中村幸也オフィシャルブログ「自由に生きるのに遠慮はいらない!」

中村幸也オフィシャルブログ「自由に生きるのに遠慮はいらない!」

中村幸也のブログ

2018年6月に妻と子ども4人を連れて大阪から沖縄に移住してきた自由人。心理カウンセラー。「あきらめる勇気」の著者。『元不登校YouTuberゆたぼん』のパパ!

はじめまして「ゆきやん」こと中村幸也です。


2011年2月からブログをはじめ、

1日も欠かす事なく毎日更新中!


「あきらめる勇気(ハート出版)」
という本も出しており、全国の書店で発売中です。


ぜひ、読んでみてください(^^)/


あきらめる勇気

何か新しいことを始めようと思ったり、これまでに経験したことがない事に挑戦する時、「失敗したらどうしよう」って不安になったりしませんか?

 

 

誰だって失敗するのは恐いものです。

 

 

特に僕たち日本人の多くは幼い頃から、「失敗するな!」という価値観を植え込まれている。

 

それゆえに過度に失敗を恐れてしまうようになり、失敗を恐れてチャレンジできなくなったりします。

 

しかし失敗を恐れる気持ちは誰にだってあるんだから、そんな自分を責める必要はありません。

 

 

でも恐れているだけじゃ前にも進めませんね。

 

 

だから失敗を恐れて行動できない時には、あまりアレコレ考えすぎないで一歩踏みだすことです。

 

そりゃあ失敗を恐れて新しいことにチャレンジしない人生を生きていれば、大きな失敗をすることもまずないでしょう。

 

しかしそれゆえに自分の中に隠された可能性を発見することもできずに、人生が終わってしまうかもしれません。

 

 

人生に失敗はつきものです。

 

 

失敗することで人生における経験値が増えますし、その失敗の経験から本当の成功への扉が開かれるのです。

 

基本的に人生なんてものは失敗の連続だし、100回挑戦したら99回は失敗すると思えば気も楽でしょう。

 

だからあまり先のことばかりアレコレ考えないで、肩の力を抜いてみよう。

 

失敗こそが自分の人生のかけがえのない宝になるって、それくらいの気持ちでやってみるといいですよって話です。

 

何か辛い事や困難に出会った時、自分自身を悲劇のドラマの主人公のように感じる人がいます。

 

「なんで自分だけがこんな目に…」

 

そんなふうに被害者意識を持ってしまい、自分で自分の心をさいなむ。

 

しかし人は自分が被害者だと思ってしまうと、起こることのすべてを酷いことのように感じてしまうようになります。

 

起きることすべてを被害者の目で見てしまい、誰かや何かのせいにしてしまうようになるのです。

 

そうならない為にもまず自ら与える人であろう。

 

 

与えるものは与えられる。

 

 

与えるといっても何も難しく考える必要はないのです。

 

たとえば自分の為ではなく、誰か人の為に祈るだけでいいのですから。

 

「祈る」なんて聞くと何か宗教的な感じがするかもしれませんが、「祈る」自体に宗教は関係ありません。

 

神さまを信じる人は信じればいいし、信じない人は信じなくても構わないのです。

 

 

アメリカでこんな実験結果があります。

 

 

末期がんの患者を無作為に選び、AとBの二つのグループに分ける。

 

その人たちとまったく違う所に住んでいる十人の健康な人たちに、Aグループの患者さん十人の名前を教えて回復を祈ってもらった。

 

Bグループの患者には何もしなかった。

 

その結果、祈ってもらったAグループの患者さんはあきらかに回復力が高かったのだ。

 

祈ってもらっている患者さんは自分が祈ってもらっていることを知らない。

 

祈っている人も相手の名前以外は何も知らない。

 

それなのに何回実験しても同じような結果が出たのだという。

 

 

つまり祈りの効果に距離は関係ないのです。

 

 

そう、「祈り」には力があり、「祈り」は知らない人の心も癒すのです。

 

この実験のおもしろい所は、祈るほうが特定の宗教をしていたわけでもなく、特に信心深い人だったわけでもない所です。

 

人は不思議と自分の為に祈っても無心になれませんが、誰かの為なら無心な状態で祈れたりするのです。

 

それが自分より大変な状態にいる人なら、なおさら一生懸命になれるでしょう。

 

 

だから、祈ろう!

 

 

被害者意識を捨てて無心になって人の幸せを祈ると不思議と心が安らかになる。

 

「愛」というのは差し出す事により、いくらでも自分の中から湧いてくるものです。

 

見返りを求めるのではなく、ただ誰かの心が癒される事を願い、心から祈ってみよう。

 

自分のした事は自分に返ってくるし、与えるものは与えられる。

 

 

だから今こそ、誰かの為に祈ることです。

 

 

「祈り」は知らない人の心も癒すし、「祈り」には強い力があるのだから。

 

あなたが上機嫌で振る舞えば、あなたの周囲や物事が良くなるだけでなく、あなた自身の心も軽くなる。

 

しかし逆にあなたが不機嫌で過ごせば、それはあなただけでなく周りにも広がって、あらゆる物事を暗く重たくさせてしまう。

 

だから自分の不機嫌な気持ちに気づいたら、上手に気分転換した方がいい。

 

人は出来事によって感情を抱くのではなく、起きた出来事の“とらえ方”によって、感じ方が変わっていくのだから。

 

 

上機嫌の波に乗ろう!

 

 

不機嫌は結果でもあるが原因でもある。

 

確かに誰にだって気分が悪くなる時はあるし、不機嫌になる時だってあるだろう。

 

しかしその不機嫌な気持ちを続ければ、その不機嫌は次の不機嫌の原因にしかならない。

 

だから必ずどこかでメンタルリセットし、

機嫌を変える必要があるのだ。

 

意識しながらでも上機嫌に振る舞えば、それまで感じていた気持ちも軽くなる。

 

 

これは心理学でいうと「行動療法」だ。

 

 

自分自身の不機嫌に無関心でいる事は、幸せに生きる為のひとつの秘訣である。

 

心が変わるのをいつまでも待ち続けるより、行動を変える事で心の状態を変えればいい。

 

そうやって上機嫌に振る舞う事であなたの心も軽くなるし、その上機嫌の波が周りへと広がっていく。

 

やがてその波は起きた出来事に良い意味をもたらし、物事を明るく照らしていってくれるだろう。

 

 

だから雨が降っていようと関係ない。

 

 

なぜならあなた自身が太陽になって、明るさを広げていけばいいのだから。