10年前。当時月刊少年マガジンで「てんまんアラカルト」という作品を描いていた。



デビューしたばかりで実力がなく、真っ白なネームを前に何も描けなかった。愛媛にいてもどうしようもない為、急きょ東京に飛んで何日か箱詰めで描くことに。



講談社の中にある「ネーム室」と呼ばれる漫画家さんが自由に使っていいブースがあり、僕はそこで1日うなっていた。



東京に来てもなお、何も描けなかった。



退勤していく編集さんや、一区切り終えて帰っていく漫画家さんたち。日中はそれなりに賑やかな空間だけれども、どんどん静かになっていく。



22時ごろになった。完全に静かになった。



その間もなにも描けてない。溜まりかねて仮眠室に行くことに。席を立ったとき、周りを見るとブースには僕以外にまだ男女数名がいた。



そのうちすぐ後ろの青年が一心不乱に描いてる姿をチラッと見た。



何もできてない罪悪感のなか2時間寝た。



ブースに戻ったとき、すでにガランとしていて、そこにはさっきの青年ひとりの姿しかなかった。



彼は2時間前と全く同じ姿勢で作業をしていた。



僕も机に戻ったが、すぐ後ろの彼とは違い、描けるものが何もないのでペンを動かせない。



何時間かねばったけれども、ひとつの絵も描けない。何もしてないまま追い詰められていく。本当に辛かった。辛かったから、もう一回寝ることにした。



寝たってどうしようもないのに寝ることにした。現実逃避でしかない。でも寝るしかない。だって寝たいのだから。



仮眠室でふて寝に近い形で意識を失った。



そして重い足で動きだす。



既に窓が照っていて、明け方に変わっていた。



ブースに戻った。



日が差すなか、僕の後ろの青年は、まだいた。



全く手を止めずに。



僕が最初に彼を見てから、本当に、寸分も姿勢が変わってなかった。



動いてるのは手だけで、他はずっと自分の紡ぐ世界に没頭していた。周りが明るかろうが暗かろうが、人がしゃべろうが静かだろうが関係なかった。彼は自分の物語の中にいたので、ここにいなかった。



僕が気づく前から彼はいたと思うから、もう10時間以上そうだったと思う。



ネーム室に通って今まで、ここまでの人間をちょっと見たことがなかった。



頭が痺れるような光景だった。



僕は、彼の描いている絵を見た。





それは「進撃の巨人」だった。





デビューしてそのとき既に、多くの人たちに注目されていた、諫山先生だった。



注目されていてもなお、誰よりも努力していた。



僕はそれを見て、立派な人間でなければ立派な漫画は描けないのだと感じた。



そして、このままでは自分は駄目だと思った。




諫山先生は一度も振り向かなかったので、今に至るまで僕は顔を見たことがない。



諫山先生。たった一度の背中でしたが、学ばせていただきました。




ありがとうございました。




本当にお疲れ様でした。





当時のネーム室の様子を1枚くらい撮ってるかなと思ったが、なかった。ので、ネーム室から撮った東京の景色だけ載せときます。



我ながら素晴らしい画質。良いガラケーを持っていたものだ。



 

 

トレーニングマッチを希望!

 

 

配信があればなお最高。

 

 

 

 

 

協賛は、勇気がいること。

 

 

身近な人と何度も話し合い、それでもやるべきと思えてようやく実現します。

 

 

どのスポンサーの方もそうだと思うので、サポーターは、もしそこで働いてる人に出会ったらぜひ感謝を一言伝えてください。それで報われます。

 

 

高知競馬場は何度か遊びに行ったことがあるんですが春野はまだないので。行ってみたい。

 

 

高知の皆さん初めまして。頑張りましょう。

 

 

松本翔選手。旅が続くことに一番安心しました。MIOびわこ滋賀での勇姿を楽しみにしています。

 

 

引退する西岡大輝選手へのサプライズを前野選手とマキト選手に頼まれた際「本人にサプライズとバレないよう、3人が仲良さそうに写っている写真を撮ってこれるなら」と伝えましたら田村さん経由でこの写真が来ました。

 

 

 

「何の写真だろう」と思わなかったんだろうか。

 

 

西岡大輝選手ありがとうございました、本当にお疲れ様でした。

 

 

 

 

エスペリオンの3年生も引退の時期。出会いと別れ入り混じる冬ですね。

 

 

 

 

 

アオアシの取材当時、東京武蔵野U18監督だった増本浩平さんから直接メールをいただきました。

 

 

今季J3ガイナーレ鳥取のトップチーム、ヘッドコーチに就任するという報告でした。

 

 

選手のキャリアの最後を過ごした鳥取に、満を辞して赴くのはドラマがあって胸が熱くなります。

 

 

「Jリーグの監督をやるのが夢」と語っていて、去年からS級の講習会にも参加されていた方なので、夢に向かって前進。応援したいと思います。

 

 

これで今年は鳥取も応援することになりました。

 

 

この時期は選手や監督の移り変わりのシーズン。あの選手があそこに、あの人物があのチームの監督に。勝敗関係なくワクワクできる唯一の時期なので楽しみましょう。去年の閉幕がずれ込んでるので、まだ編成終わってないチーム多いと思いますよ。

 

 

あなたのチームにあっと驚くような選手の加入もこれから。あるかも。ないかも。

 

 

Jチームは57もあるので、ワクワクできる頻度も多いのも利点ですね。

 

 

 

 

 

 

本当に長い旅を、お疲れ様でした。

 

 

昇格させてくれて、ありがとうございました。

2021年が幕を開けました。

 

 

去年はとんでもない年でしたが、おかげでリモートも職場に導入できて、転んでもただでは起きない精神でやっています。

 

 

今年は仕事が多いです。

 

 

アオアシ本編の他にも。まずはこちら。

 

 

 

覚えている人はいますでしょうか。葦人の兄、瞬が主人公。愛媛を舞台にしたスピンオフ作品の執筆ですが、既に1話は完成しています。

 

タイトルは「アオアシ ブラザーフット」

 

 

愛媛のJユース。エスペリオンというビッグクラブの育成を描くだけではJユースのそれを全て見せられない。

 

小さいクラブのユース事情がどうなっているのか、むしろこちらの方が多勢で、彼らがどんな工夫でやっているのか。それを漫画の中で伝えられたらと思います。

 

 

瞬はレフティーです。

 

 

1話は60p強で、ある程度話数が溜まったら月刊スピリッツで連続公開し、単行本化の流れとなっています。春から夏頃には単行本出したいですね。

 

 

ただものすごい製作が大変なので、正月から仕事をしている次第です。

 

 

そしてもう一つが「フェルマーの料理」

 

 

第9話。こちらは3月発売の月刊マガジンに掲載が決まっているため急ピッチで進められています。

 

 

今年もずっと漫画を描くのでしょう。

 

 

空いた時間で将棋が強くなりたいのでしょう。

 

 

今年も変わりません。頑張ります。皆さんもどうか変わりなく。

 

 

 

 

 

 

最後に、健太さんと話しをしてきました。


1年に1回だけ、この時期に話をするのが通例だったんですが今回が最後。本当に長い時間話してもらいました。楽しかったです。


18年シーズンのあの状況からチームを救った、クラブを象徴する若い力がどこまでいけるのか。その夢の続きを見たかったけれど、夢は破れた。粉々に砕け散ってしまった。


けれど簡単に叶わない。あまりに厚くて雄大な壁であるからこそJリーグは価値があるんだと思います。


今年は情勢的にいつもより遥かに閉鎖的な空間になり、フィールドと練習場で何があったかわからなかったけれど、いろんなことを話してもらい、線と線が繋がる部分がいっぱいあった。

 

 

拓夢選手の話は泣けた。前野選手の話も泣けた。森谷選手には健太さんを支えてもらって感謝しかない。

止めるまでボロボロになるまでやる茂木選手のことも、今年の壮絶さを象徴しているようだった。

 

 

18年にチームを引き継いだ1番最初。レディースの実績しかなく、あまりに若い監督。初めてのミーティングで誰とも目が合わなかった監督。

 

 

それが極限状態のこのシーズンで疲れ果てた末、監督を救えなかったこと、色んな感情で練習場で泣き崩れる選手たち。健太さんへの信頼の元に集まったチームになっていた。サポーターが入れない今年の練習場では、僕たちが知る由もないチームの形があったんだと思います。

 

 

叱咤激励し支えてくれるサポーターなら力を押し上げられたと思う。でも今年は直接会うことが難しかった。あまりにも特殊なシーズンだった。

 

 

神谷選手からのメッセージも伝えることができた。何もかも話しを尽くした。

 

 

漫画家の僕にこの距離で話してくれることは幸せだった。アオアシの力になった。僕自身の力にもなった。話してくれた熱量と力を漫画にすることだけが僕の本分だけれども、どうしてもサポーターに届く情報が少なすぎたので。わずかですがここに記させてもらいます。

 

 

そういえば、その席の直前にリモートで(田村さんのPCで)中村憲剛選手と森谷選手と話すことができました。イラストのお礼で。もちろんどちらもお話するのが初めてなので、これは緊張しました。憲剛選手は話が上手ですね。聞き入ってしまった。森谷選手にも、クラブに来てくれたお礼を直接伝えられたので良かったです。

 

 

 

憲剛選手曰く「アオアシは大好き。でも一つだけ苦情があります。オシム式パス練のあの難易度の高さ!ボール2個とか、あんなのフロンターレみんな無理ですよ!」

 

 

よし。単行本修正だ。

 

 

そのあと健太さんが来て、憲剛選手と健太さんが言葉を交わしてるのを見て、今日はものすごい日だなと思った。

 

 

健太さん。2年半ありがとう、お疲れ様でした。いつかまた、スタジアムで会える日を。

 

 

 


 

皆さん大真面目に答えていただきありがとうございます。

 

 

それでは解答です。

 

 

彼女がいるのは松永さんです。

 

 

男の中の男なので。

 

 

エスペリオン腕相撲ランキング4位なので。

 

 

そんな男が守ってくれるのです。いないわけがない。

 

 

 

馬場さんも悪い男ではないですが、いかんせん気持ちを伝えるのが下手すぎて、あたふたして煮え切らないので、女性がうんざりしてしまうのです。

 

 

過去に覚えがある男はいるでしょう、そう、その感じです。

 

 

でも、水をよく飲みます。

 

 

青森のマネージャーの子についてですが、大真面目に答えてくれて何だか悪いので、作中で提示しますね。

 

 

松永さんのはどう考えても作中のタイミングはないと思い、ここに書きました。

 

 

 

さあここで問題です。アオアシカルトクイズ。

 

 

今日はアオアシの中での恋愛にまつわる問題です。

 

 

サッカーはわからないが、恋愛はお任せだ、自分は恋愛脳だという読者のみなさん、今がチャンスです。

 

 

 

それでは第1問。

 

 

青森星蘭高校のマネージャーのこの子。

 

 

ある人に片想いをしています。

 

 

誰でしょうか。

 

 

① 羽田

② 槇村

③ レン

④ 清吉コーチ

 

 

第2問

 

アオアシで、恋愛と聞いて真っ先に思い浮かぶ男性は下の2人だと思います。

 

 

 

 

 

そう。馬場さんと松永さんですね。

 

 

作中では明かしていませんがどちらかに実際彼女がいます。

 

 

それはどちらでしょう。

 

 

①馬場さん

②松永さん

③実は両方いる

 

 

どちらも完全ノーヒントですが、さっきスタッフさんと話してる中で何となく決まりましたので答えはあります。

 

 

正解者の中から抽選で

 

 

 

 

文字にすると一瞬なんですが、本当はもっともっとたくさん話しました。

 

 

夢がまたひとつ叶った瞬間でした。

 

 

GIANT KILLINGは、ツジトモ先生は何もかも新しかった。

 

 

GIANT KILLINGがなければ、アオアシは今のような作品になってません。

 

 

本人にそれをようやく伝えられたので満足しています。感謝とともに。良かった。

 

 

ひとつだけ。記事では伝わりにくいかもな?という箇所があったので補足させてください。

 

 

「GIANT KILLINGがテレビカメラで描いてる」というところ。記事を読んだ方にはひょっとしたら「カメラワーク」のことだけを言ってるように取られてしまうかもな…と思いました。

 

 

カメラワークもその一つではあるんですが、GIANT KILLINGは、もっと大きな意味で「テレビでサッカーを観ている人を体現している」。エンターテイメントとしてのサッカーを描いているって。これが言いたかったんですね。

 

 

たとえば擬音です。

 

 

普通、ゴールにボールが突き刺さった瞬間、音なんか鳴らないじゃないですか。

 

 

漫画にするとしたらせいぜい「ドン」ぐらいじゃないでしょうか。あと「パサッ」とか。パサッはリアルですね。

 

 

でもツジトモ先生は「ドゴラッシャアア」とか平気で描く。絶対そんな音鳴らないのに。

 

 

でもテレビで観てる僕らの心の中では確かに鳴ってるんですよ。スタジアムで観る人にもそう。待望のゴールが生まれた瞬間の爽快感は間違いなくすごい音が鳴ってるんです。

 

 

そんなふうに。視覚的にまつわるありとあらゆる手段で、何億人が観ている、僕らが慣れ親しむ「あのサッカーの形」を漫画に描いた。

 

 

初めて読んだとき「これをしていいんだ!」と思いました。

 

 

この日、サッカー漫画のヒーローと話すことができました。

 

 

とても満足です。

 

 

 

 

 

愛媛新聞が隔月で発行しているスポーツ専門雑誌「Edge(エッジ)」の表紙を書かせていただきました。

 

 

愛媛FCが25周年ということで、大々的に特集が組まれてるわけですが、その表紙の大役を任せていただきました。

 

 

もともと「一度この雑誌の表紙を描きたい」と思っていたところがあり、イラスト自体のオファーは喜んで受けさせていただきました。そして描くとしたら、今年の愛媛の顔はこの人しかいないと、オファーのメールの最初の一文読んでたらもうこの構図ができていました。本当に。

 

 

そして、慣れないインタビューも…

 

 

インタビューは迷いましたが、漫画家というよりはサポーターとして。

 

 

インタビュー珍しいと思うので、良かったらぜひ購入してください。愛媛の雑誌ですがAmazonなどでも注文できるみたいなので。

 

 

もともと「エッジ」が創刊すると聞いたとき、愛媛のスポーツの話題だけで1冊も隔月で作れるのかなと心配していたのですが、毎号本当にすごい取材量で熱がすごく、膨大な情報が詰め込まれて一冊になってるので、出ていたら必ず手に取るようになっていました。

 

 

だから「一度表紙を描きたい」と、思ってた次第です。

 

 

本当はFC今治が昇格して地元にJクラブが2つになった今年のはじめに、こちらから頼んでみようかと思ってたくらい。

 

 

でもそれどころではなくなってしまいましたからね…

 

 

だからこのタイミングで実現してよかった。オファーが来てくれて嬉しかったです。

 

 

愛媛FC森谷賢太郎選手と葦人が並ぶ、地元スポーツ誌「Edge」は明日月曜日発売です。