魚谷侑未オフィシャルブログ「魚谷侑未の麻雀奮闘記♪」Powered by Ameba

日本プロ麻雀連盟魚谷侑未のブログです。
第6・7期女流桜花・第10回女流モンド杯・第9回モンド王座です。
麻雀格闘倶楽部・ロン2に参戦しています。
麻雀の話から日常生活の下らない事まで色々と綴って行こうと思います。よろしくお願いします。


テーマ:
ツイッターで書いた何切る?問題をブログにも置いておきます。

{FF2CA854-19DE-4483-906E-432BB421C5BD}



東2局親番、ドラ5

三四(234)23456789 ツモ4
私はなるべく大きなトップを取りたいところ。無理なら単独トップでも。と思ってました。

とても贅沢な手牌ですが何切りますかー?

解説については下へスクロール!













私は9sを切りました。
ツイッターでの回答も9s切りが一番多かったですね。


ツイッターで解説しようかと思ったんですが、文字数が明らかに足りなかったのでブログへ。


この何切るは9s切りが一番柔軟かなーと思います。

他の切る牌の候補でまずは考えてみましょう。



①マンズ単騎聴牌
→リーチするにしても、ダマテンにするにしても、これだけの手牌なので少し勿体無いかなぁと思います。
確かにマンズの場況はいいのですが、なら二五待ちもいいはず。
それに三四重なりのフリテンリーチを打てる形もさほど悪くないかなぁと思います。


②4s切り
→これは9s切りの次に多かった意見です。
確かに一気通貫が楽に見える形なので捨てるのは勿体無いような気はします。
ただ、この手牌は4sを先に持ってきてしまった時点で234の三色かメンタンピンが本線になるかなと思います。
そもそも1s引きのマンズ単騎聴牌はさほど嬉しくないんですよね。
一気通貫を見切る事によって、ほとんどのツモで12000以上が確定する形になります。
4sを切ってしまうと、索子で頭ができるとしたら258か369なんですよ。
258なら同価値なんですが、369は9以外が三色が崩れますし、369のどれを引いてもタンヤオが消えますからやはり優位性は薄いかなという判断になります。


③9s切り
→という事で上でも説明しましたが、この手牌は9s切りが一番柔軟かなぁと思います。
一気通貫は捨てる事になりますが、索子で頭が出来た時に1s引き以外はメンタンピン確定、1s2s引き以外は高め三色の形も残りますから打点的な魅力が一番ありますね。
またマンズの縦重なりでフリテンリーチを打つ事になりますが、3面張で最低でも2600オール、高めツモで裏1なら6000オールまで見えるリーチが打てるので一気通貫を捨てるだけの価値があると思います(*´꒳`*)



いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

魚谷侑未さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース