12月の初旬にゆう琴作りに行ってきます!!

どんな音色を奏でる事が出来るのか??

今から楽しみなんですがぁ~

 

その前にシーター波やアルファー波って

言葉は聞いたことがありますよね!!

ヘルツで言えば 4~ 8ヘルツが シータ波

        8~13ヘルツ  アルファ波

       13~30ヘルツ  ベータ波

螺旋状に広がる波のエネルギーって感じかな~

そんな中で音楽は構成されていていて・・・

って言うのはヒーリングを始めるに当たって

聴いていたのですが

最近では

ソルフェジオ周波数で詳しく表現されているようですね!!

 

528HZ は太陽のエネルギーの音って言われていて

DNAを修復する働きがあると言われていて

 愛の周波数・変化と奇跡を起こす周波数とも言われているとか~

 

ゆう琴は432HZで

 宇宙の規則性や光・時間・空間・物質や重力を統一

させると言われているらしく。。。

 はてはて~どんなゆう琴が出来上がってくるのか楽しみです!!

 

今から真新しい癒しの空間作りが出来ればと思い~~合掌

  先日ブログの方で紹介していたトンボですがぁ~

写メを入れて欲しいと 要望があり・・・改めて紹介を!!

 

黒トンボは 

羽黒蜻蛉と言われ「神様トンボ」とも言われているそうです!

多可町の畑やセンダイにこの時期に成ると

ひらひらと優美な?優雅な舞い方で目にとまり~

とっても かわいい のですがぁ~

真っ黒だからなぁ~っと。。。

 

あるクライアントさんが

この黒トンボの事を調べてくださったようで

 黒トンボは「神様トンボ」で縁起が良いんですよ~って

 

余りにも私はビックリ。。。

真逆の事を考えていたので(苦笑)

 

上記の写真は

多可町のセンダイで今朝(8月1日)撮った羽黒蜻蛉です!

 

きっと多可町にこの時期に来られた方は

一度は目にしているかと思いますがぁ~

改めまして…よろしくで~すう!!

今月は私の復活祭・・・????

そう・・・甦りを実践!!

そんな気分で神社巡りを

旧御射山を訪れそして今の御射山へ

その後は御頭祭へ

その一週間後には熊野へ~

産田神社を訪れ

再生を~

 

今年はそうしなければならないと・・・

60年間使い切ったエネルギーが枯渇し

そのエネルギーを充填する為に

御射山と熊野の地を・・・

原点に戻り縄文時代へ

いにしえの旅に~~

 

霧深い中を抜けると何と縄文時代にタイムスリップ

そんな光景の中にポツリと佇む社が~

旧御射山神社

陽だまりの中に青々と見え

一柱の光が天まで貫き地球と天界が結ばれるような

そんな中に私が柏手を打ち風が吹き

一掃したような~

そして更に煌々とした太陽神のお出ましを感じ。。。

 心を神に向け 日々の生活を反省し 祈りの心を整えよう

ミサの意味でもあるのだが・・・

やはりそこに心は持っていかれるようだ~

争いの無い世界が懐かしく縄文へと

 

翌日早朝から今の御射山神社へ

御射山神社の御手洗社

ガラリと変わり現代風とは言えないが

ひっそりと佇む状態で御射山神社が・・・

広大な土地に何てサイズが小さいのだろう~

まるで小人族(土蜘蛛人)の為の神社のように思え

縄文時代の背格好が物語っているのだろうかと。。。

 

御頭祭は前宮にて参加させていただき

鹿の頭を祭壇にお祭りし独特の儀式を目の当たりに~

生贄・・・これもミサそのものに感じてしまい

キリストの最後の晩餐のあの光景が思い出されていた

 

毎日訪れた万治の石仏!!

万の事が丸く治まるようにと願いを込めて

岡本太郎様にあやかり・・・(笑)

 

約一週間後に熊野へ

鬼が城を皮切りに獅子磐・華の巌・産田神社・橋杭磐・大斎原へ

 

産田神社の玉砂利の上を歩きあの世へ旅立ち

再生を~~合掌している時にやはり心地よい風が吹き

        私を包んでくださったような~

        新たなる旅立ちを後押しして下さったような

そして大斎原の産田神社では

  大風が吹きまるで60年間のケガレをぶっ飛ばして下さったような

大風に感謝!! そして大斎原へ~再生甦りの地へ

新緑の木々に精霊たちがワンサカと。。。

新たなる”宇宙村のふみちゃん”が誕生したのかなぁ~

なんちゃってぇ~