YUMENO-ME 心臓病ママの特別養子縁組

YUMENO-ME 心臓病ママの特別養子縁組

先天性の心疾患により
10代の頃に大動脈弁、僧帽弁を機械弁に置換。
子供を出産することを諦め
特別養子縁組への道を選択しました。

2015年12月特別養子縁組で
家族になった娘との生活
ハンドメイドをつづります。


テーマ:

今朝はテレビを気にしながらの支度
吹田市事件の犯人が捕まって
ホッとしました~えーん

子供の身の安全が一番だけど
大人だって怖いアセアセ

2次被害が出なくて本当に良かったです

。。。


先週木曜日、娘の初めての参観日でした

暑くなってきたから
半袖体操服から袖無し体操服にする!
とのことで持たせたら
クラスで袖無しは2人だけアセアセ
お陰でどこにいるか見つけ安かったですねー


今回の参観は体育参観

ママを見つけると手をふる子供たちが
みんな可愛いほっこり
娘も私を探しては、もれなくニコッとして
嬉しそうに手を振ってくれました

始めにダンスを踊って
ちょっとしたウォーミングアップをしてから
鉄棒やらマットやらハシゴやらが
園庭にぐるりと配置されて
まるで運動会の障害物コースが
出来上がりました

心配性の私は、大丈夫かな?出来るのかな?
不安しかないタラー

片麻痺の子供は「鉄棒、跳び箱、水泳」が
難しいと医師に聞いていたからです

もちろん、担任の先生にも話しているし
苦手な部分は補助していただいています

一斉にスタート!
マットの上をゴロゴロ寝転がって移動

バランスストーンの上を歩いて…
ヨロヨロヨロ
娘があまりに遅いので後ろの子が
ジリジリ待ってるアセアセ
それに気づいた園長先生が
もう一方のストーンへ促してくれました

ようやく通過して、今度は鉄棒
両手で持ってぶら下がるまで、これまた
時間がかかり何度も何度もトライ
この姿に母もハラハラ

横に置かれたハシゴは
手足交互に四つん這いで横棒の上を進むのですが
始めからハシゴの穴に足を入れて
またいで進む娘ガーン
それでも、オッケーな感じで
皆と同じようには強要されませんでした
(まだ年少さんなので
そこまで求められないのでしょうけど)

最後に園長先生からも
「体育遊びは、それぞれのレベルに合わせてやっていきますので…ニコニコ
と説明があったので内心ホッ

何より娘が楽しそうに参加している姿に
安心しました

周りと同じようにできないと
悩み始めるのは小学生に入ってからかなぁ
私もそうだったので
先々の不安を覚えながら、その時がきたら
できるだけ寄り添ってあげようと思うのでした

。。。

帰り道、沢山誉めてあげると

「今日はママがいたから沢山頑張ったよウシシ

と嬉しそうに話してくれました
秋の運動会、成長が楽しみですクローバー

。。。

ある朝のテンちゃん
玄関先で見送ってくれましたピンクハート