これまで「資金管理」について


口酸っぱく

お伝えしてきましたが

 

致命的な損失を

間違いなく回避していただきたいので

資金管理について

ここで改めてお伝えさせてもらいます。

 

前々回のメルマガで

くりっく株の

日経225証拠金取引について

お伝えしたこと、

覚えていますか?

 

「くりっく株の

日経225証拠金取引であれば

100万円の資金に対し、

基本的には2ポジションまでに抑えられてください」

というお話ですね。

どれだけ多くても3ポジションまでです。

 

欲を出してそれ以上のポジションを持ってしまうと

いつか致命的な損失を出すでしょう。

 

もしかしたら

「100万円もあるのに

2ポジションしか持たないのは、

資金を寝かしているようでもったいない」

と感じる方もいるかもしれませんが、

 

日経225の場合、

1日で約2,000円幅動くこともあります。

 

日経225の2,000円幅は

FXのドル円相場で考えると

20円の動きに相当しますが、

そのようにイメージしてもらうと、

「より慎重な資金管理が必要になる」

ということをご理解いただけるのではないでしょうか。。

 

また、

利益が出た後も気を付けてください。

 

「利益が出たから

ちょっとくらいリスクをとっても大丈夫だろう」

なんて気持ちで欲張ってトレードしてしまうと

せっかく獲得した利益を失い

元の木阿弥状態になります。

 

あなたがリスクをしっかりと

管理した上で

安定的に利益を獲得されることを

心から願っています (^_-)-☆

 

 

★セミナーのお知らせ★

 

サンワード貿易株式会社主催セミナー

 

■3/3(土)東京開催

参加お申し込みはこちらから

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03/

 

■3/17(土)博多開催

参加お申し込みはこちらから

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/17_2/

 

 

★メルマガ配信日変更のお知らせ★

 

2月よりこちらの無料メルマガ配信日時を

変更させていただきます。

 

2月以降は

・毎週金曜日

・第1第3火曜日

に配信させていただきます。

 

配信日が変更にはなりますが、

これからもあなたが大勝利を獲得されるよう

有益な情報を配信させていただきますので

引き続き一緒に大勝利トレーダーを

目指しましょう(^_-)-☆

 

 

◆ トルコリラ円相場の見通し ◆  

 

私が初めてFXトレードに取り組んだとき、

動きがとても静かだということを感じました。

 

私はFXトレードを始める前、

個別株、商品相場で取引をしていましたが、

それらの相場と比べてFXは

じれったくなるほど

動きが静かだということを感じました。

 

「FXは眠っているような世界」

ということを

書籍に書いてしまったほどですが、

 

特にトルコリラ円相場は

ドル円相場などと比べて

動きが静かですね。

 

ただし、

そうは言っても

油断をすれば

資金はすぐに消えてしまいますので

やはり資金管理は必須です。

 

トルコリラ円相場で

金利狙いのトレードをするなら

いつもお伝えしているように

100万円の資金に対して、

6ポジションまでです。

 

安定的に利益を獲得したいのであれば

このルールは

絶対に厳守されてください。

 

では、

資金管理についてご理解いただいたことを前提に、

直近のトルコリラ円相場について

お伝えしていきましょう。

 

ここ最近、

トルコリラ円相場の

売買比率(くりっく365)を見ていると

1トルコリラ=28円台で買って

1トルコリラ=29円台まで上昇したタイミングで

利益確定されていた個人トレーダーの方が

多いように見受けられました。

 

こまめに利益確定されている

個人トレーダーの方が多いようです。

 

そして今後の見通しとしては

「現段階で

1トルコリラ=28円を割って

27円、26円台まで下落する可能性は極めて低い」

と私は見ています。

 

1トルコリラ=29円台を割ってきた際に

トルコ中銀は

外貨準備高を取り崩してまで

買い支えに入ってきていますので

1トルコリラ=28円台前半まで下落することがあっても

1トルコリラ=28円を割ることは

考えづらい状況にあると見ています。

 

ただ、仮に

1トルコリラ=27円、26円台まで下落しても

1トルコリラ=28円、29円あたりの水準で

買いポジションを持っている方は、

資金管理さえしっかりとできていれば

どうしてもロスカットを

しなければいけない水準ではないですよね。

 

99%以上のトレード講師の方々は

「含み損が出たら

とにかく早めにロスカットをするように」

と教えているようですが、

 

私としては

資金管理をしっかりした上で、

よっぽど不利なポジションを持っていない限り

待っていればいずれ含み益になってきますので

基本的にロスカットをする必要は無い

と考えています。

 

実際に私自身も基本的にロスカットはしません。

 

ぜひ参考にしていただき

着実に利益を積み重ねられてくださいネ。

 

◆ 利益の55%が税金。それでも仮想通貨は魅力的か? ◆

 

確定申告のシーズンですね。

 

株やFXのトレードをされている方は

利益でも損失でも

必ず申告しておきましょう。

 

たとえ少ない金額だとしても

申告しておくべきです。

 

「たったこれだけの利益だから

まあ申告しなくても大丈夫だろう」

なんて考えて放置しておくと

後から延滞税を支払わなければいけなくなります。

 

また損失も

3年間の繰越控除が認められていて

節税効果がありますので

面倒くさがらずに

申告しておきましょう。

 

税金と言えば

昨年12月、

国税庁によって

「仮想通貨」にまつわる税金の計算方法が

発表されましたが、

仮想通貨は

株やFXと比べて税金面で不利ですね。

 

『仮想通貨の売却、仮想通貨による商品購入、

仮想通貨同士の交換によって生まれた利益は

雑所得に区分され、

住民税と合わせて最大55%の税率が課される』

とのことで、

 

利益額によっては

利益の半分以上を

税金として支払わなければいけません。

 

損失の繰越も認められていませんし、

FXや株で得た損益と合算することもできません。

 

利益を出したら税金を支払わなければならない一方で

損失を出しても控除が無い、

という状態です。

 

まあ2億円くらい利益が出ているのであれば

税金を払っても

1億円くらいの利益は残るわけですから、

上出来と言えますが。

 

いずれにしても

FXでも株でも、仮想通貨でも

取引されている方は

確定申告をしっかりとしておきましょう。

 

さて、仮想通貨の税金について

お話させてもらいましたが

ここからは仮想通貨に関して

私の意見をお伝えしておきます。

 

「仮想通貨の取引をしていますか?

仮想通貨についてどう思われますか?」

といったことを一般の方向けのセミナーで

聞かれることもありますが、

私は仮想通貨で取引をしておりません。

 

仮想通貨に関しては

まだまだ未知数な部分がありますので

現段階で取引するつもりはありません。

 

コインチェック社の仮想通貨流出問題が

大きな問題になりましたが、

セキュリティに関しても

絶対に安心とは言い切れませんよね。

 

ちなみに、

ここ最近の仮想通貨に関するニュースを見ていると、

日本でFXが解禁された当時のことを思い出します。

 

FXが解禁された当時も

様々な問題が発生していました。

 

例えばマンションの一室でFX会社が設立され、

経営者が顧客から資金を集めて持ち逃げし、

電話も通じなくなり、

会社を訪れると

もぬけの殻だった、

といった事件も起こっていました。

 

そこで国が動き、

FX会社が金融庁の管轄になり

財務情報の提出などが義務化されました。

 

結果的に

FX解禁から1年の間に

怒涛の如く設立された

約300社のFX会社のうち

200社くらいが淘汰されることになります。

 

初期の段階では

やはりこういった問題が起こるものです。

 

仮想通貨についても

それは同じでしょう。

 

そして今後も何かしら問題が起こることが想定されますので

私としてはやはり

積極的に仮想通貨の取引を

しようと思いませんし、

お勧めもしません。

 

聞くところによると

仮想通貨は

20代から30代の若い方が

一獲千金を狙って始められるケースが多いようですね。

 

リスクをとって一獲千金を狙っている方も

多いと見受けられます。

 

こちらのメルマガをご覧になっている方の中にも

仮想通貨で一獲千金を狙っている方が

いらっしゃるかもしれませんが、

再起不能になってしまうほど

大きく負けるリスクもあり、

安定的に稼ぐことは非常に難しい

ということを強くお伝えしておきます。

 

確実に大勝利トレーダーになりたいのなら、

仮想通貨の取引をするよりも、

日経225証拠金取引やFXで

しっかりテクニカル分析を行い

チャートを見極めて

着実に利益を積み重ねるべきです。

 

実際に私はこれまでその方法で

累計10億円以上の利益を獲得しています。

 

あなたが世の中の流れに流されず、

堅実に利益を積み重ねられることを

心から願います♪

 

 

★★★

 

Let's enjoy FX&くりっく株!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

池辺雪子

 

 

---------------

メディア

---------------

 

■池辺雪子の公式サイト

http://yukikov.jp

 

■ファンクラブブログ

http://yukikofanclub.blog136.fc2.com

 

■メルマガバックナンバー

http://ameblo.jp/yukikomagazine/

---------------

 

 

 

(免責事項)

本メールマガジンは、特定の金融商品の売買を推奨するものではありません。

金融商品の売買は読者ご自身の責任に基づいて慎重に行ってください。

当方は読者が行った金融商品の売買についていかなる責任も負うものではありません。

---------------


Copyright(C)2017 株式会社Y&S All Rights Reserved.

 

 

 

AD

ここ最近

ドル円相場の

「売買比率」を見ていると、

 

相場が下がってきたところで

買い玉が増えて、

上がってきたところで

買い玉が減る、

という傾向が見られます。

 

この様子から

相場の波に乗って

こまめに利益を獲得できている

個人トレーダーの方が多い、

ということが推測されます。

 

ちなみに

ドル円相場が

108円台と110円台の間で

レンジ相場のような展開になっていた際、

 

私のオリジナルVチャートの

15分足や60分足では、

110円台で売りサインが出て

108円台で買いサインが出ていましたので

 

Vチャートを使って

トレードされている方も

しっかりと利益を獲得されていることと思います♪

 

いずれにしても、

資金管理を徹底した上で、

相場の方向性を見極めてエントリーすることが

大切ですね。

 

ドル円のフィボナッチですが、

16年安値98.195円から、

高値118.68円までの、

あげた値幅の3分の2押しは、

105.02円であります。

 

また、トランプ相場の起点の101.18円から、

高値118.68円までの上げた値幅の

76.4パーセント押し価格は、

105.31円です

 

また、

107.78円から、

108円に空いていた窓埋めは、完了しました(^ ^)

 

円高気味ですが、

日経平均株価、NYダウは

回復してきていますね(^ ^)

 

 

 

 

★セミナーのお知らせ★

 

サンワード貿易株式会社主催セミナーでは、

口座開設者の方には、

私のサイン入りFX,CX手帳(大判)を

主催会社様よりプレゼントさせていただきまして、

もう一つ私を囲んでの

新年会も(タイ料理フルコース)企画下さいました★☆彡

どうぞお楽しみに(^_-)-☆(^_-)-☆

 

10日大阪セミナーは、

約200人のお客様にご来場頂きまして、

本当にありがとうご財増し多(^ ^)

 

私と、二人の講師の先生とご一緒のセミナーでしたが、

とても楽しく、

少し長時間にもかかわらず思いでに残るひとときを

過ごすことができました。

感謝です!

 

 

■2月24日(土)名古屋

参加お申し込みはこちらから

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/02/24/

 

■3/3(土)東京開催

参加お申し込みはこちらから

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03/

 

■3/17(土)博多開催

参加お申し込みはこちらから

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/17_2/

 

 

★メルマガ配信日変更のお知らせ★

 

2月よりこちらの無料メルマガ配信日時を

変更させていただきます。

 

2月以降は

・毎週金曜日

・第1第3火曜日

に配信させていただきます。

 

配信日が変更にはなりますが、

これからもあなたが大勝利を獲得されるよう

有益な情報を配信させていただきますので

引き続き一緒に大勝利トレーダーを

目指しましょう(^_-)-☆

 

 

◆ 2-3月ポイントになる2つの材料 ◆   

 

今回はドル円相場をテーマにお話いたします。

 

先月1月、

米ドル円相場における最安値は

1ドル=108.27円でした。

その後、1ドル=110円台へ上昇しものの、

2月に入り、

再び下落しました。

 

(1ドル=108.27円という価格は

N計算値で求められる価格と比べて

わずか0.005円の誤差でした。)

 

では、

2月から3月にかけて

ドル円相場は

どのように動くと想定されるでしょう?

 

今回はドル円相場の動きを想定する上で

私が意識している2つの材料について

お伝えします。

 

1つ意識している材料は

以前からお伝えしている

「レパトリエーション」です。

 

レパトリエーションのお話、

覚えていますか?

 

「3月に本決算を迎える日本の大企業が、

その本決算に合わせて、

海外で獲得した利益を日本に戻す傾向があり、

それが円買い要因になり得る」

というお話でした。

 

1ドル=80円を割った円高時代を経て、

独立採算制を採用するようになった大企業も多いので、

それほど大きい円買い要因には

ならないかもしれません。

 

また、すでに

資金を日本に戻し終えている企業も

あるかもしれませんが、

意識しておかれると良いでしょう。

 

そして、

アメリカの「利上げ」も

1つのポイントになりますね。

 

今月アメリカのFRB議長が

イエレン氏からパウエル氏に

代わりました。

 

パウエル氏は

基本的にイエレン氏の政策を

引き継ぐものと思われ、

2018年は

3回もしくは4回程度の利上げが想定されています。

 

そして、

「3月は約80%の確率で利上げされる」

とマーケットでは予想されています。

 

資金は金利が高い通貨へ流れる傾向がありますので

もし利上げされれば

ドル買い要因となり得ます。

 

特に大口の場合、

お客様から預かった資金を運用しているケースが多いので

安定した利益を求め

確実に金利収入が得られる運用を

選択する傾向にあります。

 

ですから、

利上げに伴い

大口の資金がドルに

流れることも想定されます。

 

ただ、

以前にもお伝えしたことがあるように、

利上げされる前段階で

すでに織り込み済み状態になる可能性もあり、

 

利上げされても

ドル円相場が上昇しない、

もしくは下落するケースもありますので、

その点は注意が必要です。

 

「噂で買って、事実で売れ」という格言も

ありますね。

 

「レパトリエーション」と「利上げ」

2つの材料について

お伝えしましたが、

これらのことを意識しつつ、

テクニカル分析をしっかりと行い

相場の方向性を見極めてください。

 

 

◆ ドル円相場、傾向と対策 ◆

 

引き続き、

ドル円相場について

お伝えさせてもらいます。

 

あなたは

ドル円相場の動きに

傾向があることを理解されていますか?

 

ドルは基軸通貨です。

そしてドル円相場は

貿易とも深く関わっています。

 

そのことから

一方方向に大きく動くというよりは、

大幅レンジを形成する傾向にあります。

 

ですから、

ドル円相場でトレードする際は、

「下がってきたら買って、

上がってきたらきちんと利益確定する」

というように

 

逆張り思考で

トレードすると

利益を獲得しやすくなります。

 

よく個人トレーダーの方から

ドル円相場のトレードに関して

こういったお話を聞きます。

 

「ドル円相場の安い価格水準で

売り玉を持ったときに

相場が反転してしまい、

 

仕方ないので買い玉を持って

両建て状態にしたところ、

 

相場がまた下がってきてしまい

結局身動きが取れなくなってしまった・・・」

 

というようなお話です。

 

このように

「高値の買い玉」と、

「安値の売り玉」が残ってしまい

身動きが取れなくなってしまう方は

ドル円相場の傾向を理解して相場の波に乗る、

ということができていないと言えます。

 

もちろん、

ドル円相場においても、

一方方向に相場が動くことが

無いわけではありません。

 

トランプ相場のように

一方方向に上昇するような場面も

実際にあります。

 

ただ、過去チャートをご覧いただければ分かる通り、

トランプ相場のように一方方向に上昇し続けたり、

逆に下落し続けるようなことは

滅多にありませんし、

 

仮にそうなったとしても

チャートさえしっかりと分析できていれば

問題ありませんよね。

 

何度も言いますが、

きちんとテクニカル分析のサインに従い

トレードすることが大切です。

 

それができれば必ず利益に繋がります♪

 

★★★

 

Let's enjoy FX&くりっく株!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

池辺雪子

 

 

---------------

メディア

---------------

 

■池辺雪子の公式サイト

http://yukikov.jp

 

■ファンクラブブログ

http://yukikofanclub.blog136.fc2.com

 

■メルマガバックナンバー

http://ameblo.jp/yukikomagazine/

---------------

 

 

(免責事項)

本メールマガジンは、特定の金融商品の売買を推奨するものではありません。

金融商品の売買は読者ご自身の責任に基づいて慎重に行ってください。

当方は読者が行った金融商品の売買についていかなる責任も負うものではありません。

---------------


Copyright(C)2017 株式会社Y&S All Rights Reserved.

 

 

 

AD

日経平均株価(くりっく株)は

本日21,157円まで下落しました。

 

1月23日の高値24,238円から

約3,000円幅の下落です。

 

テクニカル的には、21,157円安値は、

昨年9月安値19,153円から24,238円高値までの

上昇幅に対して、

フイボナッチ61.8パーセント価格であること、

 

また1月2日安値22,670円の倍加テク

私オリジナル教材のV計算値にもなります。

週足長期移動平均線に、注目、重要ボイントにも

なりますね!

 

ということで今回は

こちらの下落が起こった理由、

そして今後想定される展開について

お伝えさせてもらいます。

 

 

 

★セミナーのお知らせ★

 

サンワード貿易株式会社主催セミナーでは、

口座開設者の方には、

私のサイン入りFX,CX手帳(大判)を

主催会社様よりプレゼントさせていただきまして、

もう一つ私を囲んでの

新年会も(タイ料理フルコース)企画下さいました★☆彡

どうぞお楽しみに(^_-)-☆(^_-)-☆

 

 

■2月10日(土)大阪

参加お申し込みはこちらから


http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/02/10_2/

 

■2月24日(土)名古屋

参加お申し込みはこちらから

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/02/24/

 

 

★メルマガ配信日変更のお知らせ★

 

2月に入りましたが、

2月よりこちらの無料メルマガ配信日時を

変更させていただきます。

 

2月以降は

・毎週金曜日

・第1第3火曜日

に配信させていただきます。

 

配信日が変更にはなりますが、

これからもあなたが大勝利を獲得されるよう

有益な情報を配信させていただきますので

引き続き一緒に大勝利トレーダーを

目指しましょう(^_-)-☆

 

 

◆ 日経平均の大勢波動は買い?売り? ◆

 

今週6日の朝、

チャートを見て

驚かれた方も多いかとは思いますが・・・

 

私としては

「これくらいの調整安が入ったとしても

それほど驚くことではない」と

考えています。

 

資金管理さえできていれば

問題ありませんからね。

 

ただ、

なぜ日経225が下落したのか、

気になる方もいらっしゃるかと思いますので

その理由について

私の考えをお伝えさせてもらいます。

 

まず、下落前に

それを予感させるデータがありました。

 

例えば

信用取引の買い残が

大きく膨らんでいました。

 

買い残が増えているということは

「その買い玉に対する

売り決済がいずれ入ってくる」

ということですから

こちらも下落要因になり得ると

考えられますね。

 

日経新聞にも

「逆張りから順張りへ」

という見出しの記事があり、

「ああ、

高い価格で買ってしまっている

個人投資家も多いんだな」

と感じられました。

 

 

また、

私としては

ある制度の変更が

下落に関係しているのではないかと

考えました。

 

「くりっく株365における証拠金の金額変更」です。

 

日経225証拠金取引に関して、

2月2日まで

46,870円に設定されていた証拠金が

2月5日から

69,000円に引き上げられました。

 

そして2月19日からは

96,000円に引き上げられることが

決まっています。

 

つまり5日からは

1月と比べて

必要証拠金が約1.5倍になり、

19日からは

倍以上の証拠金が必要になる

ということですね。

 

この変更により

同じ資金力でも

保有できるポジション数が

減ることになります。

 

すると、

くりっく株全体としてのロット数も

当然減りますよね。

 

その結果

日経225の価格も

抑えられることが想定されるわけですが、

 

私としてはこのことが、

日経225の価格下落と

関係していると考えています。

 

ちなみに、

クリック株の証拠金引き上げの理由のひとつに、

日経平均先物との価格差200円から300円幅を

同価格にすることの狙いが、あったと聞いています。

 

では、今後日経平均株価は

どのような動きになると考えられるでしょう?

 

テクニカル的には、RSIが.売りダイバー発生し、

yukikoVチャートは、売りサインが、点灯していました。

ただし、大勢波動は、崩れているとは、

なっていませんので、調整終了後は、

出直り相場になることでしょう(^-^)

 

また、

日銀は、23,800円台から、21,000円台を連日

700億円規模でETF購入しています。

 

いずれにしても、

大勝利トレーダーになるためには

今回のような下落があったとしても

問題なく利益を獲得し続けられるトレードを

しなければいけません。

 

そのためにまず必要なことは

もちろん「資金管理」ですね。

 

改めて資金管理について

具体的にお伝えしておくと、

くりっく株の

日経225証拠金取引をするのであれば

100万円の資金に対し、保有するポジションは

2つまでにしておくべきでしょう。

 

どんなに増やしても

3ポジション以内です。

これ以上は増やすべきではありません。

 

ぜひこちらのルールを守ったうえで

トレードされることを

強くお勧めします。

 

いつもこちらのメルマガをご覧になって

すでに私がお伝えしている通りに

資金管理をされてトレードされている方は、

5日のような下落があったとしても

慌てることも無く

トレードできていたと思いますが、

 

5日の動きで損失を出してしまった方は

それを教訓にしていただき、

資金管理に対する考えを改めて

トレードをされてください。

 

ちなみに、

日経225証拠金取引をされている方の中に、

2015年に20,300円を超えたあたりで

買いポジションを持ち、

2016年に14,000円台まで下げてしまったので

含み損を抱えてしまった方がいらっしゃいました。

 

しかし、

資金管理をしっかりしていたので

つい最近24,000円台まで上昇する

タイミングまでポジションを持ち続け、

結果的には大幅利益の状態になられた方も

いらっしゃいます。

 

しかも2年間保有し続けましたので

配当金も6万円以上になっています。

 

このように、

資金管理を徹底し、

よっぽど変なタイミングで

エントリーをしなければ

遅かれ早かれ

いずれ利益を獲得することができます。

 

ぜひ資金管理の重要性を

改めて認識されてください。

 

 

◆ NYダウ下落の舞台裏 ◆

 

せっかくなので

NYダウについてもお伝えしておきます。

 

聞くところによると、

NYダウが新高値を更新し続ける中、

売り玉を持ってしまっていたトレーダーの方が

多かったようです。

 

しかし、

相場が上昇を続けるものですから、

その売り玉に対する

買戻し決済が入り、

ますますNYダウは上がり続けていた、

そんな状況がありました。

 

新規買いだけで

どんどん上昇していたわけでは無く

売り方も上昇を作っていた

ということですね。

 

ただ一方で、

「これ以上、上がったら危険だ」と感じ、

買いポジションを決済してしまっていた

大口も多かったようですね。

 

そんな中、

5日の下落があったわけですが、

NYダウの下落も

先ほど説明した

「くりっく株における証拠金の金額変更」と

無関係ではないと思われます。

 

日経225証拠金取引だけでなく、

NYダウ証拠金取引も

証拠金が変更されています。

 

2月2日まで

44,600円に設定されていた証拠金が

2月5日から

76,000円に引き上げられ、

2月19日からは

106,000円に引き上げられます。

 

また、NYダウ証拠金取引の場合、

買い玉に対して

毎日金利の支払いが発生しますので、

「証拠金も上がるし、

金利も払わなければいけない、

だったらもういいよ」

ということでNYダウの取引を

やめてしまった方も多くいたことが想定されます。

 

相場の仕組みを理解する上で

参考にしていただければ幸いです。

 

 

★★★

 

Let's enjoy FX&くりっく株!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

池辺雪子

 

 

---------------

メディア


---------------


 

■池辺雪子の公式サイト

http://yukikov.jp

 

■ファンクラブブログ

http://yukikofanclub.blog136.fc2.com

 

■メルマガバックナンバー

http://ameblo.jp/yukikomagazine/

---------------

 

 

 

(免責事項)

本メールマガジンは、特定の金融商品の売買を推奨するものではありません。

金融商品の売買は読者ご自身の責任に基づいて慎重に行ってください。

当方は読者が行った金融商品の売買についていかなる責任も負うものではありません。

---------------


Copyright(C)2017 株式会社Y&S All Rights Reserved.

 

 

 

AD