鉄人とはほど遠い現状ですが、鉄人系レースに出場しましたので、熱いうちに報告させていただきます。

今回出場したトライアスロン大会は、私のようなエントリーレベルの方から参加できる、優しい大会なはずでした。

とりあえずスタートから反省していこうと思います。

まずはスイム。いつもは流れるプールになっているそうで、ひょうたん型❓なプールをクルッと2周とちょい。師匠の板谷さんからは『スイムは飛ばさずに❗️』と習ってはいたのですが、始まってみるともうもみくちゃに❗️自分がどこを泳いでるのか、方向は合っているのか全然分からない❗️なので仕方なく途中で立つ。たまにそうしないとあらぬ方向に泳いじゃうんすよね〜。
あとはキック。練習の時から『もっと蹴らないで』と師匠から言われていましたが、一生懸命泳いでいるから蹴るける❗️その反動が次のバイクで襲い掛かります。

スイムの次はバイク。なんだかんだもみくちゃにされながら、スタートしたグループの中では割と前の方だったスイム。バイクで悲劇が始まる。そう❗️ふくらはぎが攣り始めたんです❗️
コースを4周するのですが、1周目はよく分からないので程よく漕ぐと、2周目からは攻めよっかなぁーと思ったのが間違い❗️ふくらはぎが攣り始めたんです❗️
3周目はもうだめ❗️完全に攣り、動かなくなる。ただ絶対に棄権したくない❗️焦らず優しくストレッチして復活❗️4周目もクリア❗️

良し❗️と思ってバイク置き場に移動。その途中応援エリアから『オトーサーン❗️』って聞こえ、そっちを向くと息子が小さい親指を立てて『頑張って❗️』って。泣きそうになる…最近スポーツの楽しみ方が分かってきたのかなぁ。

そして最後はラン。よーしラスト頑張るぞ❗️っと思った矢先、両脚の腿前が筋痙攣❗️これは終わった…と思ったら、先に走っていた板谷師匠が『下向いてんじゃねー❗️』って叫んできた❗️そりゃやるしかねー❗️って走り出しハイタッチ❗️ランは最後まで攣ったり緩んだりを繰り返しながらゴール前までたどり着いた。
今回の大会は同伴ゴールが許されていて、家族揃ってゴールさせてもらえた。ただ最後に地獄が…脚の筋肉が全部攣ってる所で、息子が気合を入れてダッシュを始める❗️『マジやめてくれ〜』って言って手を繋いでゴール❗️

今回の大会は、たくさんの方から応援していただいて本当に感謝しております。またこんな初心者でも頑張れるよう運営していただいたスタッフさんやトライアスロン協会の方々のおかげでゴールすることができました。ありがとうございました。この感謝の気持ちを忘れずまたチャレンジしたいと思います❗️
{35EF1950-A9E0-4089-BB0D-22A1111175DA}



長文になりましたが、お付き合いいただきありがとうございまーす。またお付き合いくださいませ。


AD