昨日のスタジアムの雰囲気は、もうみんなとにかくこの人に点を取らせたいと。

 

 

スタジアムのサポーターも、一緒に出てる選手も、とにかくこの人に点を取らせたい、取ってほしいと。頑張ってるのは十分すぎるくらいわかってるからと。そんな気持ちが溢れてる気がしました。

 

 

サポーターも選手にもそう思わせるって、とっくにこのクラブに愛されてるんだなと思いました。

 

 

1点取れば一気に開けるはず。松田力選手、頑張ってください。

 

 

 

本日、アオアシ28巻とフェルマーの料理3巻が同日発売となりました。

 

 

 

 

漫画が2作同じ日に発売というのは、大変な充実感があると共にもちろんそれだけの仕事量が存在しました。

 

 

これも、常にいっさい手を抜かず全力で手伝ってくれるスタッフさんたちのおかげです。ありがとう。

 

 

いまはアオアシのアニメが毎週やってて、土曜日に家族と観るのが恒例行事になり楽しみが増えた感じです。

 

 

アオアシのアニメスタッフさんは、本当にすみずみまでアオアシを読みこんでると思います。

 

 

最近ので「おー」と思ったのが、アシトが電車で上京するシーンで見送りにきた同級生の小暮くんを泣かせなかったところです。(そこ?と)

 

 

本編でもブラザーフットの回想でも、よく見たら同級生で小暮くんだけ泣くのを耐えれてるんですよね。

 

 

全員泣いてたら泣けないんですよね。堪えてる人がなんとかいるからその子に感情移入して泣けるんだと思います。アオアシのアニメスタッフさんは、地元の同級生もモブとして見ないでいてすごいなと思いました。

 

 

愛媛よりポンジュースを差し入れに送らなければ…

 

 

ちなみに小暮くんは本編で名前がなかったんですが、アニメスタッフさんに「名前はありますか」と言われて急きょ考えたものです。

 

 

これと同じのがエスペリオンサポーターの女性2人(メガネの子と黒髪の子で、上京したセレクション組にサインを書いてもらった人)で、アニメがなければ名前ありませんでした。

 

 

名前はつけてあげるべきだ。生命力が違う。

 

 

アニメを見て、俺こんなにメガネの緑さんばかりに喋らせていたのかと思い、最近黒髪の絵美さんにも積極的に喋ってもらうようになりました。

 

 

さて、話は変わり。今回発売したアオアシ本編とフェルマーの料理にはある共通点があります。

 

 

 

その共通点のおかげで同時発売というのができるとも言えるのですが、なんだというと、ネームに時間がかからないという点です。

 

 

この2作に関しては、ほとんど悩むことがありません。

 

 

幸せに暮らしています。

 

 

これと対極を成すのがアオアシブラザーフットと、あとショートピースです。

 

 

ブラザーフット、新作を描いていますが相当苦戦しています。これは難しい。だから時間がかかっています。申し訳ない。

 

 

苦戦する漫画の特徴は、主人公が何を考えているのかわからないと言うのがあります。ショートピースのキヨハルとか意味がわからないし、あいつ喋らんし。

 

 

だから水の森のジャンヌさんとかてんまんアラカルトの蒼司とかも大変でした。主人公は思ってることちゃんとしゃべる人が良い。アシトとか岳とか、もうほんまめっちゃ良い人やと思うよ。

 

 

ブラザーフットに関しては、瞬さんみたいな性格を僕が持ち合わせてないからです。

 

 

あんな清廉潔白な人物が何を考えてるか知る由もない。

 

 

だから、ブラザーフットちょっと大変なんですよ。でも頑張って描きますね。

 

 

 

最後に。盟友のいなずまたかしのススメで、ゲーム全くしない僕が「三国志真戦」に没入しています。

 

 

光栄に育まれた、かつての学生時代の三国志熱を再燃させるこのゲームのクオリティにやられて、勢い余った僕は、光栄三国志のイラストを手がけられたことがある日田慶治さんが愛媛出身ということでサインを描いてもらったそうな。

 

 

たかし、やったぞ。やったな!

 

image

 

 

ということで改めて。アオアシ28巻とフェルマーの料理3巻、本日同時発売です。ぜひ両方とも楽しんでださい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回載せきれなかったので。

 

 

 

お好み焼き屋 武蔵野一番

(お好み焼き のむら)

店主さんに許可を得て掲載させていただきます。

もんじゃ焼き凄く美味しいです。

 

 

 

 

大人通う店 料理屋かわすみ

imageimage

image

image

image

image

image

(かわかみ)

ここも、本当に美味しいお店です。愛媛の魚の真髄を味わえます。

 

 

 

続きまして、

『中央公園シリーズ』

とにかく中央公園は多いです。

 

 

 

東京新製鉄スタジアム。

エスペリオンのホームスタジアム 

imageimage

image

image

(松山競輪場)

上の写真見ても、これはスタジアムですと言われたらそうとしか見えないので使わせていただきました。

いまだ「これ競輪場ですよね」と言ってきた人はいない。

 

 

 

 

8巻

image

image

 

 

 

14巻

image

image

image

坊ちゃんスタジアムの下

 

 

 

(20巻)

image

 

 

 

21巻

image
 

 

 

 

エスペリオンタウンバス乗り場

(坊ちゃんスタジアムバス乗り場)

 

たぶんここが登場回数1番多いです。

余談ですがここで写真を撮っていたら、アオアシのロケ地を回っているアビスパ福岡サポーターの女性に声をかけられたことがあります。

 

 

 

 

以上です。

思い出したらまたぜひ。

愛媛良いとこですよ。

 

 

 

 

アシトが上京後も、作中の風景はほとんど愛媛のもの。

 

 

僕が愛媛に住んで描いてるから。

 

 

どこを撮って使ったか記しておこうと思います。

 

 

アシト中学最後の試合会場

image

(北条スポーツセンター競技場)

 

 

 

 

第1話

image

imageimage

(双海町)

 

 

 

 

見送りの駅

image

image

(下灘駅)

 

 

 

 

ソフトクリームのベンチ

image

image
imageimage
(松山市駅前)

  

 

 

 

日の丸食堂

(日の出食堂さん)

この記事を載せるのに電話させていただきましたが、ご主人お元気そうな声でした。また食べに行きますね。

 

 

 

 

『中央公園シリーズ』

松山中央公園(坊ちゃんスタジアムの敷地内)は複合施設なので便利

フル活用

(FC鹿島クラブハウス)

 

 

 

 

(ガノン戦 反省会)

 

 


(橋の上)

image

 

 

(船橋ー青森戦ハーフタイム)

 

 

 

載せきれない。続きはまた次回!

 

 

ブログでの話題がこのことばかりに最近なってるのだが。

 

 

先日の記事にも書いたんですが、漫画のことはずっと変わらず描いてるだけなので「毎週頑張っていますよ」と言うしかなく、スタッフさん以外の人とも特に会うことなく過ぎてるので、言えることがない。

 

 

必然的に、刺激の強いこの話題がブログを埋める結果となります。

 

では書きます。

 

 

 

愛媛FCは、2021年シーズン力及ばずJ3に降格することになった。

 

image

 

 

降格するシーズンというのはそれだけ負け続けたということであり、勝つと信じて観る試合のほぼ全てで逆の結果をそのつど見て、肩を落として帰り続けた1年だった。

 

 

ただでさえお客さんが少ないなか、何度も何度も失点を見て、静まり返るスタジアムの瞬間は本当に慣れないし、辛い。

 

 

サッカー観戦は素敵な趣味のはずなんだけれど、悔しくて情けなくて眠れなくなり、翌日寝不足で1日ペンを握ることになる。

 

 

精神をすり減らしてまで観て、悲しい思いをして、これは健全な趣味と言えるんだろうかと考える。

 

 

思えば今までも、ギリギリの戦いの中でなんとか踏みとどまっていたのは間違いない。それをそのつど、その時代の監督や選手、スタッフ、そして何よりサポーターが何とか跳ね返して今日まで繋いできたのだと思う。

 

 

それが去年、ついに根底から決壊した。

 

 

10年以上サポーターを続けるなかで、間違いなく1番辛いシーズンだった。降格したからというだけでなく、今まで愛媛にあった、人間の強さというものが発揮できなかった。

 

 

シーズン終盤に向け、どんどん穴に引きずりこまれていくチーム。

 

 

回収すべきこぼれ球は面白いように敵チームに渡る。岡田武史さんが解説で言ってた「サッカーの不思議なところは、こぼれ球は必ず勢いに乗るチームの方に渡る。理屈や戦術じゃない、不思議な話なんだが本当にそうなんだ」という言葉が突き刺さる。

 

 

「それは入ってもいいじゃないか」という千載一遇のボールが悪運に弾かれたかのようにことごとく外れる。

 

 

それを見て神様が、こんなこと言ってるように思えてくる。

 

 

 

「もう駄目だよ。

 

今まで散々助けてやったろ?

 

そのあいだ、何もしてこなかったじゃないか。

 

お前らの番だよ」

 

 

 

自信を失ったチーム。スタンドにいるサポーターはピッチに立てない。うつむいて帰っていく選手たちをどうしようもなくただ見送るしかできない。

 

 

スタンドにいる僕は無力だと思った。

 

 

僕らははっきりと、弱小だった。

 

 

それを1番突きつけられたシーズンが去年だった。

 

 

心が折れかけた。目を背けようと思った。

 

 

 

でも救ってくれたものがあった。

 

 

 

それこそサポーターだった。

 

 

 

シーズン終盤戦、必ずスタジアムに戻って選手を鼓舞する人たち。DAZNを開いて、必ずアウェイ戦にいる人たち。この辛い状況下で彼らは最後の砦だった。一丸となってやっていた。

 

 

 

彼らは選手を応援してたと思うけど。僕も勝手に応援されてる気になった。

 

 

本当に最後の砦だった。最後までついていくという雰囲気を作り出してくれていた。立派だった。

 

 

だから最後まで応援しようと決めた。サポーターは無力だと言ったけど、それは違った。僕が突き動かされたのは彼らのおかげだったので。

 

 

 

同時に、これまでこのスタジアムで見てきた光景を思い出す。

 

 

内村圭宏がとんでもないスピードでかっ飛んでボコスカ点を決めまくる。

 

 

ジョジマールがアライールとラスト10分だけFWコンビを組んでゴールに迫る。

 

 

田中俊也の最後の試合で俊也を出せとコールを起こして本人を泣かせる。

 

 

ちょっと怒っただけが怖すぎて理不尽に退場させられるバルバリッチ監督。

 

 

赤井秀一がゴールエリアの、ほとんど角度のない90度くらいのところからゴールを決める。

 

 

土砂降りの鳥取戦。

 

 

1番僕らがびっくりしてた齋藤学の1年間。

 

 

内田健太のダービーのフリーキック。

 

 

目の前で起こってることが信じられなかった15年シーズン。

 

 

初めて根本からの戦術サッカーに挑んだ川井監督。

 

 

 

目をつぶって思い出されるあの光景全てがくだらないものだったんだろうか。

 

 

 とてもそうは思えない。

 

 

その思いだけはやっぱり変わらなかった。

 

 

 

J3となる今シーズン。ここに残って戦うと決めた選手がいる。

 

 

去年期限付きで主力になって、この状況でも腹をくくって完全移籍してくる選手がいる。

 

 

新天地にそれでもこのクラブを選んで来る選手もいる。

 

 

実績があるのに引き受けてくれた監督がいる。

 

 

そして何より、3月に必ず舞い戻ってくるサポーターがいる。

 

 

 

 

自分が何をすべきか考えたとき…トップチームとレディースについて今年も同じスポンサードを続けることに決めました。

 

 

 

 

 

 

自分が続けるとか続けないとかは大したことではないけれど。

 

 

良いときだけ支えてもサポーターとは言えないかもしれないと。

 

 

苦しいからこそ踏みとどまる人間がいて、繋いでいかないといけないと思いました。

 

 

そう思わせてくれたのはあのサポーターたちで。

 

 

まずは彼らのために、自分はそうしよう決めました。

 

 

 

1ヶ月半たてば、また当たり前のようにシーズンが始まる。

 

 

 

どんな1年になるかはわからないけれど。苦しいものを見るのか、楽しいものを見るのかわからないけれど。それでも僕はまたスタジアムに行くんだろうと思います。

 

 

 

今シーズンもよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

年末のことを書こうと思います。

 

 

仕事は…変わらず、ずーーーっと描いてる感じなので、取り立てて言うことなく。頑張って描いてますと言うほかない。

 

 

 

応援してたクラブの結果や、これからのことについては、また日を変えておいおい言えたらと思うんですが…とりあえず楽しい話をしましょう。

 

 

今はまた難しい状況となってきてますが、12月の落ち着いてた時期に、森谷賢太郎選手と藤本佳希選手と田村さんとで食事をさせていただきました。

 

 

奇しくも両選手ともクラブを離れることがわかっており、昨シーズン川井健太サッカーの心臓(森谷選手)と、今シーズンのエース(藤本選手)。送別と慰労を兼ねて、馳走させていただきました。

 

 

藤本選手は全く初めてだったのですが、森谷選手に関してはこの2年間(特に2年目)ことあるごとに世話になっており、愛媛離れる前にぜひ、愛媛の美味いものを…という機会がようやく実現したものでした。

 

 

 

この、森谷賢太郎選手という人が非常に不思議な人で。

 

 

 

僕はサッカー漫画を描いてますが、選手やサッカークラブに敬意を払い、そのプロの道に100%集中してほしいので、連絡先を交換することはまずないんですね。

 

 

ところがこの森谷選手というかたは、なぜかいつの間にか連絡先が入っていて、しかもサッカー選手という壁が全くないかたでした。

 

 

何を聞いてもあっけらかんと、どえらい語彙力で話してくれ、しかも話が面白いし、毎回電話切るタイミングを失ってしまうんですね。

 

 

あと、都会を感じた。理由わからないけれど、話すととにかく都会を感じた。

 

 

そんな彼が特に熱を入れて話してくれるのが、このクラブがどうやったらもっと良くなるのか。愛媛の人たちのために何ができるのか。そこをずっと、もうずっと話してくれました。

 

 

縁もゆかりもない土地に来て、森谷選手は本当に愛媛のことが大好きでした。

 

 

そんな森谷選手と実際にお会いしたのはこの日が初めてだったわけです。(電話とリモート取材でしか話したことがなかった)

 

 

もっと初めての藤本選手が来て。これはもう楽しんで帰ってもらわないといけないと張り切る間もなく、サッカーで熱を帯びた4人の話は楽しすぎて、一瞬でした。

 

 

野生のFWぽい藤本選手ですが、自身の振る舞いを全部言語化できていました。考えに考え抜いた結果で、あの得点の量産に繋がっていました。

 

 

21年シーズン全てを背負いこんだからこその開花であることも自覚していました。

 

 

愛媛のことを気にかけていましたが、それ以上にもっともっと凄いFWになる片鱗を感じられました。

 

 

サポーターを代表して、最後まで諦めず戦ってくれてありがとうございますと感謝を伝えて送り出しました。

 

 

モンテディオ山形の皆さん、藤本選手をよろしくお願いします。

 

 

そして森谷選手。

 

 

森谷選手がいなくなることに喪失感を覚えた人は多いでしょう。そういう人でした。人の心に入っていける選手でした。

 

 

今までの選手とは明らかに違うタイプで、なので嵐のように過ぎ去っていった感覚を持ちました。

 

 

カルチャーショックだったのかも知れません笑

 

 

 

 

森谷選手とのやり取りの中で、1番印象に残った6月ごろの会話。

 

 

 

僕「(ほとんどの知り合いが関東のはずなので)遠く離れたこちらで退屈じゃないんですか」

 

 

森谷選手「? (本当にキョトンとした感じで)  いや全然?

 

すごい暮らしやすいから、奥さんもすぐ愛媛大好きになったんですよ。

 

ここが良いって」

 

 

僕「そうなんや。良いとこなんや愛媛…」

 

 

 

最後に。苦しい状況となる中、シーズン終盤まで結束してチームを押し上げてくれたあのサポーターたちにずっと感謝していました。

 

 

森谷選手、ありがとうございました。また、会いましょう!

 

 

 

さてもう1人。大晦日に、川井健太さんにお会いしました。

 

 

サガン鳥栖の新監督です。おめでとうございます。

 

 

後日聞いた話では、山形から直前に帰って、愛媛に2日しかいれずすぐ経つスケジュールだったのに、自分に会う時間を作ってくれました。なんと申し訳ない。

 

 

健太さんとは未来の話しかしませんでした。振り返らず、前だけを見て進んでほしかったからです。

 

 

モンテディオ山形の皆さん。健太さんは、愛媛から出て初めてのクラブである山形に、大変な思い入れを持っていました。

 

 

本当に素晴らしいクラブだったと。

 

 

一丸となったクラブスタッフ、スタジアムの雰囲気。山形に心を奪われるのは一瞬だったと。

 

 

そして何より、ピーター・クラモフスキーのことが大好きだったと。

 

 

ピーターとの思い出が尽きず、ずっと話していられる感じでした。ピーターもきっと、健太さんのことが大好きだったと思います。

 

 

え難い数々の出会いを持って、健太さんは再び人生を賭けた道を選びます。

 

 

サガン鳥栖の皆さん。川井健太監督をよろしくお願いします。

 

 

何よりサポーターの声が1番力になるかたです。

 

 

普段、人と会わない自分が年末に1年ぶんの話をして、大変濃い1か月でした。

 

 

サッカーは楽しいですね。

 

 

ではまた、引きこもりの生活に戻ります。

 

 

 

 

今年のJリーグも、佳境です。

 

 

愛媛FCは苦しい状況に置かれています。

 

 

正直、これほど応援することが辛いと思ったシーズンはなく、毎試合サッカーを楽しむ余裕はなく、苦しさから解放されたい、解放させてくれと祈って試合を観ている感じです。

 

 

4チーム降格というレギュレーションは、そのために多くの他クラブの不幸を願うようなこともしなくなればいけなくなる。それがサッカーの楽しみとは間違っても思えないので、なおさらひどい心境になります。

 

 

あまりにもしんどいので「これは観ない方がいいんじゃないか、直視できない。結果だけ知ることもできる」と考えもしました。しかし妻に言うと「それは違うと思う。どんな結果であれ見届けたほうがいい」と言われました。

 

 

同時にDAZNを開いて、アウェイの地に必ずいるあのサポーター達の姿を見ると、勇気づけられ、最後まで応援しなければいけないと。そう思わせてくれました。

 

 

感染対策期でお客さんが減る中でも、ニンジニアスタジアムに必ず来る人たちがいて、DAZN観戦でも、負けても一週間経てばやっぱり観てしまう人たちがいて、その人達全ての気持ちがわかるので。なので自分にできることを最後までやるべきだと思いました。

 

 

 

 

 

 

前々から「ニンジニアスタジアム自体がどこにあるのか知られてないんじゃないか」と思う節もあったので、写真の場所に案内板を建てさせていただきます。

 

 

設置が11月の終盤になってしまうため、今シーズンはおそらく最終戦しか道案内できないけれども。目立つ位置にあるので、この看板で知り合いをスタジアムに導いてあげてください。

 

 

いろんな方から感謝を伝えられ(栃木戦の弾幕も見させてもらいました)それはもちろん嬉しいんですが、やってることはきっとみんなと変わりません。

 

 

僕の仕事が焼き肉店とか居酒屋だったら、選手が来たら格安でたらふく食べさせてあげたいと思うし、僕が新聞記者だったら、現場で観たありのままを伝え、文字で選手を鼓舞すると思います。

 

 

実際にそれをしてる人たちを知ってるから、なおさらそう思います。

 

 

僕の仕事は、たまたま漫画家だったので、漫画で最後まで後押ししたいと思います。

 

 

愛媛FCのおかげで、この愛媛に住んでいる人生を豊かなものにしてもらいました。

 

 

自分は自分にできることをやります。

 

 

最後まで頑張りましょう。