【ブログ】横浜市戸塚区‐訪問看護・リハビリ・居宅介護支援の【愛ステーション】

【ブログ】横浜市戸塚区‐訪問看護・リハビリ・居宅介護支援の【愛ステーション】

愛訪問看護戸塚ステーションは、家族の皆様が不安を持つことなく、無理のない介護生活を送れるよう最大限にサポートします。
エリア:横浜市戸塚区・泉区・瀬谷区・旭区・保土ヶ谷区・大和市・藤沢市など、お気軽にお問い合わせください。TEL:045‐443‐7364

愛訪問看護戸塚ステーションでは看護師・理学療法士・作業療法士が在籍しています。看護師は土日・祝日・24時間連絡体制でサポート、理学療法士・作業療法士は祝日もサポートさせていただいております。
愛訪問看護戸塚ステーションは、軽症から重症まで・小児から大人まで・近隣から遠距離まで対応させていただきます。
また、ご家族が抱える毎日の介護についてのご相談にも応じて、ご家族の不安を取り除くためにサポートさせていただきます。
住み慣れた地域やご自宅で安心・快適な暮らし叶えるために、気軽に、安心して訪問サービスを活用して頂けるため、ご不明な点や、ご要望がございましたらお気軽にご相談ください。
https://yuukei.info/

私のブログをいつも読んで頂きありがとうございます。

 

Withコロナ時代の真っただ中で、毎日毎日全力で生きておられる日本国民の皆様に、心より敬意を表したいと存じます。

 

以前の私のブログでもご紹介しましたが、昨年10月に襲来した台風19号の影響で、自宅屋根が一部損壊し被災しました。幸い屋内への浸水被害は免れましたが、瓦が20枚以上剥がれ落ち、地上6mの屋根に上って雨除けのシートカバーを命がけで設置する作業を経験しました。私の被災は未だかわいいもので、同年の台風15号では千葉県鋸南町の被害は想像を絶する強風が襲いかかり、1万棟以上の建物が被災しました。1年経過した今でも、修理すらできない家々が点在し、家の再建を諦め故郷を去る方々が増加している事を先日報道で知りました。とても切なく、悔しく、悲しい現実ですね。

 

日本は古くから災害大国。特に近年は、コロナ感染症をはじめ、規模の大きな地震・豪雨・猛烈台風・噴火・高温災害等未曽有の自然災害が毎年のように発生しています。災害は、経済や生活だけではなく文化までも破壊してしまいます。しかし、私達は災害が起こるたびに、英知と連帯を磨き、忍耐強く、規律と思いやりを糧に、先祖代々古来から様々な場面で助け合って生きてきたと感じています。このような相互扶助の精神は、現代社会にしっかりと根付き、今も私達被災者の復興への大きな力になっています。

 

★【災害義援金を頂きました!!!!!!】

昨年の台風19号での被災の後、消防署で罹災証明書を発行して頂きました。その後、被災から4か月程度を経て、横浜市福祉局から義援金支給の申請書が届きました。所定事項を記入し、義援金申請を済ませると、1か月後の3月・7月・8月と3回も全国からの尊い善意の義援金が、被災者の私に届けられたのです!!!!!。とにかく、ありがたくて・ありがたくて・・・・。日本国民の皆様 本当にありがとうございました!!!!。!

皆様も日々大変な日常生活を送られておられるのに、大我の愛を与えて頂き本当に感謝です!!!!。

 

災害が起こる度に、コンビニやスーパーのレジ横に【義援金】箱が設置してありますが、見るたびに本当に届くのだろうかと疑問に思っていました。でも、本当に届きますよ!!!。ですから、安心してご協力ください!!!!。多くは日本赤十字社を通じて、公平に被災者に分配されますから(少し時間はかかりますが・・・・)。

 

 

尚、当事業所では、コロナ感染症予防対策を含め【災害時の対応】について、大切な利用者の皆様を守るために、適宜社内研修を実施しています。今後も利用者様のより良い生活環境の提供と安心安全な在宅生活の継続のために精一杯精進致します。

 

 

皆様 これから寒さが本格的になりますから、お体ご自愛ください。

 

栄養・睡眠をたっぷりとって、3密を避けながら 素敵な日本の秋(紅葉・美食等)を楽しんでくださいね!!!。

 

                                               

                                                 理学療法士 宇野 真成

 

 

]

仕掛け絵本6冊を訪問時に利用者様のリハビリを兼ねて一緒に作成し、半年程掛けてようやく完成しましたキラキラ

そろそろ3歳になる可愛いお孫さんが遊んでくれているニコニコと利用者様が満足そうにお話してくださいました。




過去に作成したリボン刺繍作品

作業療法士   塩地


 急に秋らしい陽気になり、寒いと思う日も出て来ました。
 今日は尿とりパットを使ったホットパックの作り方をご紹介させて頂きます。(研修で教えて頂いた物のご紹介です)
 用意する物
・冷凍用ジップロック Mサイズ2枚
・尿とりパットMサイズ位
・タオル
・ペットボトル500mLに水

 尿とりパットを破り、高分子ポリマー(綿みたいな物)を取り出し1枚のジップロックの袋に詰める。Mサイズで半分位の量です。
 詰めたジップロックの中にペットボトルのお水500mlを入れてジップをしっかり留めモミモミして満遍なく水分が行き渡るようにします。
もう1枚のジップロックを上下反対向きに入れ二重にして漏れないようにします。
電子レンジで1分温め、一度モミモミして温度が均一になるようにし、再度電子レンジで1分温めます。電子レンジのワット数は500又は600w位にしました。
2回温めると程よい温度になります。タオルを巻いて肩や腰等温めてみて下さい。3,4時間程度温かさが続くと思います。
              河須崎
こんにちは。初ブログ、ケアマネ佐々木です。
7月に戸塚居宅へ入職して早いもので3ヶ月が経ちました。
緑が多く自然いっぱいの環境で仕事できることに感謝しております。近くには畑もあり訪問時には、よく車で通りがかります。畑を見て最近、祖母の事をよく思い出します。あと150日で100歳という年齢を目前にして他界した最愛の祖母です。お婆ちゃん子だった私は夏休みや冬休みになると、ずっと祖母の家で過ごしていました。90過ぎまで毎日、裸足で陽を浴びながら畑をやっていた元気な祖母でした。よく、その場でもいだ野菜を食べたものです。
そんな祖母は脳出血で倒れる前日まで散歩もしていました。ずっと在宅で家族と永い間居られ最期は皆に囲まれながらの旅立ちだったので、まるでお昼寝でもしているかの様な穏やかな表情でした。
介護の世界に入ったのは、祖母の面倒をみたいと思ったのが、きっかけでした。結局、自分でなんでも頑張っていましたが···。
人間必ず迎える死···。私達は在宅で過ごしたいという方々のお手伝いをする仕事です。自宅で最期を迎えられることは本当に幸せなことだと思います。
まだまだ経験が浅く、日々勉強させて頂くことが多いですが、利用者様、それを支えるご家族様と一緒に考え少しでも気持ちが楽になって頂けたらと思います。時には一緒に泣いたり、笑ったり、喜んだり···、心のケアも支援できればと思います。
こんにちは!
愛ケアステーション戸塚でもコロナウィルス感染予防のため対策「適切なマスク着用、アルコール消毒の徹底、距離と換気の徹底」を行い皆様への支援を行なっています。
サービス計画は自分でも作れますが、介護保険では全額給付(自己負担ゼロ)で、ケアマネジャーが本人や家族と相談して、サービスの組み合わせや計画を提案。サービス提供事業者との調整をして、ご利用の支援を致しております。
私達ケアマネジャーは、介護者ご本人の意思を尊重し、ご家族の介護負担軽減を考慮して対応しております。
私は、真心こめてサービスの調整提案をしております。このコロナ禍で、ストレスが溜まり介護支援が必要な時には、躊躇わず、ご相談、ご利用下さい。
介護支援専門員(ケアマネジャー) 掛札昌子
気がつけば、9月になっていました。
桜が開花する頃に、コロナウイルスが あちこちで流行りだし マスク必須な生活が始まり なんだか いつもと違う毎日を送っています。

朝晩涼しい時間が少しずつ増えてきましたね照れ

台風接近や、コロナウイルス対策等で 不安な日々が続きますが、深呼吸しながら 日々過ごしたいと思っている この頃ですニコニコ

みなさん、梅干しは食べますか?
我が家は、お弁当に欠かせないので 毎年収穫し浸けています。


今年は梅雨が長すぎたため、外に干す時期が遅れ やっと完成しました。大量ですドキドキ


梅には疲労物質である乳酸を分解するクエン酸が豊富に含まれています。
 このクエン酸は、胃腸の働きを助けてくれる。
疲労回復、食欲増進などに役立ちます。

今は、季節問わず いろいろな野菜や果物がスーパーで買え季節感が感じられなくなっています。

暑い時には、汗を放散させて体温を外にだすような 茄子や胡瓜やトマトが育ちます。
これを冬に食べたら、寒くなります。

旬のものを食べること。
心身の調子が少しおかしいと感じたら、まずは生活のリズムを自然を取り入れることを していこうかなと感じています。

まずは心を憩わせて過ごしていきたいですね。

      看護師 和田



今年の夏は、夏らしい行事もないまま終わりました。

入職してから4ヶ月がたちました。まだまだ失敗ばかりですが、皆さんの優しさに助けられています。
最初は病院に勤めていた時とのギャップに驚き戸惑っていましたが、今は訪問看護という仕事の奥深さ、やりがいと楽しさを感じています。
ご家族、他職種の皆さんとともに、一人一人の患者さまにじっくり向き合い、関わり、ありがとう。と笑顔で言ってもらえると、疲れも寝不足も吹き飛びます!!
今後も、少しでもご家族やご本人様の、安心に繋がる看護を目指して頑張ります!
この名刺入れは転職のときに、病棟の皆さんがプレゼントしてくれたものです。 
はじめて名刺を出すときは緊張しました!!
ずっと大切に使いたいと思います!

看護師 尾崎

残暑がまだまだ続く毎日ですね☀️

皆さんは戸塚区汲沢にある「まさかりが淵」はご存知ですか?
私は何十年も戸塚区に住んでいて、しょっちゅう近辺を通って存在は知っていたのですが、最近やけに事務所近くの「まさかりが淵」という看板が気になったのでお散歩がてら行ってみました❗️


なんと❗️タニシやお魚が泳いでいる綺麗な川を発見しました‼️しかも誰もいない❤️
灯台元暮らし的な隠れ癒しスポット発見に嬉しくなってしまいました☺️もしかしたら他にも近くにまだ知らない素敵な場所があるのかも知れませんね✨


さて、私も新しい事に挑戦しました。それは「裁縫」です👗
学生の頃から裁縫がすごく苦手で裁縫の得意な利用者様の話を聞く度に尊敬していたのですが、先日2歳の娘が「ママと同じ服着たいの」と言われて挑戦してみました✨

凄く大変で途中で既製品を買ってしまおうか何度も悩みましたが、なんとか完成しました。とても気に入ってくれました❤️


裁縫のように、作業に集中すると余計な思考をシャットアウトでき不安やストレスについて考えることも少なくなるため、結果的にストレス軽減に繋がるとされているそうです。また、こうした反復動作は天然の抗うつ剤とされる「セロトニン」の分泌を促すため、疲れた心を緩和させてくれたり、手や目を連動して使うため、続けることで運動機能を維持することができ、脳の働きを活性化できるそうです。それに指先の動きと連動してアイデアを練ったり、段取りを考えたりするため前頭葉がフル稼働。こうした脳機能の活性化は、認知症や記憶障害の予防に繋がると言われています。

なにより完成した時の達成感があります❗️

ピアノや裁縫など自分が好きな事や挑戦したい事にチャレンジする事は心理的・精神的にも良いのでこれからも続けていきたいと思っています。


看護師 柴田

リハビリの為、ピアノを始めたと言う高齢者の利用者様からのお勧めで、ピアノ初めてみました。


ピアノを弾くと、ドーパミンが多く分泌されるそうです。

幸福感や快感、意欲を感じるホルモンで、元気な体に欠かせないホルモンとあります。


また、リラックス効果、癒し効果、ストレス解消効果、脳活性化が期待と良い事尽くし。


片手だけでもOK!

座ってできる!

めちゃくちゃに弾いても、それなりに良い!


暑さと感染予防で、室内で過ごされることが多いと思います。

アプリを使えば、音符の読めない私でも、楽しく集中する事が出来ました。

機会があれば、大人ピアノ、良いですよ(*^^*)



長い長い梅雨が明けやっと夏がやって来ました!

と、思う間もなく立秋を過ぎ暦の上では秋のはずが、毎日猛暑が続いております。

コロナに加えて熱中症対策の両立と、四苦八苦ですねガーン

暑さのせいで冷たい物を摂り過ぎたりと胃腸の調子が悪くなり食欲も落ち気味ですが、しっかり食べて夏バテ予防して下さいね。


夏バテの原因の一つとして、目から入る紫外線の影響もあるそうです。目から入る紫外線で日焼けするだけで無く、交感神経を刺激して身体が興奮して休まらず、結果疲労してしまうという事。

確かに陽射しに晒されて過ごすと、大して動かなくとも身体が疲れるという事が良くあります。目からの紫外線予防も夏バテ対策の一つなんですね。

予防として日傘やサングラスの使用グラサン一番効果的なのはUVカットのコンタクトレンズだとか。私も休日は眼鏡で過ごしていましたが、外出の予定がある時は極力コンタクトをつけるようにしています。

ただ紫外線は骨を丈夫にするビタミンDの生成に必要なものなので、過剰な予防は骨粗鬆症の原因にもなってしまいます。

付かず離れず?上手くお付き合いしていきましょう。




上差し地元の友人宅のミラさんです。元保護猫で最初の頃は大分ヤンチャでしたが、今ではすっかりお嬢様ですね。

帰省を自粛しているのでしばらくご無沙汰。リモートではなく早く実物に会いたいものです(涙)