まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

シュッと4A降りるのだ!

NEW !
テーマ:

21日付のJapan Timesに掲載された ギャラガー氏のコラムです。

 

 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2018/02/22/figure-skating/hamilton-cousins-reflect-hanyus-brilliance-drawing-power/#.Wo-53_9rzaR

 

 

Two-time Olympic champion Yuzuru Hanyu’s intense mental focus, amazing physical gifts and huge popularity resonate with skating observers around the world. | AFP-JIJI
2度のオリンピック・チャンピオンである羽生結弦の強い精神的集中力や驚くほどの肉体的才能、そしてものすごい人気は、世界中のスケート観戦者の間で共感を呼んでいる。|AFP時事

 


FIGURE SKATING | ICE TIME
Hamilton, Cousins reflect on Hanyu’s brilliance, drawing power
ハミルトン、カズンズが羽生の輝きや人を惹きつけるパワーについて考察する


BY JACK GALLAGHER
ジャック・ギャラガー
STAFF WRITER
スタッフライター

FEB 22, 2018
2018年2月22日

GANGNEUNG, SOUTH KOREA – It’s not often that you get to chat with a legend in skating.
江陵、韓国 – スケート界のレジェンドと語り合えるチャンスはさほど多くはない。

But two in one day?
なのに、1日に2人も?

Well, that is remarkable in itself.
そうだ、それだけでも特筆すべきことだ。

 


Ice Time spoke to two Olympic champions — American Scott Hamilton (1984) and Britain’s Robin Cousins (1980) — at Gangneung Ice Arena this week, in the wake of Yuzuru Hanyu winning his second Olympic gold medal, to get their takes on the young superstar.
Ice Timeは今週、江陵アイス・アリーナで、羽生結弦が2度目のオリンピック金メダルを勝ち取ったのを追って、アメリカのスコット・ハミルトン(1984)およびイギリスのロビン・カズンズ(1980)という2人のオリンピック・チャンピオンと話をした。

 

 

Both Hamilton and Cousins are here commentating on the skating events. Hamilton for NBC, and Cousins for BBC.
ハミルトンもカズンズも、いずれもスケート競技のコメンテーターとしてここに来ている。ハミルトンはNBCに、またカズンズはBBCにコメントする。

 


They discussed Hanyu’s incredible performance, what he means to the sport, and the passion of Japanese skating fans in insightful and compelling detail.
彼らは羽生の見事な演技について、このスポーツにとっての彼の意味、そして日本のスケート・ファンの情熱について、洞察力と説得力を持って詳しく考察を披露した。

 


Hamilton, a four-time world champion (1981-84), talked about Hanyu’s uniqueness as a skater.
4度の世界チャンピオンであるハミルトン(1981-84)は、スケーターとしての羽生の特異性について話した。



“We saw in Sochi how remarkable of an athlete he is,” Hamilton stated. “The way that he presents himself through his programs and his artistry as being very organic and genuine to who he is as a skater.
「私たちはソチで、彼がどれほど卓越したアスリートであるかを目撃した」とハミルトンは語る。

「彼がそのプログラムや芸術性を通して、極く自然体に、またスケーターとしての自分に忠実に表現するその様をね。



“As a young skater you wonder how he is going to grow within the sport,” Hamilton continued. “He won a world championship after that Olympic gold medal, then didn’t win for two years, and he came back and won last year.
「若いスケーターとして、彼がこのスポーツの中でどのように成長していくだろうかと思いを抱くだろう」とハミルトンは続ける。

「彼はあのオリンピックの金メダルの後で世界選手権でも優勝し、その後2年間は優勝しなかったけど、戻ってきて昨年は優勝した。

 

 

“The question marks were, is he going to be able to keep up with the explosion of quads? Because once you win it’s really hard to apply new spots. You are who you are. A leopard can’t change his spots. But he grew and added more jumps to his arsenal. He is still young enough to do that.”
「疑問に思ったのは、彼が4回転の爆発的増加に付いていかれるだろうか、ということだ。だって、一度優勝すると、新しい模様(spot)を加えるのは本当に難しいんだ。

君は君以外の何者でもない。ヒョウは自らの斑点(spot)の位置を変えることはできないんだ(訳註:本質は変えられない、という意味)。

それなのに彼は成長し、他のジャンプも装備に加えたんだ。彼はそれをやれるほどまだ若いんだよ。」



Hamilton, who is 59 now, then addressed Hanyu’s challenge in coming back from the right ankle injury.
現在59歳のハミルトンは、続けて羽生が右の足首の怪我から戻って来る際の課題に言及した。



“For him to get injured like he was on the quad lutz in the fall, the question mark was, ‘Will he be able to put down a program?’
「彼が4回転ルッツで転倒した時のように怪我を負い、疑問となったのは、『彼はプログラムをやり切れるだろうか?』というものだった。



“To skate the short program as he did, that’s the key,” Hamilton noted. “You can’t take yourself out of the competition. You have to be right there.
「彼がショート・プログラムでやったように滑ること、それが重要なんだ」とハミルトンが指摘する。「試合を逃れることはできないからね。そこにいなくちゃいけないんだから。」

 

 

“He won the short and then it came down to making sure he bested the two other guys right behind him. He was able to do that, regardless of what Nathan Chen did.”
「彼はショートで1位となって、そうなるとすぐ後ろに迫っている2人の選手を確実に上回ればいいということになった。ネイサン・チェンがやった内容には関係なく、彼にはそれができたということだ。」



Incredible athleticism
途方もないアスリート魂


Hamilton, who was born in Bowling Green, Ohio, spoke of Hanyu’s athleticism and his drawing power.
オハイオ州のボウリング・グリーンで生まれたハミルトンは、羽生のアスリート魂と彼の人を惹きつけるパワーについて話した。



“Hanyu is an extraordinary athlete,” Hamilton commented. “He’s got this amazing fan following. It’s unbelievable. I mean he filled this arena.
「羽生は尋常ではないアスリートだ」とハミルトンはコメントする。

「彼には駆けつけてくれるもの凄いファンがいる。信じられないほどだ。つまり、彼がこのアリーナを埋めたってことだ。



“The Japanese audience loves figure skating and I’m really amazed as how they went crazy for him, they went crazy for (Javier) Fernandez, and they went crazy for Chen, and they went crazy for Shoma (Uno). It shows they love their champions, but they also just love great skaters.”
「日本の観客はフィギュア・スケートが大好きで、彼らが羽生に熱狂的になる様に本当に驚いているんだ。

彼らは(ハビエル)フェルナンデスにも熱狂し、チェンにも熱狂し、今度は(宇野)昌磨にも熱狂していた。どうも彼らは自国のチャンピオンたちを愛しているようだが、同時に素晴らしいスケーターも大好きなんだね。」



When I asked Hamilton if he was aware that he and Hanyu were the last two skaters to win the Olympic gold that didn’t win the free skate, he had a classic reply.
私がハミルトンに、フリー・スケーティングでは優勝できなかったのにオリンピックで金を獲ったけれどのはハミルトンと羽生の2人だけだと知っていたかと尋ねると、彼は古典的な返答を返した。

 

 

“No. I wasn’t aware of that. But you know what. We both deserved it.,” Hamilton said with a laugh.
「いや、気づかなかったよ。だけど、分かるだろ。私たちはどちらも優勝に値したんだ」とハミルトンは笑いながら言った。



Hanyu’s remarkable poise
羽生の特筆すべきバランス


Cousins, a three-time world medalist (1978-80), believes Hanyu creates challenges that he must rise up to meet.
3度の世界選手権メダリスト(1978-80)であるカズンズは、羽生は自分が立ち向かうべき課題を作り出していると考えている。



“Coping with the pressure. It’s amazing,” Cousins stated. “We know from watching interviews, he put the pressure on himself. I saw an interview where he said, ‘People say I know don’t have to do what everyone else does, but I want to.’
「プレッシャーへの対処。あれは驚くべきものだ」とカズンズは述べる。

「インタビューを見ていると、彼が自分で自分にプレッシャーを掛けたのが分かる。あるインタビューで彼がこう言うのを見たよ。

『他の人がみながしているからと言って、僕がやる必要はないことは分かっているだろう、と人は言う。だけど僕はやりたいんだ。』



“That’s the kind of person that becomes a star and a champion, and a very unique and special Olympian. Which is what he is,” Cousins commented. “Two-time Olympic gold medalist. He has set a new benchmark.”
「スターとかチャンピオンになる人っていうのはああいうタイプの人なんだ。そしてとてもユニークで特別なオリンピアンだ。

彼はそういう人だよ」とカズンズはコメントする。「2度のオリンピック・メダリスト。彼は新たな基準を打ち立てたんだ。」



Cousins, the 1980 European champion, then spoke of how there is a lot more to Hanyu’s game than quadruple jumps.
1980年のヨーロッパ・チャンピオンであるカズンズは、次に羽生の試合には4回転ジャンプ以外にももっと多くのものがある点について語った。

 

 

“What I love about him is, could he still be a champion without the quads?” Cousins said. “Absolutely.”
「彼について私が好きなところは、4回転なしでも彼はチャンピオンになれるか?絶対なれる、という所なんだ。」

 


Cousins, who turned 60 last summer, addressed the explosion of quads currently rocking the sport.
昨年の夏に60歳になったカズンズは、最近このスポーツを揺るがしている4回転の爆発的増加について言及した。



“My thing with skating nowadays is that it is so quad-centric,” Cousins noted. “Everything is about the jump, jump, jump. I look at all performances. If you took the big tricks out, whether it’s pairs, singles or dance, would you still want to watch?
「最近のスケートに関する私の考えは、4回転ばかりに注目が集まりすぎているということだ」とカズンズは指摘する。

「全てがジャンプ、ジャンプ、ジャンプってね。私は全てのパフォーマンスを見るよ。大技を取り除いてみて、ペアでもシングルやダンスでも、それでも見たいと思うかい?



“Would the person still be interesting? Cousins wondered. “Do they still have something to say?”
「それでもまだ興味を持てるかい?」とカズンズは疑問を持つ。「それでも何かを伝えることができるかい?」



Cousins feels Hanyu’s training partner Javier Fernandez, the bronze medalist here, also has that special something in addition to jumping ability.
カズンズは羽生のトレーニング・パートナーであり、今回は銅メダリストとなったハビエル・フェルナンデスにも、ジャンプの能力の他に同様に特別なものがあると感じている。

 

 

“With Javi you have it and with Hanyu you have it. Absolutely,” Cousins stated. “Two completely contrasting styles, very much similar to what we’ve seen in the ice dancing with the French and the Canadians. But that’s what makes our sport so great.”
「ハビを見ればそれを感じるし、羽生を見てもそれを感じる。絶対だ」とカズンズは述べる。「2つの完全に対比をなすスタイルで、フランスとカナダのアイス・ダンスの関係に大変良く似ている。だけど、それだからこそこの競技がこれほど素晴らしいものになっているわけだ。」



Cousins, a native of Bristol, England, doesn’t believe the current rules have totally quashed individuality.
イギリスのブリストル生まれのカズンズは、現在のルールが個性を完全に抑え込んでいるとは思っていない。

 


“As much as people say, ‘Well, it makes everybody doing the same thing now. Everybody is ticking the same boxes,” Cousins commented. “They might be doing the same thing, but certainly don’t look the same.
「多くの人がこう言う。『だって、今は誰もが同じことをするようになっている。みなが同じボックスにチェックマークを入れているんだよ』って」とカズンズは言う。

「彼らは同じことをしているのかもしれないが、もちろん同じには見えない。」



“It is great, and I think he (Hanyu) is a phenomenal champion. He is absolutely a rule-breaker for our sport.”
「それは素晴らしいし、私は彼(羽生)は驚異的なチャンピオンだと思うよ。彼はフィギュア・スケートの固定観念を完全に破っている。」

 

 

One of the all-time legends
史上最高のレジェンドの1人


Cousins then harkened back to his time in the spotlight on the world stage and said Hanyu belongs with the all-time greats.
次にカズンズは世界の舞台でスポットライトを浴びていた自身の時代に立ち返り、羽生について彼は史上最高のスケーターに属すると言った。



“I go back to my day, and the people who I looked up to, and you look at the transitions between superstars of figure skating,” Cousins stated, “and he is absolutely a superstar of figure skating in my world.”
「私の時代に戻って、尊敬していた人たちを思い出し、それからフィギュア・スケートのスーパースターたちの変遷を思い返しても、羽生は私の世界では絶対的にフィギュア・スケートのスーパースターなんだ。」



Cousins acknowledged that the elements he is seeing today were not even imaginable back in his heyday.
カズンズは、今日見ているエレメントが彼の全盛期の頃には想像もつかなかったものだと認めている。



“I sit there with my jaw on the floor watching these guys jumping and doing things that were science fiction in my day. I mean it was science fiction,” Cousins claimed. “If somebody had said, ‘There are going to be five quads,’ it would have been ha, ha, ha.
「私は座って、口をあんぐりとあけながら、彼らがジャンプを跳んで、私の時代にはSFだったようなことをやるのを見ていたよ。そう、あれはSFだった」とカズンズは断言する。

「もし『4回転は5つ入れるでしょう』なんて言ってたら、笑うしかなかっただろうよ。」



“We saw triple axels, and I could do triple axels. You might have saw a quad, but it wouldn’t be that pretty,” Cousins said.” Butnow you have 14-year-old girls doing them. You kind of go, ‘Wow. What is it?’ ”
「当時もトリプル・アクセルは見たし、私もトリプル・アクセルは跳べた。4回転も見たかもしれないけど、あんなに美しくはできなかっただろう。でも今では14歳の女の子でもそういうのをやっているんだ。

『わぁ、あれなんだ?』って感じになるよ。」

 

 

Cousins wonders if it has all gone too far, but thinks that Hanyu program components are so special that he can win where others can’t.
カズンズはちょっとやり過ぎではないかとも思うものの、羽生のプログラムのコンポーネントは実に特別で、他の者なら勝てなくても、彼なら勝てると考えている。



“At some point, the insanity does have to stop,” Cousins commented. “But then you look at Hanyu, and you go, ‘But actually you don’t need them all.’
「どこかの時点で、この狂気の沙汰はどうしても止める必要がある」とカズンズは言う。「だけど、そこで羽生を見ると、きっとこう思うだろう。

『でも実際には全部やる必要はないんだ』と。



“You have something else. There is something. He is almost an ethereal being in the way he skates. It’s interesting, because he is not that accessible when he performs.”
他にもあるじゃないか。何かがあるんだ。彼の滑り方を見ると、彼はまるで別の世界の生き物のようだ。面白いね。だって演技する時は近寄りがたい感じさえするよ。」



Singular focus on the ice
氷上で並外れた注目を浴びる


Cousins thinks that Hanyu is in his own world when he is competing on the ice.
カズンズは、羽生が氷上で試合をする時、独自の世界に入っていると考えている。



“Javi was like me. I wanted to skate for the crowd,” Cousins stated. “I wanted to know exactly how many people were watching me.
「ハビは私みたいだった。私は観客のために滑りたいと思っていた。私は実際何人が私を見ているのか、その数を知りたいと思っていたんだ。

 

 

“There are other skaters, and I don’t know him that well, but I would say that Hanyu is that person who doesn’t need to know who’s in the audience,” Cousins continued. “He needs to know what he wants and he makes them come to him. It’s a different dynamic, but it absolutely is mesmerizing.
「他のタイプのスケーターもいて、私は彼のことをよくしらないけれど、羽生は観客の中にどんな人が混じっているかなんて知らなくても大丈夫な人と言えるかな。彼は自分がしたい事を知っていればいいのであって、彼は観客の方を自分に近づけさせるのだ。それはまた別の動きだけど、格別に魅惑的なんだ。



Before the men’s singles began here, two-time Olympic champion Dick Button, one of the giants of the sport, sent out an interesting tweet.
今回の男子シングルが始まる前に、2度のオリンピック・チャンピオンでこのスポーツの巨人でもあるディック・バトンが興味深いツイートを発している。



“I urge you to look up performances by John Curry, Toller Cranston, Robin Cousins,” Button wrote. “All were different, all interesting, all innovative. Compare with the similarity of today’s skaters who have to abide by current rules. Remember it’s a Quad Fest.”
「ジョン・カリーやトラー・クランストン、ロビン・カズンズの演技を見てみるといい」とバトンは書いた。「どれも違っていて、どれも面白く、どれも新しかった。

いまのルールに従わねばならない今日のスケーターたちがみな同じようなことをしているのに比べてみたまえ。まるで4回転祭りだろ。」



Button, at 88, still casts a huge shadow over the sport. When he talks (or tweets), people take notice.
88歳のバトンは、いまでもフィギュア・スケートには大きな影響力を持っている。彼がなにか言うと(またはツイートすると)、人びとはみな注目する。


Cousins smiled when informed of Button’s tweet and was clearly moved.
バトンのツイートについて知らされると、カズンズは微笑んで、明らかに感動した様子だった。

 

 

“Whoa. That is phenomenal. That is fantastic,” Cousins replied. “I do hope that anybody coming through who is a fan of Hanyu, who is a fan of Fernandez, also knows who people like Toller Cranston and John Curry and myself are.
「わぁ。凄いね。すばらしい。羽生のファンやフェルナンデスのファンだという人たちが、トラー・クランストンやジョン・カリー、それに僕のことも知ってるといいんだけど。


(この後世代交代の話で、今はGoogleとかYouTubeもあるんだから、活用したらいいと。

羽生によってファンの忠実さも別次元になっている、という話が続きます。)

 

 

 

 

saikorinさんありがとうございました。

画像はお借りしました。
ランキング参加中。ぽちっと押してね
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。