神田勇哉のブログ

フルーティスト 神田勇哉の日記


テーマ:

{AEB84A96-2E19-407C-9855-69DE49587338:01}


珍しいイワナの刺身。



川魚は生では食べれない。と教えられたが、例外もいるようです。


あまり期待せずに珍しもの見たさでオーダーしたけれど、
海の魚に負けない身の締まりと味わいでした。







中国地方には同じく珍しく
アナゴの刺身が食べれる店があるそうな。

人から聞いたウメエもんは、自分で実際に食べる主義でヨ。


よし次はそれを食べるのを今後の目標にしよう。






{25D29172-D468-41D8-A72D-49D5C9C5920A:01}

と言うことで甲斐の国、甲府に行って参りました。





松本の人間としては、子供の頃から特急で何度も通過している事と、
同じ海ナシ県ですので、文化が同じ同郷だと思っております。

なにより両地とも信玄公のお膝元という事で武田の血をひいている気がするのです。



そう言えば自称「武田家の末裔」ってモデルさんもいたなぁ…。








街には大河ドラマ「風林火山」と
連ドラ「花子とアン」の垂れ幕があった。

地元愛強すぎぃ!!



花子とアンは2014年。

風林火山が2007年。もう10年前か…


時間の流れは 「疾き事風の如し」!







{2052EE5B-2895-41A6-B88B-97F03E475EC0:01}


内容はNHKの歌謡ショーの収録。

11月下旬放送です。


カッコよく映っているといいナ。






アントニーの歌がちょう美味かった。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{D13FE91C-9987-48FE-8037-C432AE5E1E28:01}

ただいま移動中。




音楽家は旅に行きたい人と、行きたくない人に分かれるみたいで、

それは家族がいたり、旅に飽きていたり、時間を取られたくない等、理由は色々。





私にとっては土地土地の物を食べて飲むのが大いなる喜びですが、
お酒を飲まない人や、食べる事に興味がない人もこの世にはいるので、


この辺で温度差が生まれるのね。




ハードな冒険や、本場で演奏を聞く、など

今後につながる良い体験が得られる旅行がしたいですね。





県民ショーを見ながら、ふと47都道府県でまだ行った事ない場所を書き出してみた。

青森
石川
岡山
愛媛
徳島
大分
鹿児島

なんと!あと7県でコンプリート!


それよりも驚いたのが、ほか40県全ての思い出を、ちゃーんと覚えていた事。





おそらく旅は脳に大きな影響を与えるのであろう。

私の姪っ子(1歳)は、実家に帰省すると、
急にその後の素行が大人になるらしい。

私も小さい頃、いとこの家によく遊びにいったものだが、
自分の家の事よりも、いとこの家での出来事を鮮明に覚えている。




旅行なんかで脳が発達するのだったら、今後も、メキメキ、ニョキニョキと脳のどっかを発達させたいもんですな。








カプセルやユースホステル、ドヤ街など、これまでにいろんなホテルに泊まってきましたが、
今はある程度ちゃんとしたトコを選ぶようにしてます。

それでも、思わずツッコまずにはいられないホテルがあるんですよ、また…





壁が薄すぎて、隣の部屋の方の通話、ドライヤー、咳まで聞こえてきたり、

禁煙ルームなのに恐ろしくタバコ臭いなんてのはまだ序の口。




枕元の時計から冷蔵庫みたいな
ブ〜〜ン、って音がしていた時は、

「ただの時計やろがい!!」

ってツッコんでしまった。

秒針のカチカチならまだしも、時計でコンプレッサー音てなんやねん!


{68372ED7-57B7-4947-978C-8DEB665F9B3E:01}

結局我慢出来ずコンセントをぶっコ抜き







{1B4592F6-3C75-422F-97C1-4F7AE45F3B20:01}


こちらは夏にオーケストラで宿泊した韓国のホテル。



一見ただのシャレたホテルなんだけど、

設定温度20℃強風に設定されてて凍え死にそう…



止めようとリモコンを探したり、壁のパネルを端っから確認したけど手がかりナッシング。


結局、入り口付近の電源スイッチになってるカードキーを引っこ抜いて無事止めることが出来た。





あとあと聞いた話によると、エアコンのリモコンはテレビのと合体した「一体型」であったとの事。

わかるかぁ!そんなモン!むかっ

(しかもよくある温度を上げる下げるボタンは無く、
20℃、24℃、28℃、32℃と書かれた四つのボタンが並んでいたらしい。)





ここは何が面白いって、オケの皆さんの行動の統計が興味深かった…




カードキーを引っこ抜いた者
(私入れて)2人

フロントまで操作を聞きに行った者(英語)
4人

そして諦めて布団を被って極寒の冷気吹き荒ぶ中寝た者
10人

テレビと一体型なのに気付いた者
1人!クラッカー






リアル脱出ゲームか!!!

 




リモコンの秘密に気付いた唯一の猛者は、
「テレビのリモコンに温度表記があるからまさかと思って…」
と言っていた。




固定観念に縛られず、ちょっとしたヒントを見逃さない洞察力。

あっぱれ!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{241FFF7E-45DE-4541-A153-681244626ADF:01}

びぃやあああひろい

なんて立派なホール。




新潟市民芸術家文化会館りゅーとぴあにて、
オルガンのコンサートのお手伝いでソロを演奏してきました。


過去行ったミューザ川崎でのオルガンとのコンサートと同じく、
オーケストラサイズの広いホールをフルートの音で満たす。


とても贅沢なひと時。




{F7CCBD62-0E31-41B2-9D3B-720D85D905C0:01}


こんな感じの立派なパイプオルガンがあります。




{3DED8BC7-2815-4F98-A3D4-42DA5925B871:01}


じゃーん。特設ステージ。

大統領演説みたいなデーハーにせり出ている。



{6DFA1277-09AA-4A43-86CD-D623B4B60D95:01}

吹いてるトコロ。


ロックのコンサートみたいに客席にダイブしたら、

死ぬ。




曲目がトゥーランドット姫のアリアだったらバッチリだったカモ。





{4D008F5A-0E3E-41AA-8C57-4C1584117DD5:01}


オルガンのパネルは相変わらず操縦席みたいだった。

一つの楽器から生まれる無限の音色。



演奏すると言っても、シンセみたいなワンタッチ音色変更ボタンや、音量ツマミがある訳では無い。

あちらこちらとレバーを動かして
音色を探っていかなければいけない。



そして個々の楽器毎に操作が異なるそうで、
初対面のオルガンに座らされて「ハイ本番して下さい。」

…ってのはかなり無茶な話らしい。






先ほど音色が無限と言ったけれど、
共演させて頂いたオルガンの山本真希先生曰く、

「フランス人作曲家は音色に対する要求が多い。」と。

フランス物はドイツや他の国の作品と比べて、楽譜内の音色作りの指定が細かく書き込まれているのだそうな。



フランスのオーケストラの売り文句として必ず
「色彩感」という単語が出てくるけれど、
こういう所から来てるのですね。

  



ヴァンサン・ルカ氏のレッスンでは、ひたすら
change la couleur (change color)と言われた。

それは強い弱いでは無く、息の微妙な変化による音色の移り変わりだ。


かのドビュッシーはソナタのレッスンにて、
「強く吹く必要は全くない。」とアドバイスしていたそうなので、

色々と一回りして繋がってくる。





でもマァそうすると、2000席のホールでフルートソロのコンサートをする、
と言うのは矛盾しているので、

現代における芸術と興行とは、妥協の産物なのだ。







{B948616C-211A-48F6-AEE6-FEC0C87A3B06:01}


楽屋の廊下の壁には大量のサイン。

演奏者は一筆描くのが習わしだそうな。




{19BB8749-6C44-4659-ADF3-B3223DE4CAD9:01}

ボロディ ソ 四重奏団


タイソソも思わず苦笑い。

なぜ外国の方は「ン」と「ソ」、を必ず間違えるのか。





{B85584D9-DB75-4FCE-BC27-E1A229C6A15F:01}

こんなすばらしいホールで ひかちれて(訂正)

ひかされて ありがとう!

 
…どうやらイヤイヤ弾かされたようだ。





{9C264E4F-3D75-4662-8154-E9AB137FF089:01}

天下のハネケン先生の下に、同じ口調で書き込むハカセさん。

芸能人同士仲よさそう。




{E9952F85-5949-4E77-AC8E-B5E2BC4B5944:01}

来るたびに積み重ねられる「井上道義」タワー。


{0E39152A-4A30-4922-9CB8-F71A9743391C:01}


タワー建設の邪魔をした成瀬クン。あっぱれ!





{9BCDDC9B-461A-4EE4-9469-C3206E048033:01}

やっぱり達筆、道山さん。

シンスケさんとのデュオなのに、先に漢字に目がいっちゃうよねぇ〜。




{5264D407-9533-4BCE-A647-B72A8927DE99:01}

と言う事で恥ずかしながら書かせて頂きました。



やっぱ漢字だね。うんうん。

今後はサインはコレにしよう。




皆さんもりゅーとぴあ行く事があったら探して見てね。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。