You can 〜病と向き合う〜

You can 〜病と向き合う〜

HIV感染者の闘病記録
まだ一生付き合っていく覚悟は持てないけども・・・
同じ境遇の方いましたら宜しくお願いします。

皆さんこんばんは。

また前回の投稿から期間が空いてしまいました。

公私共に相変わらず慌ただしい毎日を過ごせています。体調も変わりありません。

雪も降り寒さも厳しくなりましたが元気でいてくれる身体には感謝しています。




先日の話。


近所に医療脱毛のクリニックができ気になっていた為、勇気を出して話だけでも聞きに行きました。


ちなみに体毛は多くはないのですが、髭剃りがなくなる生活への憧れからですね。


そのお店は全国展開されているお店で受付の感じも良く好印象でした。



問診票を書いて、正直に治療中の病気としてHIVを記入しました。







その後、すぐに受付の方から

「医師から説明があるので来てください。」と診察室へ通してもらいましたが案の定、病気のことでしたね。










「申し訳ないけどHIVは受け入れていません。他をあたって下さい。うちの系列は全部駄目なんです。」


「きっと他のクリニックも受け入れは難しいと思いますが探してみてください。」




とのお話を頂きました。







僕の抱えている病気の抱えている病気の重さというか、世間からの目を痛感しました。


なんか要らないショックを受けて帰路につきました。





それなら仕方ないと割り切っていても、医療機関であればウイルス量や治療の経過を加味した上で判断してもらいたかったな。

なんて思うこともありますがこれが現実です。



確かにウイルスを移す可能性がゼロではないのでしょうが脱毛もリスクを伴う治療なんですね。







その時は仕方ないと思っていても後になってだんだん悲しい気持ちにもなりました。


こんな想いをし続けながら生きていくのはやはり大変だけど理解してくれる人たちがいるのも事実。


のんびり、気楽に前に進めたらと常日頃思っています。



それにしても悔しい。

今はそれだけ。

皆さんこんばんは。

体調は変わらなく今日も過ごしています。

そろそろ大掃除をしようかとそんなことを考えながらも家に帰るとすぐに寝てしまう毎日です。


忙しくいられることはありがたいことですよね。

それに耐えられる体力もちゃんとあります。







今日はよくご質問を頂く内容について記事に残していこうと思います。


1番多い質問はやはりHIVに気づいた経緯と体調にどのような変化があるのかということです。



僕の場合は罹患が発覚する数年前に初期症状だったなと思う原因不明な発熱、全身の湿疹、扁桃腺の腫れがありました。


インフルエンザと似たような症状とよく言われますが僕はインフルエンザには罹ったことがなく何とも言えませんが…。


いつもの風邪であれば病院に掛かって薬を貰えばすぐに治っていましたが、その時はそうはいきませんでした。






何度も病院に通い薬の調整を行い10日くらいでやっと熱が下がり、湿疹は1ヶ月くらいで綺麗になっていましたね。


症状が出現していたとき、HIVの可能性を疑いました。


でも当時は怖くて検査にはいけませんでした。



症状も軽快し元の生活に戻ったとき。

「いや、やっぱり違うな」


と自分の中でHIVではないと判断し数年過ごしていました。










そしてHIVが発覚する2ヶ月前から立っているだけで息切れがしたり、寝ても疲れが取れず倦怠感が強くなってきました。


病院に行っても異常なしの診断。




色んな病気を調べる中、HIVが当てはまりました。



HIVのことを詳しく調べていくうちに

放っておいたら取り返しのつかないことになる。


そう思いHIV検査を予約し案の定、罹患していました。





そこからは円滑に投薬治療も受けられました。

最初はやはり薬の副作用を心配していましたが僕はほとんど副作用は出ず、今は健常者と薬を飲む以外変わりない生活ができています。



早期発見、早期治療がいかに大切か。


この病気に限ってのことではありませんが、病気の検査は誰もが恐怖するものだと思います。


でも見つけられずに過ごしていた方がよほど怖いということを今はきちんと伝えられますね。



自分や大切な人を守るためにも適宜、検査は受けることをお勧めします。


皆さん、こんばんは。

なかなか忙しい師走を過ごしていました。

気が付けばクリスマスも終わり年末へ。


一年の振り返りはまた後日していこうと思います。

今年はなかなか更新ができず。

それくらいHIVによる身体的、精神的な負担は軽減したというか上手く付き合えている証かもしれません。



僕は変わらず元気です。







先日、祖母から連絡がありました。


以前もブログで紹介した祖母は僕を本当の母親のように育ててくれ幼い頃から「かあさん」と呼んでいました。


そんな母さんも歳を取りました。


母から少し物忘れや認知症のような症状が出てきたと話は聞いていましたが電話越しのかあさんは昔のまま。



「寒くなってきたから身体には気をつけなさい。」


「早く顔がみたいから帰ってきなさいよ。」


些細なやりとりではあるけど心がポカポカです。



仕事も今年後半から忙しく、プライベートでも友人が亡くなり…嫌なことばかりだ。

上手くいかない人生だな。


なんて少し心が疲れていたタイミングだったからこそ、かあさんの言葉は胸に刺さります。






「いつ孫を見せてくれるの。」


「お嫁さん連れてきなさいよ。」




HIVのことはもちろん伝えられていません。

本当に大切な人だから悲しませたくもない。


僕だってできることならそうしたいよ。


でもそれはもう諦めました。



こんな自分がとても親不孝者に思えて仕方ありません。






母さんが生きている間、それ以外のことで沢山親孝行してあげたい。



親不孝者で終わらせないように今の僕がしてあげられることを考えていきたいな。



なんて心の声を少しだけ。


皆さんこんばんは。

前回の記事からまた期間が空いてしまいました。

最近、少し体調を崩した上に仕事も忙しくなかなか更新できずにいました。



気が付けば11月もそろそろ終わり。

時の流れがあっという間過ぎて、こうやって年を重ねていくんだなとしみじみ考えてしまいます。






そして病気と付き合い始めてからの日々を振り返ることも多々あります。


あの時、こうしていればなんてことはこれに限ったことではありませんがよくあります。


特に病気の伝え方や伝える相手のことは永遠の課題です。


そんな中、大切な友人から定期的に体調を気遣ってくれる連絡をもらいます。


家庭ももって忙しい合間、途絶えない関係は僕にとっても大切にしていきたい。



そんな友人から家族が増えるという嬉しい報告もあり、何だか僕も自分のことのように嬉しい。


諦めなければいけないと言い聞かせてきたことも沢山あります。


実際切り捨てていったものが沢山ある中で僕の代わりに僕の分まで幸せになってもらいたいと願うばかりです。


そんなポカポカする気持ちになりました。


大切な人ってそう思える遠く離れていても身近な人。


そんな人なんでしょうね。



少しでも負けないようないい報告が友人にできるよう、今は過ごしていきたい。


いつも支えてくれてありがとう。

発芽米お試しセット


皆さんこんばんは。

体調は変わりませんが季節外れの暖かさのせいか寒暖差で少しだけがついて行けていません。

でも変わらず毎日バタバタ過ごせています。





世間は3連休ということでしたが僕は連休中、仕事でした。


毎日普通の人と同じように慌ただしく仕事をしています。


時間外は当たり前でよくこんな生活をして身体を壊さないなと感心するばかりです。



HIVだから身体が弱くなったかと言われたら僕は全くそうは思いません。


身体の中のことは何ともわかりませんが…

当たり前に過ごせる毎日が当たり前なことではないこと、よく身に染みますね。






薬も飲み忘れなく経過しています。

よく考えたら毎日同じ時間帯に飲むなんて凄いことですよね。


これを約2年半続けていますがまだ先は長い。

一生って今の僕には想像もできないけど果てしない期間で気が遠くなるけど、そのうちHIVが身体から完全になくなることを信じています。



治療も社会保障も目まぐるしく進歩しました。


一昔前は1日に何回も沢山の薬を飲む。

しかも高額。


今の時代で治療できていることは不幸中の幸いだなと痛感しています。






しかしまだまだ社会的な病気の知名度も低く、誤った知識が先行してしまいがちな病気です。



これは当事者にとって時に辛いことも多くあります。


少しずつ理解が進むように、僕も頑張りたい。



そんな気持ちです。