まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

シュッと4A降りるのだ!


テーマ:

icenetoworkに掲載された、コーチについての特集です。

ちょいちょいとオーサーコーチについて書かれています。

ご紹介します。

 

http://web.icenetwork.com/news/2018/01/17/264799752/coaches-reveal-secrets-for-handling-elite-skaters

 

 

Coaches reveal secrets for handling elite skaters
コーチたちがエリート・スケーターへの対処の秘密を明かす


Mozer, Orser, Haguenauer, Turberidze share proven coaching strategies
モーゼル、オーサー、アグノエル、トゥトベリゼが実績のあるコーチング戦略を語る


Brian Orser acknowledged that his strict Irish Catholic upbringing may have something to do with how he coaches his skaters. -Getty Images
ブライアン・オーサーは自身がアイルランド系カトリックの環境で育ったことが、自らのスケーターたちへの指導方法に影響しているかもしれないと認めた。



It's not easy to coach several of the best skaters and teams in the world all at once. Icenetwork asked four esteemed coaches -- Nina Mozer of Russia, Brian Orser of Canada, Romain Haguenauer of France and Eteri Tutberidze of Russia -- about how they handle the pressure that is building up as the Olympic Winter Games approach.
世界的に優秀なスケーターやチームを一度に複数指導することは容易ではない。

Icenetwork ではロシアのニナ・モーゼル、カナダのブライアン・オーサー、フランスのロマン・アグノエル、そしてロシアのエテリ・トゥトベリゼの4名の尊敬すべきコーチたちに、冬季五輪大会が近付くにつれて膨らむプレッシャーにどのように対処しているかについて尋ねた。

 

When asked how he felt about coaching some of the finest skaters in the world, coach Brian Orser was quick to answer: "It's hard. Don't believe all those who say, 'Brian has so many good students -- he is so lucky.' It's really hard!" he told icenetwork at the 2016 Trophée de France.
世界でも指折りのスケーターたちを何人も指導することについてどう感じているかと尋ねられると、ブライアン・オーサー・コーチはすぐに答えてくれた。

「大変なんだよ。人は『ブライアンには素晴らしい生徒があんなにいるから、とてもラッキーだよね』と言うんだけどね。本当に大変なんだよ!」と彼は2016年のフランス杯の折にicenetworkに語っていた。

Coaching several of the main contenders for the podium, especially in an Olympic year, is quite tricky, especially during a competition like the 2018 European Championships.
特にオリンピックの年に、表彰台を狙える主要な選手たちを複数指導することは極めて難しく、2018年のヨーロッパ選手権のような試合の最中ともなればなおさらだ。

"You can see how pressure is building up among them," a judge said here, watching the pairs practice.
「彼らのプレッシャーがどんな風に大きくなっていくかが分かるよ」と言うのは、この会場でペアの練習を見ていたあるジャッジだ。

It should be even greater in three weeks in PyeongChang.
それも3週間後の平昌ともなればより一層大きくなるに違いない。

(中略)

 

Skating at different times certainly makes things easier, Orser confirmed.
別々の時間に滑ることで、確かに物事はやりやすくなる、とオーサーは認めた。

"Actually, this season hasn't been too hard," he said. "Yuzu [Hanyu] and Javi [Fernández] trained together most of the summer and fall, which was good, but as soon as we entered the Grand Prix season, they were on different schedules. Javi and Yuzu competed in different Grand Prix. Then, Yuzu has been treating his injury and he wasn't around very much. Then Javi had Spanish nationals, and now it's Europeans. They haven't been on the same rink that much.
「実際、今シーズンはそれほどハードというわけではなかったよ」とオーサー。

「ユヅ[羽生]とハビ[フェルナンデス]は夏も秋もほとんど一緒にトレーニングしていたし、それは良いことだったけれど、グランプリ・シーズンに入るとすぐに2人は別々のスケジュールに入っていったからね。

ハビとユヅは別々のグランプリに出場した。

そうしたら、ユヅは怪我を治療していてあまり姿を見せなかった。すると今度はハビがスペインのナショナルがあって、それで今回はヨーロッパ選手権でしょ。だから彼らは同じリンクにはそれほど一緒にいなかったんだよ。

"Everyone has his own agenda. We're all going to the same place, but we're going there via different paths."
「誰でもみなそれぞれスケジュールがある。みな同じ場所に向かっているんだけれど、それでも別々の道を辿っていくんだね。」

(中略)

 

Strangely enough, Orser and Tutberidze share a common familial trait: Both are the youngest of five children. Could growing up in a big family help develop the ability to deal with several strong individual personalities?
不思議な取り合わせだが、オーサーもトゥトベリゼも同じ家族構成を持っている。

2人とも5人弟妹の一番下なのだ。大家族で育つと、複数の強烈な個性に対処する能力が開花するのであろうか?


(エテリ・コーチの場合)

"Maybe there is something to that," Orser said. "My parents were of Irish Catholic descent, and they were rather strict, with strong discipline. I had an upbringing of respect and honor, very strong values."
「恐らくそういうのもちょっとはあるんだろう」とオーサー。

「両親はアイルランド系カトリックの子孫で、しっかりした規律を持っていてとても厳しかった。僕は尊重や敬意など、とてもしっかりした価値観を重んじて育てられたんだ。」

Has he passed such values on to his protégés?
彼はそのような価値観を自分の弟子たちにも伝えてきたのだろうか?

"As a coach, I have to familiarize myself with my skaters' cultures," he said. "But those two values of respect and honor are valid in every culture!"
「コーチとして、僕はうちのスケーターたちの文化に馴染まなければと思う」とオーサーは言う。

「だけどさっき言った尊重と敬意の2つの価値はどんな文化にも当てはまることなんだよ!」

 

Skating on the same ice as one's competitors is tough for any skater, but they all know how much they have to gain from it. Separating skaters' agendas, developing a strong and trust-based confidence, and setting strict guidelines are keys for those coaches who are helping the best skaters in the world reach the peak of their careers. We will see how these strategies play out in PyeongChang a month from now.
どんなスケーターにとっても誰かの競争相手としておなじリンクで滑るのはタフなことだが、彼らはみなそこからどれほどのものを得られるのかを知っているのだ。

世界トップのスケーターたちがそのキャリアのピークにたどり着くのを支えるこれらのコーチたちにとって、スケーターのスケジュールを分け、強い信頼をベースにした自信を育て、厳しいガイドラインを設定することが鍵となるのだ。

 

 

 

 

選手に対し、尊重と敬意の念を抱く。

彼らの母国の文化を理解しつつ。

 

付け焼刃では効かないコーチングは、互いの信頼関係から成り立っているのですね。

 

 

 

 

saikorinさんありがとうございました。
画像はお借りしました。
ランキング参加中。ぽちっとな
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ばりぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。