保育園でのおむつごみ持ち帰りに関してのアンケート | 葛飾区議会議員 大森ゆきこ

葛飾区議会議員 大森ゆきこ

『幸せの連鎖はママの笑顔から!』
難しい事は書かないようにしています(≧∀≦)
子どもの話、政治の話、
少々悩みながらも自分らしさを
持ち続け活動します!
公式HP http://omori-yukiko.com/


テーマ:

さて今日は前から気になっていた

『保育園での紙おむつごみの持ち帰り』についてです。

全国的に紙おむつごみ持ち帰りが大多数で、たぶん皆さん当然のように持ち帰っていると思います。

 

ご存知でしょうか?

なんと豊島区では平成30年4月から

認可保育園103園中、79園で

保育園でおむつごみを廃棄する取り組みを始めました。

かなり画期的な取り組み。

予算は1300万円で保育料を上げず対応できるとのことでした。

 

私の娘は1歳半ごろから江東区の認可外保育所(都市型保育園ポポラー亀戸園)に通っていたのですが、そこではおむつごみは園で廃棄してくれてありがたかったビックリマーク

(もちろん排泄の時間や状態などは毎日1日ごとに記録していてくれる)

そして、昨年4月より区立認可保育園に入園しました。

2歳2か月でおむつは外れていたので、認可保育園でのおむつごみ持ち帰りを経験したことがないのですが、

 

『おむつごみを持ったまま帰りに買い物を済ませると、スーパーの中で匂いがするので周囲に気を遣うあせる など、

逆に『何回おむつ交換してくれているか知りたいから、体調管理のために持って帰りたいビックリマーク

両方の意見わかるし、年次が下のクラスに双子ちゃんや兄弟を持つママを見ると、『おむつごみの持ち帰り大変だろうな』と思うこともあった。

 

持ち帰りに関して気にならないという意見もあれば、園での廃棄を希望する意見もあるのだろうけど、皆さんの考えを聞くためにアンケートを作りました!!

 

 

そして、今年度から取り組みを決めた豊島区についても

かなり思い切った事業だと思うので、きっかけなど行政向けにもアンケート取ることにしました。(行政向けは編集中)

 

税金を使うべきかどうかは別として、ざっくりと単純計算してみます。

予算1300万円を豊島区の人口約287,000人一人当たりで割ると

負担は45.3円。
色々なご意見あるでしょう。
 
区の予算書を見ている立場から思うに、正直なところ
『討つべきところはもっと無駄なもの』と思う…
子育て世帯に自由や選択肢はないのか…
 
保育園でのことについては、他のママ友から聞いて園での違いにびっくりすることもあったりするのだけど、
まずは皆さんが感じていることを知るところから。
 
おむつごみのことだけでなく、
普段から思っている保育園でのことって、
なかなか相談できる場所がない
ふとした疑問も含めて皆さんの声を聞けたらいいなと思っていますので、ぜひご協力くださいお願い

 

4/19に掲載したブログの内容に関して1点私の勘違いがあり訂正いたしましたのでご連絡致します。

読んでくださった方、大変申し訳ありませんがご確認ください。

 

 

大森ゆきこ 自由を守る会メンバーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス