本日は疲れが溜まっていたこともあり、横浜にある複合型の温浴施設に行ってきました。

 

 

最近のこうした施設は、スーパー銭湯というべきなのか、もう少し進んだ施設というべきなのか、迷うくらい、色々と充実しています。

 

 

人気の炭酸泉が空いていたので、ゆっくりと浸かり、岩盤浴でもゆっくり寝てきました。

 

 

すっきりしたところで、また頑張らねばと思った次第です。

 

 

さて、炭酸泉に浸かっていたとき、ノウハウと実践のバランスについて考えていたのですが、このバランスが取れていない人がほとんどだろうなと。

 

 

かくいう私自身も、ノウハウを色々と学んで物事を進めている感覚にはなるものの、何も生み出せていない、という状態になっていました。

 

 

ノウハウコレクターと呼ばれる状態にある方は、実は多いであろうと思います。

 

 

それはこのバランスが取れていないからです。

 

 

ただそれには理由もあります。

 

 

日本の教育システムは、実践したり、応用したりすることに対して、非常に弱い。

 

 

私も学校に通っていた頃のことを思い出しても、何かを知った上で、「考える」ということを授業で養った記憶がありません。

 

 

単に公式に当てはめて問題を解くという意味での「考える」というのはあるかもしれませんが、何かを知り、覚えることによって、それを応用していく、自分自身に当てはめて実践していく、といった実践教育を受けた経験はありませんし、それは今もそうだろうと思います。

 

 

詰め込むことはしますが、それの応用に対してはかなり弱いのが、日本の教育の問題点だと思います。

 

 

そうした過程を経て大人になった大多数の方は、例えば何かのノウハウを学んでも、その内容はしっかりと覚えているという意味での「知識」は付きますが、いざ実践する段になると億劫になってしまう。

 

 

もしくは、どう実践して良いのかが分からない、ということもあるでしょう。

 

 

正直、私自身も、ノウハウを学んでも、どう実践して良いのかわかりませんでした。

 

 

はたまた実践してみても、ちょっと事例と違うと分からなくなってしまい、「このノウハウがダメなだけだから、違うノウハウならできるかもしれない」と思ってしまいます。

 

 

もちろんそういうケースもあるでしょうが、大抵の場合は、この実践・応用力、自分自身のケースに当てはめて考え、応用し、実践するという部分が弱いと言えるでしょう。

 

 

学校教育や受験勉強の弊害の部分かもしれませんが、大人になってからは、今度は原則を様々なものに当てはめ、実践していく力を養っていかねばならないと思います。

 

 

これはある意味、会社勤めをしていると、涵養されにくい能力でもあります。

 

 

構図が学校と似ている部分があるからです。

 

 

自分が応用しなくても、組織体としては進んでいくので、錯覚してしまいがちです。

 

 

ですから、意識的にこの実践・応用力をつける練習をしていくのが大切かと思います。

 

 

特に不況に入るにあたっては、それが必要であり、富を生む知識・考え・行動に集中しなければなりませんね。