子どもの虐待と性教育について | 葛飾区議会議員 大森ゆきこ

葛飾区議会議員 大森ゆきこ

『幸せの連鎖はママの笑顔から!』
難しい事は書かないようにしています(≧∀≦)
子どもの話、政治の話、
少々悩みながらも自分らしさを
持ち続け活動します!
公式HP http://omori-yukiko.com/


テーマ:

先日、日本子ども虐待防止学会 おかやま大会に行ってきました音譜
なかなか表面化しない、性暴力虐待に関しての講演も多く、とても勉強になる!!

非営利活動団体 性暴力救援センター・大阪SACHICOの理事を務める法医学医師でもある高瀬先生の講演で。

 



『知的障がいのある児の性暴力被害をどう防ぎ支援するか』でのことば、驚き。

知的障害を持つ子どもが被害に遭ってしまう、または狙われやすいのは知っていたのだが、

なんと、

咽頭の性感染症にかかる小中学生が増えたと。明らかに性に対するハードルが下がっていると実感しているそう。
普通学級と支援学級の両方に通っている子どもの被害実例も。
(さっそく講演で紹介していた書籍を購入!)

先生もおっしゃってた!

『性教育は人権教育です。』
そして、性教育は自分を守る術だということを実感…

 

大人がすべきことは、性を遠ざけるのではなく、
子どもたちの成長に合わせて、理解しやすい言葉で伝えること。
被害を被るのは子どもたちなのだから。

 

#日本子どもの虐待防止学会 #児童虐待防止 #知的障がい児


大森ゆきこ 自由を守る会メンバーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス