中村幸也オフィシャルブログ「自由に生きるのに遠慮はいらない!」

中村幸也オフィシャルブログ「自由に生きるのに遠慮はいらない!」

中村幸也のブログ

2018年6月に妻と子ども4人を連れて大阪から沖縄に移住してきた自由人。心理カウンセラー。「あきらめる勇気」の著者。不登校の天才YouTuberゆたぼんのパパ!

はじめまして「ゆきやん」こと中村幸也です。


2011年2月からブログをはじめ、

1日も欠かす事なく毎日更新中!


「あきらめる勇気(ハート出版)」
という本も出しており、全国の書店で発売中です。


ぜひ、読んでみてください(^^)/


あきらめる勇気

「私たちは自分が望んでいるものじゃなく、自分と同種のものを引き寄せる」

 

『原因と結果の法則』で有名なジェームス・アレンはこう言いました。

 

これは普段から自分が考えていることを自分自身が引き寄せるということです。

 

「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、私たちは自分の波長にピッタリな人や同類の人、そういった出来事を引き寄せます。

 

あなたが誰かを裁こうとするなら、いつかあなた自身が裁かれる日が訪れるのは必然だし、あなたが誰かを憎んで生きているとやがて自分が憎まれる出来事に遭遇するでしょう。

 

自分の想念の波長と同類の出来事は現実化し、この原因と結果の法則はずっと続いていくのです。

 

 

すべての「結果」には「原因」があります。

 

 

そしてその原因のほとんどが自分自身にあるのです。

 

あなたが今いる環境はあなたの思考が導いた場所だと言えるし、良い思いを描く人には良い人生が開けますが、悪い思いを描く人の人生は次第にうまくいかなくなっていくでしょう。

 

だからもしあなたがいつも同じようなことで悩んでいるのなら、その「原因」を変えることです。

 

 

「原因」が変われば「結果」も変わります。

 

 

今までと違う結果を得たいと思うなら、今までと違う原因が必要なのです。

 

だから自分の人間性を高めながらより良いものを引き寄せていきましょう!

 

人生というのはすべて、自分で蒔いた種が芽を出すだけだから。

 

私たちの多くは「頑張る事は尊い事だ」とか「努力は素晴らしい」と教えられて育ちました。

 

もちろん、頑張る事や努力する事は自分の成長にも繋がるし、決して悪い事ではありません。

 

しかし頑張る事や努力する事は本当に多くの人が思っているほど良い事かというとそうとも言いきれず、時には頑張りすぎない知恵を持つ事も大切だと思います。

 

子どもに最高の教育を受けさせたいと願って、必死になって子どもに勉強させる親がいますが、必死になりすぎるあまり子ども以上に頑張る母親になってしまって、その姿を見た子どもが委縮してしまう事もあるのです。

 

頑張れば頑張るほど子どもが嫌な思いをしてしまっては不満がたまるし、成長を阻害されてしまいますね。

 

「子どもの幸せのために!」と願っていたはずなのに、いつのまにか子どもの幸せの事を忘れて、自分がどこまでやれるかの挑戦にすげかわってしまうのです。

 

だから自分が望んでいる事をしっかり整理する事が大切しよう。

 

頑張りすぎると本来の目的を見失ってしまい、頑張ること自体に意味を見い出そうとしてしまったり、頑張りすぎて周りが見えなくなってしまうと次第に苛立ち、自分の事ばかりで自分に関わる人を蔑ろにしてしまいます。

 

そうならないようになるべく身軽に生きる知恵を身に着けて、必要以上に頑張らない生き方をしていくのもいいですね。

 

物欲や見栄のために自分を縛りつけて不自由に頑張るより、軽いステップで進んでいくイメージを持っていきたいものです。

 

その昔、釈迦が悟りを開く禅定に入った時、瞑想を妨げる為に現れた悪魔の事を「マーラ」と呼んだといいます。

 



中国では「鬼」という字に、「マーラ」の「マ」と同じ発音をする「麻」という字をのせ、「魔」という字を作ったといわれています。

 

さらにこの「魔」の上に「悪」という字を加え、「悪魔」という言葉が生まれました。

 

表現方法は違いますが、キリスト教でも「サタン」や「デビル」と呼び、悪魔が存在する事になっていますね。

 

実は中世のヨーロッパでは大部分の人々が、「悪魔」が実在すると信じていたそうです

 

 

ゲーテが書いた戯曲に「ファウスト」があります。

 

 

ファウストは悪魔であるメフィストフェレスと取引し、自分の魂と引き換えに知識と幸福を得ようとします。

 

しかし悪魔の力を借りながらでは幸福になる事はできず、悲劇を繰り返しながらやがてこの世を去っていきます。

 

最後に悪魔メフィストフェレスが魂を奪おうとしますが、祈りに救われ天高く上がっていくというお話です。

 

ヨーロッパでは実際に悪魔の存在が信じられていた事から、魔女狩りや魔女裁判が行われていたのでしょう。

 

現代では「悪魔」の存在を本気で信じる人は、あまりいないのかもしれません。

 

 

しかし本当に悪魔は存在しないのか?

 

 

もしかしたら誰の心の中にも悪魔がいて、その悪魔とうまくつき合いながら生きているのかもしれません。

 


そして誰もが自分の心の中の悪魔と闘い、必死で今を生きているのかもしれませんね。

 


しかし、もし誰の心の中にも悪魔がいるとするなら、きっと同じように誰の心の中にも天使がいると思います。

 

大切なのは自分の心をどのようにとらえて、その心とどう向き合って生きていくか!ですね。

 

だから悪魔の誘いに乗らないように、なるべく明るいタネを蒔いていきましょう。

 

自分を悪魔にするのも天使にするのも自分の心がけ次第で変えていけるはずだから。