宅地・コンクリート業界の裏表徒然ブログ

宅地・コンクリート業界の裏表徒然ブログ

正しい擁壁のあり方、安全な宅地のあり方について、書いていきます。
ー安心で安全な宅地擁壁、擁壁構造計算、エクセルソフトー


テーマ:
宅地の裏側-8

ちょっと古臭い時代からの話をしてみたくなりました。

高度経済成長の時代から、マイホーム志向が高まり、平地が安全とは言い切れませんが、山裾を切り開き、谷間を埋めて住宅地を造成して、沢山のマイホームが人々に提供されてきました。

地下に活断層が存在したり、軟弱層が存在したり、液状化しやすい砂層が存在したり、いざ、地震発生、となると、宅地を破壊してしまうようなことが起こりえます。

また、山を切り開いたために、急な人工斜面ができたり、自然な地形を不安定にしたり、もともと、傾斜した斜面に盛土したり、傾斜した谷部に盛土したり、と、地震が起きると一気に不安定な宅地があります。

自治体が発行する「ハザードマップ」を閲覧して、自分の宅地が何処に位置しているかを確認しましょう。

開発を行う企業の開発技術者、設計者、外部の応援設計者、きっと、危ない設計をしていることを気づいていたり、こんな自然地形を崩してまで、宅地の提供が必要なのかに疑問を感じていたり、もう少し、自然の谷間に工夫を施してから、宅地盛土をすればよかったとか、悩ましいことだと思います。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス