山歩きとグルメ日記

山歩きとグルメ日記

山歩き、グルメ、ガーデニングを愛する群馬の夫婦の備忘録です。

 

家の愛すべきホームマウンテンである足利市の山火事・・・。

連日の報道に悲しみと不安に襲われた1週間でした。(この件、最後で書かせて頂きます)

 

そんな中、伊勢崎市で河津桜が開花し始めたとのことで、運動を兼ねて久し振りのポタリングに。今回は広瀬川サイクリングロードをポタリングしながら、いせさき市民のもり公園の河津桜をお花見し、復路にある麵屋は食べいろでランチの行程。

 

 

まずはポタリングの発着地、伊勢崎市民病院北にある西部公園へ。

群馬の北風(赤城颪)が予想外に強く、往路は追い風ですが復路は向かい風となるため、結構な辛いポタリングになりそう。汗

 

 

青空の下、追い風に押されながら7km先にある河津桜へ向けて、広瀬川サイクリングロードをのんびり漕いで行きます。

ロードの土手には早咲きの菜の花がたくさん咲いていて風になびいていました。

 

 

軽トラの方が土手で草刈りの風景。問いかけると3頭飼っているヤギの餌を採っているとのこと。冬場は餌の確保で大変ですと話されていました。苦笑。

 

 

ロード横切る車道橋を何本も潜りながら、新広瀬橋の中央にあるベンチで、キラキラ輝く川面にたくさんの水鳥を眺めて、ちょい休憩。

 

 

サイクリングロードの休憩所もありますが、トイレは撤去されたようでした。

 

 

そして追い風もあってあっという間に、目的地のいせさき市民のもり公園に到着。

 

 

東京ドーム3個分の広さの公園内に人造のくさぶえの丘があり、そこに約130本の河津桜が植栽されています。今は3分咲き程度でしたが、藍色の空下で淡いピンクが丘を染めて、一足早い春を感じさせてくれました。見頃は10日頃でしょうか・・・。

 

 

お花見を楽しんで、追い風の往路を復路は向かい風で戻ります。時折りの強風毎に降車と乗車を繰り返しながら・・・。涙 ロード脇のスイセンも励ましてくれました。汗

 

 

そして、駐車場近くにある麵屋食べいろで久しぶりのラーメンランチ。

以前は女性店主が営む麺&Cafe Coi Coiでしたが足利市へ移転され、そこに東町にある麺屋うめはらから独立した店主が開店したお店。麺屋うめはらは何度も訪問していて、同じメニューの味玉塩ラーメンと主人は味玉正油ラーメン焼き餃子を注文。ほぼ同じ味で逆に感動しましたが、強いて違いをあげれば塩ラーメンは少し塩分強めかな。

ここのテナントに競争相手が3軒建ち並ぶ激戦エリアですが、変わらぬ味を続けてほしいです。

 

 

そして近くにある生クリーム大福が美味しい妙ちくりんに吸い寄せられます。苦笑 

賞味期限が短いので、週末分だけ購入。餅・あん・生クリームが絶妙に相まって、口の中で溶ける大福は昔から変わらない銘菓でしょうね。

 

 

 

 

さて、足利市の山火事、本当に残念で悲しいです。

山火事のほとんどはタバコの不始末とか・・・。喫煙する登山者もたくさん見ますが、携帯灰皿で吸い殻を持ち帰られる方は少なく、里山の山頂や休憩所には吸い殻がたくさん落ちている光景をよく見ます。2度と山火事を起こさないため喫煙者にマナー&ルールの徹底を望みたいです。

 

一方で、今回我が家も考えさせられました。

最近は里山で山頂調理ランチを楽しんでおり、もちろん天候、料理場所、火元後始末など防火対応を徹底していますが・・・。

環境省の判断では火気厳禁エリアでも、個人が使用する小型の火器(バーナー)は規制対象外であり罰せられないことになっています。

とはいえ山火事になってはならないので、さらに防火対応を徹底していこうと。

同時に、携帯灰皿を持たない喫煙者に対しては勇気をもって指摘していこうと改めて誓った一週間でした。

 

 

~いつも訪問下さり、ありがとうございます~

[今回はコメントを閉じさせて頂きます]