尋常性乾癬と膠原病♪自然療法で完治したブログ

尋常性乾癬と膠原病♪自然療法で完治したブログ

乾癬が全身に爆発(*_*)シェーグレンやリウマチも併発。薬でドロ沼にハマることを知り、ストイックな生活改善で今は完全に無症状♪
食事だけで体は本当に強くなります。少しでも多くの方に知ってもらいたくブログに綴ってます(#^^#)

前の記事が書きかけにも関わらず、興奮気味ですみません!!

 

アイハーブを愛好している皆様に朗報です!

11%オフのセールが始まりました!

(11/13午前3時まで)

 

しかも、楽天リーベイツキャンペーン中で11%ポイント還元でしたラブ

(リーベイツのキャンペーンの終了日時は分かりませんでした。)

 

合わせて22%オフはなかなかないオフ率です。

これはちょっと、いやかなり、買いだめします。

 

楽天市場でもお買い物マラソンが始まっていますね。

<楽天市場 お買い物マラソン>

(※お買い物マラソンとは、1,000円(税込)以上の商品を複数のショップで購入すると、購入ショップ数に応じ、ポイント倍率が2倍、3倍と最大10倍まで増加し、購入した商品のポイントが最大10倍(通常ポイント1倍+特典ポイント9倍)になります。)

 

楽天リーベイツというポイントサイトを経由して楽天でお買い物をすると、更に1ポイントが加算されるので忘れずにクリックしています♪

楽天は1%還元ですが、なんと、アイハーブだと5%~20%の還元があります。アイハーブ愛好家にはたまりませんラブ

↓楽天リーベイツは、初回登録後、3000円以上のお買い物で500ポイントがもらえます。

<楽天リーベイツ500円ポイント還元キャンペーン>

 

アイハーブのセールでは、私の好きなメーカーのみセール対象外になる事が多いのですが、楽天リーベイツのポイント還元は、全て対象になるため、かなり熱いです!

お勧めです♪

 

(追記)

すみません!もっとお得なキャンペーンが追加になりました!

紹介コード NAN5720 を入力すると、新規のお客様に限り、11ドルの割引があるそうなので、取り急ぎお知らせさせて頂きます💦

既存のお客様は、紹介コード NAN5720 で、5%の割引になるとのことです<m(__)m>

もし、よろしければお使いくださいませ<m(__)m>

 

 

-------------------------------

アイハーブでマイページを作ってみました。

愛用のアイハーブ商品を並べてみました。


ココナッツオイル

クリルオイル

酵素

ビタミンB

ビタミンC

脂溶性C

ビタミンD(K2含む)

ビタミンE

必須アミノ酸(EAA、アミノ9)
ターメリック

シナモン

カレーパウダー

活性炭

サイリウム

アスタキサンチン

 

 

Dr. Mercola, マルチビタミン+バイタルミネラル

(重要)正常な代謝に欠かせない。昼食後4錠、夕食後4錠

ベタインHCLか消化酵素

(重要)栄養を摂っても吸収できなければ意味がない。食事ごとに1錠。生りんご酢でもOK。

ビタミンB群

(重要)全ての歯車を回すための要。毎食1錠

ビタミンC

(重要)CとEは合わせて摂る。1g×3回

ビタミンD

(重要)ビタミンK2を含んだもの。冬季や梅雨時期のみ、マルチビタミンミネラルに追加として1錠。

ビタミンE

(重要)1日1錠。鉄と同時に飲まない。

ナイアシン

(重要)ステアリン酸マグネシウムの入っていないものを選ぶ。

    100mgから始め、500mg×昼・夕・寝る前

クリルオイル

(重要)1日の最初の食事の際に1錠。炎症を予防・改善します。

LGG乳酸菌

(重要)アレルギー・自己免疫疾患に良い乳酸菌です。

酪酸菌

(重要)膠原病で破綻している免疫寛容システムを改善します。

 

(我が家のサプリの一部です^^;後ろの棚は、たんぽぽ茶やハーブティー。オーガニックのお茶も安く買えるので、冬は重宝しています。)

-------------------------------

 

本日も、ご覧いただきどうもありがとうございました。

 

難病を治す|基本の食事と生活

酢・クエン酸は万病の特効薬」 

 も宜しければご一読下さい。

久しぶりに、薬を飲んでも塗っても悪くなる一方だった頃の写真を見て唖然としました。

 

自然療法を知ることができて本当に良かった。

これにつきます。

 

ここまで悪くなって病院に行かない人はいないでしょう。

だから、絶対に良くならないのでしょう。

そして、別の病気を発症して、体を病気のデパート化させてしまうのです。

 

皆に知ってほしいです。

薬は正常な代謝を阻害すること。

体の代謝を正常に戻す食事があることを。

(飲みだした薬を急にやめることはいけません)

 

【最低限 必要なこと】-------------------------------
代謝(エネルギー代謝と物質代謝)が全てです。

正常な代謝が行われていれば、3か月で身体の細胞は正常に入れ替わります。

正常に代謝できない状態で、自己免疫疾患や癌を発病します。

 

●酸化した体では正常な代謝を起こせない為、まずは血液をアルカリ化する。

●血液・細胞・骨・ホルモン・臓器・皮膚・酵素などを作る材料を確実に摂り、吸収・活用する。

●乾いた体・細胞を水とミネラル塩で潤し、電子をスムーズに受け渡せる状態にする。

●細胞壁の脂質を入れ替え、細胞に栄養が届く状態にする。
●正常な代謝(化学反応)を起こせる体温を保つ。

●血液の質を上げ量を増やし、体の末端・毛細血管などくまなく栄養が届く状態にする。
●正常な代謝を妨げる薬・有害物質を極力避ける。

-------------------------------------------------------

これらを正常化した状態がスタートラインです。

これらを無視して、何をしようが、病気は治りません。

治っているように感じていても、またどこかが必ず悪くなります。

 

一つずつ試して、効果がなかったことでも、同時に行うことによって効果を発揮することが多々あります。

全体を動かすためには、たった一つの歯車も欠かせないのです。

 

そして、こられの異常を、最短で、言わば強引に、

同時に最適化することで、負の連鎖を断ち、正常な代謝のスイッチを入れることが可能です。

強引にスイッチ入れた後は、さらに自然な電源へ切り替えていく方法も重要ですが、まずはスイッチを入れ、病気の進行を抑えます。


病気を治したいのなら、是非実行してみてほしいです。

そして、本気で実行されたなら、3か月後、1年後、結果をコメント欄に書いてほしいです。

もっともっと強い「治る輪」が広がっていってほしいです。

 

病気を治したいのなら、原因を知り、対策をとるだけ。

全て、家でできること。自分にしかできないことです。

 

病院通いでは、一見良くなったように感じるだけ。

少しずつ、もしくは急速に、確実に悪くなります。

 

「治る方法があったら、とっくに世界中に知れ渡っている」という人がいるでしょうが、

それは違います。

 

治り方が人それぞれ違うのです。

まず、初期と進行してしまった病態とでは、良くなるスピードが全く違います。

溜まっている有害物質の量も、炎症の度合いも、代謝も、体力も、血管も、ミトコンドリアの機能も、何もかもが全く違います。

「重症の人」が「簡単に治ってしまった人」の方法を同じ期間続けても、完治しません。

 

しかし、確実に、改善方向に向かっています。

 

ただ、改善に向かう時、血流があがり、免疫反応が盛んになり炎症・痛みがでます。

また、毒素も動きだし、体調がすぐれないこともあります。

このような好転反が起こってしまうため、単なる悪化と捉えられ、「自然療法はデマ、危険でしかない。」という情報に変換されます。

 

では、好転反応は本当に良いものなのでしょうか。

これも違います。

 

好転反応なんて、無ければ無い方が良いに決まってます。

好転反応だろうが何だろうが、炎症は体の悲鳴です。

これを極力抑えながら、病気の原因を一つ一つ消していく方法が、弱った病人には最善です。

 

少しずつでも確実に改善する方法があるのに、なぜ行動しないのか?

 

本当に良くなる確証がないから、努力できないのだと思います。

良くなる!という希望・楽しみを感じなければ、辛いだけです。

 

なので、断言しておきます。

私がここに書いている方法は、絶対に良くなる方法です。

しかも、リスクが限りなくゼロに近い。

良くなる希望を持って、ワクワクしながら取りくめたらしめたものです。

 

やってみて合わなければ、合うように量を調整します。

どんなに良い食事でも、最適量があります。

 

まずは、少量から始めます。

3か月後に、3か月前より少しずつでも良くなっていると感じることができれば、また3か月続けて下さい。

3年後、3年前に比べて確実に良くなっているはずです。

多くの細胞が入れ替わり終わる時期だからです。

 

嬉しいことに、出来る対策は沢山あります。

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

☆「難病を治す♪基本の食事と生活」

治りたければ行動あるのみ。

しかも、希望をもって楽しみながら。

 

 

 

次回は、最小限の好転反応で簡単に確実に代謝を改善する方法のみを挙げてみたいと思います。

 

-------------------------------

 

本日も、ご覧いただきどうもありがとうございました。

 

難病を治す|基本の食事と生活

酢・クエン酸は万病の特効薬」 

 も宜しければご一読下さい。

 

アクセス数、フォロー、リブログ、リンク、ご紹介、いいね!があるとやる気が湧いてきます(*^_^*)

いつも、本当にどうもありがとうございます<m(__)m>

 

-------------------------------

【閲覧注意】

スクロールしていくと、乾癬の写真があります。

顔が妖怪人間で、本当に怖いので、自粛して首と肩をちょっと・・。

気持ち悪いので・・・、乾癬の患者さん以外の方は、見ないことをお勧めします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態の乾癬が顔を中心に全身に広がっています。

顔は妖怪人間で、体は痛みで歩くことが出来ない時期がありました。

生きているのが辛かったです。

死ぬ方法を考えていたり・・・。

それほどのストレスをかかえながらも、

ここまで悪くなっても・・・、

 

食事でツルツルに戻ります!!

本文で言った通り、軽症であれば、治りも早いです。

一生付き合う病気、という嘘に騙されないでください。

私は一度も再発していません。

工夫をし、絶対に諦めないでください。

 

楽天市場で、楽天イーグルス感謝祭が始まりました!

 

私は、お買い物マラソンセールの度に10店舗以上で買って、1割引き相当以上のポイント還元を受けています。

 

また、楽天リーベイツというポイントサイトを経由して楽天でお買い物をすると、更に1ポイントが加算されるので忘れずにクリックしています♪楽天は1%還元ですが、なんと、アイハーブだと5%~20%の還元があります。アイハーブ愛好家にはたまりませんラブ

↓楽天リーベイツは、初回登録後、3000円以上のお買い物で500ポイントがもらえます。

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 

 

今回は、難病対策として、

楽天買い回りセールで買っているものをいくつかご紹介します♪

 

(※買い回りセールとは、1,000円(税込)以上の商品を複数のショップで購入すると、購入ショップ数に応じ、ポイント倍率が2倍、3倍と最大10倍まで増加し、購入した商品のポイントが最大10倍(通常ポイント1倍+特典ポイント9倍)になります。)

 

 

 

 

 

 

●糖質オフ、腸内環境改善の為、必須のラフィノースオリゴ糖

 腸内細菌、ビフィズス菌のエサ。

難病に砂糖は厳禁の為、代わりにこちらを使用。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国産(北海道産) ラフィノースオリゴ糖 100g 

健康食品の原料屋 トライアル店
価格:1008円(税込、送料無料) 

初めはこちらをトライして、今は大袋で買って詰め替えています。

 

 

●水溶性食物繊維、糖質替わり、腸内環境改善にイヌリン

 プレバイオティクス。腸内細菌のエサとなり、腸内環境を整える。控えめながら少し甘さがあるので、砂糖の代わりに使用。ただし、溶けにくいので、少量を溶いてから全体を混ぜています。溶けやすいタイプもありますが、なるべく加工の少ないものを選んでいます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イヌリン 500g 粉末 有機JAS 水溶性食物繊維 パウダー ブルーアガベ由来 
価格:1350円(税込、送料無料) 

 

無くなる前に、購入しています。

 

 

●腸内環境改善、滋養強壮、天然サプリとして黒ニンニク

 にんにくは、抗炎症、抗酸化、抗菌、整腸、免疫力を高め、心臓を健康に、がん細胞に対して毒性がある。芽の出たにんにくや発酵「黒」にんにくは特に健康的です。低温で乳酸菌も生きているものを選ぶ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

発酵黒にんにく ちこり村 有機 30片(約1ヵ月分)
価格:2080円(税込、送料無料)

 

1日一粒。

月に一回、注文しています。

 

 

●血液の浄化、整腸によもぎ茶

 他にも良いお茶はありますが、病人に優しく、効果が高いのがよもぎ茶とたんぽぽ茶。たんぽぽ茶はアイハーブで購入。

出がらしは冷凍しておき、たまに煮だしてヨモギ風呂に。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

よもぎ茶 ティーバッグ 国産100%無農薬 2.5gX30包  送料無料 
価格:1410円(税込、送料無料)

なかなか無くならないですが、無くなるたびに注文します。

 

 

 

●タンパク源として、ふるさと納税でしらす1kg

 小魚は重金属汚染が少ない。酸化したちりめんではなく、海洋ミネラルを含む海塩を使った釜揚げしらすを選びます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】■紀州湯浅湾直送!茹でたて釜揚げしらす 1kg(250g×4パック入)【冷蔵】
ふるさと納税寄付金額:10000円(送料無料) 

冷蔵庫にある時は、1日100g食べるので、毎月1回は注文しています。

 

●腸内環境改善、解毒、体の酸化防止にりんご酢

 マザー入り。水調整なしの本物を選びます。毎食時、サプリをクエン酸りんご酢水で飲用。サラダにも極力かける。体のPHを正常化。血液が酸化していなければ、病状は悪化しません。

 

 

 

●体の酸化防止、風邪、癌、膠原病の悪化時に重曹

 一気に体をアルカリ化します。風邪や膠原病が悪くなりそうな時、空腹時、少量を水に溶かして飲みます。食事前後は厳禁。長期服用厳禁、短期的に利用。うがい、歯みがき粉、掃除などにも多用。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パックス 重曹F(2kg)
価格:617円(税込、送料別) 

 

無くなる前に、注文。

 

 

 

●癌・自己免疫疾患・万病に効果のあるクエン酸

 クエン酸は記事にしています。過酸化脂質を分解、体をアルカリ化、代謝正常化の為、りんご酢とともに飲用しています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

木曽路物産 クエン酸 64291(1kg)
価格:1178円(税込、送料別) 

 

 

●基本の水

 藤田紘一郎先生もお勧めの水。天然非加熱。硝酸態窒素ゼロ。電気分解なしのアルカリ水。高いので、月に一回のみ注文。送料無料にするため、二箱。細胞を潤す為、1日1本を目標に水分補給。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

金城の華 純天然のアルカリイオン水(2L*8本入)
価格:2148円(税込、送料別) 

2箱で送料無料。

私は楽天24でその他色々買い、15%オフクーポンを使用。セールのポイント還元を含め3割引き以上で購入。

 


●マルチミネラルビタミン

 基本のマルチミネラルビタミンです。他のサプリに手を出す前に、必須栄養素を確実に取り入れます。合成ビタミンを含みません。形態も人体活性型。害だらけの国内メーカーのサプリはゴミ箱行きです。

 

 


●加熱調理に使える油は、グラスフェッドバターかココナッツオイルのみ

 家族の油加熱調理は下記の2つ。この二つがない時は、油の加熱調理はしません。私は、加熱した油は一切とりません。じんわりと温め、溶かしてかけるか、混ぜるかです。

 

 

 

 


 

文字数制限があるので、今日のところはこの辺にしておきます。

以上、楽天特集でした♪

 

本日も、ご覧いただきどうもありがとうございました(^o^)/

<m(__)m>

 

難病を治す|基本の食事と生活

酢・クエン酸は万病の特効薬」 

 も宜しければご一読下さい。

 

ブログランキング(乾癬、膠原病)にも参加しています(^o^)

 

いいね、フォロー、リブログ、リンク、

本当にどうもありがとうございます<m(__)m>

今後ともどうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)

 

難病治しの場合、納豆は気分で食べるものではありません。

美味しい「お薬」として、毎日食べるべきものだと思っています。

 

 

納豆は、下記の病気治しの絶対条件に対応しています。

しかも、それ以上の効果があります。

 

<病気治しの絶対条件>

●不要な毒素のデトックス

(ミネラル・発酵食として解毒作用)

●必要な栄養素を取り入れる

(5大栄養素と貴重な特有成分)

●血管と血液の質、血流を上げる

(納豆キナーゼ、ポリアミン、ビタミンEなどの栄養素による効果)

●腸内環境の改善

(納豆菌によるビフィズス菌等の増加、栄養、食物繊維で便秘解消)

●免疫力

(栄養・納豆菌による免疫細胞活性)

●炎症を抑える

(ポリアミン・ビタミンK2、納豆菌による整腸等により、炎症を軽減)

 

 

大豆食品を多く食べる地域が長寿であることは良く知られていますが、病人にはレクチンやフィチン酸などの反栄養素がきつく、納豆が最適です。

 

●膠原病患者の毛細血管は、ほとんどの場合、瀕死状態です。

 

血管についた血栓を溶かし、質の良い血液を流すことが急務であるため、納豆が必須です。

納豆には、血栓を溶かし血液をサラサラにする効果があります。

 

できてしまった血栓を溶かす一般食品は、現在のところ、納豆だけしか確認されていません。

 

脳梗塞などの緊急時に用いられる血栓溶解薬(t‐PA)よりも強いという報告もあります。血栓を溶解する酵素を作る細胞を増やす効果も判明しています。

 

納豆2パックで効果がありますが、数日~半月ほど常温におけばナットウキナーゼが増え、効果も倍増します。

(弱っている方、お腹の弱い方は、絶対にマネしないでください。)

電子レンジの近くは厳禁、電磁波の少ないところで、常温で放置します。半月ものは、チロシンはジャッリジャリ、豆はドロドロ、アンモニア臭もありますが、我慢して食べています。美味しいものではありませんが、匂いが落ち着いている段階で食べています。

分解が進んでいる為、消化吸収にも良いです。

繰り返しになりますが、腐敗を見分ける自信がなければ、絶対に行わないでください。納豆菌は強いので、基本的には腐りませんが、電子レンジの近くで放置したもので腐らせてしまったことがあります。

 

また、血流改善作用も確認されています。
対照群と比較して血流促進作用が認められ、肩こりの緩和に繋がるなど、体感に通じる結果です。

 

同時に摂取することで乳酸菌やビフィズス菌を増やす働きを持っており、相乗効果で非常に高い整腸作用を発揮します。

納豆を食べることで、納豆菌が腸内の善玉菌と共生して、増殖を促進する。腸内の善玉菌の割合が増え、腸内フローラを正常にする。腸内環境がよくなり、健康の維持・増進が期待できます。

 

LGG乳酸菌で作った豆乳ヨーグルトと常温納豆の同時摂取は効果が絶大です。尿の匂いが変わります。

 

(豆乳ヨーグルトを毎日とっているのであれば、栄養成分を確認し、納豆の量を調整して下さい。何でも摂りすぎは良くありません。また、豆乳ヨーグルトに使う豆乳は、フクユタカなど暖かい地域の大豆を使用したものの方がイソフラボン過多になりにくいです。)

 

●不足しがちなビタミン、ミネラル、タンパク質の摂取源としてもかなり優秀です。

 

タンパク質の摂りすぎはいけません。

しかし、タンパク質の不足はもっといけません。

長期的には、体重が100㎏なら100gのタンパク質量がお勧めです。

体重が50㎏なら50gのタンパク質をとらなければいけません。

 

そのうちの、7g~17gのタンパク質を、毎日、納豆で摂ることをお勧めします。夕食に最適ですが、1日3食のうち、タンパク質の足りていない回に摂ったり、乳酸菌やビフィズス菌と共に摂るのもお勧めです。

(市販の納豆の1~2パック分です。)

 

納豆にはイソフラボンや反栄養素も含まれるため、それ以上の量を長期的に摂ることはお勧めしませんが、病人のタンパク質摂取源として最適と思われます。

(アレルギー反応や食べると明らかに調子が悪くなる方を除く)

 

タンパク質の摂取源として納豆を取り入れることにより、動物性食品の過多を抑え最適なバランスに近づけることができます。

ここはかなり重要な視点です。

タンパク質に関しては、動物性が6~8割を超えないようするのがポイントかと思います。

 

その他、以下に納豆の一般的な栄養成分を引用しておきます。


・タンパク質
大豆は「畑の肉」とも呼ばれており、肉類に匹敵するほどタンパク質が豊かに含まれています。しかも、動物性タンパク質を含む牛肉や豚肉などに比べて、植物性タンパク質を含む大豆は低カロリーです。
タンパク質に関して特記すべきこととして、「アミノ酸スコア」が挙げられます。
タンパク質を構成するアミノ酸は20種類ありますが、そのうち9種類は体内で作れないため、食品などから摂取する必要があります。これらを「必須アミノ酸」といい、食品中に含まれている9種類のアミノ酸のバランスを表す指標がアミノ酸スコアです。
スコアの値が高いほど、含まれている必須アミノ酸のバランスが良いことになります。大豆のアミノ酸スコアは100です。

・ビタミン
大豆にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEが含まれています。
ビタミンB1とB2はエネルギー代謝に関わる栄養素です。特に、ビタミンB2は脂質や糖質、タンパク質を代謝してエネルギーに変えるほか、肌や爪の状態を健康的に保ってくれます。
ビタミンB6は、タンパク質をアミノ酸に分解・吸収する手助けをするほか、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの代謝にも必要です。
ビタミンEは血行を良くし、コレステロールを減らすといわれています。

・食物繊維
大豆は食物繊維も豊富です。食物繊維は腸の働きを整えたり、コレステロールの吸収を抑えて生活習慣病を予防したりといった効果があります。
食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、両方をきちんと摂取することが必要です。どちらか一方しか含まない食品もありますが、大豆には水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれています。

・ミネラル
カルシウム・カリウム・鉄など、体調を整えるミネラルも大豆は豊富です。ミネラルは人間の体内で作ることができないため、食事からとる必要があります。

・大豆ならではの栄養素
抗酸化作用があり血中脂質を下げる働きをする大豆サポニン、女性ホルモンと似た働きをして骨粗しょう症予防や更年期症状に効果がある大豆イソフラボン、細胞を若く保ち血行を良くする大豆レシチンが含まれています。

・納豆菌の働きで作り出される栄養素
 

ビタミンK2
納豆菌によって作り出される栄養素の代表格が、ビタミンK2です。

カルシウムを体内にとり込むために欠かせない栄養素で、骨粗しょう症防止などに必要とされます。もともとは腸内細菌が作り出す栄養素で、食品では納豆が特に多く含まれています。
 

ナットウキナーゼ
納豆ならではの酵素です。血管内にできた血栓を溶かす作用があることが判明しています。血液をサラサラにし、脳梗塞など血管を詰まらせる病気の予防に役立つ成分です。

 

ポリアミン

ポリアミンは、細胞の新陳代謝を正常に行うために必要不可欠な成分で、胎児や新生児の細胞ではポリアミンの合成が活発に行われており、母乳にも多く含まれていることがわかっています。アンチエイジングの効果が、さまざまな研究によって認められていますが、ポリアミンがコラーゲン産生を高めるという作用も確認されています。
ポリアミンはアミノ酸を原料に人間の体内でも合成されるものですが、加齢に伴い作られにくくなり、減ってしまいます。しかし、ポリアミンを含有する食品を摂ることで補うことが可能です。

納豆は、納豆菌による発酵のおかげで高ポリアミン食の代表といえます。

ポリアミンに期待できる効果
細胞の生まれかわりを正常にする
新陳代謝を促進
肌のターンオーバーを正常化
血管壁の炎症を抑制し、動脈硬化の予防
血管をしなやかにする
脂肪が燃焼されやすい体質になり、太りにくくなる

 

炎症性サイトカインが、乾癬やリウマチ、膠原病などに深く関連していることは周知の事実ですが、ポリアミンは炎症を引き起こす炎症性サイトカインの産生を抑え、炎症を軽減させてくれます。

 

●納豆菌による免疫細胞活性のメカニズム

妊娠中に納豆を毎日食べていた母親から生まれた子どもは納豆を食べない母親の子どもと比べて、約3.5倍もアトピー性皮膚炎になりにくいことが調査※からわかりました。また日常的に納豆を食べている子どもは0-157に感染しにくい傾向があるというデータもあります。このように納豆が免疫力をアップさせることは、経験から知られているだけでなく、調査結果にも表れています。ただ、これまでは何がどう作用しているのかがはっきりしていませんでした。
しかし、最新の研究でそのメカニズムが一つずつ解明されつつあります。たとえば動物試験により、納豆菌が腸の上皮細胞(腸管バリア細胞)を活性化することが観察されました。納豆菌は腸内にいつもいる常在菌ではないため、上皮細胞に送るシグナルが強く、腸上皮細胞活性化の度合いが強いと思われます。また、樹状細胞(免疫細胞)が細胞内に納豆菌をとりこんで(貪食作用)免疫応答機能を高めていること、その結果Th1細胞(免疫細胞)を増強するというデータも得られつつあります。免疫の活性化に重要な臓器である、「小腸」ではたらくかについても研究が進んでいます。

 

●植物性タンパク質、とくに大豆食品はあらゆる癌に対して発症リスクを抑えます。一日最低100g摂取。

乳癌女性では、大豆の摂取は死亡と再発リスクの低下に有意に関連しています。高摂取は、乳がんリスクを約3分の1減少させました。

 

 

<食べ方のポイント・注意>

●夕飯に食べる
ナットウキナーゼが働き始めるのが食後4~8時間くらい経ってからだが、ナットウキナーゼは睡眠中のほうが働きやすい。

 

●食べる量

市販の納豆1パックを50gとすると、ナットウキナーゼ含有量は、平均しておよそ1500FUです。
1日に2パックの納豆を食べれば、推奨量に達すると思われます。

また、限度も2パックです。

 

●常温におくと効果がアップ

最低30分、常温においてから食べる。
〈発酵が過剰に進んだ場合の主な変化について〉
ミツカンQ&Aより
① 薬品臭などの香りの変化:大豆のたんぱく質が発酵するとアンモニア成分が生成されます。本来納豆に含まれる成分であり、お体に害はございませんが、発酵が進みアンモニアの量が増えますと、不快な味・臭い(刺激臭)となります。
② 納豆の表面に白いつぶつぶが発生:チロシンというアミノ酸の結晶です。お体に害はございませんが、水に溶け難い性質があるため、シャリシャリ、ザラザラとした、砂を噛んだような食感となります。
③ その他、納豆の色が黒くなる、糸引きが悪くなる、表面がドロドロする、などの見た目の変化がございます。また味としては苦みや酸味を感じるようになりますが、お体に害はございません。

●加熱しない
ナットウキナーゼが熱に弱いということ。50℃で活性が弱くなり、70℃を超えるとほぼ機能しなくなってしまうと言われている。

●空腹時を避ける、酢と混ぜない
「納豆菌は、状態によっては酸に弱い性質を帯びています。そのため、胃酸に直接さらされると納豆菌は死んでしまい、生きたまま腸に届きにくいのです。

 

●カリウムが多いため腎臓に問題のある方はご注意下さい。

 

●血液凝固作用のあるワーファリンなどを服用されている方はご注意ください。

 

●大豆アレルギーのある方、納豆を食べると調子が悪くなる方は食べる必要ありません。食べない方が、病態に良いです。

 

●バランスを保つ上で、「納豆」を食べるのが最適ですが、サプリで摂る場合は、添加物の害の少ないものを選びましょう。


 

--------------------------------------------

「週刊現代」2018年1月27日号より

------------------------------------------------

下記は、ドクターマーコーラさんの「ビタミンK2の炎症予防効果」より

------------------------------------------------

●ビタミンK2 (MK-7)の特定の形態が炎症を予防することが新研究により判明しました
●ビタミンK2のなかでもメナキノン-7 (MK-7)は体内で長期間活性を維持し(3日?)身体がさらに低濃度でも効能を得られるので大掛かりな研究の対象であってきました
●ビタミンK2はカルシウムやビタミンD等多くの他の栄養素と相乗的に機能します。その生物学的機能の一つはカルシウムを骨や歯といった体内の必要部位へ運びやすくすることです

●一日のK2必要量(約200mcg)は納豆を毎日15g食べれば得られます。

------------------------------------------------

また、マーコーラさんは、納豆の発酵食品としての健康効果にも言及しています。

------------------------------------------------

免疫機能を正常に保つには、腸内フローラを整えることが重要です。これにより、慢性的な炎症を予防することができます。事実、炎症による病気のほとんどが、腸内のマイクロバイオームの乱れが原因です。ケフィア、納豆、キムチ、味噌、テンペ、ピクルス、ザワークラウト、オリーブなどの発酵食品やその他の発酵野菜を食べると、腸内に善玉菌を供給し続けることができます。
発酵食品は、体内から、重金属や 殺虫剤など、炎症のもととなる有害な毒素が排出されるのを助ける効果もあります。

 

 

以上、たんぱく源を動物性に偏らせないためにも、必須といえる納豆特集でした♪

 

 

本日も、ご覧いただきどうもありがとうございました(^o^)/

<m(__)m>

 

難病を治す|基本の食事と生活

酢・クエン酸は万病の特効薬」 

 も宜しければご一読下さい。

 

ブログランキング(乾癬、膠原病)に参加しています(^o^)/

いいね、フォロー、リブログ、リンク、ご紹介があるとかなりやる気がでますヽ(^o^)丿

本当にどうもありがとうございます<m(__)m>

今後ともどうぞよろしくお願いいたします<m(__)m><m(__)m><m(__)m>

難病、膠原病を自然療法で改善させている人たちの情報を集めていると、良く出てくるワードが、「アロエベラ」です。

 

 

難病の改善には、

 

解毒

酸性化した身体のアルカリ化

胃腸の改善

感染対策

清潔な口腔内環境

血糖コントロール

栄養

コラーゲンの生成

免疫力アップ

抗酸化・抗糖化・抗炎症

 

が不可欠なことは周知の事実ですね。

 

なんと、アロエベラは、上記の全てに効果を発揮します。

 

内海聡先生の患者さんのブログや、アメリカで自然療法されているブログでも良く目にします。

手持ちの東条百合子先生の著書「家庭でできる自然療法」では、アロエ療法として、胃腸の弱い人に、すりおろしてヌルヌルしたものを大さじ軽く一杯飲むと良いとあります。

 

定期的に無添加アロエジュースを飲んでいましたが、味がイマイチでした。

甘いものを欲さなくなった私には、ケーキやジュースを買う楽しみはありませんが、冷凍アロエなどのスーパーフードを見つけるとかなりテンションが上がります。

自然療法が趣味・楽しみになっている理由の一つです。

美味しい健康食材探し。

 

 

--------------------------------

 

アロエベラの鎮静効果、保湿効果、治癒効果については、一定の有用性を認める研究結果があり、世界中で生薬として使われてきています。

 

胃腸、消化器の改善効果があります

 

生のアロエベラジェルは酵素が豊富抗菌性、抗真菌性、抗ウィルス性が高いです。さらに、強力な抗炎症性もあり、多くの消化異常を癒すのに有用です。

また、消化促進効果があります。アロインやバルバロインといった化合物によって便秘を軽減します。


アロエベラジュースは胸焼け過敏性腸症候群等の消化器疾患の解消のために飲用されています。
アロエベラジュースは例えば胃酸逆流を治すのによい
実際に、治療が難しい過敏性腸症候群に対し、アロエベラが症状の改善に有効であることが米国消化器学会で発表されています。
さらにアロエベラゲルの経口摂取で潰瘍性大腸炎の炎症が改善したとの予備的な研究結果もあります。

 

その他、カンジダ感染症、寄生虫感染、便秘H.ピロリ菌によるものも含む潰瘍、クローン病大腸炎過敏性腸症候群(IBS)に効果があり、胃腸・消化器にダイレクトに効果を発揮します。

 

●アロエには免疫を刺激する多糖類特にマンノースが豊富に含まれ、この多糖類は白血球細胞にインターフェロン、腫瘍壊死因子、有益なサイトキン類を分泌させます。


火傷を治癒する他に、アロエベラを体内に摂取することで糖尿病患者の血糖値や高脂血症患者の血中脂質、また急性肝炎を改善する効果があると言われています。

 

ベータシトステロールがコレステロールの血中濃度を最適化するので心臓血管の健康をよくします。

 

●他にも抗炎症作用や子供のおむつ皮膚炎に対する効果についても有用である可能性が認められています。

 

●一方で、癌の予防について、アロエベラ・ゲル内生菌の発酵酪酸腸管免疫能の亢進大腸がんの予防に有効であることが示された研究結果も存在します。

 

●また、アロエベラには関節リウマチなどの痛みを緩和するなど、痛みの原因となる炎症を抑える効能が確認されています。

●陰部ヘルペス乾癬にも効果があると言われています。

 

●アロエの主成分アロエチンには解毒作用があり、肝臓の解毒作用を活性化させる効果がある。

 

●また、放射線による損傷の予防については、効果がないとする研究結果がある一方で、アロエベラ抽出物であるクロモンアロエ多糖類の相乗効果に起因する可能性があるとする研究結果があり、一般には有効であると言われています。

 

●歯垢を減らし歯垢を形成する細菌カンジダアルバカンスを殺します。二重盲検臨床試験で、アロエベラ入り歯磨き粉を使ったグループとフッ素入り歯磨き粉を使ったグループの統計を取ると、どちらのグループも歯肉炎や歯垢の大幅な減少が見られました。
また、アフタ性口内炎を治癒しその痛みを和らげます。


●アロエベラ抽出物は抗微生物、抗菌活性も持ち、せつや良性嚢胞等の軽微な皮膚感染の治療に役立ちます。

白癬の原因となる菌の生育阻害効果も確認されています。

細菌に対しては、葉の内側のゲルがin vitroでレンサ球菌や赤痢菌の生育を阻害する効果が確認されています。
自然の抗真菌薬として、口角炎などの民間療法に用いられています。

アフタ性口内炎を治癒しその痛みを和らげます。

 

(参考:

ウィキペディア 「アロエベラ」、

健康な消化のためのスーパーフード10種類

アロエベラは何によいか?

ほとんどの乾癬に効果があるアロエベラ」など)

 

--------------------------------

 

これらの効能はアロエベラの多くの化合物や植物性栄養素、例えばビタミンA、C、E、コリン、葉酸、B1, B2、B12、B3 (ナイアシン)が含まれます。ミネラルとしてははセレニウム、亜鉛、鉄、銅、マンガン、カリウム、マグネシウム、クロムが含まれます。

 

この他にも豊富に含まれる物:
ポリフェノール抗酸化物質 — この物質は病気、感染や加齢促進の原因であるフリーラジカルに対抗します。


脂肪酸 — アロエには植物性ステロールが含まれており、これは貴重な脂肪酸です。カンペステロールやBシトステロール、リノレイン酸、リノレン酸、ミリスチン酸、オレイン酸、パルミチン酸、ステアリン酸を含みます。


アミノ酸 — およそ22種類のアミノ酸が存在します。これらは「タンパク質の構成要素」と呼ばれ、身体に欠かせません。アロエベラにはこれが18~20種類含まれ、人間の健康のために必須と考えられる8種類全てを含んでいます。


ある研究はアロエベラにはリグニン、サポニン、サリチル酸、アミノ酸、また伝統的に下剤として知られるフェノール成分である12種類のアントラキノンをはじめとする75種類の潜在的に効能がある成分を含むことを示しています。カンペステロール、βシステステロール、ルペオールさらに、創傷の治癒と抗炎症活性を持つホルモンオーキシンやジベレリンも提供してくれます。

アダプトゲンとしてアロエは外的環境の変化に適合する身体の能力を上げ、肉体的、感情的、環境的のいずれのストレスにも耐える能力が増しますアダプトゲンは全身のバランスを維持し、自然な防衛能力や適合メカニズムを刺激し、体の不具合や病気が治り易くなるようにするものであると研究者らは考えています。

そして、アロエは身体をアルカリ性にします。病気はアルカリ環境では発症しません。たいていの人は酸性系の食品で生きながらえています。最適な健康のためには80/20ルールを覚えておいてください — 80%はアルカリ性にする食品、20%が酸性系です。アロエベラは身体をアルカリ性にする食品です。これは身体をアルカリ性にし、余分な酸性系食事習慣とのバランスを維持するのに役立ちます。

 

(参考:

健康な消化のためのスーパーフード10種類

アロエベラは何によいか?」)

 

--------------------------------

 

例にもれず、私も時々飲んでいます。

効能成分が強いため、長期的な多量摂取には副作用があります。しかし、添加物ゼロ・原材料アロエベラとクエン酸のみの100%ジュースを選んでいる為、あまり美味しくなくてきっちりとは続かないので心配無用でした。

1本飲みきると、次に購入しよう!と思うまで、自然と間隔があきます^^;

以下の商品です。

 

オーガニックアロエベラジュース 保存料不使用 473 ml ¥661円

(アロインフリー)

(フルーティで美味しいのですが、薬のようなクセがあり、イマイチなので、50~100ml程度をクイッと一気飲みしています。)

 

アロエを選ぶ際は、キダチアロエではなく、アロエベラで、できれば生ものもが良いです。入手が難しい場合は、100%無添加のアロエジュースでも構いません。パックやヨーグルト、美味しいドリンクに入っているようなアロエ加工食品には、ほとんど効果がありません。

日本でも売られていますが、オーガニックでない上に値段が以上に高いのでアイハーブで購入しています。

 

まだ購入していませんが、このジュースがなくなったら次は生の冷凍ものを試そうとしています。

少し苦みもあるが美味しいとの口コミもあり、一番、加工度の少ないアイスで、とても楽しみです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鹿児島産 冷凍アロエベラ(皮むき) 500g×1袋 【送料無料】
価格:2808円(税込、送料無料) (2019/9/30時点)

 

同じ商品が、ふるさと納税で、1kg 6000円!!

かなりお得ですが、納税都市が一つ増える手間があるので、どちらで購入するか悩み中。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】  アロエ ヒラミネファーム 冷凍 アロエ 食用 
価格:6000円(税込、送料無料) (2019/9/30時点)

 

この冷凍アロエを購入して食べたら、ブログにレビューします!

本日も、ご覧いただきどうもありがとうございました(^o^)/

<m(__)m>

 

難病を治す|基本の食事と生活

酢・クエン酸は万病の特効薬」 

 も宜しければご一読下さい。

 

 

ブログランキング(乾癬、膠原病)に参加しています(^o^)/

膠原病があれば、ミトコンドリアの機能が低下しているとみて間違いありません。

生活習慣病も、ミトコンドリアの機能低下と考えてもよいと思います。

 

ミトコンドリアとは、すべての真核細胞に存在する細胞器官。

全ての臓器、生命を保つエネルギーの生産工場でもあります。

私たちの体には、1細胞中に平均300~400個のミトコンドリアが存在します。全身で体重の10%を占めています。

私の中に4.5キロのミトコンドリアさん・・・。

(体重バレ)

しかし、私には、きっとそんなにいないでしょう。

(以前よりは増えていると思いますが。)
そして、その減ってしまったミトコンドリアさんたちのどれだけが、正常に働いてくれているのか。

病態が重ければ重いほど、数も少なく、機能も低下していることでしょう。

 

--------------------------------

 

したがって、病状を改善させるには、ミトコンドリアの機能を本来の姿に戻す必要があります。

 

--------------------------------

 

ミトコンドリアの機能が低下するのは、「低体温」「低酸素」「栄養不足」「血液の酸性側への傾き(健康な状態では弱アルカリ性のpH7.35〜7.45ですが、7.35未満になる)」の状態です。

 

このような状況になると、ミトコンドリアの機能低下によって十分なエネルギー(ATP)が得られないため、解糖系のエネルギー産生が盛んになります。

 

解糖系のエネルギー産生が高まると、炭水化物(ブドウ糖)からエネルギーをつくり、その際に副産物として乳酸が産生されます。

 

ミトコンドリア系が十分に働いている場合は、副産物の乳酸も栄養としてエネルギー産生に使われます。

 

しかし、解糖系はブドウ糖のみを利用するため、細胞内で乳酸が余った状態になります。

 

酸性である乳酸が細胞内で余っていくと、慢性的な乳酸アシドーシス(pHが本来の状態よりも酸性側に傾く)状態になります。

 

酸乳アシドーシスは、乳酸の過剰産生、代謝低下により起こります。アシドーシスの状態になると、ミトコンドリア系はますます働きが悪くなります。

乳酸の過剰産生とは解糖系の亢進乳酸の代謝低下とはミトコンドリア系の機能低下のことです。

 

--------------------------------

 

下記は、一般的に言われているミトコンドリアを増やす方法です。

寒冷刺激

 寒さを感じると、体温を上げるためにエネルギーが必要と判断、そのためにミトコンドリアを増やせという指令を出す。
 

断食をしてエネルギーが足りなくなると、PGC-1αというタンパク質が司令塔となりミトコンドリアを増やす。空腹感そのものもミトコンドリア増量指令を出す。

 

●.過度の栄養摂取、過度の糖質を控える
 食事のときに栄養素を摂取するとミトコンドリアは活発にはたらく
 過度の栄養はATP需要を超え、活性酸素を増やす。
 

特に.寝る前の食事やアルコール摂取は控える
 寝る前のATP産生能は低下、過度の栄養は活性酸素を増やし、
   また脂肪蓄積も増える。

 

●.食事の摂取カロリーは朝、昼に重点を置き、夜は脂質と糖質を控えめにする
 日中はミトコンドリアのATP産生能は高く、夜はATP産生能は低い。
 

.筋肉が増えればミトコンドリアも増える
①筋肉はミトコンドリア産生工場基地。工場が増えれば、
    工場にかかる負荷も小さく、活性酸素の発生も少なくなる。
②ミトコンドリアは有酸素運動の「赤筋・遅筋」に多く含まれ、
    有酸素運動がミトコンドリアを増やす。

 

●.高効率型ミトコンドリアを増やす方法
  ①サーキットトレーニングがミトコンドリアを増やす
    1分間の軽めの運動と30秒間の強めの運動を繰り返す
  ②赤筋は背中にいちばん多い。背中の筋肉に力を入れて、
     ピンと背筋を伸ばした姿勢を1分間くらい維持する(サムライ)
 

●.食事後の適度な運動も好ましい
運動でATP消費もスムーズとなり、活性酸素の発生を防ぐ

 

●重金属・化学物質などのデトックス

 

●ミトコンドリアを増やす食材
スルメ・タコ  タウリン ミトコンドリア増殖に不可欠
韮(ニラ) 硫化アリル 抗酸化物質に変化
大蒜(ニンニク) 硫化アリル 抗酸化物質に変化
トマト リコピン 活性酸素を抑制
ブロッコリースプラウト スルフォラファン 抗酸化物質に変化

 

ミトコンドリア酵素が適切に機能するために必要な重要な補助因子として、以下の栄養素の重要性。

コエンザイムQ10、ユビキノール(誘導体)
L-カルニチン。脂肪酸をミトコンドリアに運びます。
D-リボース。ATPの原料です。
マグネシウム。
オメガ-3脂肪酸
リボフラビン、チアミン、ビタミンB6などのビタミンB群。
α−リポ酸(ALA)

 

--------------------------------

 

上記のような地道な方法で、機能低下・減少したミトコンドリアをコツコツと増強させていきます。

 

大切なことは、「低体温」「低酸素」「栄養不足」「アシドーシス」へ同時にアプローチすることです。

そこを含め、さらに実践的なミトコンドリア対策を書きたいのですが、長くなってしまうので別記事にしたいと思います。

 

が、「基本の食事法」と「クエン酸りんご酢飲み」は、「低体温」「低酸素」「栄養不足」「アシドーシス」の対策にもなるので、宜しければご一読下さい^^

 

今日も読んで下さり、誠にありがとうございました<m(__)m>

いいね♡フォロー♡お気に入り♡リブログ♡とても嬉しく励みになっています。

本当にどうもありがとうございます(#^.^#)

 

難病を治す|基本の食事と生活

酢・クエン酸は万病の特効薬」 

 

ブログランキング(乾癬、膠原病ジャンル)に参加しています(^o^)/

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミトコンドリアのちから (新潮文庫) [ 瀬名秀明 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2019/9/27時点)

 

 

(前置き)

リウマチ、乾癬性関節炎や強直性脊椎炎など、種類は違えど、自己免疫疾患の治し方の大枠は共通しています。

いくつもある根本原因に共通部分が多いからです。

よって、今回は強直性脊椎炎の例で書かせて頂きました。

 

--------------------------------

強直性脊椎炎の患者会である 日本AS友の会では、 「ASweb」というサイトにて、病気や 療養の手引きなどについての 情報を提供してくれています。

 

 その中で、AS 患者のためのガイドブック「強直性脊椎炎・療養の手引き」という冊子が、WEB上で見られるようになっており、関節炎の初期のころは良く参照していました。

(乾癬性関節炎の脊椎炎の情報がほとんどないため、副作用の種類や機序・生活の心構えなど、僅かな情報でも貴重でした)

 

執筆された井上医師はご自身が重症のAS患者でもあり、患者としての視点と、臨床医(整形外科医、順天堂大学病院にてAS専門外来)としての経験を踏まえ、ASの全貌を手引きに書かれています。

 

西洋医学よりの目線でありながらも、患者側の痛みを分かって下さっており、心のあるバランスのとれた解説になっています。

 

そんな順天堂大学井上先生が、東洋医学、民間療法、サプリメント、食事についてどう考えていらっしゃるかがわかる部分を抜粋してみました。

お時間がある方は、引用またはリンク先の手引きをご覧ください。

 

引用の部分を簡単にまとめてしまうと、以下のような内容です。

 

●慢性疾患の患者は総合ビタミン剤を飲んで損はない。

●カルシウムなどは食事からとるのが理想だが、難しい場合はビタミンミネラル剤を飲んでも良い。

鍼、温熱療法は症状を軽くする対症療法として十分期待できる。

ストレッチングのようなゆっくりしたソフトなものは良い

●ボキボキッと体に強い力を与えるような激しい治療法(施術)は避ける

漢方薬についても、疼痛の緩和に有効な可能性がある。

グルコサミンがTNFαなどのサイトカインの産生・機能発現を抑えるため、効果が出た人がいる。

●適切な量のビタミンDを摂取する

● ヨーロッパのAS患者の間では温泉療法が人気があり、 ASの痛みや硬直をいくらか和らげてくれる。 

オメガ3脂肪酸は、 様々な炎症性関節炎に効果がある。

● 炎症性関節炎において効果があるとされているその他の物質には、 ブロメリン、ボスウェリア、ウコン、ヤローの根、 ホワイトウイローの樹皮など。ただし、これらのサプリメントは、肝臓や血球などに悪影響のないよう、定期的な血液検査が必要。

ナス科の植物は合うか合わないか自身の経験に基づき摂取。

プロバイオティクスは、腸内細菌叢の構成バランスを整え、保持して、 消化器障害の予防に役立ちます。

運動が大切

 

以上です。

確かにこれだけで、根治につながることはないと思いますが、現在も大学病院に勤務されていらっしゃる中で、書いて良いことを書いて下さっていると思います。

 

私も、漢方以外、全てやっています。

漢方は信頼できる漢方医を見つけられなかったので飲んでいませんが、無症状を保てています。

 

●低温抽出完全天然生体活性のマルチミネラルビタミン

●温熱療法は、テラヘルツ派シートを巻き睡眠、エプソムソルト入浴、ゆたぽんなど。

ヨガで軽い筋トレと運動とストレッチ

グルコサミン入りの低分子ヒアルロン酸コラーゲン

ビタミンDのサプリ

●週末の温泉

クリルオイルでオメガ3脂肪酸(サラダにはアマニ油

酵素サプリでブロメリン

●ボーンブロススープにウコンなど10種類程のハーブ(カレー味に)

●ナス科の野菜は食べていません。(ウコンの効果が倍増するのでコショウは免除しています。

●プロバイオティクスにはLGG乳酸菌の自家製ヨーグルトに、自家製甘酒とプレバイオティクスのイヌリンサイリウムラフィノースオリゴを入れてます。

 

医者(世間)派も自然療法派も認める、最低限の民間療法と言えるのではないでしょうか。

このレベルの民間療法であれば、効果が認められているものなので、医者に相談してもそれほど嫌な顔はされませんね。

たまに否定的な文献もありますが、選んでいる品や使い方が間違っているだけのことが多いです。


過剰な糖質を減らすこと、タンパク質の質と量、良い油の選択、正しいビタミンミネラルの重視、身体の解毒や、体内の微生物のコントロール、筋肉をつけること、酸化した細胞膜・体液をアルカリ化する方法など、

 

これらのことを追加されたら、かなり体感がかわってくると思います。

 

 

 

読んで下さり、どうもありがとうございました。

難病を治す|基本の食事と生活

酢・クエン酸は万病の特効薬」 

 も宜しければご一読下さい。

 

 

ブログランキング(乾癬、膠原病)に参加しています<m(__)m>

 

以下、AS友の会ASweb、AS 患者のためのガイドブック「強直性脊椎炎・療養の手引き」より一部を抜粋・引用させて頂きます。

--------------------------------

 漢方薬、鍼・灸、その他の東洋医学的治療、あるいは様々な民間療法などは AS に有効ですか? やってもかまいませんか?

 

 いずれも AS を治す治療、すなわち根治療法としては期待できませんが、NSAIDsや温熱療法と同じく、症状を軽くする対症療法として十分期待できるものです(あくまでも西洋医学的見地・理論からの話で、東洋医学の専門家に言わせれば、根治療法の意味もあるということになるかも知れませんが)。

鍼治療が AS の痛みに対して効果があったという話はよく聞くことですので、炎症症状の強い時期、例えば関節の腫れが強かったり発熱していたり、赤沈やCRP 値(Q.15 参照)が普段に比べて著しく亢進しているような場合は避けるべきでしょうが、それ以外の時期なら試してみる価値はあるでしょう。薬と同じで人によって合う合わないがありますので、1~ 2 度受けてみて良いようなら続けても良いし、全く変わりがない、あるいは悪化するようだったら止めた方が良いでしょう。そして、大切なことは、これらの治療法を受けることを主治医にことわった上で行い、治療中も時々チェックしてもらうことです。主治医に内緒で受けるのは避けるべきです。
 また、ストレッチングのようなゆっくりしたソフトなものは良いのですが、ボキボキッと体に強い力を与えるような激しい治療法(施術)は、身体の柔軟性が低下している、ましてや bamboo spine になってし
まった人は絶対に避けるべきです。
 漢方薬についても、疼痛の緩和に有効という声は数多く聞きます。その有効性を証明・立証するための統一された効果判定基準、あるいはその有効率や副作用についての統計データがないのが、西洋医学医として自信を持ってお勧めすることが出来ない所以です。やはり必ず主治医の承諾を得て、評判の良い漢方医(判断はむずかしいのですが、要するに、実際に受療した患者さん達の間で評判が良いところ)、あるいは西洋医学医で漢方に力を入れている医師のと
ころに行って試してみても良い治療と言えます。これら以外にも、飲むもの、照射するもの、塗るもの、貼るもの、特殊な体操、ひいては気功のようなものまで、いわゆる民間療法と呼ばれるものは数限りなく存在し、また勧誘も多いと思われますが、それらの中には高額なものも少なくなく、また中には、残念ながら却って有害になるものが混ざっている可能性がないとも言えません。

中には有効だった症例のみを取り上げて(無効症例を発表しない場合が多い)、患者さんの手記などを載せてセンセーショナルに宣伝されているものもあるようです。

従って、安易に飛びつかず、事前調査・検討を入念に行ない、ほかの病気の人でも良いから受療経験者の感想を聞き、できれば主治医に相談した上で受けるべきでしょう。
 また、多種多彩なものが広く出回っているサプリメントも、ほぼ同じ考え・姿勢で対処して良いと思われます。

ところで、昨今、盛んに宣伝されている軟骨や関節液の成分であるヒアルロン酸やコンドロイチンの原料となるグルコサミンの AS への有効性に関する質問が増えています。

科学的データに基づくものでなく、あくまでも患者さんの実感によるものですが、実際に著効したという患者さんがいます。

AS の主たる炎症の場は関節外の靭帯付着部ですし(進行すれば関節軟骨も侵されますが)、内服しても患部に届く前にほとんどが代謝されてしまうということから、医師の中では否定的な意見が多いのですが、AS の炎症を惹起する TNFαなどのサイトカインの産生・機能発現を抑えるということもわかってきていますので、グルコサミンで
AS の症状が良くなったという患者さんの話もあながち勘違い、もしくは心理的効果のみということでもなさそうです。
勿論、その AS への効果に関する科学的データはまだ見当たりません。副作用が出なければ、そして本人に効いているという実感
があるのであれば(これが大切!)、試しても良いものと思われます。

同じように、近年、普及されつつある胎盤抽出物のプラセンタについても、AS に直接効くというデータも出ていませんが、同じような姿勢
で試してみて良いものかもしれません。しかし、これらについては、医師によってまちまちの意見あるいは異論があることは否
定できません。

受けようとする人が、事前に情報を十分に仕入れ、受けた人達の評判も聞き、よく考えて納得した上で、過大な期待は持たずに、そして、万一なにかあったとしても自己責任……というぐらいの気持ちで受けるべきと考えられます。

 

--------------------------------

 

 いわゆるサプリメントについては、学説も種類もたくさんあるためここでは言及を控えますが、基本的に、AS に是非勧められるもの、あるいは逆に絶対禁止すべきものとしてこの場で記述できるものはありません(日本 AS 友の会のホームページであるASweb(http://www5b.biglobe.ne.jp/~asweb/)上で閲覧可能な会報「らくちん」22 号にアメリカの会報に掲載された記事がありますので参照して下さい)
 結論的に、AS 患者において、特に良いとか悪いとか言った食べ物はなく、偏食せずにバランスのとれた規則正しい食生活をすることを心掛けることが大切です。過剰に摂取すれば、それだけ健康になる、病気が回復するということは決してありませんが、ビタミンは不足しないように心掛けるべきでしょう。バランスの良い食事をしていれば、まずビタミン欠乏症になる心配はありませんが、それでも AS のような慢性疾患の患者は、総合ビタミン剤を飲んでいて損はないでしょう。カナダで、総合ビタミン剤を常日頃から飲んでいる人は、飲んでいない人に比べてカゼに罹る率が明らかに低いというデータが出されました。アメリカにはビタミン C を大量に摂取し、そして笑いを忘れずに、楽しく積極的な生活を送ったら AS の症状が劇的に改善したといった有名な体験談があります

(「笑いと治癒力」ノーマン・カズンズ著、松田銑訳、岩波新書)

 

 

 

--------------------------------

 

(5)基礎療法を守る
薬や注射の前に、まず大切なことは自分自身で行うべき基礎療法です。規則正しい生活を送り、保温に務め、睡眠を十分とり、バランスのとれた食生活をし、毎日適度な運動療法を行うことがある意味では最も大切な治療と言えます。これらを怠って薬ばかりに頼ることは、病気のため、すなわち疼痛、運動制限、変形や強直の進行にとって、なんら良いことはありません。

 

--------------------------------

 

(7)情報に振り回されない
巷には情報があふれ、特に病人は藁をも掴む気持ちが働いて、無用なあるいはかえって有害な治療を受けたり、商品を購入してしまいがちです。勿論、中には有用なものもありますので、まず信頼できる担当医に相談すべきでしょう。また、マスコミは一部だけを取り上げてセンセーショナルに吹聴する傾向がありますので、病気あるいは健康に関する一般情報に一喜一憂し、それに振り回されないように注意しましょう。

 

--------------------------------

『骨粗鬆症』を恐れてカルシウムを過剰に摂取するようなことは避け(過剰に摂取しても体内の恒常性すなわちホメオスターシスの維持機構により余分なものは尿や便とともに排泄される)、
一方、だからと言って尿路結石を恐れるあまり極力カルシウムを摂らないよう努力することも不要で(低カルシウム血症になるとそれを補うために却って骨からカルシウムが溶け出てしまう)、ごく普通にバランスのとれた食事を心がけるのが良いと考えられます。AS 患者だからと言って、格別カルシウム摂取に関して神経質になる必要はなく、後述のような通常の加齢に伴う『骨粗鬆症』に対するケアと同じ
で良いと言えます。ただし、カルシウムが不足している状態というのは、『骨粗鬆症』に限らず、その他全身に様々な病態を生み出しますので避けなければなりません。従って、若干多めに摂取することは(1 日 800 ~ 1000㎎)心掛けるべきでしょう。普段の食生活で満遍なく栄養が摂れているという自信がない人は(全て食物から摂るのが理
想ですが)、欠乏した場合の補充の意味で、ビタミン・ミネラルが総合的に入ったサプリメントの服用も勧められます。

 

 

--------------------------------

らくちん 第22号より

--------------------------------

アメリカの会報から
脊椎炎に対するサプリメントの使用


医療部長 井上 久

Q. 脊椎炎の患者さんに常用を薦めるビタミンは何でしょう?

 総合ビタミン剤の摂取が、 糖尿病の患者さんに有効であることが分かっています。 糖尿病の患者さんのうち、 総合ビタミン剤を飲んでいる人の方が飲んでいない患者さんより、 感染症にかかる率が低いのです。

 総合ビタミン錠を余分に摂取しても、 脊椎炎などすべての慢性疾患の患者さんにとって、 何らかの有効性があるということは証明されていません。 通常摂取量以上のビタミン剤やミネラルは、 ビタミンD不足症、骨粗鬆症、腸の炎症性疾患などにおいて、 それぞれ患者さんの病状に応じて処方されるべきものです。


Q. 脊椎炎の患者さんは、 何故十分なビタミンDの摂取する事が大切なのでしょうか?
どれくらいの量のビタミンDを摂取すれば十分なのでしょうか?


 成人には1日に400 IU(国際単位)のビタミンDの摂取が薦められています。 しかし、脊椎炎の成人患者さんの50%もの方々が、 ビタミンD不足であるという調査結果が出ているため、 この摂取量は見直されるべきです。

 成人骨粗鬆症の人は、毎日800 IUのビタミンDの摂取が薦められていますが、 最近のビタミンの評価分析では、骨粗鬆症の患者さんは、より多くの、 即ち3000 IUの摂取が必要ということが明らかになっています。

 ASの患者さんは、脊椎骨の靭帯付着部に骨新生が起こるため、 脊椎での骨密度検査では実際より多めの数値が出てしまうので、 大腿骨や前腕骨における骨密度検査が必要です。 ASの半数以上の患者さんが、骨密度検査では骨粗鬆症と診断されます。

 ビタミンDは尿や大便では排出されないため、 余分に摂取すると体内に蓄積して、骨代謝に悪影響を及ぼしたり、 血中カルシウム濃度をあげてしまう可能性があります。
 血中のビタミンDの正常値の上限の濃度を超えないよう 適切な量を摂取することが大切です。


Q. サプリメントや薬草(漢方薬)で、 脊椎炎の患者さんの症状の改善に役立つものがあるでしょうか?

 サプリメントは痛風、変形性関節症、 あるいは関節リウマチなどの炎症性関節炎に効果があると言われてきました。 しかし残念ながら、この補足的な療法が体系的に研究され、 ASへの有効性が証明されたという評価・報告は殆んどありません。

 ヨーロッパのAS患者の間では温泉療法が人気があり、 ASの痛みや硬直をいくらか和らげてくれる効果があるようです。 また、オメガ3脂肪酸など、 様々な炎症性関節炎に効果があるという報告のある物質は、 ASにも有効と考えられます。

 炎症性関節炎において効果があるとされているその他の物質には、 ブロメリン、ボスウェリア、ウコン、ヤローの根、 ホワイトウイローの樹皮などがあります。

 これらの薬草の多くはサリチル塩酸を含んでいますので、 ASの患者さんや、大腸炎の方の場合、腹痛を惹起する可能性があります。 これらのサプリメントが肝臓や血球(白血球、赤血球、血小板) などに悪影響のないよう、定期的な血液検査が必要です。


〈参考〉
*ブロメリン:パイナップルの果汁から得られるタンパク質分解酵素


*ボスウェリア:(Boswellia Roxb. ex Colebr)属 カンラン科(BURSERACEAE)
 中近東、インドなどに産する樹木の名前。 ボスウェリア属の樹木から採取される樹脂や精油は 強い消炎鎮痛作用と抗菌作用を持つことが知られています。

 ボスウェリアの樹脂、精油は胃腸障害を減らすよう開発された いわゆるCOX2阻害剤(セレスコックスなどの非ステロイド系抗炎症剤) のような消炎鎮痛作用を持つといわれる貴重なものです。

*ヤロー:和名はセイヨウノコギリソウで、葉が細長く、 裂状鋸歯(細かい切れ込みがある状態)になっている様が鋸の歯を連想させます。

 学名は、アキレス(アキレスの)ミルレフォリウム(細かく切れた葉)と言います。 ギリシャの英雄アキレスがトロイ戦争で、パリスの毒矢で重傷を負い、 女神アフロディーテがヤローを薬草として勧めたというエピソードからの命名です。

 ヤローは丈夫な多年草で、繁殖力が強いため、 原産地のヨーロッパでは野生化している雑草みたいなものです。 日本でも、道端に野生化したヤローを見かけます。

 ヤローの茎葉を刈り取って陰干ししたものを煎じれば、 切り傷の止血効果があります。胃健と滋養強壮の効果があります。

*ホワイトウイロー:(西洋シロヤナギ)・旧名白柳の皮。
 ガンマリノレン酸(γリノレン酸)やEPAと組み合わせることで アレルギーの炎症抑制に効果を発揮するハーブ。

 もともとはアスピリン(鎮痛剤)としての機能で アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の皮膚のかゆみや痛みを 取り除く目的で使用されていたのですが、 ステロイド剤の様に炎症を起こすホルモンが作られなくする働きが 炎症を抑制するとして、 アレルギーサプリメントとして人気が高くなりました。


Q. ASの患者さんにとって何故カルシウムは大切なミネラルなのでしょうか?

 脊椎炎の患者さんの半数以上に骨粗鬆症がみられ、 放置しておくと軽い衝撃でも折れてしまうような脆い骨になっています。 骨粗鬆症になり易い人はカルシウムの摂取を心がけ、 プラスのバランスを維持することが大切です。

 毎日、 適量のビタミンDと1日に1,000 mg~1,500 mgのカルシウムサプリメントの摂取が、 骨密度の低下を毎年1~2%の割合で防ぐことや それを改善することが明らかにされています。
 カルシウムの摂取がASにおける靭帯骨化、強直を促進するという証拠はありません。


Q. ASの患者さんにとって抗酸化物であるアルファリボ酸は有用でしょうか?

アルファリボ酸体内のフリーラジカルを取り除く助けになる抗酸化作用があるため、 老化を抑える物質として期待されています。
 ただし、実際に人体においてそのような作用があることは証明されておらず、 またASについてもその効果を裏づける研究もなされていません。


〈参考〉
*アルファリボ酸:非常に強力な抗酸化作用を持つ物質で、 究極の抗酸化ビタミンともよばれており、 特に肌に対してその効果が期待できます。

 ビオチン(Biotin)は水溶性のビタミンBで、 タンパク質、脂肪、炭水化物を消化する際の酵素として働き、 アルファリボ酸の吸収を助ける効果があり、 これらを組み合わせることによって、 更に効果が上がると考えられています。


*フリーラジカル:遊離基ともいい、 不対電子をもつ原子または分子のことです。

 極めて化学的活性に富み、 速やかにフリーラジカル同士あるいは安定分子との反応によって変化します。 放射線が細胞中の水分子に作用するとOH・ラジカルや H・ラジカルなどの反応性に富むフリーラジカルが生じ、 遺伝子のDNAを攻撃して障害を与えます。

 生体内では細胞膜の酸化、脂質の酸化などにより、 血管透過性亢進や、組織の浮腫などを生じ、 被爆後の超早期の反応の原因となります。



Q. ナス科の植物(ポテト、ナス、トマト、赤、緑のトウガラシなど) に含まれるナトリウム植物塩基(Sodium Alkaloid)が関節炎や ASを引き起こしたり、その一因となるという説がありますが、本当ですか?

 ナス科に属する植物が 人体の関節炎の痛みの一因になるという確固たる証拠も根拠もありません。

 しかし、裏づけの乏しいものですが、 痛みが悪化する可能性があると経験的に言う人もおり、 これらの植物の抽出物に極端にさらされた動物の関節や組織に、 石灰化が発生したという動物実験はあります。

 炎症性関節炎の患者さんは、 各々の経験をもとに(摂取すると症状が良くなるか、悪くなるか、 変わらないか)しつつ、これらの野菜の摂取を心がけるようにして下さい。


Q. プロバイオティクスは多様な健康状態の治療に、 最近とても人気が出てきているようです。 脊椎炎の治療にプロバイオティクスはお薦めですか?

 乳酸菌ミルクやビフィズス菌などのプロバイオティクスは、 抗生物質を授与した際に起る(副作用としての)下痢や 重複感染の予防効果が見られ、 消化器系の疾患のある人にも使われます。

 バイオティクスの摂り過ぎは腹部の不快感や下痢を起こしかねません。 500億から1000億で形成される少量の細菌の塊、 腸内細菌叢の構成バランスを整え、保持して、 消化器障害の予防に役立ちます。

 様々な消化器系障害の治療として、最近人気が出てきているようです。


〈参考〉
*プロバイオティクス: 腸内有益菌(腸内細菌叢を改善することで健康に寄与する微生物)



Q. グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントは脊椎炎に有益ですか?

 グルコサミンやコンドロイチンは、 変形性関節症などのような退行性の関節炎の患者さんに使われています。
 グルコサミンはカニやエビなど甲殻類の動物の殻から、 そしてコンドロイチンはウシ属の動物やサメの軟骨などから得られます。

 これらのサプリメントは変形性関節の痛みに対してある程度の効果を発揮します。 このことを、製薬会社は強く主張しますが、 実際は炎症を抑えませんし関節軟骨を復元することもありません。

 これらのサプリメントは、AS患者さんの炎症による痛みの緩和には、 期待はずれになることが多いようです。


Q. ASの患者さんの中には、 体重が減ったり食欲がなくなったりする方がいます。 この症状に対して、 ビタミンやサプリメントその他の栄養補給食品 (プロティンシェークとか) などで推薦するものが何かあるでしょうか?

 AS患者さんの体重減少には、いくつかの原因が考えられます。

 たとえば前屈みで背骨が曲がって強直しているので、 お腹が圧迫されてしまうこと、 大腸炎の併発により小腸での栄養吸収が不足することなどです。

 続発する抑うつ状態や、 あるいはまた服用している非ステロイド系抗炎症薬の副作用としての胃腸障害なども、 体重が減る原因になります。

 体重減少に対する治療としては、まずは原因をつきとめることで、 曲った背骨の矯正手術や効果的な腸炎の治療などが挙げられます。

 少しずつ何度かにわけて食事を摂るとか、 蛋白質に富んだ補給食も体重を増やす助けになるでしょう。
 毎日の総合ビタミンの摂取は、感染予防に役立ちます。


Q. 特定の脊椎炎治療薬と一緒に摂ると 有害な相互作用を起こすビタミンやサプリメントがあるでしょうか?

 薬同士、あるいはサプリメントと薬とが相互作用を起こすものは無数にあります。

 ウイローの樹皮のような抗炎症作用を持つ生薬は、 サリチル塩酸を含んでいますので、 非ステロイド系抗炎症薬による胃腸刺激作用を増幅する可能性があります。

 ニンニクのような栄養補助食品は、 抗凝固作用を持つアスピリンやクマジンのよう薬の効果をより高めます。

 西洋オトギリソウは、従来の抗うつ薬と併用することが禁止されています。


〈参考〉
*西洋オトギリソウ(St.John's Wort): 軽度の抗うつ作用があると信じられているハーブ

難病を克服する上で、欠かせないのが有害金属の排除・解毒です。

有害金属が、幾重にも重なった難病発症の原因の一つとなっているからです。

そして今回、クローズアップするのは、生活に最も密接に関わっている、有害金属 アルミニウムです。

 

ベーキングパウダーを使った焼き菓子を食べていた。

トマト缶も食べていたし、飲み水は水道水を沸かしていた。

アルミホイルも、アルミ製の小も使っていた。

制汗スプレーも使っていた。

胃薬を飲んでいたなら、さぁ大変。

 

こんな人(私)は、骨、脳など、体中にアルミニウムが蓄積していることでしょう・・・。

解毒を苦手とする膠原病患者は、絶対に使用してはいけない、解毒しなければならない金属です。

 

健常者では、摂取したアルミニウムの98%以上が消化管を通過し、1日あたり約100mcgが尿中に排泄されます。

しかし、摂取量の1%以上が吸収され血漿中に見出されます。

血漿中では主にトランスフェリンに結合し、血漿中アルミニウムは主に骨や脳、肝臓、肺、リンパ節などの組織に蓄積します。

脳およびそれに関連する神経系は、パーキンソン病、多発性硬化症、慢性疲労および他の神経学的または自己免疫疾患のような疾患が現れる場所でもあります。

 

ほとんどの食材に含まれ、その1%が吸収され蓄積される以上、避けて通ることのできない問題がアルミニウムなのです。

 

■なぜ、アルミニウムが悪いのか

水銀、ヒ素、鉛、カドミウムなどより急性毒性が低いため、長い間、軽視されていますが、蓄積による長期的毒性は強く、微量でありながら、確実に細胞に損傷を与え、長期的に影響を及ぼしていく疾患になりやすいです。

 

アルミニウムは神経毒になる物質で、体内に蓄積された高濃度のアルミニウムはアルツハイマー認知症ALS(筋萎縮側索硬化症)などの神経性疾患との関係性が報告されています。

 

濃度のアルミニウムによって脳内の炎症活性の基礎レベルが上がるとの報告もあります。 

 

DNAの傷害ミトコンドリア膜電位の低下ミトコンドリア機能を低下させます。(TCA回路での阻害や電子伝達系の酵素の阻害など)

 

また、アルミニウム(Al)は副甲状腺ホルモン(PTH)を抑制するため、カルシウムとマグネシウムの摂取バランスが正常であってもアルミニウムが存在する以上、生体内のCaとMgに大きな影響を与え、血清Mgは低下します。また、腎臓での活性型ビタミンDが減少していきます。そうすると、血中Caも減少します。
摂取してしまったアルミは、ホルモン、ミネラル、ビタミンを減少させてしまうということです。


また、アルミニウム投与はアセチルCoAを減少させ、アセチルコリンの遊離を阻害するという報告があります。

神経細胞のDNA/RNAに親和性があり、神経伝達物質アセチルコリンを分解する酵素アセチルコリンエステラーゼを阻害したり(サリンもこれと同じ)、アミノ基転移酵素の阻害、エピネフリン(アドレナリン)の合成阻害などもあります。

 

さらに、アルミニウムは胎盤や母乳を介して、胎児や乳幼児に移行しやすい成分でもあります。幼児は大人のようにアルミニウムのデトックス機構が確立されていませんので、大きく悪影響を及ぼしてしまいます。
アルミニウムはそもそも肝臓に蓄積しやすい金属とされていましたが、胎児の場合、肝臓よりも脳の方に移行しやすいことが近年の研究でわかっています。そのため、曝露した胎児は、神経毒性を引き起こし、成長の過程で、発達障害や多動性などの症状が見られます。

 

さらにエストロゲン様作用もあり、特に若い女性の使用においては乳がんとの相関も指摘されています。


その他、一般にアルミニウムの影響としてけいれん、食欲低下、咳、疝痛、過度の口渇、胃痛、胃潰瘍、硬化した便、脾臓の痛み、アルツハイマー、認知症、貧血、脳症、無成形性骨、心筋肥大などが挙げられます。

 

■実際にどのくらいのアルミニウムを摂取しているのか

昭和女子大学助教授・福島正子氏講演より

 私たち日本人が一般的な食生活でどのくらいアルミニウムを摂取しているかを、具体的な献立で計算してみた。
 たとえば朝、パンを食べ、昼と夜が和風の食事の例では、パン、まびき菜、お茶などは比較的アルミニウム量が多いが、1日では2.4mgの摂取となる。

別の献立では、朝、ごはんと焼きのりなど、昼に食パン、夜に魚を食べるとやや高めの値になり、3.1~3.2mgとなる。

少し洋風の食生活では、チーズトースト、牛乳などが高く、スパゲッティ、ハンバーグ、紅茶などで、1日3.7mgになる。パンを食パンからクロワッサンにすると一気に2mg上昇する。

これらの計算では、平均的な食生活で1日3~5mgのアルミニウムを摂取していることになる。ただし純和風の場合、1日2mgぐらいの場合もある。
 アルミニウムの含有量が高い献立には、洋食全般が平均4mgぐらいで、和食では天ざるがある。お菓子では、ホットケーキが52mgと高いが、これはベーキングパウダーのためで、今川焼やショートケーキも高い。
 水道水中のアルミニウム量については、17~18年前ぐらいの調査を見ると、東京の世田谷区、神奈川県の相模川水系など若干高めのところもあるが、高くても50ppbである。
 医薬品は、市販されている薬で低いものは1日67mgで高いものは200mgぐらい、医療用では1~3gと、食事と比べものにならないほどアルミニウム量が多い。
 このような結果をまとめると、食事から1.5~3.4mg、お菓子や飲料で1~50mg追加され、さらに医薬品や調理器具などからの溶出がある。WHOやFAOでは「1日許容量約50mgなら安全」とされており、実際の食生活の中では、ときどきこれを超えることがあるかもしれないという状況である。

 

※4年間制汗剤を使用している女性の多くに高アルミニウム血症が認められたことが報告されています。

毎日、焼き菓子など膨張剤を含む食品を食べる習慣のある小児なども、安全な範囲を超えていると指摘されています。

 

--------------------------------

 

摂取源としては、制汗剤、日焼け止め、ローション、歯みがき粉、たばこフィルター、大豆調合乳野菜、茶、インスタントコーヒー、牛乳、アルミニウムを含んだ調理器具、アルミホイル、アルミ缶詰、ベーキングパウダー、(一部の)乳化剤、水道水、消臭剤、医薬品(全てのワクチン、アスピリン、下痢止め、胃腸薬などが)、食品添加物 (膨脹剤、着色料、色止め剤など) などがあげられます。

 

 

--------------------------------

 

■アルミニウムを防ぐにはどうすればいいか

さて、このようなアルミニウム中毒は、マグネシウムの薬理的摂取によって阻害できます。
マグネシウム維持がアルミニウム曝露でやられたのなら、マグネシウム摂取でやり返すというイメージです。
(もちろんビタミン剤や硫黄化合物なども併用します。硫黄については個体差により使用有無を決めます)

生体内にマグネシウムを正常に維持することにより、アルミニウム中毒を阻害できます。

有害金属は、その曝露から避けていくことが一番大切ですが、いつどこで摂取しているかわからないだけに、マグネシウムなどの拮抗ミネラルの薬理的効果によって、排除していくことも大切です。

・アルミニウムの排除・解毒の対策一覧


●胃薬や痛み止めの薬の服用を極力さけ、やむを得ずに服用する場合にはアルミニウムを含まないものを選択する。

●ワクチンを接種しない

●焼き菓子など、食品添加物としてアルミニウムを含む食物の摂取を避ける。
●アルミニウム製の鍋、食器、アルミホイルは使用しない。
●アルミニウムを多く含む水を飲まない。
●アルミニウムを含む制汗剤、日焼け止めなどを使用しない。

●体内アルミニウムの排泄を促がすために天然のビタミンAを摂取する
ラクトバチルス(乳酸菌)を積極的に摂取し消化吸収機能を高める

●生体内にマグネシウムを正常に維持することにより、アルミニウム中毒を阻害。

ケイ素、シリカの摂取

ブロッコリー、玉ねぎを食べる

 

私の場合、普段から自己免疫疾患対策として、プロバイオティクス・プレバイオティクス(イヌリンサイリウムラフィノースオリゴ)を利用し、ビタミンAやマグネシウムを含む信頼できるマルチミネラルビタミンサプリを服用し、ケイ素(シリカ)を含む良い水を飲み、玉ねぎ、ブロッコリーをよく食べており、自然とアルミニウム対策が取れています。

 

先に、病気の原因は幾重にも重なっていると書きましたが、原因の根本解決法はいつも同じ、正しい食事と生活です。

 

●不要なものは入れず、出していく

●胃腸を整える

●正しい栄養の摂取

●運動と休養

●ストレス管理

 

たったこれだけ、につきます。

アルミニウムの対策を含め、地道に体に良いことを積み重ねていこうと再認識することができました。

 

この積み重ねがいつか、体の全ての歯車を滞りなく回し、難病克服につながると信じています。

 

読んで下さり、どうもありがとうございました。

難病を治す|基本の食事と生活

酢・クエン酸は万病の特効薬」 

 も宜しければご一読下さい。

 

 

ブログランキング(乾癬、膠原病)

 

--------------------------------

 

<参考文献、記事>

あぶないアルミニウム―もう始まっているアルミニウムの脳内蓄積

アルミニウムは忍者?!故・佐藤章夫先生 

第1277回アルミニウムと体内環境 その1

第1278回アルミニウムと体内環境 その2

アルミニウムを排出するケイ素 吉冨信長さん

アルミニウム中毒 吉冨 信長さん

 

https://nutmed.exblog.jp/4547976/

長期のストレスや薬により、副腎疲労が起こると、やがてコルチゾールの分泌が減り、アレルギーや炎症が多発します。

そして、それを一因として膠原病を発症した場合、更なるストレスや薬により、更なる副腎機能低下を招き、心身ともに疲弊し、ますます体調は悪化していきます。

 

膠原病を治したければ、副腎を回復させなければいけません。

 

生活改善や食事改善などの自然療法で、副腎疲労症候群を治すための記事を以前、下記の記事に書きました。

 

膠原病・自己免疫疾患の人は副腎疲労か副腎委縮!自然療法で対策①トンプソン真理子さんバージョン

 

今回は、

本間先生のご説明、本が分かりやすいので一部引用、まとめさせて頂きます。

 

 

(本間先生の書籍)

しつこい疲れは副腎疲労が原因だった ストレスに勝つホルモンのつくりかた (祥伝社黄金文庫) [ 本間良子 ]

「うつ?」と思ったら副腎疲労を疑いなさい 9割の医者が知らないストレス社会の新病 (SB新書) [ 本間龍介 ] 

心と脳の不調は副腎ケアで整える 「うつ」「認知症状」「発達障害」に効くホルモンのパ (祥伝社黄金文庫) [ 本間良子 ]

 

 

 

--------------------------------

 

ストレスが多く、コルチゾールが過剰に分泌される状態が続くと、副腎が疲れて必要なときに十分な量を分泌できなくなり、ストレスと闘えなくなる。

この状態を『副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)』と呼びます。

 

正式な病名ではなく、欧米や日本のような先進国でもまだ多くの医師が認識していない病気ですが、副腎疲労になると、炎症を抑えられず疲労感や様々な不調が出やすくなります

例えば、副腎から分泌されるコルチゾールは血糖値血圧のコントロール、免疫機能神経系のサポートをつかさどるため、副腎疲労を起こして分泌がうまくいかなくなると、生活習慣病うつ症状、花粉症などのアレルギー症状橋本病やバセドウ病などの自己免疫疾患を発症することもあります。

 

 

『コルチゾールは、朝の目覚めを促す役割もあるので、午前6時ごろから生産量が増え、午前8時ごろにピークを迎えて昼間の活動に備える。その後、徐々に減っていき、深夜には午前中の10分の1ほどしか分泌されない。日中に多くのストレスを受けて働き続けた副腎にとっても、深夜は休息時間というわけだ。
こうした1日の分泌リズムを基本に持ちながら、日々の営みの中で突発的にストレスが生じると、その都度、副腎は瞬時にコルチゾールの分泌量を増やして対応する。人間関係のトラブルをはじめ、感染症や怪我など、体がストレスを感じた瞬間に、副腎がピュッとコルチゾールを産生していると想像してほしい。ストレスは体に炎症を引き起こすので、コルチゾールは、その火種を消しに行く〝火消し役〟とも言えるのだ。
本来、ストレスは一時的なものなので、コルチゾールもそのときは分泌量が増えても、ストレスが収まってくれば元の状態に戻る。ところが、強いストレスが長期間続くと、コルチゾールがずっと出っぱなしの状態が続き、副腎自体が疲弊していく。さすがに月単位、年単位で分泌し続けると、副腎が疲れ切り、本当はコルチゾールが必要なのに、分泌できない状態に陥ってしまうというわけだ。そうなると、コントロールされなくなったストレスは体のあちこちに炎症を起こし、暴れ回る。この状態を〝副腎疲労〟と呼んでいる。』

 

本間先生による「副腎ケア」の基本ルールは2つだけ

①副腎の負担になるものを体に入れない

②副腎がタフになるための、足りない栄養素を体に入れてあげる。

 

副腎疲労を治す5つのステップ

 

重要なのは、副腎疲労を改善していく方法には、順序があるということです。なぜなら、食べたものが副腎のホルモンとなり、有効に活用される過程には、副腎だけでなく、体全体のさまざまな部分が密接に関わっているからです。

 

まず、食べ物の栄養素を腸できちんと吸収できるようにする。次に、体内に取り込んだ毒素を肝臓で解毒する。その後、副腎をはじめとする内分泌系でホルモンバランスを整え、体中に張り巡らされているホルモン・ネットワークとうまく連携させる。そして、細胞を活性化させ、最後は脳の状態を整える。これが5つのステップです。

(重症の場合など、細胞の活性化から始めなければいけない症状もあるようです。詳しくは『心と脳の不調は副腎ケアで整える』をご覧ください。)

 

 

ステップ1のポイント

●細胞を活性化するミトコンドリア・マネジメント

 

・副腎の負担になるものを体内に入れない。

副腎の負担になるものは、体内に入れるとアレルギーなどの炎症を起こしたり、血糖値を急上昇させたり、体内に溜まって毒素となるものです。

例:精製糖質、小麦粉、乳製品、カフェイン(コーヒーやチョコ。コルチゾールの分泌を促す)、マグロ・養殖魚(水銀やダイオキシン・抗菌剤)、霜降り肉・アメリカ産肉、食品添加物、揚げ物油、トランス脂肪酸、遺伝子組み換え食品、農薬、シャンプー、歯磨き粉、洗剤などに含まれる化学物質や歯の金属など

 

・エネルギーの元となる炭水化物は、玄米、五穀米、そばなど色付きのものを選ぶ。

 

・細胞のエネルギー生産に不可欠なビタミンB群コエンザイムQ10L-カルニチンマグネシウムを摂る。

コエンザイムQ10が豊富な食材:牛肉、豚肉、鶏肉、レバー、イワシ、サバ、サケ、マス、マグロ、ウナギ、カツオ、キャベツ、ブロッコリー、ほうれん草、カリフラワー、アボカド、大豆、枝豆、豆腐、味噌

Lカルニチンが豊富な食材:ラム肉、牛肉

マグネシウムが豊富な食材:海苔、わかめ、もずく、昆布、ゴマ、干しエビ、煮干し、きな粉、納豆、牡蠣

ナッツ類もマグネシウムの多い食品ですが、油が酸化しやすく、アレルギー源にもなりやすいのであまりおすすめできません。

 

・細胞を安定させるオメガ3系の油を摂る。

不飽和脂肪酸のオメガ3は、副腎、脳、腸をサポートするほか、細胞膜を安定させる働きがあります。アマニ油、えごま油、シソ油などに含まれるαリノレン酸、サンマ、イワシ、サバなどの青魚の脂に含まれるEPA(エイコサペンタ塩酸)がオメガ3系の油です。アレルギーは細胞膜で起こる反応ですが、細胞膜を安定させるEPAはアレルギーを防ぐ役目も担っています。DHAは神経系や脳の働きを円滑にし、セラトニンの生産を促してくれます。

 

・幹細胞の解毒作用を助けるハーブ、薬味類を摂る。

解毒作用のある肝臓の細胞を働かせて、無害化。

 

・自閉症の患者さんは、シュウ酸の多い食材をさける。

シュウ酸は体の中の重金属と結合する性質があるので、重金属が細胞組織に溜まり、排出が妨げられてしまいます。

シュウ酸の多い食品:ほうれん草、タケノコ、ラム肉、煎茶、ココア、チョコレート

 

 

ステップ2のポイント

●「第2の脳」である腸の状態を整える

 

・腸内のカビを繁殖させる炭水化物を控える

炭水化物はカンジタのエサとなってカビを繁殖させるだけでなく、必要以上に食べ続けると「炭水化物中毒」といえる反応が現れてきます。

 

・腸の炎症を起こす小麦製品、乳製品は摂らない

小麦のグルテンには「グルテオモルフィン」というモルヒネ様化合物が含まれる。この化合物が脳内のモルヒネ受容体と結合して多幸感を与えるため、「もっと食べ続けたい」という麻薬のような中毒作用を起こします。

 

 

・炭水化物は玄米、そばなど色のついたものを。

 

・乳酸菌は納豆、漬物など、植物性のものを。

 

高タンパクの肉、魚を3食食べ、傷ついた腸を修復、セロトニンを生産できるようにする。(膠原病の場合、肉は控えめにします)

 

・炎症を抑え、腸の細胞を再生するフィッシュオイルターメリック香味野菜亜鉛を摂る。

 

 

ステップ3のポイント

●「デトックス工場」である肝臓をいたわる

 

・食品添加物、農薬、大型魚の重金属、トランス脂肪酸、遺伝子組み換え穀物、輸入肉のホルモン剤など、毒素の多い食材をさける。

 

・シャンプー、洗剤、化粧品、歯みがき粉、ドライクリーニングの有機溶剤など、日常生活の毒素に気を付ける

 

・1日1.5~2リットルを目安に水を飲む

 

・ハーブティー、番茶、レモン水などを飲み、デトックス効果を高める。アルコール、コーヒーは控える

 

・香味野菜やハーブ類、スパイス類などのデトックス食材、小松菜、ブロッコリー、スイカ、レモンなどの抗炎症食材を摂る。

 

重曹や「エプソムソルト」(硫酸マグネシウム)を入浴剤代わりに使い、経皮吸収、発汗を促進。

 

 

ステップ4のポイント

●副腎を再生し、タフにする

 

・「ファイトケミカル」が豊富な野菜・果物を摂り、抗酸化作用を働かせる

体を動かし、ミトコンドリアを増やす。

・ミトコンドリアのエネルギー生産、副腎ホルモンの生産に必要なビタミンB群を、さらにしっかり摂る。

・ミトコンドリアを増やすのに不可欠なタウリンを、タコ、イカ、魚介類から摂る。

・コップ1杯の塩水と梅干しで、副腎に活を入れる。

果物をよく食べ、カリウムとエネルギーを補給する。

 

 

ステップ5のポイント

●脳を最適化して、心の健康を取り戻す

 

・神経伝達物質の代謝に関与する「メチレーション」を機能させるために、葉酸ビタミンB12を摂る。

 

・脳の情報処理能力を高め、うつ症状に効くフィッシュオイルを摂る。

ココナッツオイルは体脂肪がつきにくく、認知機能改善にいい健康油。

 

肉や魚から、体内リズム、精神作用に欠かせないトリプトファンを摂る。

 

・イライラしたときには、マグネシウムが特効薬に。

 

色の濃いベリー類スパイス、ハーブは、炎症を抑え、若々しい脳を保つ”ブレイン・フード”

 

--------------------------------

以上、本間先生の本をまとめさせて頂きました。

 

 

副腎の為にできることを実践的にまとめてみると・・・、

ステップを5つに分けていますが、同時に取り入れるのが良いと思います。

 

サプリ

マルチビタミンミネラル(Mg、Zn含む)、ビタミンB群ビタミンCが必須。

EPAの多い青魚が毎日食べられない場合は、フィッシュオイルも必須。

 

食事

・3食、タンパク質をとる。(肉少し、魚介類(青魚・タコ・イカ)、納豆がお勧め)

・炭水化物は控えめに摂る。色付き。その分、色の濃いベリー類などの果物でエネルギーを。

・ブロッコリーや葉酸の多い小松菜などの葉野菜、野菜を多くとる。

・油はココナッツオイルがお勧め。アマニ油えごま油、フィッシュオイルも。

・水分はレモン水、塩水、梅干し水など。水は1.5~2L飲む。

・料理に、ターメリックなどのスパイス・ハーブ・香味野菜を多用。

・避けるもの(小麦・乳・化学物質・コーヒー・アルコールなどなど)

 

生活

重曹や「エプソムソルト」(硫酸マグネシウム)を入浴剤にする

・運動をする

 

まとめて見て気づきましたが、前回の副腎の記事の「分かりやすい簡素化バージョン」ですね。

食事療法初心者の方はこちらの記事を参考にし、ものたりない方は前回の記事を参考にされると良いかもしれません。

 

--------------------------------

☆「難病を治す♪基本の食事と生活」 

☆「酢・クエン酸は万病の特効薬」 

☆「乾癬性関節炎完治記念日」も宜しければご一読下さい♪

 

いつも読んで下さる皆様♡

フォロー、お気に入りにして下さっている皆様♡
「いいね!」して下さる皆様♡
「リブログ」して下さる方♡
本当にどうもありがとうございます<m(__)m><m(__)m>☆

 

ブログランキングに参加してみます^^

膠原病文明が作った化学物質が原因となっている。

この世に化学物質がなければ、人類にとって難病というものは起こり得ない膠原病の正しい病名は化学物質汚染症というべき。』

 

この言葉は、アレルギーや難病をステロイドなしで治療されている大阪の医学博士のお言葉です。(今年ご退職)

 

化学物質の排除は、ほとんどの自然療法治療家や難病を完治された方々が行っている、絶対必要条件と言えます。

確実に代謝免疫・腸内細菌・細胞やDNA・ミトコンドリアなど身体のあちらこちらに影響を与え、難病の根本原因の一つとなっています。

 

実際に、環境化学物質、薬剤で抗核抗体が陽性になりやすいことが知られています。
喫煙、降圧剤、抗結核剤、鉱物油、また、工場の従業員などで抗核抗体の陽性率が有意に上がっています

 

また、医学的には、抗核抗体は下げられないと言われていますが、完治されている方々は、添加物や農薬・化学物質を取り入れない生活改善と解毒により、自己抗体の値を実際に下げています。

 

プラスチック製品、ビニール製品、合成繊維の衣類、食品添加物、殺虫剤など、私たちの身の回りは合成化学物質を素材にした製品で取り囲まれています。市販されている洗剤や化粧品などの日用品も、ほとんどが合成化学物質から作られています。

合成化学物質は脂溶性の性質を持つものが多く、分子量も小さいため、生物の体内に吸収されやすく、想像以上に生物へ影響を与えます。

生物の処理能力を超えて体内に侵入し蓄積されていく合成化学物質は、発ガン性や生体のホルモン活動を阻害する環境ホルモン作用、臓器や神経に障害を与えるなど、私たちの健康に対して有害性があると指摘されています。

徐々に体内に取り込んでいる化学物質は、影響が現れるまでに時間がかかるため、因果関係が特定されにくく、軽視され続けています。

 

身体をもとの状態に戻したければ、時間をかけて排毒していかなければなりません。そのスタートとなるのが、

まずは、化学物質・農薬・添加物・不要な医薬品体に入れないことです。

(※必要な薬を素人判断でやめるのは危険です。)

身体の内臓や脂肪、細胞に取り込まれた毒を出すのには、時間がかかりますが、これ以上ためないようにすることは今すぐにできます。

免疫抑制剤などで、体の正常な反応を抑えたまま、毒をため続ければ、悪化の一途をたどります。

化学物質である薬を飲みながらでも、極力、他の化学物質や毒を避けなければいけません。

 

以下の物質をなるべく遠ざける生活を心がけたいと思います

 

・不要な医薬品

・質の悪いサプリ

・食品添加物

・合成洗剤(歯みがき粉、洗濯洗剤、ボディーソープ、シャンプーリンス、浴用、トイレ、住居用洗剤等)

・化粧品、日焼け止め、クリーム

・農薬の多い食材

・缶やパックに入った加工食品

・プラスチック容器(特に酸の強い食品や電子レンジの使用)

・フッ素加工などの調理器

・殺虫剤

・芳香剤

・排気ガス

・建材のホルムアルデヒドなど

 

 

--------------------------------

 

なにがどう悪いのか、一つ一つ記事にしたいくらい重要な視点だと思います。

 

難病・膠原病の完治には、歯車を円滑に回すべく、順番を間違えないように、なるべく沢山の体に良いことを同時に行うことが重要です。

 

大まかな順序としては、

①まずは、毒を出す、毒を入れないこと。

②デトックスを行いながら、胃腸対策をし、

③本当に必要な栄養を摂取する。

良い食事・ストレス対策・環境対策・睡眠・生活改善など身体に良いことは、順番に関わらず、同時に沢山取り入れます。

歯車は、一つ欠けても回らなくなってしまうため、全ての歯車が正しく動く必要があります。

 

化学物質を体に入れない、ということは、難病改善への最初のステップだと思います(#^.^#)

 

今日も、読んで下さりどうもありがとうございました<m(__)m>

 

 

お勧めの日用品についてのご質問を頂くことが多いので、下記にまとめさせて頂きます。

 

--------------------------------

 

●マルチに使える優れものトップ8

我が家に欠かせない必需品トップ8です。下記の8つがあれば、使い回しができ、かなり家庭の毒を排除することができると思います。

こういう優れ物が大好きなので、本当は一つ一つ記事にして熱弁したいですが、下部にちょこっと説明させて頂きました。

 

GSE(グレープフルーツシードエキス

ティーツリーオイル

ラベンダーオイル

ココナッツオイル(節約のため、体用はコチラ

水ピカ

重曹

クエン酸

固形石鹸と粉石鹸(ピリカレ)と液体石鹸

 

 

--------------------------------

■ GSE(グレープフルーツシードエキス)
天然成分なのに、抜群の抗菌力・殺菌力で、本気で使えます。

飲んで良し、ぬって良し、吹いて良し、何しても良し。

石鹸洗濯の部屋干し生乾きの匂い問題も一発で解決し、色々と使えすぎて、絶対に手放せません。水ピカと混ぜたものを浴室に吹きかけだけで、カビも生えてこないようになりました。現在、服用はしていませんが、以前は胃腸のクレンジングにも使っていました。

その他、下記以外にも沢山の使い道があります。
・歯磨き、歯ブラシの除菌
・歯肉炎、皮膚病、副鼻腔炎、耳痛など
・カンジダ対策
・水虫対策
・胃腸(ピロリ菌、吐き気、膨満感、お腹風邪)
・ヘルペス、イボ、はしか
・風邪予防

・動物ウィルス(コレラ、鳥インフルエンザなど)
・食中毒、下痢
・抗酸化作用(老化防止)
・水に数滴入れて水の腐敗防止
・デリケートゾーンの痒みに
・加湿器のカビ防止
・プールやジャクジーの塩素処理の代替
・洗濯物を安全に消毒する
・台所、子供部屋及びバスルームの掃除・カビ防止
・皿、食器類及び鍋などの洗浄に
・防カビ剤・防ウィルス剤として
・体および家用に、石鹸や洗剤に混ぜて使用
・掃除に。ドアノブ、タイル、ゴミ箱、ペット及びお子様の行動範囲、キーボード、おもちゃ及び電話の消毒に
・防水コーキングやパッチングに加えて菌やカビを予防
・カーペット洗浄剤及び/もしくはスチーマーに加え、バクテリア、カビ、胞子、菌及び寄生菌を退治
・貯水に-貯水槽、冷却塔

・ピアニカの蛇腹の消毒にも使っています

※人体での使用法としては、必ず薄めて使います
--------------------------------
■ ティーツリーオイル
アロマオイルとしても人気のティーツリーですが、香りの効果以外に多くの使い道があります。

こちらも、抗真菌、抗菌剤、抗ウイルス特性を持つので、トイレ掃除から、水虫・爪白癬や傷、ニキビ、フケや頭皮のかゆみにも役立ちます。天然の虫よけにしたり、洗濯にも使っています。

有害な細菌が付着しないようにする生体活性のあるコーティングとなり、医療現場でも使われます。

--------------------------------

■ ココナッツオイル

値段が高いので、節約のため、口に入れる用ボディ・ヘア用で2種類を使い分けています。いづれにせよ、吸収率が高いため、有機のエキストラヴァージンのコールドプレスの未精製を選びます。

ココナッツオイルの脂肪分は50%がラウリル酸で、ウィルス、バクテリアや原虫に至るまで様々な病原体に対する防御効果があります。HIVウィルス、ヘルペスウィルス、インフルエンザ、麻疹ウィルス、グラム陰性菌や、ランブル鞭毛虫などの原虫に対する抗真菌、殺ウィルス作用もあります。
身体の中からの作用に加え、美容液として、または、口内ケアや怪我の応急処置、家庭用クリーナーや消毒剤としてなど、ココナッツオイルには数々の利用法があります。
一般的な美容製品の代わりに、手に負えない髪にまで使えるココナッツオイルの利用法をご紹介します。

 

ココナッツオイルの様々な健康増進効果

心臓の健康を促進 

甲状腺の機能を正常に保つ
脳機能の健康を促す    

免疫機能を強化する
身体の燃料として代謝力をサポートし、体重減少を促す

肌を健康的で若々しく保つ

 

メイク落とし

ココナッツオイルを浸したコットンボールで拭き取ります。乾いたコットンボールか湿らせたタオルで拭き上げます。
フェイスウォッシュ

ココナッツオイルを一滴手にとって顔、首などをマッサージします。湿らせたタオルで拭き上げてパッティングするように水分を拭きます。
ボディスクラブ

ガラスの瓶に、同量のココナッツオイルとオーガニックのきび砂糖を入れます。シャワーかお風呂の前に、乾いたままの肌にスクラブします。
フェイススクラブ

砂糖は使わず、ココナッツオイルと 重曹またはオートミールとシナモンをひとつまみを混ぜてフェイススクラブにします。
シェービングローション

ココナッツオイルを、お手入れする箇所に薄く塗って、いつもどおり剃りましょう。ココナッツオイルに含まれるラウリル酸は、カミソリ負けや切り傷の殺菌効果があります。
顔や全身の保湿剤

そのまま使っても良いですし、お好みでエッセンシャルオイルを混ぜて使ってください。(エッセンシャルオイルは良質な物で局所に使っても安全な物をお選びください。)
アイクリーム

ココナッツオイルを、目の周りに薄く塗って、しわを柔らかく、皮膚が薄くなり、たるむのを防ぎます。
キューティクル用クリーム

ココナッツオイルを少量手にとって、乾燥した部位のキューティクルを柔らかくします。
消臭剤

ココナッツオイルを少量腋の下に直接塗ると、オイルの持つ抗菌作用でデオドラント効果があります。お好みで、重曹を少し加えても良いですし、ココナッツオイルと重曹、ヤロウ根パウダーでホームメイドのデオドラントを作ることもできます。
バスソーク

ココナッツオイルを湯船に入れると、保湿効果で肌のかゆみを抑えます(滑りますので、後のお掃除はしっかりと)。お風呂のお湯は25度以上にしてください。低い温度ではオイルが固まってしまいます。
リップバーム

ココナッツオイルを少量手にとり、そのままリップバームとして使ってもいいですし、ココナッツオイルを材料にしてリップバームを作っても良いでしょう。オンラインで色々なレシピが手に入ります
歯磨き粉

重曹、ココナッツオイルを混ぜると歯磨き粉の代わりになります。重曹が歯の汚れを優しく落とし、ココナッツオイルの抗菌作用が有害な菌を抑えます。
虫除け

ココナッツオイルと、良質なエッセンシャルオイルを混ぜたものを肌につけると、虫除けになります。虫除け効果の高い組み合わせ。: ペパーミント、レモンバーム、ローズマリー、ティーツリーオイル、ニーム(インドセンダン)、 シトロネラ (ジャワ・シトロネラ)、 ゲラニオール、キャットニップオイル(ある研究によると、キャットニップオイルは、DEETの10倍効果があるとされています。 )、および/または、 透明な バニラオイル

耳の感染症

耳の穴に数滴たらしてください。ココナッツオイルが固まった場合は、少量をショットグラスや小さな容器に入れてカップに入れた温水に容器ごとつけると液体に戻ります。    

水疱瘡、帯状疱疹、発疹などの皮膚の炎症に

患部に少量を塗ってください。
水虫、白癬などの真菌および/または イースト感染症に

真菌感染に使う場合は、オレガノオイルやティーツリーオイルを少量入れると良いでしょう。    

虫刺され とハチ刺され
口唇ヘルペスには、少量のオレガノオイルに混ぜて初期症状のうちにつけてください。    

頻繁な鼻血 には、少量を鼻の中に定期的に塗ってみましょう。
カンジダ症    痔(じ)

ラベンダーのエッセンシャルオイルを混ぜると治癒効果が得られます。
膣(ちつ)の乾燥   

会陰のマッサージ。出産を控えた方は毎日の会陰のマッサージに使いましょう。予定日の約1ヶ月前くらいから始めると良いです。会陰裂傷や会陰切開の予防になります。

シラミ

しらみ対策にも使えます。

 

ラベンダーオイル

ラベンダーオイルは、アロマセラピーでは、最もよく知られているエッセンシャルオイルの1つです。その抗炎症性、抗真菌性、抗うつ作用、防腐性、抗細菌特性および抗菌特性でよく知られています。さらに鎮けいれん、鎮痛、解毒、降圧、鎮静の効果もあります。リラックスできるいい香りなので、お風呂やベッドでリラックス、食器洗剤に入れて洗い物をしながらリラックス、お洗濯しながらリラックス♪に良く使っています。


水ピカ
あちらこちらにしゅっしゅかしゅっしゅかしています。油汚れなど酸性の汚れや菌に強い、強アルカリ電解水クリーナーで、本当によく落ちます。楽天で、5000件以上のレビューがあるのに評価が4.5以上ある商品は稀で、かなりの優良商品で、皆はまります。これさえあれば、便器掃除以外どこでもこれ一本で綺麗になります。材料が水なので、2度拭きしなくて良いし、安心して使えます。シュシュっと振りかけて、ティッシュで拭くだけでピカピカ。お風呂、トイレ、冷蔵庫、テーブル、電子レンジ、ガステーブルなど、茶渋の漂白など、どこにでも使っています。(アルミ・銅・漆器など使えない素材もあります)


■重曹

掃除や消臭、鍋の焦げ付きを落とすだけではありません。歯磨きや入浴剤としても使えますし、飲めば酸化した身体をアルカリ化したり、腎臓病を予防したり、医薬品としても使われる万能選手です。マーコーラ医師は、重曹は自己免疫疾患の安価な処置法であると言っています。掃除以外の使い方をご紹介します。

入浴には、カップ単位で使っている為、大量買いしています。

 

 

デトックス入浴剤

重曹とアップルサイダーでまるでスパの様な入浴剤の完成です。湯船から水を抜く時に掃除の効果もあり、一石二鳥です。

虫刺され

重曹と水を合わせたペーストを虫刺されの箇所に付けるとかゆみが治まります。粉の状態で肌に付けてもかまいません。かゆいじんましんや草負けにも効果があります。

潰瘍の痛み

効果は非常に高く、驚いています。重曹はさっと胃酸を中和しますので納得です。用量は、ティースプーン1/2杯をコップ1杯の水で溶かしたものです。

風邪に効く

内服すると、血液のpH維持効果があります。これにより、風邪の期間を短くします。
とげ抜き

テーブルスプーン1杯の重曹を小さめのコップ1杯の水に溶かした水溶液に、とげの刺さった箇所を一日2回浸しましょう。これで、たいていのとげが数日で出てきます。
日焼け

1/2カップの重曹を、ぬるめのお湯を張った湯船に入れて浸かってください。おふろから出たら、自然乾燥させます。タオルで身体の表面の重曹を拭き取ってはいけません。肌に重曹を残すことで効果が続きます。重曹と水を合わせたペーストは日焼けした部位に直接塗ると湿布効果が得られます。
消臭剤

消臭剤には、パラベンや、アルミニウムが良く使われています。これらの成分を避けたい場合は、重曹を水と混ぜて使ってみてください。簡単にできる重曹ペーストが、天然の消臭剤として機能します。
運動時のパフォーマンスアップ

長距離ランナーの間で知られている、「重曹ドーピング」という方法があります。レースの前にカプセル入れの重曹を飲んでパフォーマンスを高めるという方法で、考え方は、カーボローディングと同じです。ご家庭で試す必要は無いかもしれませんが、重曹の効能の一つとしてご紹介させていただきました。
歯垢除去、歯茎のお手入れ用ペースト歯磨きや歯茎のお手入れに効果が高いペーストは、重曹6:海塩1を合わせて作ります。ミキサーで30秒ほど混ぜて、容器に入れておきましょう。人差し指の先を少し湿らせて、塩と重曹のペーストを少し指先に取り、歯茎に塗ります。はじめは上の歯茎の外側から、次に上の歯茎の内側、下の歯茎の外側、内側の順番でペーストを歯と歯茎に塗っていきます。余分は吐き出してください。15分そのままにして、口をゆすいでください。このペーストは、非常に高い殺菌作用があります。
歯のホワイトニング

歯を白くする天然の成分です。熟したイチゴ1粒とティースプーン1/2杯の重曹を混ぜ合わせます。できたペーストを歯に塗って4-5分放置します。それから歯を磨いて口をゆすいでください。この方法は、1週間に一度位にしてください。やり過ぎるとエナメル質を傷めてしまう可能性があります。
フットソーク

洗面器にお湯を張り、テーブルスプーン3杯の重曹を入れると、すっきり効果の高いフットソークのできあがりです。
角質除去重曹3:水1の割合で作ったペーストは、顔や身体の角質取りに使うことができます。天然で安価、毎日使っても肌に刺激の少ない方法です。

■ クエン酸

血液・身体のPH調整、代謝の着火剤として毎日飲んでいます。

せっけんシャンプーのリンス代わりにも使っています。
トイレやお風呂の洗浄、食器洗い機や電気ポットのお手入れ、シンクまわりの水アカ、浴用剤、バスボム、食品の保存性を高めることができます。

 

 

 

 

 

 

 

■ 8つの商品の使い回しレシピ 

 

●歯みがき粉

重曹1:ココナッツオイル2で混ぜたもの

②天然ココナッツ歯磨きペースト
材料
ココナッツオイル大さじ6
重曹大さじ6
ティーツリーオイル25滴
ステビア小さじ1 (味つけが必要な場合)
作り方
クリーム状になるまで全成分をボウルで混ぜる。
ガラス瓶に空け、使用できる状態になるまで密封する。

 

●洗濯洗剤

①粉せっけんのみ(生活クラブのものを使用)

②粉せっけん+アロマオイル(香り&殺菌)

③粉せっけん+グレープフルーツシードエキス(殺菌)

④液体せっけん

⑤洗濯マグちゃんも良く投入します

 

●ボディーソープ・手洗い石鹸

肌断食(本)により、基本的に使いません。湯洗いです。

家族には、石鹸を使ってもらっています。ボディーソープや手洗いソープの成分に『石けん』という文字がなければ合成洗剤として見てほぼ間違いなしです。合成洗剤は、肌のバリア機能を低下させ、その最悪の成分を体に吸収させます。

 

無添加 固形石鹸

成分が石鹸素地のみだけの無添加石鹸。万能保湿成分が体から出るので、保湿成分添加はリスクでしかありません。

 

無添加 液体せっけん

刺激性・洗浄力・コストの面では、固形石鹸に劣ります。しかし、使いやすさの面で圧倒的に勝利で、手洗い、シャンプー、浴用部分洗いに使っています。つかめかえの際に、GSEを30滴入れ、保存性・殺菌作用を高めています。また、ラベンダーオイルなどの香りを3滴ほど入れています。

 

●シャンプー

無添加 液体泡せっけん+GSE+アロマオイル(ラベンダーオイルなど)

 

●リンス・トリートメント

①クエン酸を水で薄めたもの

水500mLにクエン酸60gを溶かして作ります。リンスの時は、洗面器1杯のお湯に、クエン酸リンス液をさかずき1杯ほど溶かして使います。長くおくと変質するので、作ったリンス液は早めに使い切るようにしてください。

ココナッツオイル

トリートメントのように、洗浄後につけることもできます。

しかし、お勧めは髪を濡らす前につけることです。

ココナッツオイルはラウリン酸のトリグリセリドとして、髪のタンパク質と強い親和性があり、分子量が低い直鎖構造のため、毛髄質の中に浸透することができます。髪の痛みを防ぎつつ、しっとりとさせ、不要な油分は流すことができます。

③スペシャルトリートメント

ココナッツオイルで乾いた髪をマッサージし、1時間かそれ以上そのままにしておきます。または一晩そのまま寝ます。シャワーキャップを被るかタオルを巻いて枕を守りましょう。次に洗い流し、いつものようにスタイリングします。頭皮にマッサージすれば、フケが減ります。

 

●トイレ洗剤

①重曹+酢かクエン酸+(GSEやティーツリーオイル)

②トイレルームのあちこちに水ピカでシュシュっと除菌。ティッシュか何かでふきとるだけです。市販のトイレ洗剤と違い、手肌に優しいので、ゴム手袋なしで手軽に汚れをふけます。

 

--------------------------------

まだまだ書きたいのですが、アメブロの字数制限にひっかかりました(TT)

また別記事にしたいと思います♪