeva did not defend her world title in March on doctors' advice. Orser said he expects her to need more rehab for both the foot injury and a back problem but their intention is to have her ready for a Challenger Series event in early autumn and then the Grand Prix Series.
オリンピック後の検査に従い、メドベージェワは医師のアドバイスに則って3月の世界チャンピオンのタイトルの防衛には出場しなかった。

オーサーは、彼女には足の怪我と腰の問題のためにもう少しリハビリが必要だと考えているものの、初秋に行われるチャレンジャー・シリーズ、そしてその後のグランプリ・シリーズに間に合わせるつもりだと語った。

 

 

Orser said he had let Hanyu know that Medvedeva might be coming to Toronto. The coach thought it was possible Medvedeva asked Hanyu and Fernández about their experiences with him before making her decision. Hanyu has told Orser he intends to keep competing.
オーサーは、羽生に対し、メドベージェワがトロントにやってくるかもしれないと知らせたという。

同コーチはメドベージェワが判断を下す前に、羽生やフェルナンデスに彼らのオーサーとの経験について尋ねたこともあっただろうと考えている。

羽生はオーサーに今後も続ける意向を示している。



In his Seoul meeting with Medvedeva and her mother, Orser said he concentrated on moving forward rather than dwelling on the situation the skater had been in. The two of them have exchanged several text messages a day since then.
ソウルでのメドベージェワと母親との面会において、オーサーはスケーターがこれまでいた状況に留まるよりも、前に進むことに集中すると告げた。

それ以来、両者は何度かメッセージのやり取りを交わした。

 

 

"The main thing is she needs to have a voice in her own skating," Orser said. "We have been discussing music, what direction we want to go -- she has never had that luxury before. She told me it was, 'This is what you're skating to. This is the order of your spins, these are your spin positions.'''
「大事なことは、彼女自身のスケーティングに自分の意見を持つ必要があるということだ」とオーサー。「私たちは音楽について、どういう方向に進みたいかについて話し合った。彼女は今までそういう贅沢を言ったことがなかったそうだ。彼女はこういったよ。『これがあなたの滑る曲よ。これがあなたのスピンの順序よ。スピンのポジションはこういうのよ』とね。

 


Medvedeva impressed upon Orser that she remains passionate about skating. She told him her goal is to win the Olympics.
メドベージェワが今でもスケートに情熱を持っているという点がオーサーを感銘させた。

彼女は、目標はオリンピックで優勝することだと彼に告げたのだ。



"I said, 'Let's keep that in mind, but it doesn't mean you have to win every world championship on the way.' I think it is an important message for everyone to know that is what her goal is, and that is what we are going to aim for."
「私はこう言ったよ。『それを念頭に置いておこう、だけどそれはそこに至るまでの世界選手権で毎回優勝しなければならないということではないんだよ』とね。

彼女の目指すものが何なのか、そしてそれが私たちの目指すものだ、ということを皆に知ってもらいたい重要なメッセージはこれだと思うんだよ。」

 

 

Orser, the 1984 and 1988 Olympic silver medalist, said until the meeting in Korea he had exchanged no more than passing "hellos" and head nods with Medvedeva.
オーサーといえば1984年と1988年のオリンピック銀メダリストであるが、韓国での面会までは、メドベージェワとはすれ違い様に「こんにちは」と言ったり、会釈したりする程度だったという。



"What I have seen in her is that she is a fierce competitor, very reliable and, like Yuna, very headstrong," Orser said.
「彼女の中に見いだせるものは、彼女が強烈な競技者だ、ということだ。とても信頼でき、ヨナ同様にかなり突き進むタイプだということだ」とオーサー。



Medvedeva had been unbeaten from November 2015 until losing to Zagitova at the 2018 European Championships, the former's first competition after missing several weeks of training because of the broken foot.
メドベージェワは2015年11月から2018年のヨーロッパ選手権でザギトワに負けるまでの間不敗を守ったが、このとき前者は足の怪我で数週間のブランクの後初の試合であった。

 

 

"I told her the first thing she needs to do is to get onto a program where she gets her body healthy,'' Orser said. "So if she gets here and she's not on ice for a couple weeks, that's fine.'''
「彼女が最初にしなければならないのは、体を健康にするためのプログラムをきちんとやることだと話した」とオーサー。

「だから、ここに来ても彼女が2週間やそこら氷に乗っていなくても、それでいいんだよってね。」



Orser said Medvedeva would work with him, Wilson and choreographer David Wilson, who has done Olympic gold-medal programs for Kim and Hanyu and world title-winning programs for Fernández.
オーサーは、メドベージェワは今後自分やウィルソン、そして振付師のデイビッド・ウィルソンと練習すると語った。

デイビッドはキムや羽生のオリンピック金メダルのプログラム、またフェルナンデスの世界タイトル獲得のプログラムを振り付けた人物である。



"She is going to reinvent herself," Orser said of Medvedeva. "Even though she has some amazing titles, I feel they are the tip of the iceberg, that there is so much more she can do."
オーサーはメドベージェワについてこう語った。

「彼女はこれから自分自身を作り変えていくことになる。すでに素晴らしいタイトルをいくつも持っているけれど、それらは氷山の一角であって、もっとできることがいっぱいあると感じている。」

 

 

Will one of them be fixing the "flutz" -- the wrong edge takeoff on Medvedeva's triple lutz -- that has been a subject of controversy, since judges rarely call her on it?
そのうちの1つは「フルッツ」の修正となるのだろうか?

これはメドベージェワのトリプル・ルッツ離氷時のエッジ・エラーのことで、ジャッジが滅多にアテンションをつけないため、しばしば議論の的となってきたものだ。



"I'm going to do my best," Orser said, with a laugh. "I have been looking at it already. I'm not going try to disguise it or put it in a corner.
「最善を尽くすよ」とオーサーは笑いながら語った。

「それについてはすでに見てきたしね。ごまかそうとか、隅でやらせたりはしないよ。」



"That's not going to be an easy one, but I think she's open to this. She's open to the change."
「簡単にはいかないだろうけどね、だけど彼女はこれについてはやる気でいると思うよ。彼女は変化に前向きなんだ。」



It will be a change for Orser as well. He never has coached an elite Russian, and none of his eventual global champions -- Kim, Fernández and Hanyu -- came with a résumé already as loaded and distinguished as Medvedeva's.
今回のことはオーサーにとっても変化となるだろう。

彼はこれまでトップのロシア人選手をコーチしたことはなく、彼の所で将来的に世界的なチャンピオンとなったキム、フェルナンデス、そして羽生を見ても、メドベージェワのようにすでに数多くの輝かしいタイトル満載の戦歴をしたためてやってきたものはいなかったのだから。



"It's not going to be easy," Orser said. "These other coaches (in Tutberidze's group) know her way better than I do. We're just going to have a lot of communication."
「簡単には運ばないよ」とオーサーは言う。

「(トゥトベリゼのグループの)他のコーチたちの方が私よりも彼女のやり方をよく知っている。私たちは今やっとコミュニケーションを取り始めるところなんだしね。」

 

 

That the Cricket Club is private will make the arrangement easier, as it did for Kim and Hanyu, who could be shielded from public scrutiny as well as the demands of the South Korean and Japanese media, respectively. Medvedeva's move is a huge sports story in Russia.
クリケット・クラブがプライベートなクラブだという点が、キムや羽生もそうしたように、話の進め方を楽にしてくれるだろう。

それにより、彼らは世間の厳しい目と同時に韓国や日本のメディアの要求からもそれぞれ守られたのだった。

メドベージェワの動きはロシアでは大きなスポーツの話題となっている。



"If we have our bad days, we have our bad days," Orser said. "I think it's great she is moving halfway around the world to do this."
「良い日もあれば、悪い日もある(訳注: 最初のbadはgoodの誤りと判断しました)。

彼女が地球を半周も回ってやろうとすることは素晴らしいことだと思うよ。」

 

 



 

挑戦するアスリート達に、素晴らしい結果が待っていますように。

 

saikorinさんありがとうございました。




画像はお借りしました。
ランキング参加中。クリックしてね

ばりぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。