秋になるけど
春が来たー❣️

大切に育てていきたい✨





先日、ついに息子の部活のチームが

地域No1チームに勝つことができました!!

 

長野県在住
個性、気運を知り、能力開花
夢、子育て、パートナーシップを応援する
倖せ♡心理カウンセラー
ゆる笑(スマ)happy
神澤 佑実です♪

久々、上記を書いてみました^^;

 

思い返せば、この1年間

息子の部活動の為に、

私の働き方や生活を変えてでも

全面的にバックアップしてきました。

 

ちょうど1年前、中1で

サッカー経験のない息子が

いきなりキーバーに起用していただきました。

 

先輩が強かったので、名残で

3年生の強豪チームとの対戦が

毎週、遠方でも続きました。

 

私は前夜、22時近くまで仕事もある中、

土日祝日は、ほぼ毎週

早朝4時に起床、お弁当作り

6時前には送迎などの生活の始まり。

 

サッカー未経験者も多いチームで

歴史に残る37-0で

負けたこともありました。


40分×2回戦で、

かなりハードですが

セーブも半分くらいできたこともあり

メンタルもかなり鍛えられ

経験も積めました。

 

強いチームで撮影をしていた親御さん?が

「今は勝っているこのチームでも

1年前は、大負けだったから

上達するから大丈夫だよ。。。」

と話してくれて

 

今は耐える時、

本当はフォワードを希望していた

息子を励まし

 

試合後に、疲れていても

良縁でご紹介いただいた

ゴールキーパークリニックに

夜まで参加して

頑張ったことも、

今は良い思い出です。


 

先輩がいないチームで

不安もありましたが

今年は1年生も多く入部して

菅平の合宿も

ぎゅうぎゅう詰めのバスで

チームも活気づいてきています。

 

中体連後に、

3年生が引退するチームも出てきてからは

 

試合では

なかなか点が取れないチームでしたが

9対0などで勝てる試合も出てきて

全勝の時も増えてきました。

 

他チームから、

「強い

声が出ていて雰囲気がいい

キーパーが上手い」

 

などの声も聴くようになりました。



そして、先日の試合では

今まで、歴代のOBの方々も

なかなか勝てなかった地域トップチームに

勝つことができました!!


 親御さん同士の親睦会などもあったり

ボランティアで指導し続けてくださる

監督との交流も深まり

皆が心を合わせてこれていることも

とっても嬉しいです。



キーパーになった時は

責任重大で、

1人で守らなければと

プレッシャーもありましたが


今では、良い意味で

チームでゴールを守ることや


前などに飛び出しした時は

後ろでディフェンスがフォローしてくれたり


励ましてくれる仲間がいることがわかり

大きな学びと宝になりました。


 

10月の新人戦では

いよいよ2年生の代です。

 

南信大会に出場できるよう

頑張ってもらいたいものです。



 

この一年間で、個人的には、

試合の度に、学んだり調べたことを

サッカーノートに記録したり




 

TVでの試合や記者会見

選手の言葉や経験などを記したり



 

本やDVDで学んだこと

ネットで学んだことを

書き記してきました。



 

直ぐに忘れてしまったり

書くことが苦手な息子のサポートが

少しできたかもしれません。

 

手前味噌で、親バカですが

ネットなどで観たプレイを

次の試合で直ぐにできてしまうところが

本当にすごいなー!と

関心させられます。

こちら

 

身長や体重も右肩上がりに伸び

(1年で10センチずつ)

食欲と食費も右肩上がりです^^;




 

勉強も、それなりに頑張っていますが

人生において

仲間や恩師、親などと

こんなに濃厚に過ごす時期は

少ないと思います。

 

時々、一緒に

サッカーのおもしろ動画などを観たりして

盛り上がる時間も幸せで…

 

こちらの第2位は爆笑!

 

 

 

残り1年の中学校の部活動を

満喫して貰えたらと思います。

 


息子のお陰で

私も成長出来たり

青春を楽しませてもらっています^^

 

 

毎日、サッカーだけはしていた息子が

夏休み頃から、ゲームや遊びに

シフトしてきていて

体がなまっていたせいか

ミスなども気になりますが

それも、成長の一つでもあるのでしょう。

 

今まで

体を張って、ゴールを守るため


突き指や内出血

骨折や打撲など

怪我も多くなっていますが


治療しながら、休むことなく

頑張っていると思います。


東野選手が、歯が折れてでも

セカンドボールなどに執着して

ゴール守ったエピソードも

思い浮かびます。


 

中体連後に、疲れも出たのか

帯状疱疹になったこともありましたが

本番では、とても頑張ってくれました。


怪我をしても、我慢したり

あまり自分からは言わない息子ですが


そんな姿を監督はわかってくれていて

「言ってくるのを待っていたけど

責任感の表れの一つかもしれない」


見守ってくださる存在がいることは

息子にとっても、とても有難い出会いです。



試合等に行く前に

他にも

色々なことを思い出すと

うるうるすることもありますが

良い経験が積め

成長出来ていることに感謝です。

 

試合に勝ててきているけど

監督からは


「最強のチームより

最高の仲間、チームを目指す」

というお話があり


失敗したりして

沈んでいたら、

仲間による前向きな声一つでも

また、頑張ろうと思える

立ち向かえる気持ちになれる


そんな仲間が出来ることも

有難い経験だと思うのでした。



今日の応援ソング

グランドエスケープ


大きな可能性を秘めた子供達

これからも応援しています!