こんにちはニコニコ

 

2020年が始まり、早くも1か月が過ぎました。

ご挨拶が遅くなってしまいましたが、

本年もゆめの樹保育園をよろしくお願い致しますおねがい

2020年、オリンピックイヤーという事で、さらに

わくわくした一年になりそうですね日本アメリカ韓国イギリスドイツブラジル

オリンピック見に行かれる方はいらっっしゃいますか~目!?

 

さて、1月はお正月遊びを取り入れてみました鏡餅

凧あげを作ったり、こま回しをしたり、福笑いなど正月ならではの遊びを

行いました。

その中で今回は4歳児さんの、書初めを行った様子をお伝えしたいと思います。

 

4歳児ほし組は、絵画教室などで”墨”を使ったことがあったので

「前にも使ったことがあるよねおねがい」 「絵の具みたいだけど、変なにおいだねびっくり」と

興味を持って参加していました。

書初めの際に使う道具の名前も覚えました。

「半紙、文鎮、硯、墨汁(墨)」 ちょっと難しいですが、繰り返し繰り返し言いながら

覚える姿が見られましたよ。

文鎮のことを”ちんぷん”と言っていて、可愛らしかったです爆  笑キラキラ

 

2枚書いたのですが、1枚目は2020年新しい年になって、”にじぐみさんになって頑張りたい事”、

”楽しみなこ”とをテーマに、2枚目は”好きなこと”をテーマに書きました。

 

 

 

とても真剣に取りくんでいますね照れ

 

 

筆がぱさぱさになってしまうと、丁寧に墨汁をつけなおし

再び書き始めます。

 

なんとなかには漢字を書く子もいました。

書初めをするために、前日に練習してきたのだそうですおねがい

本当に驚きです!!

とっても上手に書けていますよねグリーンハーツ

 

 

次の日には、書初め発表会を行いました。

 

1 何を書いたのか

2 なぜこの文字を書いたのか

 

書いた理由も一緒に発表することに挑戦しましたキラキラ

 

  

みんなの前に出るとちょっぴり緊張ぎみの子どもたち・・・照れ

しばらく考えた後に、しっかりとひとりひとり自分の言葉で

なぜこれをかいたのか理由も付けて、発表することができましたラブキラキラ

 

みんなの前に出て、自分の気持ちを発表するという事は

大人でも緊張してしまうものです。

それが出来るようになったほし組の子ども達。

本当にかっこよかったです照れ

 

ひとりひとりしっかりと、自分の中に考えがあり

書初めをしている時の子どもたちはこんなことを考えながら取り組んでいたんだなあと

とても嬉しい気持ちと、子どもたちの成長に感動した瞬間でした・・・ピンクハート

 

 

黄色い花園長より黄色い花

 

 古来書き初めは、年が明けて初めて筆を持ちその年の縁起の良い方向に向けてめでたい文字を書いたのが始まりと言われています。筆記用具が、鉛筆からボールペン、シャープペンと変化し、さらに現代はパソコンやボイス入力と進化し、筆を持つ機会は減少し続けています。そんなご時世だからこそ、書初めをはじめ日本の伝統文化を取り入れた活動を大切にしたいですね。

新年の書初めで、決意新たに発表をする子どもたちの顔は、一段と凛々しく見えます。皆さまもこれを機に筆を持たれて見てはいかがでしょうか。

今年一年、一人ひとり幸多き年となりますように、、、。

 

 

門松 鏡餅 絵馬 鏡餅 門松

新年あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

 

さてさて、先日新年初めての体操教室があったのですが、

なんと!なんと、『縄跳び』に挑戦しましたびっくり拍手

 

縄跳びを見た瞬間に「なわとびだー!」「やったー!」と大興奮!

今からやるの!?できるの!?といった様子でドキドキワクワクの子ども達ですドキドキ

 

まずは

縄散歩や縄で丸を作ってお家にしたり、床に置いてジャンプしたりと縄になれるところからスタートです上差し

 

「みどりは○○ちゃんのお家!」

「○○くんのお家これ!」

とお家から離れて散歩をしたあとに自分のお家を見つけることにひっしの子どもたちです。

 

 

そして慣れてきたら、今度は女の子チーム・男の子チームに

分かれていざ縄跳びはじめです!

 

先生に縄跳びの持ち方や跳び方をひとつひとつ教わりました。

 

初めてにも関わらず、縄をまわしてジャンプする姿が見られたり、

真剣な表情でいっしょうけんめいジャンプしようとする児の姿も見られて

積極的な子どもたちでした!

 

こんなにもできるとは思っていなかったのが正直なところで、

子ども達の成長に驚きましたおねがいキラキラ

いつの間に、、、すごいですね。

 

次回もきっと縄跳びに挑戦すると思うので、その時にもどれだけ成長したかできる事が増えたのか期待できそうですね^^

 

 

 

園長より

 

パンダ組さん初体験の縄跳び。

とても楽しく上手に出来ましたね。

 

体操教室は担当の友樹先生が、年齢別に合わて一生懸命取り組んでくださっています。

 

順位を競ったり、結果を求めるのではなく、「楽しみながら身体づくり」、「ちょっと勇気を出してチャレンジ」、「他者を思いやり応援する心の成長」、「集中力やストレス発散」等を体感することを目的としています。

 

運動を45分するだけでも、子どもたちの集中力は改善され、気を散らすことなく物事に取り組めます。

 

運動は、良いこと楽しいことがいっぱい。

 

園長先生も見習って、階段がんばりますね💦

 

 

 

 

では、また次回お会いしましょう!

ご観覧ありがとうございました音譜

 

 

 

 

こんにちはニコニコキラキラ

お散歩が大好きなコアラ組さんは、

寒さにも負けず、お外で元気いっぱい遊んでいます!!

 

最近は近くの公園までバギーを使わず、

みんなで手を繋いでお散歩に出かけています足あと

 

手を繋いで歩くことにも慣れてきたようで、出発前には、「おてて、つなごう」と

自分からお友だちを誘う姿も見られるようになりました照れ音符

 

 

先日、電車が見える公園まで少し足を延ばして行ってきました電車DASH!

 

 

 

踏切では、近くを通る電車にみんなくぎ付け目

 

 

今回は初めて公園の近くにある歩道橋に登り、上からも電車を見ることができましたOK

 

 

電車が通るたびに「でんしゃきたよー」「ばいばーい」と大喜びで手を振っていましたおねがい

 

 

 

大好きな電車をたくさん見て、ニヤニヤが止まりません、、(笑)

 

 

「たのしかったね」「いっぱいでんしゃいた」と

帰り道もルンルンで嬉しそうな子どもたちでしたラブラブ

 

 

 

園長より

 

バギー無しでお散歩が出来たコアラ組さん。

お兄さんお姉さんになりましたね。

 

お散歩は大冒険‼️

新発見がたくさん

 

 

歩く人、自転車に乗っている人、色々なお店屋さん、自動車、そして大好きな線路を走る電車

 

見るもの全てがワクワクドキドキの連続ですね。

 

お友達と手を繋ぎながら、自分の力で一生懸命歩いたお散歩は、みんなをより強く逞しくしてくれたことでしょう。

 

さぁ、もうすぐパンダ組さん‼️

 

 

 

毎月子どもたちが楽しみにしている食育ナイフとフォーク

今回は、美味しい新米を使ったおにぎりづくりを行いましたおにぎりキラキラ

 

 

炊き立ての美味しい新米に

5種類のふりかけ(鮭、梅、青菜、わかめ、ゆかり)から好きな味を選び、

やさ~しく手の平で食べやすい大きさのおにぎりを作りましたウインクラブラブ

 

 

細長くのり巻きのような形に丸める子やお団子のように丸める子など

それぞれ好きな形にして楽しんで作っていましたグッハート

 

 

完成したおにぎりは味わって美味しくいただきました爆  笑ハート

自分で作ったおにぎりは格別のようでたくさんおかわりをしていましたチョキ

 

また来月の食育も楽しみですねルンルン

 

園長より流れ星

 

 今月の食育は、「実りの秋、食育の秋」にふさわしい

新米の手作りおにぎりでした。

 お米は「千葉県産のコシヒカリ」で出てきたお米はピカピカ!

 子どもたちは、保育士から日々当たり前に食している

このお米は農家の皆さんが春に田植えをし、

厳しい夏に水やりや肥料をやり、雑草抜きを繰り返し、

一生懸命、大変なご苦労の中秋にようやくお米ができる事を聞きました。

 

 私の小学校の時、校長先生から

「米」の文字は分解すると「八十八」となる。

これは、米が出来上がるまでに八十八の手間がかかるから。

※「八十八」は米寿や周年祭等お祝い事が多い。」

という話を今でもはっきり覚えています。

 ご家族でも、新米を頂けるこの時期に

こんな話をしながら食べることも良いと思います。

 自然の恵み、お米を作る人、お米を買うために働く家族、

調理してくださる家族、全てに感謝しながら「いただきます!!」

 

 

こんにちは♪

最近は肌寒い日が続き、すっかり秋めいてきましたね。

公園にお散歩に行くと落ち葉がたくさん落ちていてお料理ごっこがはじまったり、キンモクセイの香りにうっとりしているパンダ組さんですパンダイチョウ

 

さて、先日はお天気にも恵まれ電車の見える”上原児童遊園”まで秋の遠足に行ってまいりました。

子どもの足で片道30分弱、、、最後まで歩けるかな、、、と心配する保育者をよそに「お姉ちゃんになったから歩けるよ!!」と自信満々で出発する子ども達!!

いつものお散歩コースとは違う景色に「車がいっぱいだね」「あ!パトカーだ!」と大興奮でした爆  笑ラブラブ

最近では列に並んで歩くこともとっても上手になって、保育者が声を掛ける前に、前のお友達との間が空いていることに気づき子ども達同士で声を掛け合う姿も見られるようになりました。

白線の内側を歩いたり、車が通る時には一度止まることなど交通ルールも少しずつ理解してきていますよ!

 

代々木八幡駅の近くまで行くと電車の走る音がしてきてパンダ組のお友達もドキドキワクワク”早く見たいな♪”と胸を躍らせて歩道橋に登ると、小田急線や千代田線がシューンと音をたてて走って行くのが見えて、子ども達のテンションは最高潮!

電車の写真が載ったスタンプラリーのカードを配ると「おんなじだ!!」と本物の電車と見比べながら楽しんでいました^^

だんだんシールが溜まってくると「これは青だから小田急線!」「緑だー!」と色の違いにも気付き、とっても喜んでいました!

青や赤のロマンスカーが通った時にはみんな食い入るように、小さく見えなくなるまで手を振っていてかわいかったですラブ

 

電車がひっきりなしの通るので”あと一本、、、””ロマンスカーを見たら、、、”と30分近く眺めていました。こんなにいいリアクションをしてくれると、保育者も嬉しいですね^^

 

公園に着くと汽車の遊具にお客さんとして座ったり、運転席で車掌さんになりきる子もキラキラ

「お茶を買いに行きまーす」「東京駅に到着です」と窓から顔をのぞかせて遊びました^^

もちろん大好きな砂場や滑り台でもたくさん遊んで、待ちに待ったお弁当の時間ですおにぎり

朝から「昆布と鮭だよ」「アンパンマンのラップで包んだよ」と楽しみにしていたので、いつもよりお片付けが早かったです。。。^^;

皆お母さんの作ってくれたおにぎりをお友達と見せ合いっこしながらペロリと完食ハート

お外で食べるご飯はどうしてこんなにおいしいのでしょうか笑い泣きハート

おやつも食べてエネルギーチャージ完了です!!

帰りも名残惜しそうに電車を眺めながら最後まで自分の足で歩きました!!

パンダ組さんえらいグッグッ

 

大きな横断歩道を渡ったり、自分の足で最後まで歩けたことはきっと一人ひとりの大きな自信へとつながった事でしょう。

この達成感をさらなる成長へつなげて参ります。

 

「また電車見に行こうね」と子ども達から声を掛けてくれて、忘れられない素敵な思い出の一日となりました^^

 

 

園長より

パンダ組さんの遠足、沢山の収穫がありましたね。

大人にとっては、ごく当たり前の日常ですが、子ども達にとれば、観るもの一つひとつが新発見と大感動です。

これからも、お散歩や戸外遊びを通して様々な事象や物に興味と感心を持ち、感性や五感を育んで欲しいと願っています。

お弁当のご協力、有難うございました。