のんべぃヨリコの「山形のお酒大好き」

のんべぃヨリコの「山形のお酒大好き」

1年380日毎日飲むのが自慢です♪
山形の素晴しい日本酒やワインをご紹介してます。
また、お酒選びについてアドバイスもさせていただいてます。
お気軽に声をかけてくださいね。
山形のお酒で被災地応援「しずくプロジェクト」展開中!
http://sizuku-sake.jp/index.html

ご訪問ありがとうございます。山形の大自然と、山形の日本酒ワインが大好きです。
この美味しさを、皆さんに少しでも伝えられたら・・・と思っています。
美味しいお酒の話があったら、どうぞ私にも教えてくださいな。



山形のお酒で被災地応援「しずくプロジェクト」 http://sizuku-sake.jp/index.html


facebookページ https://www.facebook.com/osake.toukai

2年目ともなると、すっかりベテラン気分になる

のんべぃヨリコです。 まだまだ初心者だっちゅうのっ!

 

昨日は急遽水戸部酒造さんの自社田の「田植え」に

2年連続ノコノコお邪魔してきました。

 

コロナの影響で「今年は社員だけで・・・」と思っていたそうですが

機械の入らないところの「手植え要員」に、僭越ながらご指名され

「ご指名!」といわれたら、そりゃねぇ(笑)

 

曇り空ではありましたが、絶好の田植え日和♪

 

まずは「高匠」の田んぼへ。

 

水戸部さんでは、田んぼごとに名前をつけてらして

奥に建っているお家は「高匠」さんが、「鷹」ちゃんと一緒にお住まいだそうで

ここは「高匠」と名前が付いてます。

 

 

植えた苗は「出羽燦々」。

 

主となって田んぼを管理している「元さん」が

このマシンを惚れ惚れする手さばきで操って「田植え」をこなしていきます。

(「元さん」かっちょええのですドキドキ)

 

マシンが入り込まない端っこ部分を、みんなで手植え。

っつーか、みんなで泥遊び?(笑)

 

田んぼには、アカハライモリがいたり、

こおんなキレイなカエルちゃんもいたりで

 

その都度大騒ぎ!(笑)

ワタシもアカハライモリをゲットしたのですが、

連れて帰るための容器をすっかり忘れ

次回へ持ち越しとなりました。

 

 

曇り空ではあったけど、気づけば新緑が色濃くなり

田んぼのある天童市田麦野地区は、

ホーホケキョとカエルの鳴き声だけが響き

体の隅々が浄化されていくような気持ちになりました。

 

終了後は天童高原で各自持参のお弁当開き。

雄大な山並みを見ながら、社長の奥様やお子さんたちも交えて

いろんなことを話すと、

ますます蔵が大好きになり

勝手に「チーム水戸部」の一員になったような気分(笑)

 

美しい原風景を残しながら酒造りをしたい。

 

そんな社長の決意は、1本、1本の苗にこめられています。

この苗が、美味しいお酒になると思うと

ワクワクしちゃいます。

 

あー早く飲みたい(笑)

 

 

 

 

ずぇんずぇんマヨラーじゃない、のんべぃヨリコです。

 

我が家の年間マヨネーズ消費量は、たぶんマックス3本ほど。

 

なので、マヨラーのダンナは、密かにマイマヨを隠し持ってるみたいです(笑)

 

 

先日。

 

昔からお付き合いのある「ヤンベの米酢」の太田酢醸造さんにお邪魔した時

6代目を継承する元気いっぱいのミチコさんに

「んまいマヨネーズあるんだずー」と紹介されました。

 

蔵王マヨネーズ。

 

これは宮城県蔵王町で、「安全で、健康な玉子をみなさんの届けたい」と

様々な試行錯誤の末、

「鶏にストレスをかけずに、休ませながら健康な玉子を生ませる」という

独自の取り組みで養鶏をされている「蔵王鶏園」さんの自家製マヨネーズ。

 

                        ※許可を得てお写真お借りしております。

 

蔵王鶏園の我妻ご夫妻は、

玉子の魅力をたくさんの方に知ってほしい!とマヨネーズ造りを始めました。

 

玉子の美味しさをさらに引き出す「酢」を求めて

全国各地から「酢」をお取り寄せ。

ある有名なところでは「まずは使ってください」と何本も無料でおくってくださるところもあったとか。

 

ところが、なかなかマッチするものがない。

困り果てていた時に、スタッフの方が

「実は、うちでは「ヤンベの米酢」を使っているんですけど、どうですかね」

と提案してくれたんだそうです。

早速探し求めて使ってみたところ、「これだー!!!」

 

 

山形市山家地区で150年以上の歴史を持つ「太田酢醸造」さんの「ヤンベの米酢」。

昔からの製法で酢酸やアミノ酸等を加えていない「ホンモノ」の酢です。

独特のツンと鼻に来る刺激がなく、やわらかで、まろやかな酸味が

うまーくマッチした時は、本当にうれしかったそうです

 

 

そして、油はこれまた天童の三和油脂さんの「こめ油」を使用。

 

山形の調味料が、美味しいマヨネーズの誕生へつながるなんて

なんて素敵なんでしょう!!!

 

おすすめの食べ方は、生野菜にチョイのせ。

 

で、で、で、我妻さんイチオシの食べ方は

パンにマヨネーズをヌリヌリしてトースターでこんがりこんと焼く。

 

するとどうでしょう! 玉子の香りがプーンと広がり

味わいは、まるで高級バター!!!

これ、やばーーーーーいっ!!!!

 

実は、ワタシとハルカちゃんの休憩のオヤツは、連日、このマヨトースト!

あれ?全然マヨラーじゃないんだよね? マヨネーズ苦手なんだよね?

 

 

そうなんです。苦手なワタシがドハマリしてるマヨネーズ。

 

一度食べてみる価値アリアリです!

 

税込み730円。 添加物が入っていないので賞味期限1カ月半。

 

マヨネーズの世界が変わります。

 

現在玉子も販売中でーす!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚前、冷やし中華を食べることがあった。

店長がマヨネーズをドバドバかけるのを見て
結婚を辞めようかと思った、のんべぃヨリコです。

あの時、やめときゃよかった(笑)

そんな後悔から、早いもので34年。(笑)
今日は、結婚記念日。
昨日は、店長の誕生日。
そして、母の日。
と、毎年ですが、トリプルでお祝いが続く。

今日は「手造りお寿司」と「馬刺し」でお祝い。

 



「手造りお寿司」と言っても、
鮨酢を混ぜたご飯に、ご近所の片山魚屋さんのお刺身を乗っけただけの

「なんちゃって」なんですが、これが美味しいのなんのって!

ご馳走を食べながら、母を想う。
介護施設にお世話になっている母とは、
もうずっと会えてない。

これまでは、会話することはできずとも、曲がりくねった手足をさすってあげることはできてた。

今。

残念ながら、会うことも、唯一母にしてあげれることもできなくなって、心が痛い。

ここ数日、母の夢をみてる。
きっと、母も会いたかってくれてるのだ。
そう思わずにいられない。

ご馳走を母にも食べさせてあげたい!
一緒にワイワイ楽しみたい!

叶わぬ想いはあるけれど、
この世にいてくれることだけが
唯一の救いです。


今日、飲んだワインは、
「しずくプロジェクト2012」。





朝のこない夜はない。
寂しさの先に、きっと会える。

お母さん、生きててくれてありがとう。
いつも、私を励ましてくれてありがとう。
早く会いたいよー。