本を読むのが好き。映像や音楽も。ブログを更新していないときも本はひっそり読んでいます。→本棚

○フォロー等お気軽に。

twitter(なうと連携させてます)→

○ブックマークは15件以上あります。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-09-22 00:20:01

聴講出願&対話

テーマ:・言葉
聴講出願動機メモ 原点を見失いそうな時のために。
宗教哲学
感性→悟性→理性 ★感性が見ているものをどうやって整理して統合してアウトプットするか。具体的な作品作りの話は(まあおそらく、絶対に)ないだろうけど、わたしが何かを感じて書くときの支柱になるもの(のひとつ)が欲しかった。
カント中心の講義 特に知りたいのは親鸞

文芸学
アリストテレス『詩学』中心 詩人追放論、詩的霊感論に興味

以上、動機の一部。



[画像:60f7ce99-s.jpg]


親や大切な人が、元気がないときの子ども ex.災害中 元気にしている 後で辛かったことがわかる 〈辛いのが続くのやフラッシュバックはある程度一般的な現象〉
後から振り返って分析できるということは、0か100思考で考えている訳ではない。
high⇔low、差が大きいのは気分 気分の差はある程度まではあって良い。自分の対策として0→100であってはいけないと思いすぎるのも辛さの原因
「~じゃないと、しないと価値がない」は思考 思考部分をコントロール出来るようにしていく。
「いつも明るく元気」でなくてもいいよ、と思えるようにしていく。


様子を見ながら喋るから思うことが言えない事があるというのは、相手の開示に合わせて会話が出来ているということ。
それは摩擦なくやっていくのに必要なスキル→習得出来ている。


理解し合いたいことの、深さ・質の違いをどうやって埋めていくか
私→作品にするしかないと考えているが辛いことがある
作品というのは、手段のひとつとして良い
(余談・ピカソ パートナーが変わっていく話をした …伝え合いたいことを交わしあえる相手を探していたと考えることも出来る
ゴッホ 自画像の変遷の話…飢えがなければやはり作品にはしないだろうという一般論)




[画像:4fe4dca6-s.jpg]



9/21対話のち聴講出願
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-08 00:00:37

新天地へ行くお知らせ(お話もできたら)

テーマ:・このブログについて

φ(..)詩だけでなく、ずっと好きな小説や漫画や音楽や舞台について、展覧会などに出掛けたときの感想についてなどなど…人に見てもらう場に、文章を書いてみる?



お久しぶりです。
10代の頃、ここで文章を書いていた時にお話ししていた方々が、どれくらいここをのぞいてくださっているのか…かなりドキドキしつつ、文章を打っています。

今はもっぱら、2014年ごろから本格的に書きはじめた詩のブログを更新しています。
http://kotokaze.exblog.jp

5月、一度入賞しました(http://kotokaze.exblog.jp/23883278/)🕊️
でもずっと表現することに対する悩みや、わたしの趣味嗜好、麻痺のこと、楽しいこと、悲しいことを発信する場を持てずに、どうしたものかなぁ…と悩んでいました。

冒頭の文の通りで、新しく、創作物も載せられて、私を知ってもらって交流ができるような場所を作ろうかと思っています。
たぶん、ワードプレスで独自ドメインをとると思いますが、できなかったら泣き言をいいに来るので、もし詳しい方がいらっしゃれば、教えてくださいm(__)m



この場所に書きにこれなかったあいだのことを以下に。

  大学と大学院で、初めて趣味や信仰のことやらを深く話せる友人や先輩や後輩と出会い、話すことで交流が深まって新しい視点も貰える嬉しさを知った。身内とも友人ともそういう話ができないまま(今でも交流が続いている中高時代の友人はいるけれど)、ブログを通じてネットの年上の友人と交流していた私には、色んな事を同世代の友人と直接話し合えるというのは劇的な変化だった。

今年の大きな変化は、詩をつくることに対して、もっと形にしたいという思いが強くなったこと(詩集を作る、展覧会をする予定)と、学科もサークルも一緒だった先輩と、ゆっくり時間をかけて恋人になって、6年を経て春、別れることになったこと。

(家族と、思いを共有できないけれど、たくさん助けてもらっていることへの負い目に対して初めて「家族だからといって全部共有できなくても、こころの中でも感謝できないことがあってもいいんだよ」と言ってくれた人だったこと。

出会って心を打ち明けることができたこと。けれどもう、私は私の方法で昇華していく時期が来て、互いに相手の荷物を背負うことよりも自分の生を歩むために、道が違っていったということ。自分を強く持たなければ飲み込まれるほどの互いの傷は、私にも相手にも荷が重かったのだろう。繰り返し辛いことを語る彼も私も、そういう傷を持っていたんだろう。わたしはもう、しばらくは人に話すことはない。ゆっくりと、自分の生を書くこと・先立つもので支えられるようになるまでは。その頃にはまた、人と、違う関わりがきっとできる。)


  最近になってふたたび、好きなことをすべて「話す」ことで共有しなくてもいいのじゃないかなと思うようになった。大学で出会った人たちは、思うことをすべて話しきれなくても悲しく思ったり飢餓感を感じたりしないという人も多かった(話すことにプラスして書いて残すことをあまり必要としない人たち)。私にとって彼らの話し方やスタンスから学ぶことはとても多かったけれども、私に合う、書くことを手放してはいけないなと改めて強く思う。

新しい表現の場を持つのも何かを書くことも怖くてうまくできるかなんてわからないけど、何もせずに思いを溜めてしまうよりはいい。

行き詰まったら、原点に戻ってみる。
(10歳から紙に気持ちや本の感想を残していて、14歳ごろからネット-ブログ-に移行。20歳ごろまではコンスタントに更新していたけれど、気持ちにも時間にも余裕がなくなって更新停止のまま放置状態←このブログのことです(笑))

  誰と親しくなっても、誰の隣にいても、どこに所属していても、私は書くことをやめないほうがいい。むしろどこかに所属しているからこそ、自分の変わらない部分、人と関わって変わる部分を記録したほうが、作品を書いていく上ではいいと思った。ひとと話せることが増えるほど、ますます深いコミュニケーションを求めたくなって飢餓感は増す。どんな距離感の相手にも私にもうまく言えないことはあるだろう、たぶん(まだわからないが)。しかも私独自に見つめたい詩の世界もあるから、うまく言えないことと見つめていきたいことを記録する場所を作る。私のなかでうまく、人に話しきれないことと自分ひとりが見つめていきたい世界のバランスが取れるよう。
TwitterやInstagramのように、インスタントで短い(しかもどんどん流れて行ってしまう)文の集まりではなくて、ある程度の分量を記録できる場所。対面のコミュニケーションと、文字でのコミュニケーションをうまくミックスしていきたいな。

ブログにカテゴリ作るのか、HPか。独自ドメインをとるのか。検討中。
たぶん独自ドメインを取得するけれど、どこが安くて、何か感想を書いた時に、アフィリエイトなど出来るのか。
最初から完璧を求めないで、飛ばさないで、見切り発車でも修正を加えながら良くしていきたい。手始めに、いくつかのSNSに分散して残っている色んな感想をまとめて、修正したりすることから。

とりあえず今書きたいこと。
・佐々木蔵之介の(ひとり何役も演じた)マクベスの感想
・岩井俊二さんについて
・日渡早紀『ぼくの地球を守って』のこと
・萩尾望都『半神』のこと
・HEDWIG and the ANGRY inch(ロックミュージカル)について
・最近出かけた展覧会について
etc.

一気にやると、気持ちも体もガス欠を起こしてしんどくなるから、ひとつずつ。はじめてからも、「全部残そう」と気負わないよう注意しつつ。新しいことに対して、怖がっている自分を、自分の言葉で宥めつつ。

HPを作ることで、世界が広がっていくといいなと思う。そして、人や団体に依存しない「わたしが帰ってくる場所」も作りたい。自分の手で!




★写真は、絵を描いている女性と植物園に行ったときのもの。秋の始まり、いい時間を過ごさせていただいた。はじめての一眼レフに興奮!  ただ、写真には残らないものがわたしの感性に訴えかけてくるから、ゆっくりでも、それを言葉で捉えられるように私自身の調子と環境を整えていきたい。
      


また、ある程度まで文章が載せられたらここでもお知らせしようと思っていますので、よろしければ足を運んでいただければとおもいます。
 

 

 

最近文章にできた、去年の葛藤を、ここに少しだけ残しておきます。

(初めての独り暮らしをしながら、詩を書いて、大学院という場に属さずに障害者雇用での就職活動をすることは、わたしが自分で自覚出来ていた以上に、わたしの気持ちをすり減らしていたようです。

今すこしずつ、本当に一進一退しながら、色んなことを再開しています)

 

 

わたしの心が動き続けるために、和らいできた陽射しも、心地よい秋の風も、水面に光る金色も、詩や絵や音楽も、人に会いにいくことも、会った後に人よりも休息を強く意識することも本当に切実に必要。

規範なんて「一般的」 「普通」の中にはなく、自分の中にある。私が知りたい/表現したいことを追い続けなければ、わたしの心は死んでしまう。
ひとに向けたら、負担をしいるような深い深い喜びも悲しみも瞬間的な激情も幸せも全部追う。ゆっくりと、長いスパンで。

もちろん、先立つもの、生活のための備え、万一のための備えは、私にとっては人よりも少し余計に必要だ。人に負担をかけないことも必要。
 けれども人よりも選択肢が狭かったり、一般的なスタイルで生活できなかったりすることが、なんだというのだろう。

たった今は、そう思えたから残しておく。




 

少数の人に、わたしのからだの事を打ち明けた。

 

軽度の脳性麻痺で、右半身に麻痺があることだ。

・体力が少なく疲れやすいこと

・体のバランスがとりづらくて早く歩けないこと(右足をすこし引きずっている歩き方)

・物を早く運ぶ、バランスを保って複数の物を運ぶ事が難しいこと

・手先を使う細かい仕事ができないこと

・体に左右差があって、たとえば握力は右と左で10以上違うため、麻痺のない左手が利き手で、右手では字が書けないこと

・聴覚過敏があって、身の回りの音をすべて拾っていまい、人の話し声だけを取捨選択できなくて、辛いことがあること(映画やお芝居やライブは急に大きな音がして驚いても「そういう約束事の世界である」という前提があるから行ける。むしろ好き。色々な種類の音ー人の話し声、数種類のBGM、車の音なんかーが一斉になっているとうまく選択できない)。

なんかを伝えた。

 

疲れやすいとか、一つ一つの動作に時間がかかるといったことは今まで人に伝えてきたけれど、具体的に握力のことなどを人に伝えたことは、今までほぼなかったように思う。

 

 

 

 

過去がどうだったか。

 

 

大学三年から始めた就職活動は、論文を書くときに体調を崩して中断した。論文は、思い描く形と計画がうまく噛み合わなかったと感じて消化不良だった。学問として、楽しみとして、生きる支えとして知りたいことも仕事としてできることもわからなくなって、半年近くどうしようもなかったけれども、

友人や出会った先生に背中を押されて大学院に進んだ。

 

大学院、最後の半年。

慣れない一人暮らしと、日々の授業と、論文と、司書の単位を取るための講義。

 

小さなことのうちに、「実はなあ、困ってるんだよ~ こういう事がどうしてもスムーズに進まなくて  もうちょいうまく力を抜く方法はないかな?」

そういうことが言えなかった。

 

 

いまどうするか。

人に打ち明けることができたこの地点から、また少しずつ少しずつわたしは動き出していく。

方向は、打ち明ける方へ。

困っていることがうまく伝わらないこともある。そのときは「それでも猛進」ではなくて、ようやってるな!と自分を励ましていけるよう。わたしのおバカな妄想癖空想癖は、今のような、人に会い、障害者雇用で仕事を探す現実と向き合って、そして表現活動もしていきたいわたしにこそ必要だと思えた。

 

 

(妄想と言えば。10代になるかならないかのころ、全巻読んだ童話『ちいさいモモちゃん』のなかにモモちゃんといつも一緒にいる靴下が会話する場面があった。

靴下が小さな子供と話すというのが面白くて、俄然その気になったわたしは保育器に入っていた頃にはいていた靴下をわざわざひっぱりだしてきて、その日友人と話したこと、面白かったこと、悲しかったこと、楽しかったこと、頑張ってもなかなか思うようにできずに本当に悔しかったことなんかを話していた時期があった。なにやってるんや、と自分にツッコミをいれつつ。そういう仮想の友達との対話を経て人は成長すると知ったのは少しあと。)

 

 

一歩一歩進んでいきましょ、振り返りすぎず。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-08-26 13:02:30

引越し

テーマ:・このブログについて

あたらしいブログ→ http://d.hatena.ne.jp/fuka54/


以前からもっとシンプルに日記が書きたいなと思っていました。
色々比較して、はてダでブログを書くことにしました。




昔の記事は残しておきます。

十四歳~二十歳くらいまでの

本や舞台の感想は未熟で抽象的で感覚的ではありますが、

「それでも書かずにいられなくてずっとつづけてきた」

というのが私にとっての書く意味なのかなあと今はおもっているからです。

2013年3月以降の記事は新しいダイアリーに転載しようかとおもっています。

旧ブログ http://ameblo.jp/yume19900504/
ツイッター https://twitter.com/lyra_sonus





今まで、アメーバで読者登録させていただいていた方の記事は読ませていただきたいとおもっています。

新しく読者登録もするかもしれません。

アメーバは、読み専門になりそうです。

今後とも、よろしくお願いします。





にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-08-26 12:29:32

8月19日〜8月25日に投稿したなう

テーマ:・なうまとめ2


「(お歯黒は)あの時代を描くものとは考えられなく なったからだ。つまり、事実ではあっても、真実を描 く時に必要なものとは思われなくなった。比較して、 戦前戦中、日本人の成人男性の(おそらく)8割近くが喫 煙していた記憶は、年配の方々にはまだ生々しい事実であり、真実」 鴻上さん
8/22 7:02

これは分かるんだけど、それ以降…『風立ちぬ』が「恋愛物語ではない」なら、菜穂子が煙草のシーンで咳き込む必要は尚更ないんじゃないかとおもった。………ん?後半のRTでそう言ってるか?
8/22 7:06

『非常の人、なんぞ非常 に』も、「時代を扱った 劇」であって、「時代」 (の事実)を知る劇ではな い。 以上8/21 8時頃
8/22 7:10

発掘。……こんな蔵書あるって聞いてない……あと唐十郎も思ってたよりある…とか…
8/23 23:59

昨日ときょうは「聞いてみるもんだなあ」な日だった(先程の本とは別件)。調子が悪くてもなにか具体的に動いてみないとね。…だいじだいじ。感謝。
8/24 0:01

一昨日と昨日になってしまった
8/24 0:04

手書きで清書するの久々すぎて手首がいたい 8/24 10:15 いまは首もいたい。そろそろ準備する…
8/24 11:38

外出してダメ出しくらって眠いが気持ち的には割と前に向いているねむ い
8/24 20:14

yogawithkaori: 自分の目で見 る能力を育てる努力を怠る と、つい情報や自意識や欲や情に惑わされて、要の選択を間違えるというか、正 解には近くない周辺でうろうろするように思う。
8/25 9:38

八重さんの讃美歌はあれ、 史実でも主我を愛すだったのかな?そこまで社史に書いて…る…?有名な話? (小声) 武力に替わる学問(もとい普遍的ななにか…しかし宗教色だけでいくわけにも…)ってしばらくずっとテーマなのかな?
8/25 22:42

今日英語やったらゾンビの短編映画(7分)みるつもりが別のことしたよね…そういうのは積み重なると膨大な時間となりますね…
8/25 23:43

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-08-19 12:32:24

8月12日〜8月18日に投稿したなう

テーマ:・なうまとめ2


プールで泳いで、ぼっーとしながら恵文社に行きたい。いまは特になにも買えないけど。ずっと家にいて家事→勉強の流れだとなんかな……受かってから考えれば良いことをいっぱい考えてしまう。しかも中身は「下手の考え休むに…」的なアレ。
8/13 14:23

あと字数合わせるだけになったしさ…ううー…いい身分ってことはわかってるの…
8/13 14:43

プール210円だし…←
8/13 14:43

ストリッパー物語って関西に来てたん。しらんかった…。
8/14 0:14

アンテナははるところをまちがえてはいけないのですエネルギーは自家発電には限界ありです
8/14 0:35

色々事務的なことが間に合いそうな感じになってきたので、一年以上ぶりに『アクセス解析』なるものを覗いたら、随分前に書いた野田秀樹関連の記事にアクセスがあった。『走れメルス』の記事が随分と感覚的ではあったが本質はついてるのではないかと思えたのでよかった。
8/14 22:13

が、「随分と感覚的ではあったが本質はついてる」というのはつまり、他者と共有しにくい言葉のままである、論理的でない、ということであるので、大体においてその点で私は勝手に孤立感を深める迷惑幼児であるので、その成長のなさ加減には泣いた。
8/14 22:35

↓しっかし(ってこれは一つ前のツイートに対して)めげない。ぱーん。
8/14 22:56

ブログを更新しました。 『観劇記録』 http://t.co/W2phUHcgrm
8/14 22:56

なんか最近本当に一日二日単位、ひどい時には時間単位でテンションが乱高下するのだけれども、それはまあ家にこもって似たようなことをしているからだし、でも今は「似たようなこと」をするしかない時期なので騙し騙し、やる。
8/14 22:56

晴れの朝九時くらいまでに掃除してるといい(ときもある)
8/14 22:56

これいいな。 seikoito: この凄まじい太陽光をきっちりエネルギー化してくれたら、暑さをポジティブに考えられるんだがなあ。資源、資源。今日も資源の日!
8/15 22:14

tanjyouka: 8月15日の誕生花 【蓮(はす)】 花言葉:安定: 水中の泥の中に蓮根が生まれます。大きくてまれに見る美しい花振り。散った花びらが小舟のように水面を遊ぶ姿は見物。早朝に音を立てて開花し夕方に閉じてしまいます。 http://t.co/dvwc3JA5VN
8/15 22:14

戦争の時は戦意高揚にも加担せざるをえなかった/した仏教に関係する花が、今日の誕生花か…
8/15 22:14

【自分メモ】孔雀と清水邦夫、花と遠藤周作。
8/15 22:15

言い方が雑というか独特だけど、でも疲れて眠れることが良いことなのは最近本当にそう思う>RT
8/16 7:50

はれー。ニューヨークもはれー。(別にニューヨークは今強く行ってみたい所でもないけど)起きます
8/16 8:11

はだしのゲン。閉架っていうのは借りられないってことじゃないよなあと思いつつ…。でも、学校の図書館などの棚に「他の本と一緒に置いてある」からこそ手に取るのだろうなあと思ってみたり。
8/18 9:24

私自身は、小学校のころに近所の図書館の上映会でアニメ見たけど、確か怖くて最後まで見られなかったんじゃなかったかな…?半年くらい、アニメを見た日と同じ道順では図書館に行かなかったような。…それくらいの衝撃だからこそ分かる事があるとは思う。
8/18 9:45

『非常の人~』当日券で行ったら真ん中の前から6列目。ありがたい席だった。パンフレットでは、マキノノゾミさんが、昔NHKでやっていた平賀源内のドラマと史実の源内の差異について話してたけど、私は観ながら『表裏源内蛙合戦』との見せ方(描きかた)の違いが面白かった。眠いので今度。
8/18 21:47

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。