東京2020聖火リレー千葉県概要決定について | 水野ゆうき オフィシャルブログ 「水野ゆうきのゆう can change!!」 powered by Ameba

水野ゆうき オフィシャルブログ 「水野ゆうきのゆう can change!!」 powered by Ameba

水野ゆうき オフィシャルブログ 「水野ゆうきのゆう can change!!」 powered by Ameba

こんばんは、我孫子市選出・千葉県議会議員の水野ゆうきです。

 

少し(2日間)ブログをお休みしてしまいました。選挙後から喉の調子が悪く、熱が上がったり下がったりで、平日病院に行く暇もなく、我孫子市の日曜当番院で緊急的に診察をしてもらい、その後きちんと病院に行ったところ、扁桃腺がとても腫れており、抗生物質で治療中・・・・(>_<)まだまだ咳も出るため、残念ながら母校である本日の我孫子市立第四小学校の運動会に行けず・・・( ;∀;)

 

しかし、本当に多くの保護者の皆様から「子どもが1位とったよ!」「無理しないで」「こんな感じだよ!写真送るね!」とご連絡がたくさん来て、布団の中でみんなを応援していましたベル

 

※送っていただいた写真

 

自宅が学校の近くなので、みんなの大きな声はしっかりと聞こえていました。

 

激しい選挙戦のあと、体調を崩している議員が非常に多く、私も選挙後休みなく働いていたら、一番酷使した喉にきてしまいました💦

 

ここ2日間、ゆっくりと休めたので、また明日からの仕事を頑張ります!

 

さて、2020年東京五輪の聖火リレーについて、本日1日、大会組織委員会は全国47都道府県をめぐるルートとランナー募集の概要を公表しました。

 

千葉県は既に入るということは決まっており、千葉県内のどこを通るかということが千葉県議会内においては議論が行われていたところでして、ほぼすべての議員が自分の選出区を走ってもらいたいと思うのは当然のことです。

私の会派「千翔会」としては、谷田川議員から本会議において「千葉県の被災地であり、被害の大きかった旭市、浦安市、香取市、我孫子市などを通るように働きかけてほしい」と要望を行っておりました。

 

千葉県におけるオリンピック聖火リレーのルート概要は以下の通り。

※以下ルートは今後変動があり得ます

 

●1日目:令和2年7月2日(木)

★1日目のデイルートテーマ:県内道路網を活用し本県の基幹産業や豊かな自然をアピールするルート

木更津市(海ほたるにて出発式)→君津市(君津大橋)→富津市(青堀駅)→南房総市(岩井海岸)→いすみ市(太東海水浴場)→一宮町(釣ケ崎海岸)→匝瑳市(野栄中学校付近→野栄ふれあい公園)→山武市(蓮沼交流センター付近→蓮沼海浜公園第2駐車場)

 

●2日目:令和2年7月3日(金)

★2日目のデイルートテーマ:本県の魅力あふれる歴史・伝統文化や国際都市をアピールするルート

銚子市(銚子ポートタワー出発式→銚子漁港→銚子市役所)→旭市(いいおかみなと公園→いいおかユートピアセンター)→香取市(小野川周辺)→芝山町(航空科学博物館)→成田市(三里塚さくらの丘→成田市役所→成田山新勝寺)→習志野市(国際総合水泳場)→千葉市(幕張メッセ駐車場)

 

●3日目:令和2年7月4日(土)

★3日目のデイルートテーマ:歴史・伝統文化と先進的まちづくりが融合した活気あふれる都市をアピールするルート

浦安市(浦安市総合公園周辺にて出発式)→船橋市(行田公園→船橋市保健福祉センター周辺)→鎌ケ谷市(鎌ヶ谷市役所→新鎌ふれあい公園)→柏市(道の駅しょうなん)→我孫子市(手賀沼公園)→柏市(柏の葉公園)→松戸市(松戸駅周辺※セレブレーションは松戸中央公園)

 

我孫子市も入っております(^^)/

 

聖火ランナーについてです。

大会組織委員会による主な募集概要は

●2008年4月1日以前に生まれた方とします。ただし、 2020年3月1日(聖火リレー開始月の初日)時点で、18歳未満の方は保護者の同意が必要です。

●原則として、走行を希望する各都道府県にゆかりがある方

●国籍、障害の有無、性別、年齢のバランスに配慮しながら幅広い分野から選定

●聖火ランナーの総数 約10,000人

※都道府県が選考できるランナー数 1日当たり22人

千葉県は7月2日~4日の3日間のリレーを実施するため66人(半数以上は公募で行う)、千葉県を走行するランナー数は約240人であり、県以外の選考はパートナー企業、組織委員会等が行います。

●都道府県の募集期間 2019年7月1日~8月31日

※千葉県オリンピック聖火リレー準備委員間が6月3日(月)に開催される予定で、その際に千葉県のランナー募集方法について検討を行います。

 

 

もちろん私たち政治家、つまり公職選挙法に規定する公職にある方(国会議員、地方公共団体の議員・首長)、公職の候補者や候補者となろうとする方、政党や政治団体の党首及びこれに準ずる方は、聖火ランナーになることはできません。

加えて、宗教家が、宗教上の実績で評価されて聖火ランナーになることもできません。

 

 

以下より応募方法や基準をご確認ください。

https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/torchbearer/