本日は

10月19日です。

 

30年前の今日、

つまり1987年10月19日

何が起こったかご存知でしょうか?

 

ブラックマンデーです。

 

そして

「ブラックマンデーに限らず、

10月は歴史に残る経済的事件が

多く起こっている月ですから

アノマリー的に

10月は相場が下落する可能性もありますので

気を付けてください。」

ということを以前のメルマガで

お伝えしましたが、

 

実際に

先週から今週にかけて

NYダウや日経などが

大幅に下落しましたね。

 

メルマガを読み、

注意してきちんと資金管理をされていた方であれば

特に問題は無かったかと思いますが、

 

もしかしたら

今こちらのメルマガを読まれている方の中には、

先週の下落で

想定以上の損失を出してしまった方も

いらっしゃるかもしれません。

 

そのような方は

ぜひ今一度反省し、

改めて資金管理を徹底した上で

相場を勉強しなおすことを

おすすめいたします。

 

ただ、

そうは言っても、

何をどう学べば良いのか

なかなか見当がつかない方も

いらっしゃるかと思いますので

本日のメルマガでは

相場を見極めるためのヒントを

直近の日経225の動きを元に

お伝えします。

 

ぜひ参考にされてください♪

 

 

 

★セミナーお知らせ★

 

11月18日、

私とホンマもんトルコ人との

コラボセミナーを開催します。

米中間選挙も終わり、

年末年始相場はどう動くか?

をテーマにお話したいと思っています。

 

●メルマガ読者の皆様

 

実りの秋の成果はいかがでしたでしょうか⁇

私の天下の宝刀

普通の主婦、また花教室もしながら、

10億円以上利益を得たyukikoVチャート

実用新案特許取得による

短期売買デイ、スキャルトレード方法

 

また、ゆっくりノンビリトレードの

スイングトレード方法で、

18年.19年と大勝利トレーダーになれますように

納得するセミナーを開催しますので

是非ご参加お待ちしています。

お申し込みはこちら

https://www.ofm.co.jp/temp/ikebe_201811/

 

 

◆ 日経下げ止まり4つのサイン ◆

 

先週から今週にかけて

日経225が下落しましたが

「20,000円割れもあり得るのではないか」

と不安に思われていた方も

いらっしゃるかと思います。

 

「18,000円まで下落する可能性がある」

という旨の情報もメディアで流れていたようで、

そういった情報を信じて

22,000円台で

売りを入れたトレーダーも

多かったようです。

 

10月15日時点での

日経先物のデータを見ると

空売り比率が48%まで高まっていましたが

そのことからも

売りを入れたトレーダーが多かったことが分かります。

 

しかし、

実際には多くのトレーダーの思惑を裏切り、

日経225(くりっく株・以下同様)の相場は

10月15日に22,261円まで下落した後に

反転しました。

 

「この反転を見極めることができれば・・・」

と悔しい思いをされた方も

いらっしゃるかもしれませんが、

「下げ止まり」を示すサインが

きちんと出ていましたので

本日はそちらを4つ紹介させてもらいます。

 

まず1つ目。

過去のデータを見ていると

日経先物の空売り比率が四十数%まで高まると

日経225の下落が止まり反転する傾向が見られます。

 

今回も日経先物の空売り比率が48%になっていましたので

下げ止まる可能性が考えられました。

 

2つ目は「出来高」です。

 

24,576円をつけた日から9日目に

くりっく株の日経225証拠金取引において

出来高が約63,000枚まで大きく膨らんでいました。

 

少ない日は15,000枚、20,000枚あたりで

動いている中での

63,000枚ですから非常に大きい出来高です。

 

このことから、

「そろそろ下落が止まるだろう」

ということが考えられました。

 

ちなみに

出来高が大きくなると下げ止まる可能性が考えられる、

その理由をお分かりになりますか?

 

新規買いを入れる人もいれば、

自動ロスカットに入る人もいれば

売りから入った人が利益確定したり、

新規売りを入れる人もいて、

多くの人が一斉に売買を行うことで

出来高が一気に膨らみます。

 

そうなると

多くのトレーダーは

翌日に同じように取引をできなくなり、

そこで相場が止まる可能性が生まれる、

ということです。

 

では3つ目。

 

9月に日銀が連日703億円規模の

ETF買い入れを行い、

その後日経225は24,576円まで

急騰しましたが、

先週から今週にかけて日銀は

703億円のETF買い入れを

連日行っていましたので、

9月と同じように

日銀の買い支え効果による上昇が考えられました。

 

実際、

日銀が連日ETF買いに入った後の

10月16日から日経225は、

9月と同じように上昇に転じました。

 

最後4つ目は

テクニカルツールのストキャスティクスです。

 

日経225のチャートを確認すると

日足レベルで

ストキャスティクスは0%の方まで下げていましたので

逆張りの買いポジションを持つのに

良いタイミングだと考えられました。

 

以上、

空売り比率、出来高、

日銀のETF購入、ストキャスティクスなどの状況を見て、

「日経225はそろそろ下げ止まるだろう」

と考えられました。

 

もしかしたら、

こちらの話を聞いて、

「下げ止まる可能性は分かったけど、

どの価格まで下落して反転する可能性があるのか、

ということは分からないでしょ」

と思ったかもしれませんが、

あるテクニカルツールによって

ポイントになる価格は導き出せます。

 

そのテクニカルツールとは・・・

 

続きは下へ。

 

 

 

◆ 反転価格を導く方法 ◆

 

ではテクニカル分析のお話を

させていただきます。

 

反転のポイントになり得る価格を導き出す

テクニカルツール、

それは

フィボナッチ・リトレースメント

(以下フィボナッチ)です。

 

フィボナッチの法則に従い

計算をすると、

22,361円(くりっく株・日経225証拠金取引・以下同様)

というポイント価格が導き出されていました。

 

計算過程を紹介させてもらいます。

 

今年の7月5日につけた安値

21,677円から

10月1日の高値、

24,576円まで上昇した値幅

2,899円に対する

76.4%押しの価格が

22,361円です。

 

私はこの価格をあらかじめ導き出し、

このあたりで反転することを

想定していましたが、

実際の相場は

10月15日に

22,261円まで下落して反転しました。

 

22,361円と比べて100円の誤差はありますが、

日経225の場合、

動く値幅が大きいので

100円程度の誤差は生まれることもありますので、

概ねフィボナッチの価格が

機能していると言えるでしょう。

 

ちなみに、

いったん下落から上昇に転じると、

安値で売りを持ったトレーダーが

買戻しを始めます。

 

たまった売りに対する買戻しによって

相場が上昇する局面がよくありますが、

これを「踏み上げ相場」と言います。

 

以上、日経225についてお伝えしましたが、

相場をきちんと学べば

動きを見極めることができる、

ということを実感していただけていれば

嬉しく思います。

 

 

 

 

 

★★★

 

Let's enjoy FX&くりっく株!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

池辺雪子

 

 

---------------

メディア

---------------

 

■池辺雪子の公式サイト

http://yukikov.jp

 

■ファンクラブブログ

http://yukikofanclub.blog136.fc2.com

 

■メルマガバックナンバー

http://ameblo.jp/yukikomagazine/

---------------

 

 

(免責事項)

本メールマガジンは、特定の金融商品の売買を推奨するものではありません。


金融商品の売買は読者ご自身の責任に基づいて慎重に行ってください。

当方は読者が行った金融商品の売買についていかなaる責任も負うものではありません。

---------------


Copyright(C)2018 株式会社Y&S All Rights Reserved.

 

 

 

ここ最近、


1億円投資家倶楽部の生徒さんから

「上昇相場に乗って利益が出ました。」

とのご報告を

たくさんいただいています。

 


例えば

くりっく株の日経225、

ドル円、

トルコリラ円

の3銘柄でトレードをされている生徒さんから

「700万円の資金が2倍になりました」

とのご報告をいただきました。

 


他にも、

今年の年始に保有した24,000円台の買い4ポジションを


ずっと持ち続け、

ここ最近、配当金と合わせて

50万円の利益を得られた方がいらっしゃいます。

 


日経225(くりっく株)は

今年の3月に20,369円まで下落しましたが、

私は

「テクニカル分析から言って

いずれまた24,000円台にまで上昇するタイミングがある」

と考えていました。

 


その生徒さんは


その言葉を信じて

 


瞬間的には

1ポジションあたり約37万円の含み損をかかえられたものの

大きな流れを見極め、

資金管理をしっかりされて

最終的には利益を獲得されました。

 


素直に私がお伝えすることを信じ

トレードをされている生徒さんは利益を出されていますし、

利益のご報告をいただけることは

私にとって何よりも嬉しいことです(^_−)−☆

 


また他にも2人の生徒さんから

メールで利益のご報告をいただいておりますので

そちらを紹介させてもらいます♪

 


★Tさんからのご報告

 


おかげ様でこの6か月で

500万→946万と約倍になっております!!

本当に先生とのご縁のおかげで、

感謝の気持ちでいっぱいです^^

 


入会前まではプライベートでも色々あり

心身とも参っていてなかなか相場も

うまくいかなかったのですが、

先生の強くおっしゃる資産配分、

管理について本当にそうなんだ!!と

身に染みて理解出来ました。

 


今年の初めには考えられない結果が出せ、

もっともっとやりたいことをしたい!と思い

9月末にロンドン&パリに旅行に行ってきました!

その間も9月の配当を取って売ろうと思い

現地でもマーケットを見ておりました^^

 

 

 

★もう一人生徒さんからの私の取り引き

ノウハウで、実績を出された方からの

報告を最後迄お読み下さいネ(^_−)−☆

 


Tさんからのご報告

いつもお世話になっております。

今年8月以降、約2か月で、

一部デモ取引はありましたが、デイトレードにおいて、

倍加テクとフィボナッチが中心ですが、

40回のトレード中、39勝することができました。

 


残りの1敗についても、

あと3日間ガマンをしていれば、プラスで決済することが

できていましたので、

ガマン・辛抱することの大切さを教えられました。

 


金銭面では、まだ大きな成果を得られていませんが、

これからも大勢波動と資金管理

に注意を払って本格的にトレードを行ない、

少しずつでも利益を出せればと思っております。

 


本当にありがとうございます。

 

 

 

◆ 師匠選びで忘れてはいけないこと ◆

 


どの講師から相場を学ぶのか、

この選択は非常に重要です。

 


教えていることが間違っていたり、

実際に相場から利益を得られていない講師を

師匠に選んでしまうと、

その時点であなたが相場から利益を得られる可能性はなくなります。

 


でも残念ながら、

世の中には

自身はトレードをやっていないのに

トレードを教えている講師の方も

大勢いらっしゃるようです。

 


1億円投資家倶楽部に入ってこられる生徒さんからも

他の投資スクールに関して

色々とネガティブな話を聞きます。

 


例えば

推奨される銘柄を買ったら

いつもドスンと下げて含み損がたまり、

そのことを相談すると

「ロスカットしないあなたが悪い!」

と怒られる、

 


というように

ひどい教えを受けて

さらにひどい対応をされる

投資スクールもあるようです。

 


そしてロスカットしたらしたで、

どんどん資金を失うことになり、

損切貧乏になってしまう・・・

そんな話をよく聞きます。

 


「勉強している暇なんてない!

今すぐ買わないと乗り遅れますよ!」

なんて言われて

煽られることもあるようですが、

私から言わせれば

勉強もせずにトレードをするなんてことは

考えられません。

 


無免許運転をするようなものです。

 


いずれにしても

世の中には

ひどい講師もたくさんいますので

ぜひお気を付けください。

 


では、

講師を選ぶ際、

何が大切でしょう?

 


当たり前ですが、実績です。

 


どれだけ利益が出て、

どれだけ税金を支払っているのか、

その金額を証明するものでもあれば

その方を信じても良いとは思いますが、

それが無いのであれば、

用心するべきです。

 


利益をいくら出せているのか、

なんてことは気にせず、

講師の話を鵜呑みにされる方も

多いようなので

どうぞお気を付けください。

 


また、もし講師の言う通りに取引して

利益が出ないのであれば

その講師は仮面をかぶった

口がうまいだけの偽物の講師です。

 


トレードではなく、

教材代で稼いでらっしゃる方も

いらっしゃいますからね。

 

 

 

 


◆ 質問NGのスクールは選んではいけない。 ◆

 


「師匠選びの際に

実績を確認することが大切です」

とお伝えしましたが、

 


もう1つ大切なことがあります。

 


それは

「分からないことがあれば

講師に直接質問できる環境が整えられているのか」

ということです。

 


質問しても返事が無いとか、

そもそも質問できる環境が整えられていない、

そんな投資スクールも

たくさんあるようですが、

講師がラクをしたいか、

もしくは講師が質問に答えられない、

ということが考えられます。

 


ただ、

もちろん質問できる環境があっても

それを利用しなければ意味がありませんので、

あなた自身の心構えも大切になってきます。

 


1億円投資家倶楽部でも

私に直接お電話でご質問いただける環境を

整えてありますが、

 


せっかくご質問していただける仕組みがあるのに、

受講期間中にそれを

活用されない方もいらっしゃいます。

本当にもったいないことですね。

 


ちなみに質問の聞き方によって

「この方は伸びるだろうな」

と感じることがあります。

 


伸びる方は

きちんとご自身の考えをまとめた上で

ご質問されます。

 


まずは自分自身で考えることを怠らずに

ご質問される、

その姿勢が利益を生み出すということですね。

 

 

 

◆ 最後まで信じ切りなさい。◆

 


最後にもう1つだけ大切なことを

お伝えしておきます。

 


それは、

「1度信頼できる師匠を選んだなら

素直に信じ切って学んでください」

ということです。

 


中には目移りされて

色んな無料セミナーに参加されたり

多数の教材を買ったりして、

同時並行で

色々な手法を学ぶ方もいらっしゃいますが、

そんなことをしていたら、

結局何も身につかないまま

お金だけが減ることになるでしょう。

 


また、

投資スクールで学んでいながら

証券会社の電話対応コースを

選ばれる方もいらっしゃいますが、

何のためにスクールで学んでいるのか、

と感じます。

 


信頼できる師匠を見つけたなら

しっかりと信じ切って学んでください。

 


真っ白な気持ちになって

1から基本を学ぶべきです。

 

 

 

 

 

 

★★★

 


Let's enjoy FX&くりっく株!

 


最後までお読みいただきありがとうございました!

 


池辺雪子

 

 

 

---------------

メディア

---------------

 


■池辺雪子の公式サイト

http://yukikov.jp

 


■ファンクラブブログ

http://yukikofanclub.blog136.fc2.com

 


■メルマガバックナンバー

http://ameblo.jp/yukikomagazine/

---------------

 

 

 

(免責事項)


本メールマガジンは、特定の金融商品の売買を推奨するものではありません。

金融商品の売買は読者ご自身の責任に基づいて慎重に行ってください。

当方は読者が行った金融商品の売買についていかなる責任も負うものではありません。

---------------


Copyright(C)2018 株式会社Y&S All Rights Reserved.

 

 

 

 

 

 

以前にもお伝えしましたが、

現在トルコリラ円相場で

金利狙いのトレードをされている方の多くは

全体的にしっかりと

資金管理をされている印象を受けます。

 

トルコリラ円相場が

「10円まで下落しても大丈夫」とか

「3円まで下落しても大丈夫」とか

余裕をもってトレードされている方が

多いようです。

 

ただ、資金管理ができていても

含み損を抱えて

不安な気持ちになっている方も

いらっしゃるかもしれません。

 

そこで本日はトルコリラ円相場について

私の考えをお伝えします。

 

ぜひ本日お伝えする内容を参考にしていただき、

余計な心配や不安から

解放されてください (^_−)−☆

 

 

 

 

★★★

 

11月18日、

私とホンマもんトルコ人との

コラボセミナーを開催します。

米中間選挙も終わり、

年末年始相場はどう動くか?

をテーマにお話したいと思っています。

 

●メルマガ読者の皆様

 

実りの秋の成果はいかがでしたでしょうか??

私の天下の宝刀

普通の主婦、また花教室もしながら、

10億円以上利益を得たyukikoVチャート

実用新案特許取得による

短期売買デイ、スキャルトレード方法

 

また、ゆっくりノンビリトレードの

スイングトレード方法で、

18年.19年と大勝利トレーダーになれますように

納得するセミナーを開催しますので

是非ご参加お待ちしています。

お申し込みはこちら

https://www.ofm.co.jp/temp/ikebe_201811/

 

 

◆ トルコに関する4つのニュース ◆

 

先日、

1億円投資家倶楽部の生徒さんから

8月のトルコショックに関して

ご質問をいただきました。

 

「著名投資家が

トルコリラを売り崩して

トルコショックが起こり、

その際に、

また別の著名投資家が

そのトルコリラを買った

という記事を読んだんですが、

これって本当でしょうか?」

 

といったご質問です。

 

大手メディアの記事に書いてあった内容ですが、

その投資家の方が

ご自身でおっしゃっているわけではありませんので

真相は分かりません。

 

ただ、

トルコ相場の価格を持ち上げたい人が

あえてそういった情報を流している、

といった可能性も考えられます。

 

「著名投資家が買っている」

と聞いて安心感を持って

トルコリラ買われる人も

少なくないでしょう。

 

いずれにしても

真相が分からないニュースもたくさんありますので

どうかあなたは真偽が不明な情報に惑わされて

トレードをすることの無いよう

お気を付けください。

 

では本題に移ります。

トルコリラ円相場に関連する

4つのニュースを紹介させていただきます。

 

まず1つ目。

本日10月12日、

トルコに拘束されている

アメリカ人牧師の処遇について

裁判所が決定を下すものとみられます。

 

「国外追放」の決定をくだすことで

事実上解放されるされるのではないか、

という噂もあるようですが、

事態が良い方向へ向かう可能性もあります。

 

2つ目。

トルコのアルバイラク経済大臣は

アメリカのコンサルティング会社である

マッキンゼー社と提携することを発表しましたが、

 

「金を取り入れた

投資信託などを始めたらどうか」

といった案が出たそうです。

 

なぜ金なのか?

 

実はトルコでは

金の現物取引が盛んに行われています。

 

以前、私はトルコの新聞社から

取材を受けたことがあるのですが、

その際、

トルコのトレード事情を

おうかがいしたところ

「金の現物取引が盛んです。」

ということをおっしゃっていました。

 

実際、トルコには

金だけを扱っているお店が

ずらっと並んだ通りもあり、

私もその通りを訪れたことがあります。

 

こういった背景もあり、

「金を取り入れる」

という案が出たのでしょう。

 

3つ目です。

 

トルコのある大手企業が

ドル建てで融資を受けていました。

そして返済期限が来年に迫っていましたが、

トルコリラがドルに対して下落しているので

その返済に苦慮していました。

 

返済できなければ

倒産の危機に陥るわけですが、

返済期限を先に延ばすことができて

来年春の破産のリスクは回避できたとのこと。

 

最後4つ目は

貿易収支のデータについて。

 

7月のトルコの貿易収支は

約59億ドルの赤字でしたが

先日発表された

8月分は約24億ドルの赤字でした。

赤字額が縮小していますね。

 

もちろん、月ごとのデータで

また来月になれば赤字が拡大している可能性も

考えられますが、

ひとまずポジティブな数字ではあります。

 

以上、4つのニュースを

紹介しました。

 

いずれもトルコ経済にとって

前向きな内容であって、

トルコが危機的な状況から脱する兆候を

私は感じています。

 

もちろん、このニュースだけで

判断できるわけではありませんが、

以前とは状況が変わってきていると考えています。

 

 

 

◆ トルコリラ円・テクニカルによる解説 ◆

 

引き続き、

トルコリラ円相場に関して

テクニカル分析によるポイントをお伝えいたします。

 

トルコリラ円相場のチャートを見ると

9月末に

日足チャートで

移動平均線がゴールデンクロスになりました。

 

日足でゴールデンクロスになったのは

本当に久しぶりのことです。

 

これまで

「短期線と中期線はゴールデンクロスになっても

長期線におさえられて下落する」

という展開が長期にわたり続いていましたが、

ようやく短期線が長期線を上抜きました。

 

このことから

トルコリラ円相場が

少し下げづらい展開になってきていると

考えられます。

 

ただし、そうは言っても、

週足や、月足においては

ゴールデンクロスには程遠い状況ですから、

ここからV字型回復ということは

考えづらいですね。

 

長期的に見て

上がってみたり、下がってみたりしているうちに

上昇方向に向かえると私は考えています。

 

しかし、

金利を狙うには

良いタイミングだと言えます。

 

くりっく365で買いポジションを保有すれば

多い日で1万通貨あたり

130円いただける日もあります。

 

これだけ良い金利がいただけるのですから、

資金管理をしっかりした上で

定期預金をしたつもりで

日々金利をいただきながら

ゆっくり待つのが良いでしょう。

 

または、

1日10~20pipsくらいを狙う

短期トレードをされるのも良いですね。

 

1億円投資家倶楽部の生徒さんの中には

1,000万円の資金に対して

60~70万通貨程度のポジションで

短期売買をされて

日々確実に利益を積み重ねている方もいらっしゃいます。

 

その方は9月に

1億円投資家倶楽部に入られた方ですが、

日経225の取引と合わせて

「半月であっという間に110万円の利益を得られた」

とご報告してくださいました。

 

ぜひあなたの生活スタイルや資金に合わせて

適切なトレード方法を選び、

利益を積み重ねられてくださいね。

 

 

 

 

 

 

★★★

 

Let's enjoy FX&くりっく株!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

池辺雪子

 

 

---------------

メディア

---------------

 

■池辺雪子の公式サイト

http://yukikov.jp

 

■ファンクラブブログ

http://yukikofanclub.blog136.fc2.com

 

■メルマガバックナンバー

http://ameblo.jp/yukikomagazine/

---------------

 

 

(免責事項)

本メールマガジンは、特定の金融商品の売買を推奨するものではありません。

金融商品の売買は読者ご自身の責任に基づいて慎重に行ってください。


当方は読者が行った金融商品の売買についていかなる責任も負うものではありません。

---------------


Copyright(C)2018 株式会社Y&S All Rights Reserved.