(前回記事のように)タブレットで、"Japan"の文字を書きながら思った。そうだ、「サイン」も書いてみようか、って。そう、よく油絵なんかでは、右隅かなんかに、その作者の「サイン」が記されている。今回のわたしの作品は、「写真」ではあるが、コラージュにしたものでもあり、「サイン」が入っていても別段不思議はない気はする(たぶん)。

そう思うと、サインの練習をせずにはいられない(笑)。

でも、これがなかなか「難航」したのである。一口にタブレットで、と言っても、そのタブレットにまだ「不慣れ」な状態である(なんせ、"Japan"の文字を書くためにインストしたので)。それでも、気に入るものが書けるまで、何回も粘って練習してみる(^^)。

当然のことながら、(タブレットを使用したことがある方は周知のことだが)手元のタブレットには、文字が書かれない。鉛筆などで書くように、その線の「軌跡」を確認しながら書くことはできない。それで、当然、だいたいの「感覚」で書くことになる。しかも、あまり、画面や手元の文字を意識しすぎると、線に「勢い」がなくなり、しょぼくれたような?(ためらった線の)へたくそなサインとなってしまう。できれば、勢いよく、「一気に」書きたい!でも、そうすると、今度は、(勢いよすぎて)画面から「はみだしたり」する(泣)。「せっかく、うまく書けたと思ったのにー」と、一部が欠けたサインを見ながら、ちょっとガックリくる(^^;)。それに、まだペンの扱いにも不慣れなので、勢いをつけすぎて、ペンの「ボタン」にさわってしまったりして、途中で、「線が切れて」しまったりもする(苦笑)。

でも、そんなこんなして、(たぶん)20~40回くらいは書いた(練習した)んじゃないかと思います。気に入ったのは、名前に番号をつけて保存していったんですが、その番号が、25番くらいまで行っていたので(笑)。

そうして、(苦心の末)できあがった「お気に入り」のサインはこんな感じ。↓

どう?このなめらかな書き曲線。勢いよく書いただけのことはある!ふむ、かっこいい!(自画自賛:笑)(へへ)。自分的には、「満足」です(笑)(^^*)。ちなみに、これは、21番でした(^^)。

書きペンは、「クレヨン?」だったかな。なので、黒字の背景の影響で、文字の中に黒い点が少し混じって、「真似しにくくも」なってます!(爆)偶然なんですけどね(誰が真似するって?笑)(へへ)。

でも、これは、本当に、ロンドン行き作品の右隅に入れる予定です!(^^)

サインだけ先に公開してどうする(爆)。だって、うまくかけたら、見せたいじゃない?(笑)(^^*)

はい、タブレット初心者のうかれ告白でした(爆)(へへ)。

タブレット、役に立ってんじゃん(^^)。

本当は、もっと、「絵」とか描いてあげるといいんだけどね(かわいそうな、わたしのタブレット^^;)。

はい、今日のところはこのくらいで。

最近、ロンドン作品ネタが多いですが、それだけ、「気合入れて(時間かけて)」作っている、ということで(^^)。

次は、何か、別のものを書きましょう(たぶん)。

それでは、また。