中村幸也オフィシャルブログ「自由に生きるのに遠慮はいらない!」

中村幸也オフィシャルブログ「自由に生きるのに遠慮はいらない!」

中村幸也のブログ

2018年6月に妻と子ども4人を連れて大阪から沖縄に移住してきた自由人。心理カウンセラー。「あきらめる勇気」の著者。不登校の天才YouTuberゆたぼんのパパ!

はじめまして「ゆきやん」こと中村幸也です。


2011年2月からブログをはじめ、

1日も欠かす事なく毎日更新中!


「あきらめる勇気(ハート出版)」
という本も出しており、全国の書店で発売中です。


ぜひ、読んでみてください(^^)/


あきらめる勇気

自分より下に見える人を見下したり、誰かの生き方を否定して邪魔したりせず、自分の人生をシッカリと生きよう。

 

誰かの事を「羨ましい」と思ったり、自分が恵まれていないと考えてしまうとどんどん人はネガティブになっていくものです。

 

「うらやむ(羨む)の由来を調べてみると「うらやむ」の「やむ」は「病む」だそうです。

 

 

羨むは「心(うら)病む」なのです。

 

 

他人を羨めば羨む程、「自分は恵まれていない」と考えてしまうようになり、自分で自分の幸せを遠ざけてますます心が病んでしまうでしょう。

 

「憧れ」と「羨む」は違います。

 

誰かに憧れると自分もそうなりたいと活動的になり、自分も憧れに近づこうと努力しますが、誰かを羨むだけでは活動を生まず不満ばかりを口にするようになるのです。

 

 

そして人の人生の邪魔をするようになります。

 

 

誰かの足りない部分に意識を向けてバカにしたり、けなしたりするようになるのです。

 

しかしそんなふうに人生で出会う人たちを敵視し、人の人生の邪魔をしていても仕方ありませんよね?

 

だから他人の人生の邪魔をして自分の人生をないがしろにするのはやめて、自分は自分の人生を楽しもう。

 

その人はその人の人生を生きているだけだし、あなたはあなたの人生を生きているのだから。

 

良い結果を出そうと考えすぎてしまって準備ばかりに時間を費やす人がいます。

 

そしていつまで経っても準備が終わらずに「準備中」のまま人生を終える。

 

確かに何かを始めるのに準備することは大切ですが、どれだけ入念に準備しても完ぺきな準備なんてあり得ません。

 

だからすべての準備が整うのを待つより、まずは行動してみることです。

 

 

10のアイディアより1つの行動を!

 

 

どれだけ素晴らしいアイディアも行動しなければ何も生み出しません。

 

大切なのは「何を思いつくか?」より、それを実行する為に行動することなのです。

 

「想像」だけでは結果に到達できません。

 

なぜなら「結果」というのは行動してこそ、辿り着ける場所だからです。

 

 

行動は必ず想像を超えた未来をもたらします。

 

 

私たち家族が沖縄に引っ越してきたのも「沖縄に住みたい」という気持ちがあったからです。

 

もしかしたらいつか「あの時、沖縄に引っ越ししなければ」と引っ越したことを後悔する日もくるかもしれません。

 

しかしもし引越してなかったら「あの時、沖縄に引っ越していれば」と引っ越さなかったことを後悔したかもしれません。

 

同じように「後悔」するなら、どっちの「後悔」のほうがいいでしょう。

 

私はどうせ後悔するのならやって後悔するほうがいいです。

 

なぜなら 、やったことに対しては必ず「成功」か「失敗」の結果が出るのに対して、やらなかったことに対しては何の結果も出ないからです。

 

やっていたら失敗したかもしれないけど、もしかしたら成功したかもしれないという答えの出ない後悔を抱えて生きるより、思いきってやってみて失敗するほうが気持ちいいですよね。

 

それにその「失敗」は「経験」になるし、次の挑戦のプロセスにもなります。

 

だからやりたいことがあるならやってみて、それからのことはそれから考えよう。

 

何か行動を起こせば失敗することもあるけど、行動は必ず想像を超えた未来をもたらす してくれるはずだから。

 

人は不思議と必要な時に自分に必要な人と出会い、必要な時に自分に必要な言葉と出会う。

 

もちろん、みんなが同じ言葉を必要としているのではなくて、みんなそれぞれ違っています。

 

人は自分が必要としている言葉に出会うと強く心に残るものです。

 

 

そしてそんな時ほど人は大きく成長します。

 

 

聞きなれたはずのひとつの言葉でさえ、不思議とタイミングが違うだけで人生を大きく変える影響を与えたりもするでしょう。

 

そう、言葉は力になります。

 

あなたにとって必要な言葉はあなたの心を大きく動かすから、あなたの持っている感性であなたに今必要な言葉を見極めよう。

 

あなたの心に強く残る言葉はあなたを大きく成長させ、いつもは気づかないで素通りしていた言葉たちがあなたに何かを気づかせてくれるはずだから。