ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

観てきた映画、全部、語っちゃいます!ほとんど1日に1本は観ているかな。映画祭も大好きで色々な映画祭に参加してみてます。最近は、演劇も好きで、良く観に行っていますよ。お気軽にコメントしてください。
スミマセンが、ペタの受付を一時中断しています。ごめんなさい。

勝手映画評及び舞台評です。自分の思ったことを脳から直接指先に排出しているので、制御が効きません。音譜


映画館、試写会での鑑賞の他に、映画祭の記事も載せています。他に、舞台なども好きなので、そちらも読んでください。私の趣味満載のブログです。文句などがあっても、お手柔らかに。コメントなど、反映に長くて1日かかる場合がございます。申し訳ありません。待っていて下さいね。カメ

ペタを一時中断させていただいています。スミマセン。

NEW !
テーマ:

「ダリダ あまい囁き」を観てきました。

 

ストーリーは、

1933年、エジプト・カイロのイタリア移民の家系に生まれたダリダはミス・エジプトに輝いたのち、56年に歌手としてデビュー。それからわずか2カ月でゴールドディスクを受賞し、一躍スターダムに上り詰めた。アラン・ドロンとのデュエット曲「あまい囁き」や「18歳の彼」など、世界的なヒット曲も生み出したダリダは女優としても活躍。輝かしい成功の一方、私生活では恋愛に翻弄され、87年5月に「人生に耐えられない、許して」と書き残し、自ら54年の生涯を終えたダリダの生涯を、数々の名曲、華やかなファッションとともに描いていく。

というお話です。

 

 

1933年、エジプト・カイロで、イタリア移民の家に生まれたダリダ。第二次世界大戦が起こり、イタリア人はドイツの手先と言われて父親は逮捕されてしまう。その後、成長し、ミス・エジプトとなったダリダは、56年に歌手としてデビュー。その容姿と歌唱力で、直ぐに大人気となり、2か月でゴールデンディスクを受賞し、トップへと昇り詰める。

 

最初は、弟に助けて貰いながらだったが、芸術監督のルシアンと出会い、彼と恋の落ちるが彼は既婚者であり、5年後に結婚することになります。しかし、ルシアンと結婚して直ぐに、画家のジャン・ソビエスキーと出会い、彼と恋に落ちてしまう。結婚してすぐに裏切ったダリダを憎んだルシアンは、彼女と決別する。

 

 

ルシアンと別れたダリダは、ジャンとも上手く行かず、今度はイタリア人歌手のルイジ・テンコと出会い、恋に落ちるが、プライドの高いルイジは、今の音楽界の状況に絶望し、音楽祭の夜に自殺をしてしまう。絶望したダリダは、彼を追う事ばかり考えていたが、何とか立直り、若い学生のルチオと出会い、恋の落ちる。しかし、22歳のルチオと、12歳も年の離れた自分では釣り合わないと感じたダリダは、ルチオの子供を妊娠していたにも関わらず、ルチオと別れ、中絶をしてしまいます。時を同じくして、ギャンブルで大金を失ったらしいルシアンも自殺を図ってしまい、ダリダの周りには誰も居なくなってしまいます。

 

 

落ち込んでいたダリダの前に現れた、ちょっと胡散臭いサンジェルマン伯爵の生まれ変わりだというリシャールに興味を持ち、付き合い始めます。彼と付き合い始めた頃、アラン・ドロンとのデュエット曲が大ヒットし、ドロンとの熱愛が報道されますが、ダリダはリシャールに夢中でした。弟のブルーノは、次はディスコ路線が当たると思い、ダリダに歌わせるとアメリカで大ヒットし、ダリダの人気は、どんどん不動のものとなって行く。ダリダの成功とは反対に、リシャールはやることが無くなり、我儘を言い始めます。とうとうダリダは耐えられなくなり、リシャールに「私の人生から出て行って。」と言ってしまいます。とうとうリシャールとも別れることになってしまったダリダ。

 

そして一人になり、ブルーノのプロデュースで歌手としての人生を歩んでいくのだが・・・。後は、映画を観てくださいね。

 

 

この映画を観て、ちょっと驚きました。聞いたことのある曲がたくさんあるのに、ダリダという歌手の事は一つも知らず、知っている曲の題名も、この映画で知ることになりました。子供の頃から今まで、こんなにも、生活の中で流れている曲が、このダリダという女性により歌われていたという事にビックリ。

 

べサメ・ムーチョって、この映画で初めてサビの部分以外を聞いたし、ゴッドファーザー愛のテーマを歌ってたのがダリダさんだったり、他にも、沢山、聞いたことがある歌がたくさんありました。どの曲と言いたいんだけど、曲を聞けば判るけど、曲名が解らないのよねぇ。それくらい、ほどんどの曲を知っていました。

 

 

このダリダさん、歌手としては凄く成功していて、幸せに見えたけど、男性関係は全くダメで、結局、恋人が3人も自殺しちゃったのかな。ダリダさんが悪い訳では無いとは思うけど、でも、運が悪いというか、死神が付いて来ていたのかも知れません。彼女の死神を、全部、周りの人が連れて行ってくれたのかもね。

 

それにしても、50代でも、バリバリに肌を出して、歌い、踊っていたようでした。マドンナも凄いと思うけど、それよりも昔に、あんな派手な、肌を出すような衣装で歌い踊っていた歌手がいたんだと知り、魅了されました。素晴らしかったです。本物が観たかったなぁ。歌っている所が観てみたかったです。カッコ良かったんだろうなぁ。

 

 

本当は、彼女の夢は子供を産んで、夫と幸せな家庭を築くことだったのですが、結局、夢が叶うことは無く、子供は持てず、愛する人も居なくなり、寂しかったのではないかと思いました。いくら歌があっても、お金があっても、愛する人が傍にいないのでは、生きる意味が無かったのかも知れませんね。

 

そうそう、日本にも来たことがあるのかな。日本でちやほやされている場面も一瞬、あったように見えました。その他、映画の中では、色々な国や地域で、ダリダさんが歓迎され、大人気だった様子も描かれていました。ちょっと古い時代のエンタメの姿が、とても目新しく見えて、楽しめますよ。ほとんどの曲を聞いたことがありましたが、きっと、私の父や母の時代の方なので、聞かされていたのでしょうね。きっと、聞くとご存じの曲が沢山あると思いますよ。

 

 

私は、この映画、お薦めしたいと思います。”超”を付けたいくらいなんですけど、聞いたことのある曲の題名を知らないし、ダリダさんの本当の姿も見たことが無いので、一度、調べてから、もう一度観たいなぁと思い、その後なら、超薦められるかなと思いました。きっと、どの年代の方が観ても、こんな凄い女性がいたという事を知ることになると思います。面白いです。ぜひ、観に行ってみてください。

ぜひ、楽しんできてくださいね。カメ

 

 

ダリダ~あまい囁き~|映画情報のぴあ映画生活

 

Dalida/ Dalida/
1,745円
Amazon

 

The Best of The Best of
2,860円
Amazon

 

 


テーマ:

「GODZILLA 決戦機動増殖都市」を観てきました。

 

ストーリーは、

ゴジラに蹂躙された地球を取り戻すため決死の戦いに挑んだハルオをはじめとした人類だったが、地中深くから現れた真のゴジラ=ゴジラ・アースに敗退。ハルオは、かつての地球人類の生き残りと目される「フツア」と呼ばれる民族の少女ミアナに助けられる。フツアもかつてゴジラに敗れたと言い伝えられていたが、彼らの持つ金属のナノメタルが、21世紀に対ゴジラ決戦兵器として開発されたメカゴジラを構成する物質と同じものであることが判明。メカゴジラの開発プラントがいまだ残されていることが明らかになり…。

というお話です。

 

 

前作で、地球から旅立った人類は、結局、移住先が見つからず、地球に舞い戻ってくる。地球へ戻ると、地球時間は既に2万年経過しており、ゴジラは地球の王者として進化し続けていた。ゴジラにより、人間と異星人2種の混合チームは、ほとんど壊滅させられ、チームの指揮をしていたハルオは意識を失ってしまう。気が付くと、人類の末裔と見られる種族「フツア」の少女ミアナに助けられ、現代の地球に住む人間は、ゴジラには敵わないと言う事を知る。

 

地球の大気圏外に待機していた人類の母船は、ハルオたちの対ゴジラ作戦が失敗した事を知り、その上、今、待機している位置では、ゴジラの攻撃が届いてしまう事が分かり、地球への帰還を諦めて、旅立つ事を考え始める。そして、対ゴジラチームの生き残りを限られた時間だけ待ってみようという結論に達し、しばらくの間、待機することに。

 

 

ハルオたちは、「フツア」の使っている武器の金属部分が、昔、対ゴジラ兵器として作られた”メカゴジラ”の素材「ナノメタル」と同じ事に気が付き、”メカゴジラ”が作られていた富士山麓へ向かうと、大規模な都市を発見する。その都市はナノメタルで作られており、その都市にゴジラを追い込み、撃退する方法を思いついたハルオは、残りの部隊を率いて、ゴジラの追い込みを仕掛けるのだが・・・。後は、映画を観て下さいね。

 

前作を観た時から言っている事なのですが、これ、2万年もゴジラの星になっていたところに、人類が侵略しているだけなんです。酷い侵略者なんですよ。だって、それまで、とても安定して、沢山の生物がそこで生きていたのに、その生態系を目一杯、壊そうとしているのですから、それはダメでしょ。まるで、自分たちが正義のような顔をして、攻撃をしているけど、それは許されないですよね。

 

 

今の地球には「フツア」という人類が新しく住んでいるのですが、彼らがゴジラを倒そうとするなら解りますよね。だって、喰うか食われるかという戦争なんだから。でも、人類はそこまで進化していないから、まだゴジラの天下なんです。そこへ、突然に現れて、ナノメタルとか使っちゃって、攻撃って、反則よね。どう考えても、人類が悪いと思いました。

 

この「フツア」の少女が出てくるのですが、双子なんです。で、双子と言えば、やっぱり”モスラ”かと思って、ワクワクしていたのに、モスラのモの字も出てきませんでした。ガックリしたわぁ~。双子と言ったら、モスラでしょ。糸をシューシューして欲しかった。そして、双子に歌って欲しかった。全くの期待外れでした。

 

 

2作目を観ても、この2種類の異星人、イマイチ、良く分かりません。なんで出てきているのか、全くの意味不明なんです。別に、人間でイイじゃん。異星人じゃなくて、ヨーロッパ人とか、南米人とか、そんなんでもいいと思ったんだけど、これ、意味あるのかなぁ。どちらも、人間と同じ形で、せめてタコ型の火星人とか、昆虫型の木製人とか、そんなのにして欲しかった。全然、宇宙を旅してたっていう感じじゃないんですもん。そこら辺をウロウロしていて、はい、日本に帰ってきました~としか見えないの。もう少し、脚本を考えて欲しかったなぁ。

 

 

と、ここで、一つだけ、ネタバレをしてしまおう。またもネタバレでゴメンナサイ。エンディングの後に、ほんの少し映像があって、異星人の人が、自分たちの星も怪獣に壊されたと告白し、その名前が「ギドラ」というんです。はい、ここで解りましたね。3作目は、「ゴジラ対キングギドラ」となります。うーん、ここに持って行くなら、2作目でモスラを出してよぉ~!待ってたんだからさぁ。双子だよ双子。もう、モスラ出すしかないでしょ。このまま「ゴジラ対キングギドラ」だと、ゴジラ、負けちゃうよ。そして、地球もキングギドラに壊されちゃうよ。やっぱりモスラでしょ。モスラ。人間の味方のモスラが観たいよぉ~!

 

あ、スミマセン。私、モスラファンなんです。だって、可愛いんだもん。ごめんなさい。

 

 

という訳で、やはり3部作の2作目は酷かったと言う事です。何の解決にもならず、ただ、時間稼ぎとしか思えない展開で、私が待っていたモスラも出現せず、ゴジラもほとんど戦わず、悶々と人間の攻撃を防いでいたよって感じでした。もっと、ゴジラが暴れてくれれば、もう少し楽しめるんだけど、このシリーズのゴジラ、ほとんど戦わないんですもん。残念です。

 

それと、もう一つ、このゴジラ映画に恋愛要素は必要無いから抜いて欲しかった。マジで目障りで、そんな時間を使うんだったら、もっとゴジラの描写を増やして欲しいと思いました。だって、ゴジラの姿が写っている場面が凄く少ないんですもん。これじゃ、ゴジラ映画なのに寂しいでしょ。

 

 

私は、この映画、まぁ、お薦めしても良いかなぁという感じです。ゴジラファンの方や、私のように怪獣映画好きな方は良いかも知れませんが、楽しめるという内容ではありません。一応、抑えとかなくちゃという感じで観に行ってください。期待はしないでくださいね。でも、次回作で、大立ち回りが観れるかも知れませんので、今作は抑えておくべきかも知れません。ぜひ、観に行ってみて下さい。

ぜひ、楽しんできてくださいね。カメ

 

 

GODZILLA 決戦機動増殖都市|映画情報のぴあ映画生活

 

 

加湿王 ゴジラ 加湿王 ゴジラ
4,044円
Amazon

 

 

 

 


テーマ:

「ランペイジ 巨獣大乱闘」を観てきました。

 

ストーリーは、

ある遺伝子実験の失敗によってゴリラ、オオカミ、ワニの3頭が巨大化し、凶暴化してしまう。さまざまな動物の長所を取り入れた遺伝子によって巨獣と化した3頭の動物たちには、軍による攻撃も効果がない。巨獣たちはやがて大都会シカゴへと到達し、街中で破壊活動を繰り広げる。

というお話です。

 

 

宇宙ステーションの爆発事故が起こり、ある企業がその基地で研究させていた遺伝子実験の薬品を地球へ持って帰ろうとするのですが、大気圏で爆発してしまい、3つの薬品が地球へ落下してしまいます。

 

自然保護区で働くデイビス・オコイエは、密猟者などに親を殺された動物たちを保護し、育てる仕事をしています。彼が力を入れているのは、白いゴリラのジョージとのコミュニケーション。ジョージは、とてもオコイエに懐いており、良い友人となっていました。

 

 

ある日、宇宙から落ちてきた薬品の入った箱に興味を持ったジョージは、触ってみると、そこからガスが噴き出し、苦しみ出す。同じように、狼の保護区とワニの保護区にも箱が落ちてきて、同じ様に狼とワニがガスを吸ってしまう。そのガスは、動物の遺伝子が混ざり合い、巨大化し、凶暴になるという特性を持っており、3種の動物は、どんどん巨大化していき、凶暴となっていく。

 

凶暴になったジョージに驚いたオコイエだったが、なんとかコミュニケーションで抑えられると思い、近づいて行くのだが、ジョージは苦しみ、暴れてしまい、軍に拘束されてしまう。檻に入れられたジョージは、段々とオコイエの事も分からなくなり、暴れ出し、軍の基地を破壊して逃げ出してしまう。

 

 

何とかジョージを元に戻そうと、薬品の研究をしていたというケイトと共に、FBIのラッセル捜査官を巻き込み、巨大化した薬品の解毒剤を手に入れて、ジョージに打とうとするのだが、研究をさせていた悪徳会社の姉弟経営者に邪魔をされ、その上、ジョージ以外の、巨大狼と巨大ワニが襲って来てしまう。市民の避難も終わっていないのに街を壊され、軍は街に爆撃を行うしかないと判断し、戦闘機を配備するのだが、オコイエは、まだジョージを助けるのを諦めていなかった。そして・・・。後は、映画を観て下さいね。

 

実は、この映画、あまり期待していなかったのですが、面白かったです。十分に楽しめました。元のゲームに比べたら酷いという前振りもありましたが、いやいや、ゲームを知らなかった私は、凄く楽しめましたよ。確かに、あり得ない展開だし、結構、粗いストーリーではありますが、巨大化した動物が街を壊して、大暴れするっていうの、楽しかったです。

 

 

それにしても、意味無く暴れているのよ、この動物たち。だって、何かを目指して向かっているとは言っていたけど、別に、街をわざわざ壊す必要はないんですよ。それなのに、わざわざ、ビルを壊したり、登ってみたり、飛んでみたり、うーん、遊んでいるとしか思えない。いや、遊んでいたのかな?森で遊ぶのと同じように、じゃれていたのかしら。

 

で、そんな動物相手に、銃を撃ったり、バズーカ砲を撃ったりするのですが、それが全く効きません。手で、”ていっ”とされてしまい、人間は彼らの肉球の下となってしまったりします。でもね、それがあまりにも凄くて、楽しいのよ。あまりにもあり得ないことだから、嬉しくなっちゃいました。

 

 

そうそう、狼がモモンガみたいに空を飛ぶんですよ。モモンガの遺伝子も混ぜてみたんだと思うけど、何だか可愛いの。ぶいっと空を飛んで、ダーンって襲ってくるなんて、あまり狼はしないと思うけど、楽しいでしょ。ワニさんは、背中に針が生えていて、ハリネズミの遺伝子も混ざっちゃったみたいでした。あの針をシュシュッと飛ばしてくれるかと思ったけど、その場面は無かったなぁ。宝の持ち腐れでした。

 

 

なんか、この動物の変化だけでも楽しいでしょ。もちろん、ロック様のアクションも良いんだけど、やっぱり一番は、動物たちの暴れっぷりかなぁ。楽しめましたよ。

 

一つだけ言わせて頂くと、この”巨獣大乱闘”という副題のせいで、私は、期待出来ず、観る気も少し失せていました。この副題、日本の一昔前の”怪獣大戦争”とか”怪獣大乱闘”などを模しているのかな。どーも、この題名が付くと子供映画っぽくて、バカにされているような気がして、観る気が無くなるんです。もう少し、考えて欲しかったな。

 

 

私は、この映画、お薦めしたいと思います。もし、ゲームをやっていた方がいらっしゃるようでしたら、もしかしたらゲームよりかは面白くないのかも知れませんが、私はゲームを知らないので、お薦めしちゃいます。白ゴリラのジョージは可愛かったし、動物たちも楽しかったです。ちょっと残酷な部分もありますが、そんなにスプラッターでは無いので、大丈夫だと思います。脳を空っぽにして、難しい事は考えずに観て下さい。ちょっと科学的な事を考えてしまうと、あり得ないと思ってしまいますが、そんな事は横に置いておいて、素直にガチャガチャアクションを楽しんでください。ぜひ、観に行ってみて下さい。

ぜひ、楽しんできてくださいね。カメ

 

 

ランペイジ 巨獣大乱闘|映画情報のぴあ映画生活

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。