やりたいことを見つけて実現する方法~心を整えて行動できる自分になるヒント|自分探しを卒業し天職みつけませんか?

やりたいことを見つけて実現する方法~心を整えて行動できる自分になるヒント|自分探しを卒業し天職みつけませんか?

副業、起業したい、やりたいことがわからない、自分に自信がない、自分探し、熱中できる、やりたい仕事、天職、夢中になれるもの、自信を持つ、コーチング、人間関係、やる気、余裕、魅力、能力、才能、コミュニケーション、セルフブランディング


テーマ:


やりたい仕事で魅力を活かす専門コーチ
西尾祐里です。


“動きたいのに動けない‥”
“やる気が出ない‥” 
という状態から

「一歩前へ」行動できる自分になる、
『立て直しの秘訣』


数回に分けてお届けしています。
 


この“やる気が出ない問題”に関するご相談、
職業さまざま、悩み具合の大小はありますが、

けっこう多いのです。

たとえば、個人で仕事をしている方の場合、
自己管理力がそのままモロに仕事に
反映するので、ほっとけない課題です。


ただ、“自分を立て直す力“って
別に、個人で仕事している方に限らず、
どんなお仕事をしていても大切なこと。


“やる気が出ない‥“となるたびに、
毎度1から10まで、誰かにモチベーションを
上げてもらわないと動けないようだと、

毎回、“自分のやる気を出してくれる人探し”
に奔走することになります。

そう毎回都合よく、その相手が見つかるか?
というのもありますし、

その相手が、必ずしも
自分の期待通りの関わりをしてくれる
というわけでもありません。

ちょっと極端な言い方ですが、

これだと、“自分のやる気“を
他人任せにしているようなものです。

自分のモチベーションも、行動も、
他人に左右されっぱなしになっちゃいます。


もちろん、時には
人の力を借りるのはアリですが、

仕事で本領発揮し成果を出していくために
基本姿勢として、
“自分で自分を立て直す力”を養うこと
大事なことです^^



と、いうわけで。本題に参りましょう。


行動したい気持ちはあるにはあるけど、
どうにもやる気が出ない‥


そんな状態から脱出するには、

 

 

1)今の自分がどんな状態かに気づくこと
2)「自分の軸」に立ち戻る


そこから、軌道修正へ。


前回までは
【1)今の自分がどんな状態かに気づくこと】
について書きました。

 

これ→行動したいのにやる気が出ない時

“やる気が出ない‥“が続いている時の、
エネルギーが湧かない原因として、本人無自覚の“言い訳”感。

人が言い訳をするときのお約束フレーズも
合わせて書きました。
これ→「言い訳している」と気づいたら‥

「どうせ無理‥」という状態(現状維持を自ら選んでいる状態)でも、
「言い訳するな」と変に鞭打つ状態(自分で自分を厳しく罰する状態)でも、“仕事で本領発揮していける状態ではない”

言い訳する自分に気づいたら、一旦、それを否定せずに認めることで
「よし、立て直していこう」と、主体的に意識を向けていきやすい
という内容。



今日は、この続きとなります。

“今の自分はこんな感じか‥”と自覚し、
“で、本当の私は、どうしたい?”の方へ。

『本領発揮し成果を出すための“立て直し”』

「一歩前へ」行動できる自分へと
軌道修正していくうえでのポイント。

それは、

【『自分自身の目的』を明確にする】 です。
 

 


目の前の事柄に対して、
動きたいけどやる気が出ない‥というのは

なにかしらかの“目標”は見えてるってことですよね?

で、それに向けて、
行動したい気持ちがあるのに、
動く気になれない‥
という状態なのではないかと思うんです。


では、「なぜその目標を目指すのか」


つまり、“目的”です。

“目的”が明確でないと、
道を見失ったり、環境・状況の変化によって
やる気を失ったりします。


裏を返せば

「自分は、なぜこれをしたいのか」
「何のためにやるのか」


という『自分自身の目的』
言語化できるくらいに明確であるほど、

やる気が出ない目の前の事柄に対して
『自分が“やる理由”』がハッキリするので

「私はコレでいく!」と
気持ちも行動もブレなくなる
ということです。



ただ、その目的が、

“誰かに言われたから“ とか
“〇〇がいいって聞いたから” というような

自分ではない外からの条件のものでは
それは『自分自身の目的』とは言えません。


やる気につながる『自分が“やる理由”』
ではなく

自分が“やらなきゃいけない理由”
自分が“やらされる理由”ばかりが
浮き彫りになります。

それでは、“やる気が出ない~”に
すぐ逆戻り^^;

なかなか自分の意欲につながらないので、
自分らしさを活かした本領発揮も難しいわけです。



何かをやろうとするとき、目的が
外からの条件のものだけで受動的だと

上手くいかなかった時や、
動けないモードになった時、出てくるのは

被害者意識や
「私のせいではありません~」や、
見て見ぬフリする後回しです。


そんな状態では、自分が出したい成果を
いつまで経っても出せません^^;


なので

目の前の事柄に対して、
動きたいけどやる気が出ない時。


『自分自身の目的』は何か。

 

「“私は”、なぜこれをしたいのか」

「“私は”、何のためにやるのか」

「“私は”、これをすることで、
 その先のどんな景色が見たいのか」

「“私は”、これをすることに、
 どんな価値を見出しているのか」

「“私は”、これを続けることで、
 何を得ようとしているのか」


こういった質問を
ぜひ、自分に問いかけてみてください。


なんとなく物事に取り組むのではなく、
その前に、

主語“私は”を置き、そこから見つめることで
受動的ではなく“主体的”に考えるようになります。

そこから出てきた答えは、
あなたの自分軸、すなわち、
『あなた自身の目的』です。



“『自分自身の目的』を明確にする”

これを普段から癖づけていくと、
自分のやる気が出ない問題に
振り回されなくなっていきます。

というより、

「私はコレでいく!」
「こっちにいくんだ!」と、
やりたいことや進みたい方向がわかると、

人って、勝手に動きたくなって
動いているもんですよ^^

 

 



宝石赤本当にやりたいことを見つけたい
宝石赤やりたいことをやる自分になりたい
宝石赤人間関係をより良くしたい

というあなたは今すぐこちらをチェック↓↓FREE
 


※メルマガはお好きなタイミングで購読解除が可能です。
★プロバイダかGメールのアドレスでご登録されることをお勧めします。
★Yahoo、hotmail、ケイタイアドレスでは届かない場合がございます。

 


テーマ:


やりたい仕事で魅力を活かす専門コーチ
西尾祐里です。


今日は前回の記事の続きです。

 


―――

動きたくても動けない‥

行動したい気持ちはあるにはあるけど、
どうにもやる気が出ない‥


―――

そんな状態から脱出するには、
 

1)今の自分がどんな状態かに気づくこと
2)「自分の軸」に立ち戻る

 


そこから、軌道修正へ。


“動きたいのに動けない‥”
“やる気が出ない‥” という状態から

「一歩前へ」行動できる自分になる

『立て直しの秘訣』

 

について、前回から書いています。


『仕事で本領発揮し成果を出していく』
そのためにも“立て直し力”
身につけていくのは必須です。



前回は
【1)今の自分がどんな状態かに気づく】について。
 

クリップ“やる気が起きないや‥“が続いている時、
本人無自覚ながらも“言い訳”フレーバー
自分の心やら頭やら、内側で漂いがち。

クリップ人が言い訳をするときのお約束フレーズ。
「でも」「だって」「どうせ」「~だから」 
=頭文字“D”


クリップ言い訳フレーバー=“頭文字D”に
知らぬ間に占拠されている状態だと、
エネルギーが湧かない。

クリップ無意識にその状態を続けないためにも、
まずは、今の自分がどんな感じか、
頭文字“D”チェック。

 


さて。

頭文字“D”=“言い訳をしている自分”
に気づいた時。

「言い訳してはいけない!」と、
自分自身にめっちゃ厳しくする方がいらっしゃいます。


それだと、
一時的に自らを鼓舞することはできても、
本当の意味での『立て直し』とは言えません。



その状態というのは、
簡単に言えば、こんな感じです。

 

 

「やる気が出ない」↓

言い訳してる自分に気づき↓

「言い訳してはいけない!」

(というもう一人の自分現る)↓

自分にビシバシ鞭を打ちながら、
「動けー!走れー!!おりゃぁー!」↓

くたびれて「やる気が出ない‥」
「動きたいけど動けない‥」↓


(挙句、遠い目で何思ふ。。)

 

イラストは、極端ですが(笑)

 

このようなことを

早いスパンで繰り返すことになります。

自分に鞭打つ癖があるのが
“THE 頑張り屋さん”あるあるです。

 

↓言うなればこんな感じ↓


特にやっかいなのが、これを無意識に
やっちゃっている場合です。

自分に厳しく、鞭打つ分、
同じ条件を他人に求め、
このやり方を他人に対しても行うようになります。


「言い訳するな!」と、鞭でビシバシ!

人を動かそうとして行ったことが
人が動かない結果を引き起こしたりするわけです。

このような状態になってくると、
その次に起こることは大抵、

他人を責めるか、自分を責めるかです。

どちらにしても、良いことありません。



また、変に自分に厳しくし過ぎるのは、
言い訳しなくなる‥というより、

 

心身SOSのサインが出ていても鈍感になり、
結果、癒しが必要な状態になっていきがち。



それでは、
『本領発揮し成果を出すための“立て直し”』
とは言えませんよね?


「言い訳してはいけない!」と
自分を厳しく罰することと、
自分を律することは違います。


一時的に、
自らを鼓舞することができたって、
それが、
エセポジティブで終わってしまっては
意味がないわけです。


つまり、
 

「どうせ無理‥」という状態でも、
(↑現状維持を自ら選んでいる)

「言い訳するな」と変に鞭打つ状態でも、
(↑自分で自分を厳しく罰する)

“仕事で本領発揮していける状態ではない”

 

ということです。



仕事で思うような展開にならず、
落ち込んだとき。

そりゃぁ、言い訳はしないほうがいいです。

言い訳しているうちは、
何も変わらないし、物事好転しません。

ですが、変に自分を罰していても、
本質的な解決とはいえません。

それよりも、

言い訳フレーバーが

自分の内側に漂っているのに気づいたら、


一旦、それを否定せずに認めることです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



これは、
言い訳している自分を

正当化するという意味ではありません。

「言い訳している自分がいるなぁ‥」と
一旦、ただ認識するということです。




言い訳する自分に気づいたときに
即座に「そんな(言い訳する)自分はダメだ!」と
ジャッジを下すのは、

言い訳する自分を”認めたくない“からです。

だから、言い訳する自分を
“認めないで済むための頑張り”として、
変に鞭打つことを始めてしまうんですね。


↑この傾向がある方は、
無意識に癖になっちゃってるので、
意識的に自分でこの癖に気づいていくことが大事ですよ。



なので、
“言い訳する自分”に気づいたら、

 

変に正当化もせず、
だけど、否定的に考えたり、
即座にジャッジしないで、

 


「あぁ‥言い訳している自分がいるなぁ‥」
「あぁ‥これが例の頭文字“D”のやつだなぁ‥」

 


という具合で、
“一旦、認識をする“感じでいきましょう。

「自分の中にそういう自分がいるんだなぁ。」 ってね。

 

 

 


個人的には、
言い訳する自分を認めるポイントとして、

 

ちっちゃい “ぁ” が入るくらいに

つぶやくのはおすすめです(笑)

「言い訳してる自分いるな“ぁ” ←これ
「そっか“ぁ“ ←これ

変な自己正当化も、
即ジャッジして自分を罰するという癖も
反応的に出ちゃう前に、
それを防ぐ“間”になりやすいですよ。



動きたくても動けない‥

行動したい気持ちはあるにはあるけど、
どうにもやる気が出ない‥

そんな状態から脱出するには、

1)今の自分がどんな状態かに気づくこと

‥からの「認める」

について、前回、今回と書きました。


今、自分がどんなところにいるのか‥
どんな状態なのかを自覚したところから

「よし、立て直していこう」と、
主体的に意識を向けていくようになります。

 



言うなれば、ここから
『本領発揮し成果を出すための“立て直し”』

「一歩前へ」行動できる自分へと
軌道修正が始まっていきます。



“今の自分はこんな感じか‥”と自覚し、

“で、本当の私は、どうしたい?”の方へ。

その時のポイントが
【2)「自分の軸」に立ち戻る】 です。


それについては、また次回☆彡



~~~

P.S☆彡


今回のイラスト。

フザけた、ゆるっゆるキャラ
“なまいき、ゆり”(イラストのキャラ名)

 

筆ペンで手を真っ黒にしながら

お絵描きしました(笑)
(握る力が強いのか、筆ペンの墨が溢れてすんごいのですわ‥汗)


ひとりで

「ププゥー笑」ってウケたり、
ニヤニヤしながら描いてた私‥

時間も忘れて、お絵描きに没頭。。

こーゆところは、子供の頃から
ちーっとも変わらないのです 笑

 

 

 

 



宝石赤本当にやりたいことを見つけたい
宝石赤やりたいことをやる自分になりたい
宝石赤人間関係をより良くしたい

というあなたは今すぐこちらをチェック↓↓FREE
 


※メルマガはお好きなタイミングで購読解除が可能です。
★プロバイダかGメールのアドレスでご登録されることをお勧めします。
★Yahoo、hotmail、ケイタイアドレスでは届かない場合がございます。

 


テーマ:


やりたい仕事で魅力を活かす専門コーチ
西尾祐里です。


猛暑が続いていますね。

私事ですが。
暑さに耐えきれず、
髪をバッサリ30㎝切りました。

 

切った髪の毛はドネーションします^^

(髪の寄付)

 

ショートカットにして、頭が軽くなり、
気分も爽快^^♪


まだまだ暑い日が続きそうなので、
お互い、体調管理、気を付けましょうね。


*∴*∴*

さて。
以前書いた、こちらの記事↓

仕事で成果を出せない自分に自信がないと仰る方に多い共通点

この記事の最後に
このようなことを書きました。

↓↓↓

------------------------------------
仕事で本領発揮し成果を出していくうえで
大事なのは、落ち込まないことではなく

いつまでも「私はダメだ‥」と言って
そこに留まり続けないこと。
------------------------------------


仕事で思うような成果が出せず
落ち込むことって、
誰だって大なり小なりあります。

それをきっかけに、
 

“やる気が起きないや‥“という状態が続いている

「どうせ無理だよ‥」と、脳内で、
または、口からつぶやきとして出てきている

 


今日は、そんなモードな時に
「自分を整える」ための内容。

軌道修正に動ける自分に
整っていないことには、

「どうすればいいか」を
いくらやろうとしても、
空回りすることが多いですし。


と、いうことで、本日のテーマ

宝石赤「一歩前へ」行動できる自分になるために



結論から先に言っちゃうと、

1)今の自分がどんな状態かに気づくこと
2)「自分の軸」に立ち戻る


です。


まず、

+----------------------------------+
1)今の自分がどんな状態かに気づくこと
+----------------------------------+



例えば、
仕事でミスして落ち込んでいるときに、
「元気出さなきゃ‥」と自分に言い聞かせたところで、

なかなかそう簡単に元気が出るか‥
というと‥

‥まぁ、難しいですよね^^;


だからと言って、

「どうせ無理だよ‥」「どうせ私なんて‥」
と、そこに”留まり続ける”というのは、


言葉厳しめですが、

“かわいそうな自分に酔う”状態で居続ける

と、現状維持を自ら選んでいるという状態。

精神的にしんどいようで、
実はそっちのほうがラクだったりします。

言い訳ができる、つまり、
自分に対して
逃げ道を用意しているって感じですね。


ちなみに、大抵の人は、
自分の口にしている言葉に
無頓着だったりするので、

言い訳をしていることに自分では
気づいていないことが多いです。


(残念ながら、私もです‥苦笑)



この“言い訳“

口にしているかどうかはともかく、
(口にしない方が、もちろんいいですが)

――

自分の中に“言い訳”の感じが
あるかどうか。


――


↑ここ、チェックポイント。

普段から自分で気づけるほうが
いろんな意味で良いですが、

まず精神的に良いですよ。


特に、
仕事で落ち込むようなことがあって、

“やる気が起きないや‥“という状態が
続いているなら、なおさらです。

こういう時、本人無自覚ながらも
“言い訳”フレーバーが
自分の心やら頭やら、
内側で漂いがちだったりします。

(そして、お口から漏れ出ちゃうんですね)



言い訳が自分の中にあるのに、
気づけていない時
というのは、

“逃げ道用意してラクしている”だなんて
自分ではまず思わないですし、

ラクって言うても、
精神的に健全な状態と言えないです。

だから、本人は
“しんどい”と感じてるんですね。


「どうせ私なんて‥」って言っていて
心ハッピー!ってことはないでしょ^^;?
健やかとは言えません。

大抵こういう時って、
どんよりとした表情で声も沈みがちです。

で、動きたくても動けない‥

行動したい気持ちはあるにはあるけど、
どうしてもやる気が出ない‥




さて。

では、その“言い訳フレーバー”が
知らぬ間に漂っているかどうか、

ここに、自分で気づくには?
‥ですが。


人が言い訳をするとき、
決まってお約束のように出てくるフレーズがあります。


「でも‥」「だって‥」「どうせ‥」
「~だから‥」
 です。


‥頭文字“D”‥


と、書くと真っ先に浮かぶ、
この有名マンガ作品‥ご存知ですか(笑)?

(女子は知らない人の方が多いかな‥汗)

話脱線しました^^;


つまり、
この頭文字“D”を口にしているか。
もしくは、心の中でつぶやいているか。



ちょっと一息入れて、
胸に手を当てながら、

「自分の言動を客観視する時間」
意識的に持つようにすると、
早い段階で気づくようになっていきますよ。

人に言ったこと、自分が考えたことの中で
頭文字“D”はどうだっただろう?

という具合に。


口にしていなくても、

 

言い訳フレーバー=“Dのヤーツー”に
知らぬ間に占拠されている状態だと、

まずもって、エネルギーが湧いてきません。

 


で、誰が一番いやんなっちゃうって、

言い訳を聞かされる相手も気分は良くないでしょうけど、

それ以上に、きっと、
自分自身がいやんなっちゃう‥
 

 

 

“やる気が起きないや‥”とか
“どうせ無理だよ‥”という言葉って、

『そうじゃない自分であること』を
本当は、自分自身が望んでいるからこそ
出てくる言葉だと思いませんか?

 


「やりたい」 のに “やる気が起きない“
「やりたい」 けど “どうせ無理だ”

これって、自分の中で、
相反するエネルギーが
喧嘩しちゃってるようなもの。

乗り物でたとえると、

「やりたい」というアクセル踏んで
“どうせ無理”というブレーキを同時に踏む‥

アクセルとブレーキを同時に踏んでたら、
その乗り物、調子悪くなりますよね?

この乗り物というのは、自分自身です。



これを無意識に続けて、
いやんなっちゃう前に、

まずは、今の自分はどんな感じか。

頭文字“D”チェック。

「でも‥」「だって‥」「どうせ‥」
「~だから‥」 が、

自分の中に渦巻いていないかを
確認してみる。


で、頭文字“D”に気づいたら‥?


そこについては、
今日は長くなったので、まずは、

以前書いた、こちらの記事を参考にしてみてください^^

 

 


詳しくは次回に^^

 



宝石赤本当にやりたいことを見つけたい
宝石赤やりたいことをやる自分になりたい
宝石赤人間関係をより良くしたい

というあなたは今すぐこちらをチェック↓↓FREE
 


※メルマガはお好きなタイミングで購読解除が可能です。
★プロバイダかGメールのアドレスでご登録されることをお勧めします。
★Yahoo、hotmail、ケイタイアドレスでは届かない場合がございます。

 

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース