ゆうすけくんのてきとーブログ

ゆうすけくんのてきとーブログ

かわいいコーギーのゆうすけくんのお父さんが、
美味しいと思ったもの、趣味
そして、ゆうすけ君との思い出を書いているブログです。

まずはヴァイトブリックのレースから。

未勝利を勝った時のように、道中は馬を前に置いて進めていましたが、明らかに飛越で遅れていましたからねえ……。

ちょっと厳しい内容だったように思えます。

コメントでは練習の時と飛びが違うとのことですが、おそらく自然に飛ぼうとすると、良くない飛び方になるのでしょうね。

このあたりが改善されるのかどうかですが、改善となると時間がかかりそうな気がします。

今のキャロットクラブでそれだけの時間をもらえるかどうか……。

いっそのこと、平地へ戻してみるという選択肢はないでしょうか?

府中のダートでどうかと思いますが、芝を試してほしい気持ちもあったりします。

どちらにしても、続けて使ってもらいたいと思います。

クラブコメントでは状態を見てとありますので、なんとか使える状態であってもらいたいものです。

 

そしてAJCCの前に東海Sを

見事なタテ目と言いますか、絞れていて3連単マルチで買うことができていたら……

ちょっと悔いが残る馬券でした。

まあ、穴を狙ってフルスイングでしたからね。

これは仕方のないところです。

このレースがフェブラリーSにつながりそうかと言われたら、ちょっと違うような気がするんですよね。

 

そして、さあAJCCを振り返りましょうか。

予想のスクリーンショットは↓のとおり。

レース結果はこちら↓

 

そのレースを私の主観で振り返りますが、ぶっちゃけスタート直後は

「ノリやりやがった!」とポツンっぽい位置取りに頭を抱えていました。

マイネルファンロン、キングオブコージと並んでいたので、

速くなってズブズブな展開になってくれないかなあ……なんて思っていたりはしましたが、

逃げていたのがキャッスルトップなので、そんなに速くはならないかなと、ヒヤヒヤして見ていました。

しかし、残り800あたりで展開が動き始めると、最終コーナー前ではマイネルファンロンとキングオブコージが連れて進出、このあたりで↓な感じになってました。

直線、これは外だろう!と力が入りますが、大外の馬も脚色がいい……

よりによって、切り馬のアサマノイタズラも伸びて来ていて、

「これ、アサマノイタズラ来たらおいしいな」と、真面目に思いましたが、

ボッケリーニもポタジェも来ていたので、

そんなおいしさいらないと、↓のように心で叫びました。

ケンを嶋田に変えていただいたら、ぴったりかと(笑)

 

最内を突いたボッケリーニと大外のアサマノイタズラは勢いでは外……。

祈る気持ちでスロー再生を見ながら、お仲間に「内の9が残ってるよね?」と懇願するかのようにLINEしてました。

なんとか、スローではボッケリーニがかろうじて前に見えたので、ドキドキしながら配当待ちに。

グリーンチャンネルでキングオブコージ→マイネルファンロン→アサマノイタズラの配当を見た時は、

え?こんなにつけるの!?と思いました。

マイネルファンロンが2着だったので、ド高めキタ━(゚∀゚)━! とは思ってましたが、せいぜい30万馬券くらいかなと。

続いてキングオブコージ→マイネルファンロン→ボッケリーニの配当を見てからは、ここ2週間の事を一瞬忘れてました(苦笑)

そして、無事、確定し、私の過去最高配当が無事更新されました。

確定の瞬間、よっしゃー!と叫びましたし、その後は踊ってましたね。

今の私の状況でこんな楽しい気持ちにさせてくれるんですから、やっぱり競馬っていいもんですね。

ただ、これらの馬が今後どうかというと、G1じゃあ少し足りなさそうですね。

マイネルファンロンは外枠で差せる馬場ならまた買いたいと思います。

アサマノイタズラは次からは軽視するのやめようと思います。寿命が縮みました(笑)

 

というわけで、調子に乗りまくっている回顧というより、浮かれた自慢話でした。

来週あたりは、今年の愛馬初勝利あたりがあるといいなあ(笑)

母がいないことで私の生活を一変した。

一人暮らし経験はあるので、家事をこなすことは平気なのだが、父の介護が私の負担となっていた。

父も10年ほど前に脳出血を発症しており、左半身の自由が利かない。

加えて加齢から動きもかなり鈍くなっており、自分でできることはかなり限定される。

着替えと用を足すことが自力でできることが救いだが、時にそういった世話が必要になる時もある。

しかし、そんな状態の父も要介護度は2であり、施設入所は叶わない。

母が倒れた翌週に、父がデイサービスで汚したというズボンの洗濯をしながら、私は複雑な思いを抱いていた。

あまり公に書くことではないかもしれないが、父は金にだらしない人だった。

そんなこともあり、父が倒れた時は私と父は没交渉だった。

「私には関係ない」

そう言い放つ私に頭を下げたのは、他でもない母であった。

それに加えて、父のリハビリを担当した病院の生活相談員が非常に親身になって、私の良心に訴えかけて来たこともあり、仕方なしに父を引き取ることにした。

余談だが、父が運び込まれた病院の生活相談員のこちらのことを考えない説得では、私は父を引き取らなかっただろう。

母がいなくなった今、私が父を看る理由はないのではないか?そんな考えが頭をよぎることもあるが、弱弱しく私を頼る年老いた父を見ると、さすがに父を見放す選択をする気にはなれなかった。

 

母の回復を祈る日が続いていたが、母の状態に劇的な良化は認められなかった。

競馬風に言えば、良化はスローでありまだ時間はかかりそうだ。いや、時間がかかりそうというのはかなり希望的観測であろう、一週間経っても母の麻痺した右半身に回復の兆しは見られなかった。

しかし、脳出血の状態はリハビリを考えられるようになっており、リハビリ病院へ転院となった。

母がリハビリ病院へ転院となった日に、妹夫婦の飼い犬「ぷる」が18歳の天寿を全うしたのは↓の記事に書いた通り。

妹は「ぷるがおかんの代わりに逝ったね。おかんが助かるがやったら、そうなる気がした」と言ったが、その通りかもしれない。

没交渉だった妹と私を元の兄妹に戻して、自分の役割は終わったよと言わんかのように逝ったぷるは母の代わりも引き受けてくれたかもしれない。

動物にはそういった不思議な力があると確信している。

 

リハビリ病院へ転院となった日、私と父は母に会うことができた。

私は倒れた当日に会うことができていたが、父は母が倒れた日はデイサービスであり、朝に「行ってきます」をしてから会えていなかった。

父は金にだらしなく、頭もいいとは言えないが、人としては気のいい人ではある。

母を目にした途端、父は子供のように、「生きてて良かった」と涙ぐみながらくり返し、かえって母が心配をしてたしなめる場面もあるくらいであった。

お互いに心配し合う会話ばかりをしていたが、皆が寂しい思いを抱いていた。

家で普通に会話をしていた親子がマスクをしなければ、いや、マスクをしても会うことが叶わない。

恐ろしい世の中だと思いながら、未知の感染症に対策しなければならない病院の対応としては致し方ない。せめて早く気兼ねなく面会をし、病床の家族を励ませる世になって戻ってほしい。

家事はだいぶ慣れて来た。

風呂を入れている間に洗い物を済ませるのは、すっかり生活のリズムになっている。

母が元気な頃にこれくらいはしてあげるべきだった。

最近は洗い物をするたびに、そんな思いにとらわれています。

リハビリ病院に入院して一週間くらいで、退院時の目標が示されることになりますが、それについてはまた続きにて。

では、今週の予想へ。

 

AJCC

◎キングオブコージ

☆マイネルファンロン

△ポタジェ

△ボッケリーニ

△オーソクレース

切アサマノイタズラ

 

本命はキングオブコージ

前走が外枠から結構無理な競馬に見えたが、5着は健闘したと見ています。

まだ戻り切っていないかもしれませんが、あれから良化していたらここでも勝ち負けかと。

相手はそろそろ穴を開けそうなマイネルファンロンをお楽しみに。

実はどっちがどっちかよくわからなくことがあるポタジェとボッケリーニは両方買う(笑)

最後、キャロ会員ですからオーソクレースは押さえます。

皆様お楽しみであろう切り馬はアサマノイタズラ。有馬記念の敗因は気管支炎だそうですが、デキはその有馬記念の時の方が良さそうで。

 

馬券は◎1頭軸の3連単マルチで印相手に。

 

 

東海S

◎ゲンパチルシファー

△オーヴェルニュ

△アイオライト

△ブルベアイリーデ

△サンライズホープ

△スワーヴアラミス

△デュードヴァン

切グレートタイム

 

本命はゲンパチルシファー。

これで私がどこのサイトを見ているのかおわかりいただけるかもしれませんね(笑)

前走ヤラズのノーカン扱いにできるなら、ここ狙いというのはありそうです。

あと、この馬本命というのは他に買おうと思う馬が、どこから買っても安そうだったので。

買おうと思っていた馬は以下の通りですが、絞り切れませんでした。

雨が降ったら頭流すつもりだったオーヴェルニュは地力で。

とりあえず内で行くアイオライトは買う。

堅実ブルベアイリーデ。

外枠怪しいが中京いいサンライズホープ。

前走良かったスワーヴアラミス。

騎手で買うデュードヴァン。

そして、切り馬はグレートタイム。鞍上は重賞で来たら仕方ないと思うことにしています。

 

馬券は◎1頭軸の3連複流し印相手を買っておいて。

◎の3着ヅケ3連単印相手流しがお楽しみ。

◎流しの馬連を押さえで。

土曜小倉4R障害OPに愛馬ヴァイトブリックが石神騎手で出走します。

 

嬉しい変わり身を見せてくれた前走。

今回はどれだけの成長を見せてくれるのか楽しみなところです。

しかし、前走は勝ったとはいえ、ペースなど色んなところが恵まれた感がありますし、OPでとなるとまだまだ上積が必要だと思っています。

もちろん、ここ突破なら次は重賞挑戦を含め選択肢が広がるでしょうから期待はしたいところです。

加えて、メンバーはそれほどでもないのかな?と思っています。

J重賞に出たとして、馬券買いたいなと思う馬は見当たらないので、慣れが必要と思いつつも、ここ突破してくれないかなあという期待はもちろんありますね。

ヴァイトブリック自身は順調です。早めに小倉入りして、今回も前走のように直前軽めにやって整える感じでの調整です。

平地力ではメンバー上位と思いますので、それを生かしてどう戦うか。

厳しい戦いは覚悟していますが、ここクリアなら夢が膨らむなと楽しみにしているところです。

 

愛馬への期待度「▲」

私の見た適正オッズ「20.0」

コメント「障害OPはハードルが高そうだが、このハードルを越えれば夢が膨らみますよね」

 

愛馬近況の方は↓へ

 

レイエンダは天栄で14~15秒ペースの調整。

障害練習もこなしているようです。

障害デビューとなると藤沢厩舎での出走はなさそうですね。

この血統で最後に一花と思うのですが、ちょっと難しそうですね。

 

サンクテュエールは2月中の出走を目指すとのことで、こちらは藤沢厩舎で最後の一花を期待したいところ。

ただ、番組的に出られる番組があるのか?という感じです。

東京新聞杯か小倉大賞典に出ることができればいいのですが、賞金的に難しいのでは?

個人的には、そろそろハンデも下がるであろうから、小倉大賞典に出られるなら見てみたい気持ちはあるのですが……。

 

シャーレイポピーはそろそろ移動という話が出てきました。

このタイミングだと、やはり武庫川Sでしょうか?一番ぴったりな条件ですからね。

出られるようなら、格上挑戦なんてのも……なんてのは、ちょっと調子に乗ってるかな?

それだけの期待をしているということです。

というか、プログノーシスは避けてもらいたいです。(あっちは距離を伸ばしそうではありますが)

 

ヴァーンフリートは天栄で14~15秒での調整。

レース後にガタっと来た感じがないのはいいですね。

この調子なら、暖かくなったころにトライアル挑戦を賭けてという期待ができるかなと思っています。

ダービー見に行きたいなあ(私は基本、愛馬が出ないと遠征しない人です。)

 

アルマドラードは30日の出走に向けて、一週前追い切りという感じでしょうか。

もしかしたら、藤沢厩舎アルマドラードはこれが最後になってしまうかもしれません。

藤沢厩舎&ルメールのコンビで、この血統。

最後に1つ、きっちり決めてもらいたいところです。

 

アイスランドポピーは天栄で14~15秒ペースでじっくり作っていく感じですね。

できていないので焦っても仕方ないのですが、やはり姉のようにワクワクしたかったなあ……。

それは、秋の楽しみにできるよう、なんとかこの段階を乗り越えてもらいたいところです。

 

ハミングバードは天栄で14~15秒ができていて、状態もまずまずとのことなので、これは前進しているのではないでしょうか。

まだ、デビューとかいう段階ではないようですが、勢司先生も様子を見てくれているみたいですし、この調子でお願いしたいですね。

 

明日出走のヴァイトブリックはまた後ほど!

先週の切り馬は

日経新春杯がヨーホーレイクで京成杯がロジハービン

下の画像のように思っていただけたら、何よりです……

しかし、競馬は容赦なく精神を削りに来ますねえ……

切り馬は↓な需要もありそうなので、しばらく頑張ります(泣笑)

レースの回顧をするには、MPが足りないです……。