皆様こんばんは!☆彡

 

先日の安倍元首相が亡くなり、

安倍首相は国葬で秋口に対応するということで、

これは吉田茂元首相以来

戦後2人目だそうです!

 

振り返って考えると、

元首相でも安倍首相は

日本でも長期政権を

築き上げてきた人物でもあるため、

セキュリティをもう少し

強めることはできなかったのか……

と考えてしまいますね。

 

トランプ大統領が来日した時は

車も専用品をアメリカから

持ってきて乗っていたくらい

セキュリティには力を入れていたので、

首相ではなく元首相なので

そこまでできないとは言いつつも、

後ろは壁のところを選択して演説するとか

何かしら対応策はあったのではないか

と感じます……

 

参議院選挙の結果は

特にその後マーケットには

影響を与えていませんが、

マーケットではドル円が

とうとう139円台に到達しており、

24年振りの円安水準だそうです!☆彡

 

4月あたりには

「125円突破するかわからない」とか

マーケットでは話されていましたが、

動き始めるととことん動くのが

為替の世界ということが

身にしみてわかる動き

となりましたね♪(^_-)-☆

 

今日は7月後半のマーケットについて

考えてみたいと思います!

 

 

 

★7月後半の相場★

 

米国CPIの結果を受けて

マーケットは7月の利上げを

急速に織り込む形となり、

なんと先物市場では

1.00%の利上げを行うのではないか

という織り込みまで

入ってきています!(^_-)-☆

 

1%というのは、

個人的には非現実的ではない数字と考えており、

インフレを一旦収束させることを優先するのであれば

FRBも一旦は強気のスタンスを見せて、

景気悪化よりもインフレ対策を優先するでしょう♪

 

CPIの数字を見ると面白い結果となっており、

実は総合CPIとコアCPIという

2つの数字が発表されるのですが、

コアCPIは3月から徐々に低下しているものの、

総合CPIは上昇する動きとなっているんですね!☆彡

 

この違いは「エネルギー価格」なんです。

 

コアCPIは数字の計算上に

エネルギー価格を除く数字で計算されているため、

足元は小麦等農作物の価格は大幅に

下落してきていることから

コアCPIの上昇が止まっている

ということになります!

 

しかし総合CPIには

エネルギー価格の上昇分を反映していることから

どんどん上昇しているという動きとなっており、

足元のCPIの上昇の大部分は

エネルギー価格で説明できる

ということなんですね♪

 

そのためエネルギー価格が

下落するような動きとなれば

CPIも低下する方向で動きそうであり、

そうなると金利も短期金利を中心に

低下圧力がかかる様になります!

 

個人的には株式市場に嵐がくる

という話も出ていますが、

日経平均なら、下げたとしても25,000円台くらいまでしか

下落しないだろうと考えており、

今のところ底堅く推移していますので、

25500円から26000円位かとも、見えますが、、、

米国株も決算がスタートしていますが

悪い数字が出るのは予想されることであり、

そこまで下落圧力はかからないのではないか

と想定しています♪

 

そのため7月末までは

反発する動きとなるかと考えていますが、

一方で8月は夏枯れ相場ということもあり、

再度上値が重い展開が継続しそうです!☆彡

 

ドル円は以前からコメントしていた通り

140円方向で推移する可能性が高くなっており、

日本の単独介入もアメリカの同意なしでは

行うことができないことから、

今のところは可能性としては

低いと考えていていいでしょう!

 

当然急速に円安が加速して

異常な動きとなった場合は、

アメリカも含めて介入する方向に

なるかもしれないですけどね♪(^_-)-☆

 

イエレンさんも日本に来日されて

鈴木財務相と話していましたが、

為替介入は例外なケースの場合だけは認めると発言しており、

ファンダメンタルズを現在は

反映しているということでもあるため

何かしらヒントになるような

ことはありませんでした!

 

色々とニュースが出ており、

27日のFOMCまでは

荒い値動きが続く可能性もありますが、

チャートでしっかりと分析して

トレードしていきましょうね!(^_-)-☆

 

チャートは将来を予測してくれる宝であり、

これだけあれば資産運用は

そこまで難しくありません。

 

だからこそチャートをしっかりと

勉強して欲しいと考えており、

その使い方の少しだけの部分を

セミナーで説明していますので、

ぜひ参加してみてくださいね!☆彡

 

皆様の参加を心より

お待ちしております♪(^_-)-☆

 

ライブ配信やオンライン配信もやっていますので

ぜひご活用くださいね☆彡

 

 

☆☆テクニカル分析では☆☆

くりっく株日経平均株価は、

参議院選挙後の11日には、27000円乗せて、

13日発表のCPIが意識され、26200円台まで下げましたが、

リバンドしっかりして26900円まで戻っていますね!!☆

来週以降7月末まで位には、再度28000円乗せあるか?要注目です♪♪

 

ドル円はこのところ、あっという間に139円台まで来ました!!

やはり、米CPIインフレ率は、9.1%と高い事から、

政策金利引き上げ → 1%になるのを予想されてですね!

くりっく株日経平均株価は、米株、ドル円の動きに連動しやすいですので、

チャートを良くご覧下さいね☆☆

 

他のクロス円もゆっくりアップトレンドになるか、、見ています!

ユーロドルは、いよいよパリティの「1」になりました☆☆

 

皆さま真夏になって、健康第一を増す増す意識して

毎日明るく笑笑笑の日々、福喜たる楽しい時をお過ごしできますように、

心から応援しております☆☆☆☆☆

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−

メディア

−−−−−−−−−−−−−−−

 

■池辺雪子の公式サイト

http://yukikov.jp

 

■ファンクラブブログ

http://yukikofanclub.blog136.fc2.com

 

■メルマガバックナンバー

http://ameblo.jp/yukikomagazine/

 

---------------

 

このメルマガの登録解除は、下記の

URLをクリックしてください。

 

ワンクリック解除になっていますので、

一度解除してしまうと二度と1億円トレーダーを

続出させた手法の情報を受け取ることができなく

なってしまいますので、注意してください。

 

⇒ 解除リンク

 

 

(免責事項)

本メールマガジンは、特定の金融商品の売買を推奨するものではありません。

金融商品の売買は読者ご自身の責任に基づいて慎重に行ってください。

当方は読者が行った金融商品の売買についていかなる責任も負うものではありません。

−−−−−−−−−−−−−−−

 

メルマガ執筆責任者:株式会社Y&S 池辺雪子

Copyright(C)2022 株式会社Y&S All Rights Reserved.

 

 

 

 

皆様こんばんは!

 

猛暑が関東圏でも続いていますが、

みなさん体調はいかがでしょうか?☆彡

 

ニュースでは色々と気温について

話題となっていますが……

7月に入りましたが、

6月中でのこの気温は

過去を見てもあまりないので、

8月くらいまでは熱射病に

注意しましょう!(^_-)-☆

 

マーケットはアメリカの

PCEデフレーターの数字から

インフレ懸念が今のところは後退しつつあり、

大きく動いているのは米国債金利です!☆彡

 

10年金利が2.80%台まで低下してきており、

インフレ期待も低下してきています!

 

一度株式市場が

下落する動きも見せてしましたが、

参議院選挙があったり、

今月中旬にはアメリカでCPIが発表され、

その指標次第で相場は

どちらにでも動く状況なので、

その間はいったりきたりするような

動きになるのではないかと思っています!☆彡

 

今日は7月に入ったので

夏枯れ相場と円安について

お話ししたいと思います♪(^_-)-☆

 

 

 

 

★夏枯れ相場と円安相場★

 

みなさんは夏枯れ相場という

言葉はご存じでしょうか?

 

以前からメルマガをご覧頂いている方は

「聞き飽きたよ!」という方も

いるかもしれませんが、

復習の意味で読んでくださいね!

 

夏枯れ相場とは

7月から8月にかけて

徐々に取引量が減少していき、

上値も重くなっていく

アノマリーを意味しています!

 

取引量が少なくなると

何が起きるのかわかるでしょうか?

 

取引量が減少すると

値幅が大きくなりやすく、

またブレのような相場の

動きになるのが特徴です!

 

夏枯れ相場の場合は値動きが

小幅になりやすいと言われており、

これは日本でもお盆で休暇を取る

機関投資家や企業内での投資の担当の方が

多くいることから、

取引が細っていくという

ことなんですね♪(^_-)-☆

 

当然みなさんも取引する立場だと

わかるかもしれませんが、

長期的な休みを

今後1ヶ月くらいで取得すると思った時に

新たなリスクというのを好んで

取りにいくでしょうか?☆彡

 

もちろん担当者はサラリーマンでもあるため、

そんな無駄なリスクは取れない

ということになるでしょう!

 

これが夏枯れ相場の

背景になります!

 

そのためどちらかといえば

相場をチェックする時間もなくなるし、

一旦はリスクを減らしておきたいと

思う方が増えてくるため、

特に8月に入ると

売り圧力が増加することから、

株式市場の上値が重くなりやすい

という特徴があります!

 

これだけ覚えておくだけでも

とても役に立つものなので、

ぜひトレードに活かしてくださいね♪

 

そして9月は中間決算の配当が

大きくなる月でもあるため、

配当取りのフローが流入することから

相場は底堅く推移しやすく、

その後は年末にかけて

上昇しやすいというのが

毎年のアノマリーとも

いえるでしょう!(^_-)-☆

 

今年はアメリカでも11月に

中間選挙が行われるため、

取引はしやすいのではないかと思います!

 

もちろんインフレ動向次第でもあり、

景気後退がどれだけ進行するのか

という点も大事にはなりますが!

 

日本でも現在は円安が進行しており、

悪い円安として捉えられている

見方もあります!☆彡

 

しかし個人的には

円安はやはり日本にとっては

いい側面の方が強く、

企業の収益にもある程度寄与するため、

日本全体で考えると

悪いことではないと感じています♪

 

ちなみに、直近で発表の

21年度国全体の税収は、

過去最高の64兆円と

報道されています!

 

しかしながらこれだけ円安にいくと

輸入物価が大きく上昇し、

どうしても輸入企業や輸入する必要が

あるものに関しては

消費者にダイレクトに影響を与えてしまうため、

どこまで許容するのかは

投資家としてもチェックして

おいた方がいいでしょう。

 

相場に絶対はなく、

急に方針転換することも

往々にしてあるため、

常にリスク管理だけは

頭に入れておくようにしましょう!

 

誰でも予想は外れることがあり、

プロの投資家でも100%相場を

当てることができる人なんて存在しません。

 

しかしそれでも利益を

出し続けている方の共通点としては、

私が常々お伝えしている通り

「リスク管理」なんですね!(^_-)-☆

 

数量を調整したり、エントリーを細かく分けたり、

色々な管理の方法があります♪☆彡

 

そして当然分けてエントリーするだけはなく、

テクニカル分析を行って

チャートから精緻にエントリーポイントを

探るということが大切であり、

日々行う必要のあることです!

 

私が特許を取得しているyukikoVチャートを

利用してもらっている生徒さんは

大きな利益を出し続けているため、

私自身とても嬉しく思っています!

 

ここを読んで頂いている皆様も

気になる方がいましたら、

ぜひセミナーで質問してくださいね♪(^_-)-☆

 

オンライン配信やライブ配信もやっていますので

ぜひご活用いただければと思います☆彡

 

 

 

☆☆テクニカル分析では☆☆

 

くりっく株日経平均株価は

6月28日戻り高値→27312円から

7月1日安値→25854円まで、

1458円下げた値幅の

フィボナッチ計算値の

50%戻り→26586円、

本日も26584円、

Wトップのような

推移しています♪♪

 

26000円から26500円の間を

レンジ形成の動き続くかと見ていますが、

7月8日の利払のための売り決済→1兆円規模のため

大口投資家の動きとしては

積極的に買いをしては

こないのでしよう……

 

ドル円は高値→137.015円から

調整安→134.75円までの間の価格を

レンジ相場形成中ですが、

デイ・スキャル短期売買でも

2円幅の間をトレードできますね!

 

前回のメルマガに書きましたが、

他のクロス円も

少しアップしてきましたね!☆

 

8月夏枯れ相場まで、

7月15日以降全体的に

アップして盛り上がるかに

注目しています♪♪♪

 

健康第一で、毎日笑笑笑の

福喜たる日々お過ごしできますように、

心から応援しております

☆☆☆☆☆

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−

メディア

−−−−−−−−−−−−−−−

 

■池辺雪子の公式サイト

http://yukikov.jp

 

■ファンクラブブログ

http://yukikofanclub.blog136.fc2.com

 

■メルマガバックナンバー

http://ameblo.jp/yukikomagazine/

 

---------------

 

 

(免責事項)

本メールマガジンは、特定の金融商品の売買を推奨するものではありません。

金融商品の売買は読者ご自身の責任に基づいて慎重に行ってください。

当方は読者が行った金融商品の売買についていかなる責任も負うものではありません。

−−−−−−−−−−−−−−−

 

メルマガ執筆責任者:株式会社Y&S 池辺雪子

Copyright(C)2022 株式会社Y&S All Rights Reserved.

 

 

 

皆様こんばんは!☆彡

 

暑い時期が続きますが

体調は大丈夫でしょうか?

 

東京ではコロナがなんと

8000人を超えてきている

ということで、

この人数の報道が多くなっても

あまり気にする人も

減ってきているようには

なりましたね。

 

それだけ病気の前に、

経済で死んでしまう可能性も

出てきているということでしょうか??

 

足元は株価も乱高下しており、

金利は低下する等、少しこれまでの値動きとは

異なるような動きが出てきていますね!☆彡

 

以前までは

「株安、金利上昇」という動きで、

インフレ対策のために

政策金利を引き上げることを

マーケットは予想している動きと

なっていました!(^_-)-☆

 

しかし足元は

「株安、金利低下」と、

これまでのインフレ対策を

懸念するような動きではなく、

リセッションを懸念したような

動きになってきており、

これはこれで次のステージに

入ってくるのかもしれないと

考えられるような動きになりつつありますね♪

 

今日は足元進んでいるインフレにも

「いいインフレと悪いインフレ」があり、

これがどのような違いがあるのか

説明していきたいと思います!(^_-)-☆

 

 

 

 

★いいインフレと悪いインフレとは★

 

皆様の中には

「インフレって景気がいいからじゃないの?」

と思われる方もいるのではないでしょうか?☆彡

 

もちろん日本も日銀が

「物価目標2%」というものを掲げて

金融政策や景気刺激策を行っていましたので、

現在日本も2%を超えて

物価上昇をしているからいいことじゃないか?

と思われる方もいるでしょう!

 

しかしこれは全く異なるインフレであり、

現在日本はスタグフレーションと

呼ばれる動きになっています!

 

またアメリカでも物価上昇が

8%を超えるような動きになっており、

各国スタグフレーションの状況に

なっているんですね!(^_-)-☆

 

スタグフレーションとは

景気が後退する中の物価高となっており、

需要が減退する中インフレが

進行することを意味しています!

 

そもそも物価上昇とは

物の価格が上がることであり、

物の価格が上がる要因は

需要が高まることによって物が不足し、

生産スピードを上げていくために

川上のコモディティや原材料が

消費量の高まりを受けて

価値が高まるからです。

 

これが、いい物価上昇の

動きということになるんですね♪(^_-)-☆

 

しかし今回のような物価上昇は

需要の高まりではなく、

供給サイドが減少することによって

物価が上昇するような動きとなっており、

このような場合は実質賃金の

上昇を伴わないため、

消費者からすると

お給料が上がらないのに

物の価値だけどんどん上がっていくため、

購入できるものの量が

大きく減少しているということなんですね!

 

20万円の給料が202,000円に

1%アップしたとしても、

物の価値が3%上がっていたら、

トータル2%給料は

実は減っているということに

気づかないといけませんね!☆彡

 

物価を加味した賃金のことを

「実質賃金」と呼んでおり、

皆様もこの考え方は

働く上で頭に入れておいた

ほうがいいでしょう!

 

これまで日本では

物価上昇というのはそこまで

大きく起きてなかったのですが、

現在のようにロシアのウクライナ侵攻で

原油価格が急騰したり小麦等の色々な食料品が

大きく値上がりしたりすると

「スーパーでも安く買えるものが減ってきているな」

と実際に感じている方も

いるのではないでしょうか?(^_-)-☆

 

これがある意味、

実質賃金の考え方なんですね!☆彡

 

額面上の数字だけで

給料アップは判断しないようにしましょう♪

 

アメリカは悪いインフレを抑えるために

政策金利を世界に先んじて

どんどん引き上げていき、

今は株式市場よりも

インフレを抑え込むことを優先しているため、

株価が下落しながらも

少しインフレが収まりつつあるような

状況になっているのが現状です!

 

アメリカは意外と景気が悪くなく

失業率は4.5%くらいまで上昇しても

問題ないと考えており、

他国と比較しても

景気の状態は悪くないという点は

大きなメリットと言えるでしょうね♪☆彡

 

このようにマーケットの

大きなポイントが変化してきているのが

最近の動きでもあるので、

あとはテクニカル分析を利用して

このトレンドの変化に

いち早く気づけるようになることを

おすすめしますよ♪(^_-)-☆

 

チャートは常に先行きの値動きを

教えてくれるものであると私は考えており、

チャートのみでトレードしていることから、

ニュースなどは見なくても

まったく問題なく利益を出し続けています!

 

その手法を知りたい方、

学んで見たい方は

まずセミナーに参加して

私の話を聞いてくださいね♪(^_-)-☆

 

オンライン配信やライブ配信も

やっていますので

ぜひご活用くださいね☆彡

 

 

 

☆☆テクニカル分析では☆☆

 

くりっく株日経平均株価は、

本日高値→26908円まで上げて

私オリジナルVチャートは

高値で売りサイン出て、

その後、ニュースにより

安倍元総理大臣が

奈良県路上街道演説中に

散弾銃で撃たれて首から出血して

心肺停止の報道され、

上げ幅減ってと、

→安値26445円まで下げて、

メルマガ執筆中は

26600円台での推移しています!

 

本日21時半には

米雇用統計発表あります!!

 

11・12日少し上げてから、

13日には米CPIの発表があります!

 

7月も米政策金利を0.5…0.75%

引き上げの発表がありますので、

ドル円は底堅い動きと見ています!

 

他のクロス円は

調整安してきていますが、

ドル円の動きに連動しやすいですので、

13日CPI発表後にインフレ率発表され、

政策金利引き上げ後には、

ドル円は140円台になるか

注目しています!

 

米株第3週目金曜日SQですので、

18日の週から少しずつ

月末にかけてアップトレンドになるか、

要注目しています♪♪

 

コロナ感染者急拡大してきていますが、

熱中症と、共に健康第一で、

毎日笑笑笑の福喜たる日々

お過ごしできますように、

心から応援しております

☆☆☆☆☆

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−

メディア

−−−−−−−−−−−−−−−

 

■池辺雪子の公式サイト

http://yukikov.jp

 

■ファンクラブブログ

http://yukikofanclub.blog136.fc2.com

 

■メルマガバックナンバー

http://ameblo.jp/yukikomagazine/

 

---------------

 

 

 

 

(免責事項)

本メールマガジンは、特定の金融商品の売買を推奨するものではありません。

金融商品の売買は読者ご自身の責任に基づいて慎重に行ってください。

当方は読者が行った金融商品の売買についていかなる責任も負うものではありません。

−−−−−−−−−−−−−−−

 

メルマガ執筆責任者:株式会社Y&S 池辺雪子

Copyright(C)2022 株式会社Y&S All Rights Reserved.