やりたいことを見つけて”らしさ”を活かし仕事にするMind&Action

やりたいことを見つけて”らしさ”を活かし仕事にするMind&Action

副業、起業したい、やりたいことがわからない、自分に自信がない、自分探し、熱中できる、やりたい仕事、天職、夢中になれるもの、自信を持つ、コーチング、人間関係、やる気、余裕、魅力、能力、才能、コミュニケーション、セルフブランディング


やりたい仕事で魅力を活かす専門コーチ

西尾祐里です。


8月ももうすぐで終わりますね~‥


あなたは“夏”らしいこと、しましたか?


って、聞いてるわたしは、
特に、これといって‥^^;


他人様にご提案できる、
エンターテインメントな“HOT サマー”
そんなもんは、なかとです。
(ヒロシ風に言ってみる)



夢もロマンもない、なんちゅー出だし‥
って話ですが。

こういう、なんてことないこと、

わかりやすく“ネタ”っぽくない、“映えない”
日常の些細なことから

トーク展開ができるようになると、
実は、けっこういろんな場面で役立ちます。



‥と、いう流れで。

本日のテーマは「雑談力」



「雑談力」は

打ち合わせに入る前、交流会のような場、
飲み会のカンパイ前とか(笑)
いろんな場面で活きます。

仕事・職場の人との関係づくりに役立つし、

セールスの場面でも、
“売り込まないのに売れる”になったり^^



じゃあ、その「雑談力」って?


もちろん、
意味ないムダ話をダラダラ喋って終わり~
っていうのじゃないですよ。

それじゃ、ただの雑談 笑


私が思う「雑談力」とは、
“関係育むコミュニケーション”であり、
“場を創るチカラ”です。



どんな仕事でも、人間関係でも、
最初は、ちょっとしたやりとりから始まるじゃないですか。

「こんにちは」ってあいさつから、とかね。

その“ちょっとしたやりとり”をどうするかで、
その後の結果、質に影響していきます。



例えば、先ほど挙げた
「打ち合わせに入る前」の場面。

いきなり本題ド直球から入るより、
まず“場を温める「雑談」”から入ることで、
本題へ意識を向けやすくなる

これは、よくあることです。


どこか緊張感が漂い、場がカタイとき
雑談で、一旦ゆるめる。
そのほうが、相手も自分も心開いた状態で
本題の話を進められます。


また、相手が
心ここにあらず状態のときも有効です。

他のことに意識が向いているのを、
ワンクッション雑談を通して、意識の矢印を

 

“今、この場へヨロシクどうぞ”

 

と、ナビゲートするのに役立ちます。



芸能時代、私がラジオDJや
MC、レポーターをしていた頃。

ゲストを迎えるとき、
街中で取材するときなど、
必ず「雑談から場を創る」を行っていました。

これをするか、しないかで、
驚くくらい、仕事のやりやすさ、
成果に違いがありましたよ。



こういった「雑談力」、

私は、芸能界の先輩方の振る舞いを観て、
学んでいきましたね~‥

カメラが回る前の“雑談”から、

場をあたため、
相手のやる気を起こし、
自然と意識がこの場に向くようリードする


そんな場面から学ぶこともあれば、
逆のパターンも然り。

“雑談”から

場がチーン‥と、凍って、
その場にいる人のやる気がダダ下がり、
みんな、実は他の事を考えてるよね‥


という場面を目撃したときは、
ガクガクブルブル。。

「これは、気をつけよう‥」って(笑)



つまり、何が言いたいかというと

「雑談力」って、立派なリーダースキルだよ

ってことです。


“人を大切に思う気持ち”
“やさしさとつながり”であり、
クリエイティブなチカラ。


そして、これは才能ではなく、

誰でも、磨くことができるものです。


実際、これまでお会いしてきた
“売り込まないのに売れる“
セールスが上手な方って、
みなさん「雑談力」が高いです。


もう一回言いますが、
これは、誰でも磨き育てることができます。


ですが、

「雑談力」って
一朝一夕で身につかないもの。
日々の積み重ねがだいじ。


そこで、今日、まずおすすめするのは
 

あなたの周りにいる
「雑談力が高いひと」を見つける

 


今、パッと思いついたのは誰ですか?
その人の素敵だなって思うところは?


“関係育むコミュニケーション”
“場を創るチカラ”

そんな「雑談力」を磨くには、
あなた自身が“素敵”と感じたところから
意識していくのが一番ですよ。

まずは、ここからお試しください^^



~~~

P.S☆彡


「質の高い雑談をするひとの共通点」や
「実際にやってた雑談力トレーニング」など

改めて書いてみようと思います。


「雑談力」から仕事につながる

あるあるですぜ。
 

 

 



宝石赤やりたいことがわからない

宝石赤自分探しを卒業したい

宝石赤人間関係の悩みがある

宝石赤自分らしさを活かして働きたい
宝石赤やりたいことを仕事にしたい

というあなたは今すぐこちらをチェック

↓↓FREE↓↓


※メルマガはお好きなタイミングで購読解除が可能です。
★プロバイダかGメールのアドレスでご登録されることをお勧めします。
★Yahoo、hotmail、ケイタイアドレスでは届かない場合がございます。

 

 

やりたい仕事で魅力を活かす専門コーチ
西尾祐里です。



8年前くらいでしょうか。
ある経営者から、こんな言葉を聞きました。


「僕は、最高のお客様でありたいんだよね」


はじめ、それを聞いたとき、
私は、意味がよくわかりませんでした。


あなたは、この言葉を聞いて、
どんなことを思いましたか?


‥(ちょっとシンキングタイム)‥













この方が仰っていた
“最高のお客様”というのは、

当然ですが
“最高のカモ”という意味ではございません(笑)



自分が“お客様”の立場のとき、
自分がどんなことを考えるのか、感じるのか

ここをじっくり、自己観察する


という意味です。


これ、自分がビジネスをしていくうえで
とても勉強になりますよ。



ビジネスのコンセプトづくり、
ブログやメルマガで発信、
企画立案、プロモーション、セールスにしても

“相手目線”“読者目線”“お客様目線”が大事

↑コレ、

起業、副業したい方、
自分でビジネスをしている方なら
一度は聞いたことがある言葉だと思います。


が、

いざ、自分がビジネスをしていこうという時
ここが、すっぽ抜けちゃったり、

あれこれ考え過ぎて、
わかんなくなっちゃたりというのも、
よくある話です。


これは、

“自分目線”と“相手目線(お客様目線)”が
ごちゃ混ぜになって混乱していたり、

“自分目線”に偏り過ぎているときに
起こりがち。


特に、
「“やりたいこと”を仕事にしたい」の場合、
こういった状態に陥りやすいです。



で、こういうのは、
ある種、脳トレのようなものだな‥
と、私は考えています。


日々、ちっちゃなことから
トレーニングすることで発達していく‥
というイメージ^^


その脳トレというのが、先ほどの、

 

 

普段から「自分が“お客様側”」のときを
客観的に自己観察

 


すると、“相手(お客様)目線、視点”に
気づきやすくなりますよ。


それってつまり、
お客様ゴコロの理解度がUPする
ってことです。



例えば、自分が何かを購入したとき。


“購入を検討する段階”
“購入の決め手に至るまで”
“実際に購入してから”
“サービス終了のときまで”

‥などなど、
それぞれステップがありますよね。


自分は、どんなステップのときに、
どう心が動いたのか

どういうステップを踏んで、
どのようなプロセスを辿って、
自分は購入したのか



こういったことを自己観察するんです。


何かメッセージを受けとる時も同じ。

どういう時に、
どんなメッセージを受けとるのか。

受けとろう、読んでみようと思ったのか。
思わず、見ちゃったのか。

そして、どんな気持ちになるのか。



こういった「与えられているプロセス」
体感&観察する

これをやっていくと、

自分が“与える側”に立ったとき、
『与えるプロセス』をつくりやすくなります。


仕事の本質って「Give」 “与える”


それを自ら創っていくためにも、

自分自身が「与えられているプロセス」を
体感し観察することは、
とても勉強になるものです。



もし、あなたが

自分に合った集客方法、
得意なビジネススタイルを見つけたい


とお考えなら、ぜひやってみてください。


お金を使うときって、
価値観や行動特性が顕著に出ます。

“お客様心を知る”のもそうですが、
“自分を知る”ことにもつながります。


何かを購入するとき、
その判断基準となった価値観を
自覚していれば、

あなたが“与える側”に立つとき、
価値観や感覚が近い人が
集まりやすいですよ。



やりたいことを
“らしさ”を活かして仕事にしたい

そんなあなたへ


今日お伝えしたことは、
日常、あらゆる場面で、
いつからでもできること。

“最高のお客様である”=『仕事創る脳トレ』

楽しみながら取り組んでみてくださいね^^



~~~

P.S☆彡


この間、ゴルフ行ったときの写真で
こんな暑中見舞いカードを
さくさくっとデザイン^^
↓↓↓
 

 

 

夏ゴルフ‥
若干いや~な予感はしてたのですが、
‥うっすら、半そで焼け‥とほほ‥

暑かったけど楽しかったです♪
遊びは健康の源、ですな~^^



最近は、仕事絡みでチラシづくりしてました。

新たなデザインツールを手に入れ、
アホみたいに時間忘れて没頭(笑)


ニシオ ハ アタラシイ オモチャ ゲットシタ


ふっふっふ‥

 



宝石赤やりたいことがわからない

宝石赤自分探しを卒業したい

宝石赤人間関係の悩みがある

宝石赤自分らしさを活かして働きたい
宝石赤やりたいことを仕事にしたい

というあなたは今すぐこちらをチェック

↓↓FREE↓↓


※メルマガはお好きなタイミングで購読解除が可能です。
★プロバイダかGメールのアドレスでご登録されることをお勧めします。
★Yahoo、hotmail、ケイタイアドレスでは届かない場合がございます。

 

 

やりたい仕事で魅力を活かす専門コーチ
西尾祐里です。



前回↓
 

自分らしさを活かしてビジネスをするなら
早い段階で、

『自分の本質・資質』に気づくの大事。

あなたの本質、
持って生まれた資質に沿った形で
後天的に身につけた能力やスキルを
活かしていく方が、よりパワフル。

 


そこで、ひとつワークをご紹介しました。

好きなことを探っていって
あなたの本質に気づくというものです。



で、ここは伝えておこうかな‥
と思ったことがあったので、
今日はそれを。



“好きを探る”といっても、

「私はこれが本当に好きなのか?」とか
「〇〇だから好き」という、

“好きかどうかの確認”の理由探しや、
“条件付きの好き“を挙げていく‥

というのは、
あなたの本質に気づく‥にはなりません。



この場合、そこに、
何かしらかの思いこみや打算、
恐れ、不安といった
何かが混ざっていることが多いからです。



「好きなことがわからない」
「好きかどうかわからない」

と、仰る方の多くは、
この“理由探し”をよくやります。

ちなみに

「やりたいことがわからない」も同様です。

↓↓↓

※関連記事

 

 

 

実は意外と、

「あなたの好きなことは何ですか?」

と聞かれ、答えに詰まる方は多いです。


そこで今日はそんなあなたに向けて。


*∴*∴*


「好きなことが分からない」
「好きかどうかわからない」

この場合、根底に、

“自分には、できない”

または

“自分は、やってはいけない”

という思いこみがそこにあることが考えられます。


 

ひとつめの
“自分にはできない”という
自らつくった前提があるときって、

ふっと浮かんだ“好きなこと”があっても、

すぐさま、

「好き‥だけど、どうせ自分にはできない」

と、打ち消してしまう‥

 


そして、これがパターン化していくと、

「好きなことがわからない」
という状態になります。
 

 


ふっと出た“好き”は心の声です。

それを打ち消し続けると、
自分自身の心の声への感度が鈍くなっちゃうんですね。

で、「好きなことがわからない」



では、そもそもなぜ、

「好き‥だけど、どうせ自分にはできない」

と、打ち消してしまうのか。



これは、人によって様々な
“自分にはできない”という
自らつくった前提があります。


ただ、今ここで言えることは、


その“好きなこと”をやる、実現する、
成功する方法が“一つだけ”だと
思いこんでいないか



↑これ、“できない”を生む原因になりがち。



わかりやすい例だと、

「お金がなければできない」
「時間がなければできない」
「人脈がなければできない」 など


あとは、他の誰か‥
“デキる(できてる)あの人”と比べて

「同じようにできる気がしない‥」

「あの人には○○がある。
成功するには〇〇が必要なんだ‥
だけど自分はない‥だから、できない‥」

とか。



‥えっと、一応ここに出しときますが、、


成功する方法は一つだけじゃありませんよ。



“これ(このやり方)しかない!”だと、
それ(そのやり方)しか見えません。



好きだけど‥“できない”←が出たときは、

「“できない”と思いこんでいないか?」
「成功する方法が一つだけだと思いこんでいないか?」


と、自分に問いかけることをおすすめします。


思いこんでただけか‥と気づいたら、
「できることあった!」というのは
よくあることですよ。


自分の本心への感度が鈍くならないために
大事なことです。


*∴*∴*


「好きなことがわからない」ときって

“自分のことを好きになれない”
って状態なんじゃないかと思うんです。

それ、ずっと続くの、悲しくないですか?


まずは、ふっと浮かんだ“好きなこと”を
自分で“どうせできない”と
打ち消したり、否定するのはやめましょうね。



“好きなこと”が
フッと浮かんでるかどうかもわからない‥

そんなあなたは、普段から、
心の声に耳を傾ける習慣をつけましょう。


例えば、

「今日は、蕎麦が食べたいな‥」
と、思ったなら、蕎麦を食べる。

で、「蕎麦食べたぜ!ふふふ」と
つぶやくくらいのことをしてみてください。

↑ここ大事。

心の声に素直に従って行動した自分を認める。

 

 


くだらないことに聞こえるかもしれませんが
こういった日常の小さなことから、

自分自身の心の声への感度を上げていく

 


それが

 

“好きなことに気づく”
=自分を好きになる

↓↓↓

“どうせ、できない”が
“もしかしたら、できるかも”へ

 


の、始まりですよ。
 

 



宝石赤やりたいことがわからない

宝石赤自分探しを卒業したい

宝石赤人間関係の悩みがある

宝石赤自分らしさを活かして仕事にしたい
宝石赤やりたいことを仕事にしたい

というあなたは今すぐこちらをチェック

↓↓FREE↓↓


※メルマガはお好きなタイミングで購読解除が可能です。
★プロバイダかGメールのアドレスでご登録されることをお勧めします。
★Yahoo、hotmail、ケイタイアドレスでは届かない場合がございます。