1000を超えていました。 | 師匠、オーナー、川島の日々の出来事

師匠、オーナー、川島の日々の出来事

渡嘉敷島に移住して早6年目
平成31年から(株)かなろあになりました。
民宿、遊漁船、マリンスポーツ、居酒屋2店舗と事業を拡大中
記事を書いているのは1男1女のパパ 30歳


テーマ:
このAmebaブログに切り替えたのは確か3年前
その前に2年間書いていたブログはどこにいったんだろう。
書いた記事も1000件を超えましたが中身は一位お客様の事、ニ位日々の出来事、三位料理の事、四位漁の事、五位プライベートの事かな。
ここ数年記事の中身がマンネリ化して来ているのに気付いているんですが、ブログって思ってる事を文章にする尚且つ人に分かりやすく説明する
これって難しいですよね。
仕事もそうですが自分でやれば早いでも人にも教えないといけない
自分の仕事も並行してやる
ブログってブログ書いて下さいと言っても絶対にイヤー出来ませんって言われるのがオチ
でも現場の様子や楽しさが1番伝えやすいのはこのブログだと思っているんですが(^^)
お客様の中にはブログにわざわざコメントを下さる方もいます。
数時間しかコミニケーションを取っていないのに家に帰り調べて尚且つ読んで最後にコメント
嬉しいですね。
宿泊の口コミも一緒です。
失礼かもしれませんが築30年近く経つ当施設(民宿)至る所に老朽化が目立ちます。
5年前に民宿を始めた時よりも傷んでいる気がする(笑)
そりゃそうだよ。
年間約1500名近い人が滞在しているのですから。
1500✖️5年
7500名
プラスお昼夕食
1万人いってるんじゃない!?
最初の年は口コミも9.0でしたが現在8.0
口コミが入ると携帯に表示されます。
今でも開けるのを嫌がります。
何故なら悪い事を書かれていないか不安になります。夢で口コミ書いて下さいと言っている時も
綺麗な施設なら100点取れるのは当たり前
よっぽど愛想がなかったらマイナスですが
当施設もある程度古くなっているので言ってみたらマイナススタートなんです。
そこから何で評価してもらうか
料理?人柄?おもてなしするのは当たり前ですが、、、、
自分が旅行で行った時無愛想な主人がいたら嫌でしょ。
近頃はSNSが当たり前
自分もそうですが行くところの口コミを見るのは当然
当施設の評価
平均
サービス9.0
清潔さ
ロケーション7.0
設備7.0 WiFiないの痛い
快適さ7.0
こんな感じ
まだ評価項目はありますが。
サービススタッフは高得点ですがそれ以外は目を当てられない数字も時々あります。
だから常に心がけているのは初心を忘れずに始めた時の気持ちを持ってお客様に接するのを心掛けています。自分が毎回毎回お客様に自己紹介するのも今年から新しい子達に教えて行きます。
これが少しでも出来れば違うことも出来るのかな
長期的に島に居たい子いないですか。


ちょっとした独り言でした
社長が作った初代かなろあ看板